中卒 医療事務。 医療事務資格は学歴が関係する?中卒・高卒は受験できるの?

医療事務に学歴は関係なし!中卒・高卒でも働けるワケって?

中卒 医療事務

・高卒だが、そこそこ安定した収入のある仕事を探している ・大学に行ってまでやりたいことがないから、医療事務にでもなろうかと考えている高校生 ・高卒の学歴だが、医療事務の仕事で採用されるのか不安な人 ・医療事務の仕事に興味があるが、大学に行く必要はあるのか悩んでいる人 医療事務になるには高卒や中卒でOK、資格が無くてもOK 冒頭でも書いていますが、たとえ高卒や中卒でも、医療事務になるには全く問題ありません。 世の中には、医療事務の関連資格がたくさんありますが、大学などで専門的な教育課程を修了していなくても受験資格があるものがほとんどだからです。 さらに、これらの医療事務の関連資格は、ただの民間資格。 医療事務の資格は国家資格ではありません。 そして、これらの資格は保有していなくても医療事務の仕事内容そのもの行うことは可能なんです。 これはどういうことかというと、例えば医師や看護師の場合は国家資格が必要ですよね。 資格がない人が患者の治療や診断といった医療行為を行うことは法律で禁じられているんです。 医療事務の場合、その仕事内容(受付、診療報酬の計算、会計、カルテ管理などの医師の補佐)を遂行するために、医療事務の関連資格が無くても法的に問題が無いのです。 ですので、 中卒だろうが、 高卒だろうが、 専門卒だろうが(専門学校卒は公式には「高卒」ですが)、 大卒だろうが、 そして資格が無かろうが、 医療事務になって、その仕事をすることはできます。 実際に高卒医療事務や、無資格の医療事務はたくさんいます。 ぶっちゃけ、医療事務の資格を持っている=ある程度の知識はあるという証明になるものの、現場で覚えることもたくさんあります。 資格の有無や、学歴よりも実務経験がどれくらいあるかが、重要視される仕事なんです。 高卒や中卒で医療事務になるには資格があったほうが良い 医療事務になるには、学歴不問(高卒や中卒でOK)で資格も必須ではないと書きました。 とはいえ、医療事務の関連資格が何の役にも立たないとうことではありませんし、あれば少しですが有利になります。 すくなくとも一定期間、専門的に勉強をして資格を所持しているということは、ある程度評価されますから。 特に、高卒や中卒で、医療事務関連の資格が何もないと、大卒者や、資格を保有している高卒者よりも必ず不利になってしまいます。 地域によりますが、医療事務でわりと待遇の良い案件ではわずかな求人枠に多数の応募者が殺到します。 そのため、少しでも医療事務の労働者市場での価値を高めるためには、なんらかの医療事務関連資格は保有しておいたほうが良いでしょう。 そして、もしも医療事務関連の資格取ったらすぐに就職することをお勧めします。 なぜなら、何年もブランクがあるとせっかく勉強したことを忘れてしまうし、診療報酬の制度も改定されてしまうからです。 大病院の医療事務だと高卒や中卒は厳しい 医療事務の求人に応募する際、地域の中核病院となるような大病院だと、高卒や中卒者では不利です。 とくに正職員となるとかなり厳しくなります。 これらの大きな病院では、医療事務をはじめ、すべてのスタッフ・職員は「4年制大卒以上」といった条件を設けているのが一般的だからです。 この条件が付いていると、たとえ医療事務の経験や、関連資格があっても高卒や中卒で採用される可能性はほぼなくなってしまいます。 書類選考で落とされるでしょう。 ぶっちゃけ、学歴以外の条件が同じであれば、4年制大卒>高卒(専門学校卒含む)>中卒といった順で、就職市場では有利になります。 医療事務に限らず、日本の労働者市場において一般的にいえることですが。 