ノート ルダム 清心 中学校。 学園について

ノートルダム清心女子大学

ノート ルダム 清心 中学校

ノートルダム清心学園はナミュール・ノートルダム修道女会を母体としたカトリックの学園です。 現在、ヨーロッパに始まり、北アメリカ、ラテンアメリカ、アフリカと日本を含めた5大陸にわたる教育の場で、1,150余名のナミュール・ノートルダム修道女会の会員が活躍しています。 日本では1924年、アメリカ合衆国から来日した6人の宣教師の教育に対する熱い志を受け継いで、岡山、倉敷、広島に幼稚園から大学・大学院までの学校を経営しています。 学校法人ノートルダム清心学園 理事長 津田 葵 建学の精神・教育理念 建学の精神 心を清くし 愛の人であれ Purify your heart and be a person of love 聖ジュリー・ビリアート (ナミュール・ノートルダム修道女会創立者) St. Julie Billiart, 1751-1816 教育理念• 1 社会に対しても、世界に対しても開かれた学園である。• 3 宗教的情操を重んじる学園である。 また、それぞれの時代の社会的ニーズに即応した教育とその実践を目標としています。 日本社会は今、7人に1人の子どもが貧困状態にあること、外国籍の人々への差別、いじめ、児童虐待といったきびしい現実があります。 このような課題に向き合い、修復に向けて、積極的に取り組む行動力が求められています。 それぞれが与えられた場で、共に生きる人々との連携を深めつつ、共生社会の機能的なメンバーの育成に向けて努めてまいります。 学園のあゆみ• 学園章 紋章について 設立母体である、カトリック・ナミュール・ノートルダム修道女会のベルギーのナミュールに位置する修道院のドアにある紋章をデザイン化したものである。 用いられているそれぞれの図案は以下のような意味が込められている。 盾 保護と信仰を象徴 三つ星 祝福された三位一体を象徴 十字架 イエス・キリストの生と死と復活に啓示された神の愛 N. ナミュール・ノートルダム修道女会• 寄附行為.

次の

ノートルダム清心中学校・高等学校とは

ノート ルダム 清心 中学校

スタディが注目する「ノートルダム女学院中学校」のポイント カトリックの精神に基づく「徳と知」を建学の精神に掲げる。 少人数で、落ち着いた雰囲気も魅力の女子中学校。 1952年創立の伝統校が、2018年度より3つの新コースを新設。 各コースの教育目標に掲げるのは、4つの「C」から始まる言葉だ。 1つ目は、「Communication」--コミュニケーション能力。 2つ目は、「Crytical Thinking&Problem Solving Skill」--客観的な物の見方や、言われたことを鵜呑みにせず、自ら課題を発見し、問題を解決する力を磨く。 3つ目は、「collaboration」--コラボレーション。 共に働き、一緒に学ぶ、協働的な問題解決能力を身に着ける。 4つ目は、「Creativity」--クリエイティビティ、いわゆる創造力だ。 これらに加え、創立以来積み重ねられたグローバル教育、ICT教育、アクティブラーニングなどにより、21世紀型の生きる力を育成していく。 卒業生の満足度も高く、アンケートでは9割以上が満足と回答。 教員の励みになっている。

次の

ノートルダム女学院中学校

ノート ルダム 清心 中学校

所在地 〒733-0811 広島市西区己斐東1-10-1 沿革• 、岡山を本拠に活動していたノートルダム修道女会によって設立。 初代校長にシスター・メアリー・コスカ就任。 、学校法人ノートルダム清心学園認可。 、第2代校長にシスター・ローズ・キャスリンが就任。 高校校舎着工。 、第1期生が高校入学。 高校新校舎落成。 、高校生徒会発足。 シスター・ローズ・キャスリン岡山に転任のため、第3代校長にシスター・アロイーズが就任。 、創立10周年記念式典を開催。 、を併設。 シスター・アロイーズ転任のため、第4代校長にシスター・モニカ 辻海松子 が就任。 、清友会 中学生徒会 発足。 、創立15周年記念行事を開催。 、中学校校舎消失 1月9日。 新年度はプレハブの仮校舎での授業となった。 7月、新校舎起工式。 、新校舎落成。 体育館建築工事着工。 、体育館落成。 、創立者マザー・ジュリーが聖人に認められる。 、シスター・モニカがナミュール・ノートルダム修道女会の日本管区長就任のため、第5代校長にシスター・ゲルトルート 辻弘子 が就任。 、高校の校名改称。 創立25周年記念行事を開催。 、第6代校長シスター・鈴木惠子就任。 、新校舎増築工事着工。 、中学4学級編成開始。 新校舎落成。 、芸北教育場ユリア館落成。 以降、中学校の林間学校などに利用される。 、創立40周年。 制服がほぼ今の形に。 、第7代校長シスター・小谷恭子就任。 、旧体育館の取り壊し工事開始。 体育館新築工事起工式。 、新体育館落成。 、創立50周年記念行事を開催。 、併設のノートルダム清心女子短期大学が募集停止。 、が廃学。 空き校舎や食堂を中高が利用するようになる。 、シスター・小谷恭子が岡山に転任のため、第8代校長に今崎成志が就任。 校風 「心を清くし、愛の人であれ」 部活動 中学生はクラブ必修。 毎週月曜日の放課後が必修時間とされている。 高校生は任意参加。 ただし、同好会に参加することができる。 また、これとは別に学園祭のために活動する高校生のみの「特別参加単位」がある。 部活動とは別に委員会活動も盛んである。 部活動一覧 多彩なクラブが存在しており、活動も熱心である。 2005年度はディベート部・囲碁部・書道部・文芸部・古典文学研究部・クラシックギター部が全国大会出場、また高校演劇部・中学音楽部・高校合唱部・高校水泳部が中国大会に出場している。 カトリック研究会 カトリック研究会はクラブとも委員会とも異なった別の組織であり、信者にかぎらず誰でも入ることができる。 毎週金曜日の放課後が活動時間にあてられており、この時間は他のクラブ活動も禁止である 例外の期間も存在する。 文化部• 審議委員会• クラス委員会• 風紀委員会• NDA ノートルダム・アクション 委員会• 美化委員会• 図書委員会 高校• 審議委員会• HR委員会• 生活委員会• NDA委員会• 美化委員会• 図書委員会 中高合同• 学園祭実行委員会• 体育祭実行委員会 2015年度 著名な出身者• (・)• (元)• (元)• (食空間プロデューサー)• (女優、)• (キャスティング・ディレクター)• 沖野洋子(英語専任講師)• 貝野有佳(長井ゼミ化学専任講師)• (選手)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (元NHKアナウンサー)• () 系列校• 関連項目• 外部リンク• この項目は、のに関連した です。

次の