セイヨウ オオ マルハナバチ。 マルハナバチ科の図鑑

セイヨウオオマルハナバチバスターズ | 環境生活部環境局自然環境課

セイヨウ オオ マルハナバチ

人為的に本来の生息地から別の地域へ移送された生物を外来生物と言います。 移送された先で外来生物が繁殖することで、在来生物に対して悪影響を及ぼすことが、現在、生物多様性を脅かす要因として、世界的に問題となっています。 我が国でもこれまでに様々な外来生物が持ち込まれ、大きな生態系被害が生じています。 アメリカ原産のオオクチバス(ブラックバス)は、1925年に食用魚として芦ノ湖に導入されたものが、戦後のスポーツフィッシングブームによって、日本各地の湖沼に放逐され、その結果、在来魚が補食されて減少するという問題が生じています。 沖縄および奄美に導入された東南アジア原産のマングースは、これらの島に生息する毒ヘビのハブを退治するために1910年という古い時代に持ち込まれました。 船便で届いたたった16匹のマングースは、沖縄の森の中で定着して数を増やし、最高10,000匹以上になったと考えられています。 しかし、もともと昼行性のマングースは夜行性のハブと野外で出会う確率は低く、ハブ退治の役にはあまり立ちませんでした。 それどころか、ヤンバルクイナやアマミノクロウサギといった島の固有種を補食して、その数を減少させていることが明らかとなり、現在、環境省によって防除事業が進められています。 今後、貿易の自由化の拡大に伴って、様々な外来生物が移送される確率は益々高まり、生態系被害も拡大すると考えられます。 このように、外来生物によって在来生物が減少し、生物多様性が撹乱されることを防ぐために、生物多様性条約では加盟各国に外来生物による被害防止を義務づけており、2010年に名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議COP10において採択された「愛知ターゲット(生物多様性保全のための20の目標)」のなかでも、目標9として、外来生物の管理が明記されています。 我が国でも、2005年より外来生物法という、外来生物を管理するための法律が施行されました。 この法律では、生態系に被害を及ぼしている外来生物種や、被害をもたらすおそれのある種を「特定外来生物」に指定して、それらの種を輸入すること、飼育すること、野外に逃がすこと等を禁止するとともに、すでに日本国内で定着しているものについては、行政が責任をもって防除することが義務づけられています。 これまでに107種類の生物が特定外来生物に指定され規制を受けています。 国立環境研究所では、生物多様性プログラムの一環として、外来生物の防除技術の開発に取り組んでおり、特定外来生物に指定されているオオクチバス、マングース、そして小笠原に定着しているグリーンアノール等の効果的な防除手法を他の研究機関とも共同して研究しています。 その中で、特に国立環境研究所独自で新規な防除手法を探索している対象種がセイヨウオオマルハナバチです(図1)。 セイヨウオオマルハナバチはヨーロッパ原産のハナバチの1種で、温室内で栽培されているトマト等の花粉媒介昆虫としてオランダやベルギーで人工の巣箱が大量に生産されています。 この巣箱を温室においておけば、働きバチが花粉を集めに、温室内のトマトの花を訪れ、花から花に花粉を運んで授粉を助けてくれます。 これによって、トマト農家さん達は、効率よくトマトの実を生産することができるのです。 日本には1992年から本格導入されました。 それまで我が国のトマト生産現場では植物成長調節剤(ホルモン剤)を一つ一つの花に噴射するという手作業によって結実させていました。 この作業は大変手間がかかるとともに、ホルモン剤自体が除草剤を成分としていること、また、種無しのトマトしかできないため味が悪いという生産上のデメリットを生んでいました。 それがこの外来のマルハナバチの導入によって、トマト農家さん達の省力化が進み、生産規模が拡大できたとともに、安全で高品質なトマトの生産ができるようになったのです。 導入直後からセイヨウオオマルハナバチの需要は急成長し、年間の流通量は、4,000巣箱から現在70,000巣箱にまで増加しました。 しかし、ここで生態学的問題が生じました。 本種は外来生物であり、野生化した場合に、日本在来のマルハナバチ種に対して悪影響を及ぼす恐れがあったのです。 