玄武印符。 【グラブル】四象武器のスキル追加手順。秘文書はどこにある?

[グラブル] 四象武器の性能

玄武印符

张若尘开始学习《血族密卷》上面的一些知识,主要是想要掌握识别不死血族的方法,与一些对付不死血族的手段。 镇血符。 对付不死血族的其中一种手段,就是使用镇血符。 只要将镇血符贴在他们的身上,就能镇住他们体内的血气,从而让他们失去战斗力。 《血族密卷》的其中一页纸张上面,一共画有四道符印,只要参照符印的纹路,就能将镇血符刻画出来。 四道符印各不相同,一道比一道复杂,一道比一道玄奥。 一旦不死血族知道了四道符印的刻录方法,肯定会研究出反制符印的手段。 四道符印的刻录方法,只能掌握在少数人的手中。 虽然张若尘没有专门学习过刻画和炼制符箓,但是,他的精神力足够强大,很多东西一学就会。 精神力越是强大,学习的度也就越快。 炼制镇血符的材料相当特殊,必须使用圣骨制作符纸,使用神血做为墨汁,才能挥出最强威力。 无论是圣骨,还是神血,皆是无比珍贵的宝物。 特别是神血,每一滴都价值连城,使用神血炼制符箓,简直不能再奢侈。 一张镇血符的材料,已经足够让一个圣者门阀望而却步,想要大批量炼制,几乎是不太可能的事。 现在,张若尘就算动用空间传送阵返回去,估计也是白跑一趟。 想要在浩荡的星空之中,找到那颗杀死了数位土著武圣的星球,与大海捞针没有什么区别。 张若尘在图卷世界,还是找到了一些圣骨,确切的说,乃是圣王骨。 那些圣王骨,是从青火玄武的尸体上面剥离下来。 圣王骨和玄武外壳,乃是青火玄武最后还剩下的一些有价值的东西。 小黑曾经使用了一部分圣王骨炼制别的东西,因此,剩下的圣王骨已经不多。 青火玄武的圣王骨相当坚硬,即便张若尘使用沉渊古剑,也花费了不小的力气,才切割成头丝那么纤薄的骨质符纸。 神血蕴含的能量极其强横,因此,必须小心翼翼的刻画,稍微有所疏忽,神血就会毁掉骨质符纸。 张若尘取出一支使用接天神木的木材炼制的铭笔,沾着神血,小小翼翼在骨质符纸上面刻画。 就在刻画了一半的时候,张若尘不小心刻错了一笔,顿时,神血的能量浸入骨质符纸。 张若尘感觉到心疼,毁掉的不仅是一张符纸,同时,也损失了两滴神血。 张若尘取出第二张骨质符纸,再接再厉,继续刻画。 …… 一连失败了七次,终于,在第八次的时候,张若尘将第一张镇血符刻画了出来。 他擦了擦额头上的汗珠,长长吐出一口气,既有一些喜悦,也有一些感慨。 其实,刻画一张镇血符,只需要三滴神血,关键是成功率太低,所以才消耗了大量神血。 每失败一张,张若尘的心都在滴血。 接下来,张若尘一连取出十张骨质符纸,整整齐齐的拍在一起,接连不断的刻画。 最终,十张符纸,成功了三张。 三成的成功率还是太低,张若尘并不满足,于是,继续练习,继续刻画。 也不知花费了多久,张若尘手中的镇血符数量已经达到三十张,成功率也提升到五成。 几乎每刻画两张,就能成功一张。 刻画符纹,只是第一步。 还想要进行第二步,只用火焰,或者别的秘术,将符箓保存起来。 使用的时候,修士只需要将圣气注入其中,符箓就能挥出应有的威力。 张若尘将三十张镇血符全部炼制了一遍,放入进空间戒指,接下来,开始研究《血族密卷》上的第二张符印。 第二张符印的符纹数量,是第一张符印的数倍,更加复杂,更加繁琐,仅仅只是盯着它观看都让张若尘感觉到头昏脑涨。 先前,张若尘刻画第一张镇血符,已经花费了两百多滴神血。 若是练习刻画第二张镇血符,即便他掌握有不少神血,估计也要耗费得干干净净。 张若尘找上了小黑,让它研究四张镇狱符的符印。 小黑在符道上面的造诣,比张若尘高明得多,或许可以将第二张镇血符刻录出来。 第一张镇血符,可以用来对付不死血族的半圣。 第二张镇血符,可以用来对付不死血族的圣者。 第三张镇血符,可以用来对付不死血族的圣王。 更何况是圣级镇血符?圣王级镇血符?至于大圣级镇血符,当今天下,估计没有人能够炼制出来。 最重要的一点,必须是精神力达到大圣级别的符师,才有可能刻画成功。 在阴间,张若尘的确是得到了一池神血,但是,他修炼肉身消耗了一小半,冲击肉身成圣的时候,肯定还要花费一大笔。 现在,他还能够支配的神血,其实已经不多。 因此,它也不敢夸下海口一定能将圣级镇血符炼制出来。 一连研究了三天,小黑才行动起来,开始刻画。 经过十多次尝试,它全部都以失败告终,浪费了接近三百滴神血。 一边研究,一边练习,很快一千滴神血就消耗了出去。 要知道,一滴神血都能卖出天价,才几天过去,小黑就消耗了一千滴神血,即便是一个中古世纪估计都撑不住。 张若尘揉了揉太阳穴,已经快要吐血,不敢继续看下去,担心会被气死。 与小黑分开,张若尘将赵世奇召见了过来。 赵世奇的精神力强度,已经达到四十九阶的巅峰,距离精神力成圣也就只差一步,算得上是明宗的高层。 另外,帮我查一查幽字天宫的宫主和两位副宫主的底细,越详细越好。 幽字天宫,是血神教十字天宫之,只听命于血神教教主,负责镇守无尽深渊。 如此重要的任务,血神教教主怎么可能安排给一个外人? 张若尘十分怀疑,幽字天宫的高层之中,很有可能就有不死血族的潜伏者。 无广告手机站: m. shengxu5w. com 同步更新《万古神帝》小说.

