交通事故 高知。 高知県警察ホームページ「こうちのまもり」

交通事故発生ランキング(都道府県別)

交通事故 高知

初回相談無料• 示談金無料査定• 着手金無料• 後払いOK• 弁護士費用特約可• 土日祝日対応可 全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。 まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。 全国対応の法律事務所• 交通事故に専門特化した独自のチームを組織• 交通事故に特化した医学的な知識• 初回相談料無料・着手金無料・後払いOK• 弁護士費用特約の利用も可能 〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階 旧:アーク八木ヒルズ11階) 東京メトロ南北線 [六本木一丁目]2番出口より徒歩3分 全国対応• 初回相談無料• 医学的な知識• 夜間対応可• 着手金無料• 後払いOK• 成功報酬制 交通事故の累計相談件数59,144件の圧倒的な実績と経験から得たノウハウを駆使して最大限の被害回復に尽力します。 適正な後遺障害等級認定や保険会社との交渉力に自信があります。 全国10拠点を構え、弁護士86名、スタッフ171名(司法書士1名を含む)のバックアップ体制(2020年1月末現在)• 累計相談件数は59,144件(2007年6月~2019年12月末)• 交通事故数 1,613件 交通事故負傷者数 1,791人 交通事故死者数 29人(前年比0人) 10万人あたりの死者数 4. 06人 高齢者の比率 高知県は47都道府県中45番目に人口が多い地域、つまり全国で3番目に人口が少ない地域ですが、平成28年における交通事故による死者数は全国で38番目に多く、人口の多さの順位を上回っています。 特に、人口10万人当たりの交通事故による死者数は、平成26年までは毎年のように全国ワースト10に入るくらい多かったため、平成27年度の、ワースト10圏外となった状況を続けていくには、交通事故対策に力を入れて取り組んで行かなければならない都道府県であると言えるでしょう。 高知県の交通事故の特徴 高知県での平成27年の交通事故による死者数は30名で、そのうち19名が65歳以上の高齢者であり、なんと死者数全体の6割以上を占めていました。 高齢者の死亡事故をどのようにして減らしていくかが今後の大きな課題となるでしょう。 自転車利用者による交通事故が多発しているのも高知県の特徴の一つで、特に中学生、高校生による自転車事故が増えています。 これは、中高生が「並進」という違反をしていることが原因になっていると考えられます。 並進とは、2台以上の自転車が並んで走ることであり、友達と並んでおしゃべりをしながら自転車で走る中高生の姿が多く、そのせいで車や歩行者への注意がおろそかになるなど、交通事故の大きな原因となっています。 各家庭や学校で自転車の危険性や交通ルールをきちんと指導することが大切です。 また、高知県は坂本龍馬の出身地であり、たくさんの龍馬ファンや歴史ファンが、そのゆかりの地を訪ねに他県から車で観光にやってきます。 そういった、高知県の道路に不慣れなドライバーが起こす事故も発生しています。 高知県の交通事故が多い交差点 高知県で最も交通事故が発生しやすいのは高知市です。 その他には、南国市、香南市、安芸市などでも多発しています。 以下の5つの地点は、その中でも特に交通事故が発生しやすい交差点として地元の人にも知られています。 