一方で、個人経営の小規模な病院や、町のクリニックで医療事務になるには、高卒や中卒でも大丈夫です。 「4年制大卒以上」という条件が無く、応募できることが多いですね。 あとは、交通が不便で若い労働力が無い地域や、新設の病院であれば、高卒や中卒でも医療事務に採用されやすいことがありあます。 高卒や中卒で医療事務になる場合の雇用形態は? 医療事務では、下記の3つの雇用形態のいずれかで雇用されることになります。 ・正社員(正職員) ・派遣社員(派遣職員) ・パート・アルバイト ただし、学歴問わず、最近は派遣で医療事務を確保する病院が多くなています。 正職員枠は少ないですね。 特に、未経験の中途採用で正職員に採用されるのは難しいですし、そういった案件には応募が殺到します。 とはいえ、できれば正職員になりたいという人も多いでしょう。 ただし、ここでも高卒や中卒では、4年制大学卒業者よりも若干不利になります。 高卒や、中卒で医療事務になるなら、非正規の職員(派遣職員やパート・アルバイト)ということも考えないといけません。 その後数年の経験をつめば、「医療事務経験者」として有利になります。 あるいは、高校卒業時の「新卒採用枠」として、医療事務の正職員の案件があることがあります。 特に、専門学校や、商業高校、医療事務の課程がある短期大学だと、学校に新卒求人の案内が一定数くるのです。 この点で、同じ高卒であっても、医療事務関連の専門学校や商業高校は有利です。 幸運にもこの案件で採用されれば、高卒でも正職員の医療事務になることができます。 高卒や中卒から、正職員の医療事務になるには、下記のいずれかのパターンになってくると思います。 高校(または専門学校)卒業時に、新卒として医療事務の正職員に採用される 高卒や中卒で医療事務になるメリット 全体的に、高卒以下では、医療事務になるには若干不利になってきます。 ただし、医療事務の仕事というのは、大学で専門的な学問を学んだところで、それを活かせる場面はあまりありません。 また、4年制大卒者と高卒者でほとんど給与水準が変わらないのも特徴です。 そのため、4年制大学に行かずに、医療事務になると下記のようなメリットがあるのは事実。 ・大学4年間の学費が不要 ・大学進学のための受験勉強が不要 ・高校の新卒で医療事務になれば、4年分の実務経験と収入が得られる 医療事務の仕事に興味があって、大学進学の必要性を検討している人はこのあたりをよく考えてみる必要があります。 医療事務になるには高卒や中卒でOK。 専門学校や商業高校は有利?ポイントを整理した【まとめ】 まとめますと、医療事務になるには、高卒や中卒でも可能です。 ただし、病院の規模や、雇用形態によっては、4年制大卒のほうが若干有利になるでしょう。 または、普通の高校の高卒よりも、商業高校や関連する専門学校、医療事務系の課程がある短期大学を経たほうが就職しやすくなります。 よって、すでに大人で、最終学歴が高卒、中卒で医療事務になる場合は下記の2点をおさえておく必要があります。 ・関連資格を取得したほうが有利 ・医療事務の経験が必要なので、正職員のこだわらず実務経験を積む もしも高校卒業時に新卒で医療事務になりたいと考えるなら、関連資格の勉強を在学中にしておきましょう。 みんなが大学受験の勉強をしている間、遊んでいてはいけません。 商業高校を検討するのもいいと思います。 一方で、よほど評判の悪い学校でない限り、高校の偏差値やレベルは関係ないです。 あとは性格やコミュニケーション能力、常識的なマナーや振る舞いができるかが大事になってきます。 医療事務の仕事内容や現状についてさらに詳しく知りたい人は、関連記事を参考にしてください。 また医療事務関連資格の講座を提供している企業から、無料で資料請求も可能です。