次の

周期的に行われる四象降臨イベント|頻度はどれぐらい?

玄武印符

はい、についてです。 ついにやってきました降臨!ここでしか手に入らないアイテム、武器ばかりなので頑張って周回したいところですね。 そうは言ってもどれから取得したら良いか悩んでしまうと思うので、今回は、初心者、中級者の方向けに 何を優先的に取得すれば良いかと降臨を どう周回すればよいかについて書きたいと思います。 しかし、少しでも悩んでいる人や目標が定まっていない人の参考になればと思い、書かせていただきます。 初心者向けオススメ取得順 1.6th Anniversary記念コイン 今回限定ですが、記念コインを最優先で取得しましょう!!! 2.夏ノ陽炎&朱雀印符 まずは マグナ武器の火の銃である夏の陽炎と朱雀印符を取りましょう。 理由としては、簡単に手に入り攻刃が付く火の銃と言うのは、もの凄く少ないのでこの機会に絶対に取得しましょう。 朱雀印符は、4凸するときに必要なので忘れずにセットで取得してください。 もしガチャ武器で攻刃付きの火の銃を持っていたとしても、4凸がしやすく、スキルで奥義ダメージや奥義上限が上がるので、編成から外れる機会は相当先になるとはずなので、真っ先に取得をオススメ勧めします。 3.1個以上 十天衆を加入や最終上限解放を目指すために必要になってきます。 実際はクロム鋼を集めてショップで交換するのですが、初回10個、2回目15個、3回目以降20個必要とどんどんレートが上がっていきます。 (は、2020年3月時点で全部で12個交換できると思います) 1個以上とは書いていますが、デイリーミッションでも入手できますので、2個を目標でもいいかもしれません。 それかこのあと出てくる物を全部取得したら、ぎりぎりまでクロム鋼集めをするでもいいと思います。 手持ちのの数が十天衆の加入や最終上限解放のモチベにもなると思うので、多いに越したことはないと思います! 古戦場の勲章交換でも交換できますが、できればここで頑張って交換しておいて、勲章は、金剛晶かセフィラの玉髄と交換をしたいところです。 降臨は、定期的に開催されているので、開催ごとにある程度まとめてを集めて、十天衆の加入や最終上限解放をしていくのがいいと思います。 4.十天衆加入ワールド素材セット 以下の内容のものが5セットまで交換できます。 それとマグナ武器の上限解放、・ソルジャーのバレット、アサシン・ターの秘器にも地味に使う素材もあるので、これは絶対に交換したいですね。 5.春ノ柔風&印符、秋ノ落葉&白虎印符、冬ノ霜柱&玄武印符 火の銃以外のマグナ武器と対応する印符も交換したいです。 交換時から3凸で、4凸も印符と少しの武器エレと少しのンと要求素材も他の4凸と比べると非常に少なく手軽だと思います。 武器と印符をセットで交換して、忘れずに4凸できる形をオススメします。 6.SR確定ガチャチケ 降臨のマグナ武器を4凸するときに武器エレが少し必要になるので、SRしか出ないのですが、このガチャチケを交換して、少しでも武器エレの足しにするのがいいと思います。 初心者の方は、今は全然武器エレメントの価値が分からないと思いますが、のちのち苦労するので今のうちから意識の片隅に置いておきましょう。 7.討伐章について 50枚:ガチャチケ 100枚:武器 130枚:宝晶石100 150枚:宝晶石100 200枚:印符 個人的な目安は上記の通りになっています。 育っている属性は150枚以上を目指し、育っていない属性でも50枚のガチャチケは最低目指した方がいいと思います。 この後に様の100連があり、 無料天井を目指すにもここで周回して、ガチャチケや石を貯めておきたいところです。 1.朱雀光剣、玄武甲槌、白虎咆拳、青龍牙矛 中級者の方は、霊宝を取得して邪のスキルを付ければ、古戦場時に団アビバフでダメージも伸ばせることになります。 そうでなくても、スキルが攻刃2になるので、あると編成の幅が広がるので取得をオススメします。 まずは、スキル邪を付ける分を1つずつ取得するといいです。 2.各印符 上記武器の4凸や霊宝を手に入れるクトに必要なので、4つ以上は欲しいところです。 霊宝を手に入れるクトは少し難易度が高いので、勝てなさそうな場合は、最低でも4凸に必要な分は確保して、残りは・黒に挑戦するための金印にしてもいいと思います。 3.SR確定チケ 毎回補充されるので、全部取りたいところです。 地味に武器エレが確保できるのが良いところです。 4.半汁、種 毎回補充されるので、全部取りたいところです。 を回った分、少しは回復できるはずです。 5.栄光の証 十天衆の最終上限解放をするときに大量に必要になるので、こういったイベントで小まめに集めておきたいです。 6.討伐章について 個人的には各150枚以上集めて、宝晶石までは確実に取得した方がいいです。 やはり、この後に様の100連があり、 無料天井を目指すにもここで周回して、ガチャチケや石を貯めておきたいところです。 周回について 降臨は定期的に来るとは言え確定で次いつ来るというのは分からないので『やれるときにやる』がいいと思います。 しかも今回からAT中は、輝きボーナスがどこか1箇所ではなく全てに適用になったので、賛否両論あると思いますが、個人的には、 AT中は他のを捨ててでも降臨だけをやるべきだと考えます。 降臨で手に入るは、十天衆の加入や最終上限解放をするときの目標になりますし、手に入る武器も手間を考えると格段にコストパフォーマンスが良いものが手に入ります。 ここでの頑張りがこの後の生活に影響することは大いにありえます。 とはいいつつ、2020年3月の開催期間中は、半額期間とも被っているということもあり、他のをやりたいとも思います。 なので、AT前半1時間は、島ハードやマグナ、マルチの連戦。 AT後半1時間は、降臨をするというのもいいとは思います。 (時間が無くてATをフルに活用できない場合は、降臨を優先しましょう。 (完全に個人的な感覚ですが) 討伐章と輝き集めはどちらを優先するか? 初心者の方は、各討伐証50枚のガチャチケを目標にして討伐章を集め、それ以降はAT中に討伐速度が一番早い敵を倒して、輝き集めを優先でいいと思います。 全然救援が入ってこない時は、内の救援だけでなく救援もするといいです。 中級者の方は、AT中なら相当効率よく回れると思うので、討伐章を150枚以上集めることを意識して周回でいいと思います。 (そうすれば、勝手に輝きは集まっていると思います) さいごに 優先度は、書きましたがこれが正しいというわけではなく、あくまで提案ということを念頭にしていただけるとありがたいです。 全部無視をして、クロム鋼をひたすら集めるも全然ありだと思います。 ただ、最初にも書きましたが、少しでも悩んでいる人や目標が定まっていない人の参考になれば幸いです。 udukiryujin.