その恐れは的中し、導入してからわずか数年後には北海道で野生化した巣が発見され、その後、野生個体群は北海道内の各地で分布を拡大し、在来マルハナバチと巣穴を巡る競争が生じたり、外来マルハナバチと在来マルハナバチの間で交雑が起こり、在来種の生殖を阻害したりするなどの生態影響が起こっていることが2005年までに我々の研究によって明らかになりました。 本来ならば、在来種に甚大な被害を及ぼしているセイヨウオオマルハナバチは、すぐにでも特定外来生物に指定して使用規制しなければなりませんでした。 しかし、本種は農業利用のために導入され、今やトマト生産に欠かせない農業資材だったため、簡単に規制に踏み切ることはできませんでした。 そこで国立環境研究所の提案により、逃亡しないように網を張った温室のみで、環境大臣の許可のもと使用できるという制限をつけて2006年に特定外来生物に指定することになりました。 この法規制によりセイヨウオオマルハナバチの野外への逃亡が遮断され、供給源を失った野外の集団もこれ以上は増加しないであろうと予測されました(図2)。 しかし、法規制を受けてから6年以上経った今でも、野外のセイヨウオオマルハナバチは減ることはなく旺盛に飛び回り、彼らの分布域ではやはり在来マルハナバチの姿は減ったままの状態が続いています。 結局、供給源は断たれても、野生化した集団は、北海道の環境に適応し、増え続けていることが判明したのです。 このため、北海道庁もボランティアを募って、2007年から網による捕獲作業を全道的に続けていますが、毎年の捕獲数データには大きな変化はなく、つまり捕獲による抑制効果が低いことが示されています。 セイヨウオオマルハナバチは、一つの巣あたりの新女王や雄の生産量が非常に大きく、もともと種内での巣穴を巡る競争が激しい種なので、現状の捕獲努力では間引き効果しか得られない可能性が高いと考えられました。 捕獲の効果も上がらず、北海道庁もボランティアの方々もモチベーションが低下しつつあり、このままでは防除事業そのものが立ち消えになってしまう恐れがありました。 そんな状況で迎えたCOP10の年、2010年に、天皇陛下と美智子様が研究所にご訪問され、外来生物研究の説明対応をさせていただいた筆者に、陛下が一言「北海道の外来マルハナバチはどうなっていますか?対策はとれますか?」と聞かれ、思わず筆者は「これから何とかします」とお答えしてしまったのでした・・・ お答えした以上は、何が何でもセイヨウオオマルハナバチの防除技術を開発する必要がありました。 そこで、「生物多様性プログラム」の研究テーマとして本種の防除手法開発を立ち上げ、検討を進めました。 そして、我々は社会性昆虫という本種の生活史特性を利用した駆除手法を開発しました。 マルハナバチは1匹の女王が巣内に留まり、働きバチや新しい女王、雄の卵を産みます。 そしてそれらが孵化して生まれた幼虫に、外で花蜜や花粉を集めてきた働きバチたちが餌を与えて世話をします。 そこで、この外で働いている働きバチに特殊な殺虫剤を散布して、巣に持ち帰らせることで、巣内の幼虫たちに殺虫剤を暴露させて、その成長を阻害しようという作戦を考えだしました。 新女王や雄が幼虫のうちに死んでしまえば、もう次の年には巣は作れなくなります。 我々はこの新手法を「ハチの巣コロリ」と名付けました。 もちろん殺虫剤ですから、他の生物に悪影響がないような化合物および処理方法を考えなくてはなりません。 そこで、まず哺乳類や鳥類、魚類などの動物に無害な薬剤として、昆虫成長制御剤(IGR剤)を選びました。 このタイプの薬剤は昆虫類の外骨殻の成分であるキチン合成を阻害し、脱皮できなくすることで死に至らしめる薬剤で、脱皮しない脊椎動物には無害です。 また成虫には効かないので、効率よくハチの巣に持ち帰らせることができます。 ただし、他のマルハナバチ類にもこの薬剤がかかれば影響を受けてしまうので、セイヨウオオマルハナバチだけ捕獲して散布する必要があります。 そのときに大きな助けになるのが、これまでセイヨウオオマルハナバチの捕獲に携わってきたボランティアの方々です。 彼らは本種を見慣れているので効率よく選択的に本種を捕獲できます。 捕獲と散布の組み合せで、本種の密度を劇的に低下させることができると期待されます。 現在、当研究室では、この薬剤防除手法の効果と在来種に対する安全性の確認を室内試験および隔離された温室内試験により進めています(図3)。 環境省をはじめ、北海道庁、ボランティア団体の方々からもその成果には注目が集まっているところです。 新しい手法の実践には、十分なリスク評価が必要であり、リスクコントロールが確実に可能と判断されて初めて、野外レベルでの試験に移行する予定です。

