緊急 事態 宣言 解除 神奈川。 新型コロナウイルス感染症について

緊急事態宣言、25日に解除の方向で調整 5都道県 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

緊急 事態 宣言 解除 神奈川

掲載日:2020年5月23日 1 地域別の新型コロナウイルス感染症対策(厚生労働省資料から) 赤い斜線のエリア:特定警戒、 黄色い横線のエリア:感染拡大注意、 緑のエリア:感染観察、 波打つライン:患者数(図:厚生労働省より引用) 国は、患者数が伸びたところで緊急事態宣言をして、患者数を減らしてきました。 緊急事態宣言が解除されると感染観察に入ります。 感染観察から感染拡大注意への移行については、知事の権限とされています。 2 コロナと共存する新たな社会経済ビジョン 取るべき戦略 戦略 内容 (1)医療体制の維持 (2)医療・福祉 担い手の保護、高齢者・障がい者などの保護 医療体制の維持や医療・福祉・高齢者等の保護に取り組み、感染者数を極限まで抑える。 (3)新たな社会経済モデルへの転換 経済活動を再開し、感染対策を意識した新たな社会経済モデルへの転換を行う。 3 経済活動再開時のリスク低減 安心して店舗営業を再開し、また、利用者も安心して来店等ができるよう、LINEパーソナルサポートを使ったリスク低減策を構築します(「LINEコロナお知らせシステム(仮称)」)。 県民の皆様が店舗等利用時に、店舗等に掲示された二次元コードを読み込むことにより、来店日時等の情報がLINEに登録されるシステムです。 当該店舗等で感染が把握されると、同じ日時に来店していた利用者の方々へ「濃厚接触の疑いあり」という連絡が届きます。 このスキームにより、感染拡大を防いでいきます。 4 戦略とモニタリング対象 経済活動を再開した後も、再び感染拡大する状況を念頭に置き、モニタリングしていきます。 状況の悪化を検知した際には、警戒アラートを発動し、感染拡大を防いでいきます。 戦略 モニタリング内容 (1)医療体制の維持 (2)医療・福祉 担い手の保護、高齢者・障がい者などの保護• 感染拡大傾向• 医療体制のひっ迫度• 医療従事者の感染• 施設クラスター発生状況 (3)新たな社会経済モデルへの転換• 感染対策を実施している事業体 5 緊急事態宣言解除後の再警戒の指標 感染の状況は、神奈川県と東京都の週当たりの感染者数増加率(K値)等を使用して把握します。 医療の状況は、重症患者数、中等症患者数、医療者に感染が発生している病院数などによって把握します。 監視体制は、県独自のLINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」で把握する発熱傾向、一人の患者が何人に感染させたかを示す実行再生産数などによって把握します。 感染の状況、医療の状況及び監視体制の状況から総合的に判断します。 事業環境改善に向けた財政的支援 感染対策に配慮した店舗等の環境整備に向けたハードやソフト面の財政的支援を実施します。 7 今後のマイルストーン 今後、特定警戒都道府県の指定が解除された際に、外出自粛、休業要請の解除を行います。 休業要請については、段階的解除を行います。 ただし、その後も状況が悪化する場合は、神奈川警戒アラートを発動し、外出自粛を要請し、事業者には警戒を呼び掛けるなど、県民の皆様に分かりやすくお知らせします。 時期 今後のマイルストーン 県の対応 現状 特定警戒都道府県指定の継続 徹底した外出自粛、休業要請 某日 特定警戒都道府県の解除 外出自粛・休業要請の解除 (休業要請については段階的な解除も検討) 某日 神奈川警戒アラート発動 外出自粛の要請 事業者へ警戒を呼び掛け 某日 特定警戒都道府県の再開 徹底した外出自粛、休業要請.