次の

【グラブル】四象武器にスキルを追加する手順と各秘文書の評価まとめ|こーひーのグラブル攻略ガイド

玄武印符

4月中にオールドオベロンの4凸実装も予告されていて、冬ノ霜柱と共に水マグナ技巧編成も形になりそうな気配です。 入手しとく価値はあるかと! 現状では使うかどうかは五分五分ですが、メイン武器(短剣)としても悪くないし技巧編成ワンチャンな未来が見えるため、是非とも今回の四象降臨で取得して4凸作成して欲しいなと思います。 マグナ編成の方は絶対回収、ヴァルナ編成の方もメイン用あっても良いかもね。 2:玄武甲槌と4凸用の玄武印符を四象の輝きで交換する(合計輝き4万〜) 次に回収する武器は、四象降臨の通常攻刃武器で水属性な玄武甲槌。 サクッと回収して印符で4凸、仕上げでスキル上げをして次項へ。 3:交換した玄武甲槌にスキル『邪』を付与する(必要玄武印符2〜3枚) 2で回収した玄武甲槌にスキル『邪』を付与します。 玄武甲槌は玄武甲槌・邪にすることで、スキル2にダメージ上限UPが付きます。 このダメージ上限UPは上限を叩きやすい編成(一般きくうしには奥義編成など)で非常に重宝するため、是非とも古戦場で用意しておきたいです。 早速手順を簡単にまとめます。 四象の試練で玄武を倒し、玄武の霊宝を5つ集める(1戦につき玄武印符1枚使用)• ショップ>トレジャー交換>回復・育成>秘文書へ• 北玄の秘文書・邪と交換する(玄武の霊宝5つ・黒麒麟の札1枚必要)• アイテム>回復・育成から北玄の秘文書・邪を玄武甲槌に使用 玄武の霊宝のドロップ率は1戦につき2〜3個と運が悪ければ印符3枚必要な感じ。 北玄の秘文書・邪との交換には玄武の霊宝だけでなく黒麒麟の札1枚が必要になるため、この1枚は黒麒麟か黄龍黒麒麟HL戦に1回潜る(ツイッター救援や四象期間は割と普通に救援でよくある)で取得してください。 四象の試練でもドロップ低確率ですがあります。

次の