JR朝倉駅前交差点 高知県高知市朝倉丙にある、県道38号線と県道274号線と県道386号線とが交わる四差路交差点です。 交差点中央には路面電車が走っており、そのせいもあって交差点が広く、交わる道路も車線が分離していたりなど、複雑な形状をしています。 また、名前の通り、朝倉駅の目の前にあるので、交通量も多く、朝夕の通勤時間帯は渋滞しやすいため、追突事故を筆頭に、右左折時の事故や出会い頭の事故など様々な事故が発生しています。 川ノ瀬交差点 国道56号線と産業道路とが交わる、高知県高知市川ノ瀬町にある四差路交差点です。 交差点上部にも道路が走っている立体構造であるため、中央部にはその橋脚があり、視界を遮るので大変見通しが悪くなっています。 歩行者の見落としが多く、歩行者との衝突事故が多発しています。 中宝永町歩道橋交差点 国道56号線と国道32号線が交わる、高知県高知市中宝永町にある四差路交差点です。 車線数も交通量も多い国道同士が交わるうえに、交差点中央を路面電車が走っているため交差点の面積が広く、右左折の際は、対向車にばかり気を取られ、横断歩道の確認がおざなりになり、横断歩道利用中の歩行者や自転車に衝突してしまう事故が発生しやすいです。 はりまや橋交差点 高知県高知市はりまや町にある、国道32号線と県道34号線が交わる四差路交差点です。 両道路とも車線数も交通量も多く、さらに路面電車が走っているため、交差点が広く見通しが悪くなっています。 また、繁華街の付近にあり、周辺には商業施設が立ち並び、歩行者の姿も多く見られます。 そのため、歩行者や自転車との衝突事故など、重傷事故も発生している危険な交差点です。 下田分岐交差点 国道56号線と県道20号線とが交わる、高知県四万十市古津賀にある四差路交差点です。 北西から南東へと伸びる県道20号線に対し、国道56号線が湾曲して交わっており、Xの形状をしているため、交差点への侵入時の方角によっては、対向車が見えにくい構造をしています。 右折時の事故が多発しており、その他にも右折車と直進車の衝突事故や追突事故、左折時の事故など様々な事故が発生しています。 弁護士会の概要 弁護士会の名称︰高知弁護士会 登録弁護士数︰会員数88名 2016年10月1日現在 高知弁護士会の所在地は、高知県高知市越前町1丁目5番7号です。 交通事故の無料法律相談場所 高知県では以下の場所で交通事故の相談を行っています。 高知県交通事故相談所 高知県高知市丸の内1丁目2番20号 高知県庁4階 088-823-9578 高知弁護士会法律相談センター 室戸法律相談所 高知県室戸市領家87番地 室戸市保健福祉センターやすらぎ 佐川法律相談所 高知県高岡郡佐川町甲1650-2 佐川町役場 幡多法律相談所 高知県四万十市中村京町1-17 幡多信用金庫本店 (上記相談所の電話番号はすべて088-822-4867です) 日弁連交通事故相談センター 高知 相談所 高知県高知市越前町1-5-7 高知弁護士会館内 088-822-4867 弁護士相談のメリット 治療方針に関する適切なアドバイス 交通事故によって怪我を負った場合、救急搬送されるような大怪我は別として、むち打ち症や腰痛、ヘルニアなどの神経症状については、 事故直後には症状が発覚せず、後になって発覚することもあります。 こういった症状の治療先については、病院であれば整形外科ですが、他にも接骨院や整骨院なども対応している場合があります。 ここで問題になるのが、 どこで治療を受けるかによって、後に受け取る治療費や慰謝料に影響を与える可能性があるということです。 