お褒めに預かり光栄です 英語。 「お褒めに与る」で、対象を示すときに、「○○を」となるのは...

「幸甚です」の意味とビジネスでの使い方!類語「幸いです」や英語表現も紹介

お褒めに預かり光栄です 英語

6月 29, 2016 7月 29, 2019 このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える「 褒められた時の返事や返し方、対応の例文 敬語の使い方 」についてご紹介しています。 「よくやったね!頑張ったね!」などといったように褒められると、とても嬉しいですしやる気も上がりますよね!特に上司など目上の方から褒めてもらえると、今までの努力が報われたような気持ちになります。 しかし、褒められたときにアナタはどんな 対応や 返し方をしていますか? 「いえいえ、そんな・・・」なんて曖昧な返事をしてませんか?褒められた場合の返答の理想は「褒めてよかった」と思ってもらえるような返事が出来るように心がけていきましょう。 結果を残してるビジネスマンは褒められる事にも慣れています。 そこから会話を広げ、その人との人間関係を築いていくのもうまいです。 ですので実際に、ビジネスマンが日ごろ使ってる返答の例文を参考に「褒められた時の返し方の敬語の使い方なども見てみてくださいね。 こういった細かいコミュニケーションが、その人との関係を築いていきますので意識して使ってみましょう。 褒められた場合の返事 褒められた際に「ありがとうございます」だけではなんだか、素っ気ないですよね。 褒めるという行為を行った相手は、勇気を出してあなたに伝えてくれたはずです。 その行為に対して感謝の気持ちを忘れずに、しっかりと大人のマナーとして対応したいものです。 そこで、褒められ上手さんになれるように様々なフレーズを例文と一緒にまとめました。 褒められた場合は、基本的には 「否定」はせず相手を立てながら謙遜するのが良いでしょう。 その際には、 感謝の言葉を一緒に添えるのも忘れないようにしましょう。 今回は褒められた時の返事として、様々なパターンがありますので今回は下記の2パターンのフレーズを紹介します。 褒められ上手な人の対応• 褒められ上手な対応基本フレーズ• 褒め返すのも返答の1つ 1.褒められ上手な対応基本フレーズ もったいないお言葉です 褒められた際に返す基本的な定番フレーズです。 「いえいえ、そんなことないです」と否定するのではなく、相手を立てながら謙遜するのがマナーです。 もったいないお言葉です」 おかげさまで 仕事で業績をあげ、それに対して褒めて貰った時に相手を立て感謝の気持ちを伝える言葉です。 ありがとうございます」 とても人様におほめいただくようなことでは こちらも褒められた時に返す基本フレーズです。 謙虚かつ礼儀正しく聞こえます。 ありがとうございます。 今後も精進いたします 仕事の成果などを褒めてもらった場合に使う返し方です。 今後も精進いたします」 私自身が一番驚いているんです 自分の成功などを祝福された時に使えるフレーズです。 実は、幸運に恵まれて、私自身が一番驚いているんです」 もう勘弁してください お酒の席など、恥ずかしいほど持ち上げられた時に冗談めかして使うと良いです。 もう勘弁してください」 何も出ませんよ これも、恥ずかしいほど褒められた場合などに使う返し方の例です。 しかし、 相手が言ってくれた事に対して一度、何かしらの反応をするのを忘れないようにしましょう。 ありがとうございます。 上司に対する感謝の気持ちも表すことができます。 相手の良いところが上手く見つけられないという方は 相手の良いところを上手く見つけられないという方は、相手の特徴をまずは思い浮かべてみてください。 そんな時に悪口と思えてしまうような特徴しか思いつかない時でも大丈夫! 「飽きっぽい」など一見悪口に聞こえてしまうような言葉でさえも言い方を変えるだけで褒め言葉になりますので「」を参考にして様々な褒め方を身につけておくと褒められた時の返事として上手く活用できると思います。 まとめ 褒められた時の返し方が、うまい人は褒められ上手です! 何をやっても、うまくいくような人や仕事が出来るビジネスマンは、こういった時の対応もうまいです! ただ「ありがとう」と言うので終わるのではなく、相手を立てたり相手を褒め返すなどのコミュニケーション力を発揮しているので、良い人間関係を築いていけるのですね。