次の

中卒から医療事務になるには?

中卒 医療事務

もくじ• 調剤薬局事務という職業 調剤薬局事務という職業は、1990年代の利益誘導によるの推進に伴って増えてきた、比較的新しい職業です。 一般的な事務職とは異なり、調剤薬局事務の仕事には調剤料や薬剤料の算出、の作成などがあります。 これらの仕事は調剤薬局事務特有のものであるため、きちんとした知識がなければできません。 しかし、こうした特別な知識が必要な仕事のほとんどを、レセプトコンピュータ(通称レセコン)と呼ばれるコンピュータが担ってくれます。 したがって、専門的な知識や特別な学歴、資格がなくても問題ありません。 また調剤薬局事務は、同じく医療に携わる事務職である医療事務とよく似た職業として挙げられますが、調剤報酬と診療報酬は全く異なる上に実際の業務も大きく違います。 資格取得も学歴不問 調剤薬局事務には民間の団体が認定する資格がいくつかありますが、資格がなくても務まる職業であるため、取得するかどうかは個人の自由です。 新しく調剤薬局事務を採用する際、薬局側が積極的に採用したい人材は調剤薬局事務経験者であるため、資格よりも経験が優遇されます。 しかし、資格を取得していて損になることはありません。 調剤薬局事務未経験者と未経験者だが資格を取得している者ならば、後者のほうが採用されやすい傾向にあるからです。 したがって、毎年多くの人が調剤薬局事務の資格を取得しています。 また、調剤薬局事務の資格試験には受験資格がありません。 例えば、薬剤師になるために受けなければならない薬剤師国家試験は、6年制の薬学部で薬学の正規の課程を修めて卒業する必要がありますが、調剤薬局事務の資格試験には学歴も年齢も関係なく、 中卒や高卒でも受験することができます。 中卒や高卒ならば資格取得も一つの方法 調剤薬局事務の職業に学歴は関係ありませんが、競争率の高い職業であるため誰でも採用されるわけではありません。 特に調剤薬局事務未経験者を採用する場合、その基準や条件は薬局によってさまざまです。 もし中卒や高卒でも調剤薬局事務になれるかどうか不安を感じるならば、 調剤薬局事務の資格を取得することをおすすめします。 調剤薬局事務の資格勉強は医療事務と比べて範囲が狭く、覚えることも多くはありません。 大卒程度の学歴でなければ理解できない内容ではありませんし、合格できない試験でもありません。 したがって、中卒や高卒の人でも問題なく学ぶことができます。 医療事務との学ぶ範囲の違い また、資格試験のほとんどがテキストや資料の持ち込みが可能であるため、 暗記をする必要もなく非常に取得しやすい資格です。 頭の良さより人柄の良さ 薬局に来る患者さんは心身の不調を抱える人が多いため、コミュニケーションの取り方も一般的な接客業とは違います。 したがって、どんなに優秀で素晴らしい学歴を持っていたとしても、 コミュニケーション能力や対人関係に難のある人は薬局の求める人材ではありません。 調剤薬局事務は薬局の受付であり薬局の顔でもあるため、親しみやすさや表情の明るさなどが重視されます。 また具合が悪く不安を抱える患者さんに安心感を与えるような、人柄の良さがある調剤薬局事務は信頼されやすいですし、そんな調剤薬局事務への信頼は薬局の信頼にも繋がります。 特に医療機関において、信頼は無視することのできない大事な要素です。 したがって、薬局は 学歴よりもその人自身の人柄やコミュニケーション能力を重視します。 まとめ 調剤薬局事務は医療従事者ですが、特別な知識や資格がなくても務まる職業です。 したがって、優れた学歴を持つ者よりも、患者さんとのコミュニケーションに優れる者に重きを置くため、 学歴は関係ない職業だと言えるでしょう。

次の

きらめく星のなったんの本名や出身は沖縄!中卒で職業は医療事務!整形の噂は?