加害者側から正当な慰謝料などの示談金を受けとるためには、交通事故による怪我の治療過程が医学的見地から見て「適切」なものでなければなりません。 ですから、交通事故後にどの医療施設で、どのような治療を受けるかが、のちの示談交渉において非常に重要なのです。 交通事故に強い弁護士は、交通事故発生直後からご相談をいただくことで、 どこでどのような治療を受けるべきなのかについて、丁寧にアドバイス致します。 誤った治療方針を選択してしまうと、本来もらえるはずだった治療費や慰謝料が貰えなくなってしまう可能性がありますので、十分注意しましょう。 精神的サポート 交通事故後の示談交渉は、通常、加害者側の保険会社と交渉することになります。 ただし、加害者側の 保険会社はあくまで「加害者側の味方」ですから、加害者側の都合のいいように一方的な言い分を押し付けてくることもあります。 また、保険会社の示談担当者は多くの示談交渉をこなすプロ中のプロですから、示談交渉の初心者である被害者自身が直接対応すると、不利な条件を突きつけられる恐れがあります。 このように、交通事故発生直後から症状固定までの間、被害者自身が示談交渉の矢面に立たされると、精神的、肉体的に非常に厳しい思いをすることになります。 交通事故に強い弁護士は、 交通事故発生直後から積極的に事件を受任することで、被害者様の代理人として保険会社との折衝を行いますので、被害者様が保険会社と直接会話をする必要はございません。 そのため被害者様は怪我の治療のみに専念することができるのです。 治療費の打ち切り防止 交通事故の治療を続けていると、およそ3ヶ月~6ヶ月程度が経過した段階で、加害者側の保険会社から「 そろそろ治療は終わっていますよね」という連絡が入ることがあります。 これがいわゆる「治療費の打ち切り」です。 保険会社は、事故の程度や怪我の内容に応じて、一定の期間が経過すると一方的に治療費の打ち切りを打診してきます。 この際、被害者様ご自身が対応すると、そのまま 治療費打ち切りで押し切られる可能性があります。 交通事故に強い弁護士は、この一方的な治療費の打ち切りに断固たる姿勢で対応致します。 また、万が一打ち切りを打診された場合にも、今後の 適切な治療方針や通院頻度などについて丁寧にアドバイス致します。 後遺障害認定の等級獲得 交通事故の示談交渉において、 最も大きく示談金が増額する要素が「後遺障害」です。 後遺障害は、交通事故が原因で治療が終わっても一定以上の症状が残った場合に、後遺障害認定を受けることで認定された等級に相当する後遺障害慰謝料を加害者側に請求することが可能になります。 交通事故に強い弁護士は事故発生直後の早い段階から被害者様のサポートに入ることで、適切な等級が認定できるよう徹底して対応致します。 このように、交通事故発生直後から交通事故に強い弁護士が対応することで被害者様にとって非常に大きなメリットがあり、またそれは最終的に「示談金増額」に直結します。 だからこそ、交通事故に強い弁護士はこの「交通事故発生直後からのサポート」に全力で力を入れています。 交通事故に強い弁護士が対応する市町村 高知市・室戸市・安芸市・南国市・土佐市・須崎市・宿毛市・土佐清水市・四万十市・香南市・香美市・東洋町・奈半利町・田野町・安田町・北川村・馬路村・芸西村・本山町・大豊町・土佐町・大川村・いの町・仁淀川町・中土佐町・佐川町・越知町・梼原町・日高村・津野町・四万十町・大月町・三原村・黒潮町.