次の

【褒められた時の返事12選】ビジネスでも使える返し方の対応や例文

お褒めに預かり光栄です 英語

既にご回答にあるように、「flatter」には「媚びる」以前に「褒めそやす」「お世辞を言う」といった意味があります。 ゆえに、褒め言葉に対して、慎み深く感謝の意を示したい場合には、わりと判で押したように「I am flattered. 」と言います。 もう少し突っ込んで説明すると、褒められた場合、人は大きく分けて3通りくらいの方法で反応すると思うのです。 (1)「実はあたしも、そう自負しているの」という反応、(2)「そんな! あたしなんて、まだまだよ。 いくらなんでも褒めすぎ」という反応、そして(3)「まあ、そう言っていただけるとは…」と、相手の言うとおりに自分は素晴らしいとも認めていないし、かといって相手の言葉を否定して卑下するわけでもないという反応。 「I am flattered. 」は(3)の反応です。 これを「純粋に、光栄ですという意味」と解釈するかどうかは人それぞれかもしれませんが、例えば「あなた、きれいね」と言われた時に、「そのとおり、私はきれいよ」とも「違うわ、私はきれいではないの」とも言いたくなければ「きれいかどうかは別として、褒められたこと自体を光栄に思うわ」と言うのが自然ではないでしょうか。 余談ですが、映画といえば、『アマデウス』にも「I am flattered. 」というセリフが印象的な形で登場します。 いたずら好きなアマデウス・モーツァルトが、ライバルのサリエリをべた褒めします。 しかし、モーツァルトに嫌われているのを知っているサリエリは、それを純粋な褒め言葉として受け取っていいのか、皮肉として受け取るべきか迷い、お礼の言葉をあれこれと慎重に選んだ揚句に「I am flattered. 」と言うのです。 モーツァルトの真意がなんであれ、「褒めそやす」か「お世辞を言う」か「媚びる」かのいずれかであるのは間違いありませんからね。 はじめまして。 ご質問1: <flatterは、媚びるとか、そんな意味合いもあるので> はい。 しかし、ここで使われているflatterの原義は 「~にお世辞を言う」「~にお世辞を言ってほめる」 という意味の他動詞になります。 ご質問2: <純粋に、光栄ですという意味で使えるのか。 > 文脈によってはその訳も可能です。 1.上記の原義が受身になっているだけです。 例: They flatter me. (受動) 「(彼らによって)私はお世辞でほめられる」 2.能動の表現は以下のような意訳になることもあります。 例: You flatter me. 「まあ、口がお上手ね」 この表現にも言われた側の「嬉しさ」は内包されてます。 3.これが受身になると、主語がIになる分、主観的な感情を強調することができます。 それが「嬉しい」「光栄だ」といった、感情を表す意訳に転じるのです。 理由は、受身で使われる過去分詞が「完了」のニュアンスを出すからです。 flatteredという過去分詞に「お世辞を言われたような」という完了のニュアンスから、「嬉しい」という感情を表す述語に転じるのです。 例: I am flattered by your compliment. 「嘘と判っていてもお世辞でも嬉しいですわ」 flattered 《be ~》うれしく思う ・I'm flattered. (お世辞だとしても)そう言ってもらえてうれしい。 ・I'm flattered to hear that. お褒めにあずかって光栄です ・Thank you. I'm flattered. ありがとううれしいです。 ・I am very much flattered. それは褒め過ぎです。 ・I'm flattered that you've asked me. 誘ってくれて本当にうれしいです。 ・I'm very flattered that you would ask me to live with you. ・It's nice to be flattered. そんなに言われるとくすぐったいです。 ・I'm very flattered, but... 気持ちはすごくうれしいのですが A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... Q 海外に住んでいる者(女)です。 とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。 オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。 「gorgeous」「beautiful」とも表現します。 また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。 「beautiful」とも言います。 私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。 前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がするんですが、どうなんでしょうか? 2.イギリス人の友人は常に私のことを「baby」「babe」「darling」と呼びます。 (恋人ではありませんが、それに近いくらい仲良しです。 )これってイギリスでは当たり前のことでしょうか?誰にでも使うんでしょうか?メールの最後にも必ずxxxxをつけてきます。 3.二人とも「you are beautiful」と常に言ってくれるのですが、これって本心なんでしょうか?(爆)自分では信じられないんですが・・・。 それとも、オーストラリアやイギリスでは女性に大してはそういうのが当たり前なのでしょうか?(私は自分でも飛び切り美人だとは思いませんが、いわゆる欧米人ウケするタイプの顔なんだそうです。 欧米人の友人によく言われます。 ) ちょっとcultual differenceを感じています。 (いい意味で) ご存知の方、教えてください。 海外に住んでいる者(女)です。 とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。 オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。 「gorgeous」「beautiful」とも表現します。 また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。 