次の

ミツバチと人間の新たな関係を探る—再び注目が集まる古代からの人類のパートナー—

セイヨウ オオ マルハナバチ

先日、視察研修で熊本のトマト農家さんを訪れました。 ミニトマトを、中心に栽培しているハウスでしたが、印象的だったのは、マルハナバチの利用でした。 ハウス内のトマトを見ている時も、ブンブン飛んでいました。 今まで行ってきたトマトの受粉は、ホルモン処理ばかりでした。 マルハナバチの利用は、受粉管理の省力化に役立つとよく聞くので、取り入れたいなと思っています。 マルハナバチの利用について教えてください。 このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。 この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。 過去に北海道で、トマト栽培をしていた時に、マルハナバチを利用しました。 その頃は、2002年で、セイヨウオオマルハナバチを利用していました。 2019年の9月より、セイヨウオオマルハナバチ使用の許可基準が、変わりました。 詳しい内容は、こちらの記事を参考にしてください。 スポンサードサーチ マルハナバチを利用するトマトの受粉管理 マルハナバチの利用は、トマトの栽培にとってどのようなメリットが生まれるのか? マルハナバチの特性と共に解説します。 マルハナバチの種類と特性 マルハナバチはミツバチ科の昆虫です。 ミツバチに比べると、体が大きく、体を覆う毛も長く特徴を持ちます。 飛ぶ音も比較的大きく、近くに寄ってきた際は簡単に気づく事ができます。 マルハナバチの巣は、ミツバチのような均一な六角形(ハニカム構造)ではなく、楕円形の巣室で構成される。 マルハナバチは、巣の中に多くの蜜や花粉を貯蔵する事ができない。 そのため曇天や少々の雨の天候でも、花粉や蜜を集める必要があり、この特徴が農業の利用の中で効率的に働く。 トマトに利用されるマルハナバチは2種類あります セイヨウオオマルハナバチ 上の写真は、セイヨウオオマルハナバチです。 ハウス施設へのネット展張 セイヨウマルオオハナバチを利用する場合は、環境省の定める法律に基づき、栽培施設の換気部には4mm以下のネットを張り、出入り口を2重構造にする事が義務づけられています。 クロマルハナバチの場合も、対象作物となるトマトに効率的に蜂花させ、ハウス外の天敵による捕食の害を減らすためにも、セイヨウマルハナバチ同様に、ネットの展張管理が必要です。 巣箱の管理方法 自然界のマルハナバチは、地面の中の穴に巣を作ることが多いです。 これは、直射日光が巣に当たらないようする事で、高温条件をさけるためとされています。 トマトの栽培での利用時も、夏期などハウス内、巣内が高温になる条件では、地中に巣を設置し、さらに遮光の管理などを行い、巣内の高温を防ぐ対応を行います。 砂糖溶液の設置 トマトの花は蜜を出さないため、マルハナバチはトマトの花粉のみを集めます。 蜜は、マルハナバチの活動のエネルギー源の働きとしても、重要なため、このエネルギー源になるものを、人間が準備する必要があります。 [水:砂糖]を、[1:1]で混ぜ合わせた、砂糖水を作り、マルハナバチが溺れないように、脱脂綿やクッキングペーパーに染みこませて、ハウス内に設置します。 殺虫剤の使用 マルハナバチも昆虫のため、トマト栽培中の殺虫剤の利用には注意が必要です。 特に注意が必要なのは、殺虫剤散布後の残効日数です。 散布後に農薬の効果が残っていると、マルハナバチは活動できません。 マルハナバチへの農薬の影響の情報は、農薬メーカーのサイト等で入手する事ができます。 栽培期間中は、害虫を対象とした殺虫剤の利用が多くの場合で必要となります。 薬剤散布の作業開始時から、マルハナバチの巣箱を移動する必要がありますが、複数棟の栽培ハウスがある場合は、薬散対象ではないハウスへ、移動し薬剤の残効期間が過ぎるまで待ちます。 待避させる栽培ハウスがない場合は、マルハナバチの出入りが確実にない状態で巣箱を閉め、薬剤の影響がない場所で管理します。 このときに付属の餌がある場合は、利用してマルハナバチの体力を維持します。 以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。 とまと家・中島がお届けしました。