次の

新型コロナ:緊急事態を全面解除 経済再開に軸足、6月に移動解禁 :日本経済新聞

緊急 事態 宣言 解除 神奈川

記者会見で「緊急事態宣言」の全面解除について説明する安倍晋三首相=首相官邸で2020年5月25日午後6時4分、竹内幹撮影 政府は25日、北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉の5都道県で継続されていた新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を解除した。 安倍晋三首相は記者会見で「世界的にも極めて厳しいレベルの解除基準を全国的にクリアした」と述べた。 4月7日に東京、大阪など7都府県で始まり、全国に拡大した緊急事態宣言は約1カ月半ぶりに終了し、今後は段階的に社会経済活動を再開させる。 首相は25日夕の会見で、「全国での新規感染者は50人を下回り、一時は1万人近くおられた入院患者も2000人を切りました」と、入院患者数の減少を強調した。 そのうえで解除後にプロ野球やコンサートなどの観客数を段階的に拡大する考えを示した。 一方、首相は「私たちの身の回りにウイルスは確実に存在している。 再び気を緩め、ウイルスへの警戒、感染予防を怠った途端、一気に感染が広がる」と2度目の緊急事態宣言発令もあり得ると注意を呼びかけた。 また、新型コロナ対策を盛り込んだ2020年度第2次補正予算案を27日に決定し、事業規模は1次補正(117兆円)と合わせて200兆円を超えると表明した。 2次補正の事業規模は100兆円程度となる見通し。 「GDP(国内総生産)の4割に上る空前絶後の規模、世界最大の対策によって、この100年に1度の危機から日本経済を守り抜く」と強調。 減収に苦しむ事業者の家賃負担軽減のため、「最大600万円の給付金を新たに創設する」と表明した。 また、政府が中小事業者などに支給する「持続化給付金」の対象に今年創業したベンチャー企業を加えるとともに、都道府県が休業要請に応じた事業者への「協力金」などに活用している地方創生臨時交付金を2兆円増額することも明らかにした。 また、トランプ米大統領が米国で6月の開催をめざす主要7カ国首脳会議(サミット)には「調整が整い、諸般の事情が許せば参加したい」と述べ、前向きな姿勢を示した。 政府は解除にあたり、感染状況、医療提供体制、監視体制を重視。 「0・5人程度以下」とする基準を上回った北海道、神奈川も、感染経路が追えており、医療提供体制も確保されているとして、解除可能と判断した。 【竹地広憲、松本晃】.

次の

緊急事態宣言解除後の神奈川ビジョン

緊急 事態 宣言 解除 神奈川

政府は解除後の対応について「新しい生活様式」が定着するまで一定の移行期間を設け、おおむね3週間ごとに地域の感染状況などについて評価し、外出自粛やイベントの開催制限を段階的に緩和する。 都道府県をまたぐ移動も5月末までは自粛するよう促す。 また世界では今も感染が拡大していることから、対策本部では、新たにインドなど11カ国を入国拒否対象地域に追加し、これまで実施してきた水際対策の期間を延長し、6月末まで継続することを決定した。 安倍首相は、国内で今後、再び感染拡大が認められた場合には「的確な経済雇用対策を講じつつ、速やかに強い感染防止策等を講じる」と述べた。 緊急事態宣言は21日に近畿3府県で解除され、首都圏の東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県と北海道の5都道県で継続していた。 政府はに基づき、解除は直近1週間の10万人当たり累積新規感染者数を0. 5人以下程度に抑え込んでいることや、医療提供体制、PCR検査などの監視体制を総合的に判断した。 諮問委では加藤勝信厚労相が、国民の感染状況をより正確に把握するため、6月から1万人規模の本格的な抗体検査を開始する方針も示した。 東京は休業要請緩和へ 東京都の小池百合子知事は25日夜、緊急事態宣言の解除を受けて、26日午前0時から休業要請解除の第1段階に進み、経済活動を再開させると記者団に語った。 第1段階では図書館など文化的施設の再開に加え、飲食店の営業時間短縮要請も午後8時までから同10時までに緩和する。 観客席部分を除く運動施設への休業要請も緩和し、プロスポーツの無観客試合も可能となる。 イベントの開催は50人までを目安とする。 29日には専門家の意見を聴き、第2段階に移行できるか判断するという。 東京都のでは、休業要請は新規感染者数などの指標を基に、三つのステップで段階的に解除。 第2段階ではイベントは100人まで、飲食店の営業時間は引き続き午後10時までとした。 第3段階になると、イベントは1000人まで、飲食店の営業は午前0時までに緩和する。 接待を伴う飲食店、カラオケ、スポーツジム、ライブハウスなどは第3段階でも緩和の対象にはなっていない。 西村再生相は25日午後の衆院議院運営委で、カラオケ、スポーツジムについてはガイドラインが5月中に策定されれば6月から、ライブハウスは業界団体と専門家によるさらなる検討を行い、一定の感染防止策が確保されれば6月中下旬ごろから休業要請の解除が可能になると語った。 大規模イベントに関しては、3週間が経過した後の6月19日以降は、1000人程度までの規模は開催できるとの考えを示した。 今年2月1日以降に、延期または中止したコンサート・演劇・歌舞伎などを改めて開催する場合には、費用や海外発信の際の動画作成や配信費用の2分の1を上限5000万円で支援するとした。 第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミストは25日のリポートで、新型コロナによる経済損失は4月6日以前と併せて34. 4兆円に及ぶと試算。 緊急事態宣言の解除が「必ずしも安全宣言が出されたことを意味しない」ため、供給の回復は限定的となるとの見方を示した。 経済社会活動自粛の段階的緩和を行っている期間では、政府は需要不足に対して本格的な対策を打ちにくく、当面は給付金の追加や雇用対策、資金繰り支援といった総需要維持策を強化する必要に迫られるとの見方を示した。

次の