「beautiful」とも言います。 私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。 前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がする... A ベストアンサー アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。 たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。 恋人にも使うし何ら関係ない人にも使える 使い方を知っているとして 表現でもあると言う事です。 だからこそ、トラック運ちゃんが良く行くような大衆食堂でウエイトレスが男のお客 女性のお客も に向かってsweety, honeyと言う言い方を単に「名前を知らないから代わりに使う」という状況もあるわけです。 日本の地方のそのような食堂や酒場などでは初見でも「兄さん、なんにする? 」なんて言う言い方をされる時があります。 これらは「全く知らない人」だと言う事で「意味の持たない呼びかけ」と言う事で聞き流してしまいますね。 そして、恋人同士であれば、意味のある呼びかけだとわかりますね。 これも問題ないですね。 問題が起こるのは間柄が中間 友達の間柄 にあるなときですね。 こちらアメリカでは知り合いの程度でご質問にある表現をしたら、まず嫌がれるでしょう。 女性によってはDon't call me that! と怒られてしまう可能性ですらあります。 例外として、そう言う言い方をいつもしている人だと分かっている場合や完全に見下げる人がいった場合 ですから、男性はまず言わないと言う事になります。 さて友達関係になるわけですが、これらの呼びかけはもう気が付いたと思いますが、親しみ・好意を示す表現とされます。 親が子供に対してこの表現する事で子供が怒ることはないわけです。 と言っても問題ないわけで、しかも子育てには必要な表現ともされます。 しかし、年頃の娘にYou are sexyと冗談抜きに言ったらかなりおかしいです。 それを聞いた周りの人はおかしいと思うでしょう。 それはbeautulにはないsexyと言う単語が持っているからですね。 では大人同士の友達だったらと言う事になりますね。 しかし、私個人の感じとしては、この表現を連発する人はまれだと思います。 つまり、少し変わっているなと感じます。 これらの人はあなた以外の友達にもこう言う表現をよくするのでしょうか。 特別なフィーリングを持っているように感じるのは私だけじゃないと思います。 2)はそれほどきつくは感じません。 その人好みの表現ととってしまいます。 しかし、大人の友達関係でこれを言うのはやはりあなたを異性と感じているからでしょう。 女性と感じさせない友達関係であれば、たぶん使わないでしょう。 少なくとも私の知り合いや友達は言わないですね。 必要のない問題を起こしたくない、と言うことでもあるでしょう。 xxxxがLoveであったら、それは単なる誰でもどんな関係でも使える表現です。 特別な意味はありませんので気にする必要はないと思いますよ。 3)は上にも書いたように、あなたが好きであることでしょう。 たぶん本心でしょう。 お世辞ではないと思いますよ。 しかし、上にも書いたように、簡単に女性にそういうことはやはり「変わっているな」と感じます。 少なくとも普通の習慣といえるものではないと思います。 人それぞれですが さて、すごく長くなってしまいましたが、問題点の本題です。 日本語が分かる日本人が、ある人の言った事の「真相」を見極めるにはどうするでしょうか。 それは、相手の全身から真相を掴み取る事です。 ボディーラングエージですね。 あなたに好意を持っている事は確かなようです。 、 それがあなたにとって良い事なのか、それとも、その逆の極端なことをいうと遊ばれているのか、英語と言う言葉ではなく全てから判断する事ができますね。 全くコミュニケーションの問題のない日本語ですら相手を判断する事は難しいですね。 でも、この人下心あるのかしら?、スケベ親父?、やさしい人? 、私を本当に思ってくれている人? 、などいろいろと日本語でも考える事ってありますよね。 アメリカでもDon't call me that! と言う事もある、と言うことを頭の隅において置いてください。 何か取り留めのない事を長々と書いてしまったようでごめんなさい。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。 たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。 Q 褒められた時、なんと返せばいいですか? 例えば、"You're beautiful. "と褒められた時、なんと返せばいいのでしょうか? そう褒められるたびに毎回、"Thank you. "とだけでは寂しい感じがするのですが…。 女性に対しては、"Same to you. " とかでもいいと思うのですが、男性に対してはどう返答したらいいのでしょうか? 前までは、女性と同じように答えていたのですが "Thanks, I think you're handsome. "や、"Thank you. I like your hair. " などは男性によっては誤解されかねないかもしれないな、と以前から思うようになりました。 好意を持っていない男性が褒め言葉をかけてきた場合、なんと返答するのがベストですか? また、皆様はどのように受け答えしていらっしゃるのでしょうか? 「(そんなに褒められると)照れちゃうよ」にあたる、ネイティブが使うような英語も知りたいです。 あたりさわりの無い感じで、でもお互いにいい気分になれる返答方法があれば、ぜひ教えて下さい。 褒められた時、なんと返せばいいですか? 例えば、"You're beautiful. "と褒められた時、なんと返せばいいのでしょうか? そう褒められるたびに毎回、"Thank you. "とだけでは寂しい感じがするのですが…。 女性に対しては、"Same to you. " とかでもいいと思うのですが、男性に対してはどう返答したらいいのでしょうか? 前までは、女性と同じように答えていたのですが "Thanks, I think you're handsome. "や、"Thank you. I like your hair. " などは男性によっては... A ベストアンサー こんにちは、 きっと可愛いお嬢さんなんでしょうね。 