次の

交通事故に強い弁護士の選び方|交通事故専門の弁護士に示談交渉を相談・依頼する

交通事故 高知

初回相談無料• 示談金無料査定• 着手金無料• 後払いOK• 弁護士費用特約可• 土日祝日対応可 全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。 まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。 全国対応の法律事務所• 交通事故に専門特化した独自のチームを組織• 交通事故に特化した医学的な知識• 初回相談料無料・着手金無料・後払いOK• 弁護士費用特約の利用も可能 〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階 旧:アーク八木ヒルズ11階) 東京メトロ南北線 [六本木一丁目]2番出口より徒歩3分 全国対応• 初回相談無料• 医学的な知識• 夜間対応可• 着手金無料• 後払いOK• 成功報酬制 交通事故の累計相談件数59,144件の圧倒的な実績と経験から得たノウハウを駆使して最大限の被害回復に尽力します。 適正な後遺障害等級認定や保険会社との交渉力に自信があります。 全国10拠点を構え、弁護士86名、スタッフ171名(司法書士1名を含む)のバックアップ体制(2020年1月末現在)• 累計相談件数は59,144件(2007年6月~2019年12月末)• 交通事故数 1,613件 交通事故負傷者数 1,791人 交通事故死者数 29人(前年比0人) 10万人あたりの死者数 4. 06人 高齢者の比率 高知県は47都道府県中45番目に人口が多い地域、つまり全国で3番目に人口が少ない地域ですが、平成28年における交通事故による死者数は全国で38番目に多く、人口の多さの順位を上回っています。 特に、人口10万人当たりの交通事故による死者数は、平成26年までは毎年のように全国ワースト10に入るくらい多かったため、平成27年度の、ワースト10圏外となった状況を続けていくには、交通事故対策に力を入れて取り組んで行かなければならない都道府県であると言えるでしょう。 高知県の交通事故の特徴 高知県での平成27年の交通事故による死者数は30名で、そのうち19名が65歳以上の高齢者であり、なんと死者数全体の6割以上を占めていました。 高齢者の死亡事故をどのようにして減らしていくかが今後の大きな課題となるでしょう。 自転車利用者による交通事故が多発しているのも高知県の特徴の一つで、特に中学生、高校生による自転車事故が増えています。 これは、中高生が「並進」という違反をしていることが原因になっていると考えられます。 並進とは、2台以上の自転車が並んで走ることであり、友達と並んでおしゃべりをしながら自転車で走る中高生の姿が多く、そのせいで車や歩行者への注意がおろそかになるなど、交通事故の大きな原因となっています。 各家庭や学校で自転車の危険性や交通ルールをきちんと指導することが大切です。 また、高知県は坂本龍馬の出身地であり、たくさんの龍馬ファンや歴史ファンが、そのゆかりの地を訪ねに他県から車で観光にやってきます。 そういった、高知県の道路に不慣れなドライバーが起こす事故も発生しています。 高知県の交通事故が多い交差点 高知県で最も交通事故が発生しやすいのは高知市です。 その他には、南国市、香南市、安芸市などでも多発しています。 以下の5つの地点は、その中でも特に交通事故が発生しやすい交差点として地元の人にも知られています。 JR朝倉駅前交差点 高知県高知市朝倉丙にある、県道38号線と県道274号線と県道386号線とが交わる四差路交差点です。 交差点中央には路面電車が走っており、そのせいもあって交差点が広く、交わる道路も車線が分離していたりなど、複雑な形状をしています。 また、名前の通り、朝倉駅の目の前にあるので、交通量も多く、朝夕の通勤時間帯は渋滞しやすいため、追突事故を筆頭に、右左折時の事故や出会い頭の事故など様々な事故が発生しています。 川ノ瀬交差点 国道56号線と産業道路とが交わる、高知県高知市川ノ瀬町にある四差路交差点です。 交差点上部にも道路が走っている立体構造であるため、中央部にはその橋脚があり、視界を遮るので大変見通しが悪くなっています。 歩行者の見落としが多く、歩行者との衝突事故が多発しています。 中宝永町歩道橋交差点 国道56号線と国道32号線が交わる、高知県高知市中宝永町にある四差路交差点です。 車線数も交通量も多い国道同士が交わるうえに、交差点中央を路面電車が走っているため交差点の面積が広く、右左折の際は、対向車にばかり気を取られ、横断歩道の確認がおざなりになり、横断歩道利用中の歩行者や自転車に衝突してしまう事故が発生しやすいです。 はりまや橋交差点 高知県高知市はりまや町にある、国道32号線と県道34号線が交わる四差路交差点です。 両道路とも車線数も交通量も多く、さらに路面電車が走っているため、交差点が広く見通しが悪くなっています。 また、繁華街の付近にあり、周辺には商業施設が立ち並び、歩行者の姿も多く見られます。 そのため、歩行者や自転車との衝突事故など、重傷事故も発生している危険な交差点です。 下田分岐交差点 国道56号線と県道20号線とが交わる、高知県四万十市古津賀にある四差路交差点です。 