次の

トマトの受粉にマルハナバチを利用する【基本特性と使用方法】

セイヨウ オオ マルハナバチ

北海道でトマト農家をしています。 栽培面積はミニトマトを20a程度です。 来年から、受粉管理の省力化のために、マルハナバチを利用したいなと考えています。 2006年からセイヨウオオマルハナバチの取り扱いは、厳格化されたのは知っていましたが、2019年の9月にも、使用許可の内容が多く変更するようですね。 新規の使用申請は、クロマルハナバチでしかできないという内容もありますよね。 また、北海道はクロマルハナバチが生育していないから、独自の内容になるとかならないとか。 今回の使用許可の方法が変更により、どのような違いがでるのか教えてほしいです。 このような疑問をお持ちの方へ向けて、この記事を書きました。 この記事を書いている僕は、北海道を中心に海外含め、17年間トマト栽培を行っております。 セイヨウオオマルハナバチを、トマトの栽培現場で使用した経験はありますが、マルハナバチに関係する制度等は、専門ではありません。 ただ、2019年9月の、セイヨウオオマルハナバチの使用許可の方法が変更によって、新規でのマルハナバチの使用の方法が大きく変わります。 主な変更内容は、環境省より以下のように発表されています。 より引用 環境省より発表されている情報を基に、今回の変更についてまとめてみました。 不足する内容、より詳しい内容は、環境省のサイトを確認してください。 スポンサードサーチ 【背景】セイヨウオオマルハナバチの 飼養等の許可の運用の変更されるまで マルハナバチの利用開始からセイヨウオオマルハナバチの特定外来生物への指定 日本では1990年代より、トマトやナスの栽培で、マルハナバチの利用が開始され、受粉作業の省力化に大きな効果が出ていました。 外来種である、「セイヨウオオマルハナバチ」がメインに利用されていましたが、利用場所の日本の野外で巣の形成が確認されたり、餌資源の競合などにより、在来種のエゾオオマルハナバチの減少も確認され始め、2006年にセイヨウオオマルハナバチは「特定外来生物」に指定されました。 セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針 特定外来生物は、原則として飼育が禁止されていますが、セイヨウオオマルハナバチは、農業資材として産業利用されていたため、生業の維持を目的をする場合は、3年ごとに環境大臣の許可を受け使用する事が可能でした。 その後、2017年に、セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針が策定されました。 主な内容は、• 農業に悪い影響を与えないように注意しながら、最終的にはセイヨウオオマルハナバチの利用をなくしていく• 日本在来のクロマルハナバチへ計画的な転換を進める• 2020年までに、セイヨウオオマルハナバチの出荷量を半減することを目指す(北海道を除く) この方針に基づき、2019年9月より、セイヨウオオマルハナバチの飼養等の許可の運用の変更がされました。 スポンサードサーチ 【本州、四国、九州】セイヨウオオマルハナバチの新規申請が原則できなくなります。 今回の許可の運用の変更で、一番大きな点は、新規でセイヨウオオマルハナバチの利用の申請内容です。 栽培する都道府県や地域によって、申請後に利用できるマルハナバチの種類が変わります。 地域の分け方は、• 北海道• 本州、四国、九州(クロマルハナバチ が生息しない島しょ 部を除く)• 奄美大島以南(及びクロマルハナバチ が生息しない島しょ) となり、それぞれの地域で申請の内容が変わります。 マルハナバチを利用する場合は、クロマルハナバチが使用の対象となる。 事業を受け継ぐ場合は個別に認められて、セイヨウオオマルハナバチを利用できる場合もある。 ・【本州、四国、九州】継続使用の申請をする場合 継続して、セイヨウオオマルハナバチを使用するための目的は許可される。 セイヨウオオマルハナバチの利用数を、増加させる申請をする場合は、理由書、計画書の提出が必要。 2022年4月以降は、継続の申請は許可されるが、数を増やす申請は認められない。 もちろん、セイヨウオオマルハナバチの利用が前提となる目的で、新規のトマト栽培を開始する場合は、許可を受ける事は難しい。 なぜ、北海道でトマトの栽培を行うのか?の理由や、 「栽培規模が大きく作業の省力化のため」などマルハナバチの利用が必要な理由がはっきりしている事が必要となる。 北海道は、代替種として切り替えの対象となる「クロマルハナバチ」が生息していないため、この種を北海道で使用する場合、外来生物として扱われる事となる。 ただ、他のマルハナバチが生息しており、エゾオオマルハナバチが北海道での代替種として、有望であり、現在実証試験などがされている。 将来的には、代替種の開発状況を踏まえて運用の変更を検討されている。 ・【北海道】継続使用の申請をする場合 本州同様に、継続して、セイヨウオオマルハナバチを使用するための目的は許可される。 セイヨウオオマルハナバチの利用数を、増加させる申請をする場合は、理由書、計画書の提出が必要。 2017年4月の利用転換の方向性が発表されたときは、クロマルハナバチを適切な管理の上、利用するという方針だったのですが、現場の利用状況等より、2019年9月以降も申請の方法に変更はありません。 ・【奄美大島以南】継続使用の申請をする場合 他の地域同様に、継続して、セイヨウオオマルハナバチを使用するための目的は許可される。 セイヨウオオマルハナバチの利用数を、増加させる申請をする場合は、理由書、計画書の提出が必要。 *国内全ての地域に共通 将来的にはセイヨウオオマルハナバチの使用許可の対象を、より限定するようにしていく方針です。 以上、「トマトがあれば〜何でもできる!」が、座右の銘。 とまと家・中島がお届けしました。 happy tomating!!

次の