Well....のところでちょっと間をあけると、なおよろしい。 それ以上は一寸やりすぎな感じですよね。 ほめられたら、軽くお礼を言って、さっさと違うお話に移るのがスマートだと思います。 ますます綺麗になって、たくさん褒められてくださいね。 A ベストアンサー Gです。 こんにちは! この二つには大きな違いがあります。 この違いとは使い方に大きな違いがあると言う事なんです。 この違いを感じない限り英語を使いこなすと言う事にはならないはずなのです。 確かに、表面的には「大変ありがとう」と言う事です。 そしてその使い方で言えばMany thanksの方が畏まったときにも使えると言う分だけ使いでのある表現でもあると言う事にもなります。 しかし、Many thanksを口で言う事はかなり少ないないでしょう。 メールや手紙の表現に使う事が多くなります。 しかしです、もっと大きな違いがあるのです。 「反意的用法」と言われる使い方です。 つまり、普通なら感謝しない事を相手(立ち)がしたときにいう表現が、Thanks a lot. なのです。 例としてはみんなで食べるためにピザを頼んだのに他の人が全部食べてしまって自分分が残っていないのが分かった時などに、You are are great! Nothing is left for me!! と言うような表現ですね。 それも普通非常に「畏まった」口調で言います。 Many thanks. と言う表現ではなかなか使い切れない「フィーリング」なわけです。 と言う事で会話で使う頻度の違い、そして更に反意的用法の違いがこれらの表現には大きな違いとして存在するわけです。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 Gです。 こんにちは! この二つには大きな違いがあります。 この違いとは使い方に大きな違いがあると言う事なんです。 この違いを感じない限り英語を使いこなすと言う事にはならないはずなのです。 確かに、表面的には「大変ありがとう」と言う事です。 そしてその使い方で言えばMany thanksの方が畏まったときにも使えると言う分だけ使いでのある表現でもあると言う事にもなります。 しかし、Many thanksを口で言う事はかなり少ないないでしょう。 メールや手紙の表現に使う事が多くなります。 Q could be と would be のニュワンスの違いを教えていただけますでしょうか。 couldはcanの過去形で、 wouldはwillの過去形であることは分かるのですが、 仮定法的な感じで使う時がどう違うのかが分かりません。 例えば、That would be nice! と That could be nice! では、意味はどう 違うのでしょうか? 私的には、wouldの方は「そうなるといいね~ 」という感じで、 couldの方は「それは素敵に違いない!」というような少し強い感じでしょうか?! 最近海外ドラマを見て英語の聞き取りの勉強をしているのですが、 結構に日常会話にcould、 wouldが、仮定法的な感じでよく使われています。 分かる方、ご解説いただけると助かります。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。 Would" expresses the idea of "willingness" , and "could" expresses the idea of "ability" ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。 一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。 他の文章で説明します。 前者は『ここで降ろして頂けると好都合なのですが、同意頂けませんでしょうか?』 相手と喧嘩中なら降ろしてはくれないでしょうね。 運転者のご機嫌を伺っているのです。 後者は『ここで降ろして頂けると誠に好都合なのですが、交通事情など周りの諸条件からして可能でしょうか?』 例えばいくらお家の前であっても高速道路上だったら不可能ですね。 そういう一時停止の可能性の有無を聞いていると判断出来ます。 yahoo. Would" expresses the idea of "willingness" , and "could" expresses the idea of "ability" ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。 一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。 他の文章で説明します。 A ベストアンサー アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。 a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。 これもいくら多いと言ってもはっきりした数値は分かりませんね。 これを最大限にもっていく、と言うことは、very manyと言うことにもなるわけです。 ではこれは数だけのことを言うかと言うとそうでもありません。 He is a guy. と言えば単に「男性だ」と言っているわけですね。 これを、He is quite a guy. と言う表現に変えて、男性は男性だけど男性としての最大限の価値を持つ男性、と言うことになり、なかなかの奴だよ、と言うフィーリングになるわけです。 また、not quite finishedと言うような表現としても使い、終わっていないといえる最大限の状況、つまり、日本語に直すと、まだ終了したとは言えない、もう少しで終わるところ、と言う言い方とマッチするわけです。 もう少し例を出しましょうね。 quite a while agoと言うと言う表現がありますね。 ただのa while agoと言うあいまいとも言えるフィーリングの最大限に伸ばした、「かなり」昔のことだけど、と言うフィーリングを出すことができるわけです。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。 a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