中卒 医療事務

標準学習期間を過ぎても、 最後の試験を3回やって合格点とれなくても、 その時点でアウトです。 それ以上の保証は一切ありません。 お金を払って教材を買うとだけ認識した方が 良いかもしれません。 あと、医療事務の事に関してだけアドバイスさせて頂くと、 きちんとした学校を出た人も、そうでない人も、 同じ仕事をして、同じ給料を貰っています。 つまり、あってもなくても現場では同じでした。 そうなると、優遇されるのは経験があるかないかだけです。 例え経験があったとしても、全く希望しない仕事をさせられる事も 勿論あります。 (ニチイやユーキャンの医療事務に関するCMは、 とてつもなく美化されていると思った方が良いですよ) あれば多少なりと面接に便利だと考える人も居るでしょうし、 もしかしたら人事の人でも、資格があるだけプラスだと思う方も いらっしゃるかと思います。 ですが私が知っている現状ですと、正直変わりません。 何をやりたいのか一つに絞って、 それについて兎に角調べてから、 高いお金を払って受講した方が良いですね。 実際にユーキャンをやると受講者たちがコミュニケーションを取る 掲示板があるのですが、 全く就職出来ないと嘆いている人が普通に居ましたので。 ユーキャンの宅建講座で合格した高卒ママです。 ユーキャンは2年目までは法改正などの冊子は送られてくるようですよ。 実際は、知識がゼロで子育てしながら半年で合格はほぼ無理だと私は思います。 私は2年での取得でした。 1年目は市販の参考書や問題集で勉強しましたが落ちました… 2年目はユーキャンで勉強し、かなり充実した教材だと感じましたよ。 試験の点数もかなり高めで合格できたので、私としてユーキャンがオススメです。 楽ではありませんが就職も出来ると思います。 私は他に簿記、医療事務、ヘルパーなど資格を持っていますが。 質問とそれますが、中卒でしっかり働ける。 やる気次第で着実にキャリアアップできるのは、介護職がオススメですよ。 ヘルパー2級の資格を取得するのはかなり簡単ですが、自信につながりますし、まず第一歩になります。 ヘルパー2級取得から就職、その後の経験と勉強次第で介護福祉士やケアマネなどになれます。 学歴どうこうよりも、とにかく若い!という利点と可能性を生かして地道に頑張っていける職種です。 何を選択するにしても、資格があるのは後々の財産になります。 中卒であっても資格取得の勉強をした事実を認めてくれる会社も少なからずありますよ。 お互いに頑張りましょうね 医療事務や調剤薬局事務は 「資格がないと仕事ができない」という資格(独占資格)ではないので 資格があれば、必ず就職できるというものではありません。 ある程度安定した職場で働こうと思えば、 やはり高卒以上か短大卒以上を求められるでしょう。 宅建も独占資格ではありませんが、 不動産会社などの事務所では5人に1人以上、 宅建の資格者を置く必要があるので 就職しやすい資格だと思いますが、 先の方もおっしゃっているように一定の経験が必要です。 ユーキャンの標準学習期間は 標準的なペースで勉強したときの目安です。 標準学習期間とは別にサポート期間というのがあって サポート期間内は課題の指導や質問のサポートが受けられます。 資格を取るのにかかる期間は、人によってまちまちです。 ユーキャンの場合は、あくまでもユーキャンの講座を修了するのに だいたい6ヶ月くらいですよという目安で 1ヶ月ちょっとで受かる人もいれば、1年かけて勉強する人もいます。 しっかり働こうと思うのなら、おすすめはやはり「高卒」の資格です。 「高等学校卒業程度認定試験」という資格があるので 調べてみられるとよいですよ。 そうですね…。 医療事務系は資格だけあっても経験がないとパートでも採用は難しいですし、求人は「高卒以上」が多いです。 高卒や大卒の人でも転職や出産後の再就職のために資格は取ったけど、仕事がない…って感じで飽和状態です。 特に小学生くらいまでの小さい子がいるママさんや、残業ができないかたは避けられます。 ユーキャンの標準学習期間は、平均ではなく真面目に進めたらこのくらいって意味だと思います。 期間の延長制度を使う人や、使っても間に合わない人も結構いるかと…。 コツコツと一人で真面目に確実に進めていける人なら通信でも問題ないと思います。 宅建だと、資格登録には実務経験が2年以上なければならない(もしくは講習を受ける)ですし、 取引主任者証の期限は5年なので、5年ごとに法定講習及び取引主任者証の書換えが必要です。 合格率も15%くらいだったかと。 学力に自信があるのであれば通信でも良いのかもしれませんが…。 需要でいえばヘルパーなんかもアリですかね。

次の