北西から南東へと伸びる県道20号線に対し、国道56号線が湾曲して交わっており、Xの形状をしているため、交差点への侵入時の方角によっては、対向車が見えにくい構造をしています。 右折時の事故が多発しており、その他にも右折車と直進車の衝突事故や追突事故、左折時の事故など様々な事故が発生しています。 弁護士会の概要 弁護士会の名称︰高知弁護士会 登録弁護士数︰会員数88名 2016年10月1日現在 高知弁護士会の所在地は、高知県高知市越前町1丁目5番7号です。 交通事故の無料法律相談場所 高知県では以下の場所で交通事故の相談を行っています。 高知県交通事故相談所 高知県高知市丸の内1丁目2番20号 高知県庁4階 088-823-9578 高知弁護士会法律相談センター 室戸法律相談所 高知県室戸市領家87番地 室戸市保健福祉センターやすらぎ 佐川法律相談所 高知県高岡郡佐川町甲1650-2 佐川町役場 幡多法律相談所 高知県四万十市中村京町1-17 幡多信用金庫本店 (上記相談所の電話番号はすべて088-822-4867です) 日弁連交通事故相談センター 高知 相談所 高知県高知市越前町1-5-7 高知弁護士会館内 088-822-4867 弁護士相談のメリット 治療方針に関する適切なアドバイス 交通事故によって怪我を負った場合、救急搬送されるような大怪我は別として、むち打ち症や腰痛、ヘルニアなどの神経症状については、 事故直後には症状が発覚せず、後になって発覚することもあります。 こういった症状の治療先については、病院であれば整形外科ですが、他にも接骨院や整骨院なども対応している場合があります。 ここで問題になるのが、 どこで治療を受けるかによって、後に受け取る治療費や慰謝料に影響を与える可能性があるということです。 加害者側から正当な慰謝料などの示談金を受けとるためには、交通事故による怪我の治療過程が医学的見地から見て「適切」なものでなければなりません。 ですから、交通事故後にどの医療施設で、どのような治療を受けるかが、のちの示談交渉において非常に重要なのです。 交通事故に強い弁護士は、交通事故発生直後からご相談をいただくことで、 どこでどのような治療を受けるべきなのかについて、丁寧にアドバイス致します。 誤った治療方針を選択してしまうと、本来もらえるはずだった治療費や慰謝料が貰えなくなってしまう可能性がありますので、十分注意しましょう。 精神的サポート 交通事故後の示談交渉は、通常、加害者側の保険会社と交渉することになります。 ただし、加害者側の 保険会社はあくまで「加害者側の味方」ですから、加害者側の都合のいいように一方的な言い分を押し付けてくることもあります。 また、保険会社の示談担当者は多くの示談交渉をこなすプロ中のプロですから、示談交渉の初心者である被害者自身が直接対応すると、不利な条件を突きつけられる恐れがあります。 このように、交通事故発生直後から症状固定までの間、被害者自身が示談交渉の矢面に立たされると、精神的、肉体的に非常に厳しい思いをすることになります。 交通事故に強い弁護士は、 交通事故発生直後から積極的に事件を受任することで、被害者様の代理人として保険会社との折衝を行いますので、被害者様が保険会社と直接会話をする必要はございません。 そのため被害者様は怪我の治療のみに専念することができるのです。 治療費の打ち切り防止 交通事故の治療を続けていると、およそ3ヶ月~6ヶ月程度が経過した段階で、加害者側の保険会社から「 そろそろ治療は終わっていますよね」という連絡が入ることがあります。 これがいわゆる「治療費の打ち切り」です。 保険会社は、事故の程度や怪我の内容に応じて、一定の期間が経過すると一方的に治療費の打ち切りを打診してきます。 この際、被害者様ご自身が対応すると、そのまま 治療費打ち切りで押し切られる可能性があります。 交通事故に強い弁護士は、この一方的な治療費の打ち切りに断固たる姿勢で対応致します。 また、万が一打ち切りを打診された場合にも、今後の 適切な治療方針や通院頻度などについて丁寧にアドバイス致します。 後遺障害認定の等級獲得 交通事故の示談交渉において、 最も大きく示談金が増額する要素が「後遺障害」です。 後遺障害は、交通事故が原因で治療が終わっても一定以上の症状が残った場合に、後遺障害認定を受けることで認定された等級に相当する後遺障害慰謝料を加害者側に請求することが可能になります。 交通事故に強い弁護士は事故発生直後の早い段階から被害者様のサポートに入ることで、適切な等級が認定できるよう徹底して対応致します。 このように、交通事故発生直後から交通事故に強い弁護士が対応することで被害者様にとって非常に大きなメリットがあり、またそれは最終的に「示談金増額」に直結します。 だからこそ、交通事故に強い弁護士はこの「交通事故発生直後からのサポート」に全力で力を入れています。 交通事故に強い弁護士が対応する市町村 高知市・室戸市・安芸市・南国市・土佐市・須崎市・宿毛市・土佐清水市・四万十市・香南市・香美市・東洋町・奈半利町・田野町・安田町・北川村・馬路村・芸西村・本山町・大豊町・土佐町・大川村・いの町・仁淀川町・中土佐町・佐川町・越知町・梼原町・日高村・津野町・四万十町・大月町・三原村・黒潮町.