次の

ネイティブはどう答える?英語で褒められた時の返事をマスターしよう ・ eikaiwaNOW・英会話なう・eikaiwaNOW

お褒めに預かり光栄です 英語

日本人はよく1と2を合わせて使います。 4の「そう誉められて、とても恥かしいです」という言葉遣いはありません。 しかし日本人って、面と向かって誉められたときの表現が、とても下手なのではないでしょうか。 こんにちは。 1~4まではほかの皆さんのおっしゃる程度です。 これらの表現は、 「あなたは褒めてくださったけれど、私はまだまだ褒めてもらうほどの価値はありません」 という謙遜の気持ちを表すという意味で、日本語ネイティブからしてもやや「太客気」な感じがします。 ご質問の口語表現、中でも比較的親しい間柄で気軽に使う場合、たとえば「今日のスカーフ素敵ね」とか「日本語お上手ですね」とか言われた場合、一番適当な言葉は何かと考えると、やっぱり ありがとう なんですね。 中国語に直訳するとものすごく不遜な感じがすると思いますが、日本語の場合、そういうニュアンスはなく、相手が自分のようなものを褒めてくれたことに対する素直な感謝の表現ととられます。 1.「足元【にも】及ばない」が慣用表現です。 4.「そうほめられると」もしくは「そうほめられては」「そう そんなに お ほめていただいては」のほうが好ましく感じます。 また、「恥ずかしいです」と形容詞に直接「です」をつける言い方は、ごく最近になって使われ始めた日本語です。 今や間違いとまではいえなくなっていますが、外国のかたには、できることなら使ってほしくない言いかたです。 これは「とんでもない」という言いかたにもいえます。 「とんでもないです」よりも「とんでもない」「とんでもないことです」「とんでもないことでございます」などの使い方が正しい言いかたになります。 また、「とんでもございません」は、日本語として間違っています。 さすがに、これはまだ許容されていないと思います。 Q いつもお世話になりまして、ありがとうございます。 「とんでもない」という言葉はよく耳に入ります。 ーーありがとうございました。 (私) ーーとんでもありません。 (日本人) ーーありがとうございました。 (日本人) ーーどういたしまして。 (こちらこそ)(私) 「とんでもない」という言葉はまだ慣れません。 辞書の意味を見ると、なんだか貶す意味も入っています。 感謝に対して、普通「とんでもない」で返しますか。 それはとてもネーティブな表現ですか。 なんだか「どういたしまして。 (こちらこそ)」という言葉で返す日本人は少ないです。 「とんでもない」にふさわしい場面(特に貶す意味ではない「とんでもない」の用法)を教えていただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 美しい日本語、昔からの日本語、通じる日本語、 この3点を満たした言い方ということになると、 「とんでもないことです」(通常) 「とんでもないことでございます」(より敬意がつよくなる) という言い方になります。 意味、役割としては、相手のことばを強く否定するときに使い、「そんなことはない」ということをいうためです。 何かお礼を言われたり、感謝された場合は、相手の自分に対する感謝を否定することによって、自分が感謝されるような存在や、行為をしたのではない、ということを強調するわけです。 というのも、もともとの日本人のメンタリティーには、「相手に借りをつくりたくない」というのがありますし、その逆に「自分の行為が、自分への借りであると相手に思わせたくない」というのがあります。 「感謝」というのは、「借り」を作る行為の結果であり、精神的な重荷になる、ということであるのだ・・・と考えるわけです。 具体例で説明しましょう。 AさんはBさんが苦しいときに、Bさんを助けてあげました。 Bさんはとても感謝しています。 それと同時に、Bさんは、Aさんに「申し訳ない」とも思うし「借りがある」とも思うわけです。 だからBさんは「ありがとう」というわけです。 「ありがとう」とは「ありがたい=あることが難しい、そうであるのが稀なことである」ということですから、めったにないことをしてもらった、という気持ちなのです。 しかし、感謝されたAさんとしては、Bさんに感謝されたくてしたわけではないのです。 Bさんをなんとか助けたいとしてした行為が、結局はBさんの重荷になってしまっては、Aさんは困るわけです。 そこで、「ありがとう」といわれたAさんは、Bさんに「とんでもないことです」というわけです。 これによって、Bさんの感謝はAさんにより否定され、結果、Bさんの感謝=重荷=借りの気持ちが軽減され、Aさんの困惑もなくなる・・・という構造になっています。 なお、「とんでもない」の「ない」は、モノゴトがある・ない(無い)の「無い」ではありませんし、 「とんでもない」でワンセットです。 「とんでもありません」は、その意味で本来の使い方、言葉の成り立ちからいうと明らかに間違いです。 しかし、間違いもたくさんの人が使うようになると「通じる」ということになり「間違い」ではなくなります。 ただし、美しい日本語、昔からの日本語、という条件には当てはまりませんから、日本人学習者にはお勧めしません。 美しい日本語、昔からの日本語、通じる日本語、 この3点を満たした言い方ということになると、 「とんでもないことです」(通常) 「とんでもないことでございます」(より敬意がつよくなる) という言い方になります。 意味、役割としては、相手のことばを強く否定するときに使い、「そんなことはない」ということをいうためです。 何かお礼を言われたり、感謝された場合は、相手の自分に対する感謝を否定することによって、自分が感謝されるような存在や、行為をしたのではない、ということを強... A ベストアンサー 「おっしゃっていただく」は正しい敬語表現です。 「あなたがおっしゃることを、わたしがいただく(もらう)」という構図。 「そのように、おっしゃっていただければ、わたしどもとしても安心いたします」の場合、 「そのように、あなたがおっしゃるということを、わたしたちがもらうことができれば、安心いたします」という意味になります。 これは、ご懸念のような二重敬語ではありません。 二重敬語というのは、「一つの語について,同じ種類の敬語を二重に使うこと」です。 「おっしゃっていただく」の場合、尊敬語と謙譲語1という違う種類の敬語なので問題ありません。 また、「先生は、そのようにおっしゃっていらっしゃる」というのは、「おっしゃる」「いらっしゃる」という同じ種類の敬語(尊敬語)を使っていますが、このような場合でも、接続助詞「て」でつながっている場合は「敬語連結」というもので、二重敬語にはなりません。 二重敬語の例としては、たとえば、「社長は、毎朝、新聞をお読みになられる」のような表現です。 「お読みになる」だけで尊敬語になっているのに、さらに「られる」という尊敬語を加えているため不自然になります。 「お読みになっていらっしゃる」であれば敬語連結なので正しい表現ですね。 ただ、「お召し上がりになる」のように、「召し上がる」と「お~になる」という尊敬語が二重に使われていても、慣習上、自然な表現として認められているものも(わずかですが)一部にはあります。 詳しくは<敬語の指針>30ページをご参照ください。 bunka. pdf 質問文に問題はありません。 「おっしゃっていただく」は正しい敬語表現です。 「あなたがおっしゃることを、わたしがいただく(もらう)」という構図。 「そのように、おっしゃっていただければ、わたしどもとしても安心いたします」の場合、 「そのように、あなたがおっしゃるということを、わたしたちがもらうことができれば、安心いたします」という意味になります。 これは、ご懸念のような二重敬語ではありません。 二重敬語というのは、「一つの語について,同じ種類の敬語を二重に使うこと」です。 「おっしゃっていただく」の場合、... A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 A ベストアンサー ご懸念のとおりで、失礼な言葉になります。 これは、「一緒に連れ立って行くこと。 主たる人に付き従って行くこと。 」という意味だからです。 goo. 次のようにすると自然になるでしょう。 goo.

次の