次の

交通事故発生ランキング(都道府県別)

交通事故 高知

事故を起こしたものと同型のバス 2006年3月3日午後2時30分頃、高知県高知市(事故当時は吾川郡春野町)で、道路左側のレストラン駐車場から出てきたが、の交差点に道路外から右折横断進入しようとしたところ、のが運転すると衝突し、白バイに乗っていた巡査長(当時26歳)が胸部破裂で死亡()した。 バスの運転手と乗客である仁淀川町立仁淀中学校3年生の生徒22人と教員3人にけがはなかった。 スクールバス(当時)が、安全確認不十分のまま道路に進入したことによって事故を起こしたとして・されたが、運転手は、起訴事実はなくバスは停止しており複数証人もいるとして無罪()を主張した。 またとメディア が、による実験、目撃者取材などを行った結果、「バスは動いていて、急ブレーキをかけた」とする警察・検察側の主張には疑義があり、提出された証拠は偽造・された可能性が高く、当時現場周辺では違法な白バイの高速走行訓練が行われており、事故はであると指摘。 一方高知県警は、やで、証拠捏造や白バイ側の過失を否定した。 殉職した巡査長は二階級特進して警部補となった。 2008年8月20日、はを棄却し、一審通り1年4か月の刑が確定。 元運転手は10月23日、に出頭してでの数週間の収監を経て、同年11月からは()に収監され服役し、2010年2月23日出所。 身元引受人が居るにも関わらずが認められなかったため、満期での出所となった。 一方、元バス運転手が、何者かによりスリップ痕を偽装されたとする告発を行った件につき、2009年1月に高知検察審査会が不起訴不当との決議を行ったことを受け、高知地方検察庁により再捜査が行われたが、同年3月に不起訴処分となり、高知地方検察庁次席検事から「必要な捜査をした結果、バスが急ブレーキを踏んだことでついたスリップ痕だと判断した」とのコメントがなされた。 近年、この事件は事故処理を担当した警察官の捏造だということが明るみになってきている。 警察内部からも、最近になってあの事件は捏造されたものだといわれている。 年表 [ ]• 2006年(18年)• 3月3日 - 事故発生。 警察官1名が重体、バスの運転手(当時)を容疑で。 同日、警察官死亡により容疑に切り替え。 高知県公安委員会、免許取り消しの意見聴取を行う。 - は、である元運転手を。 (平成19年)• - (裁判官)が禁錮1年4月 の実刑判決を下す。 弁護側は。 - 警察官の遺族が元運転手とスクールバスの所有者であるに対し、 1億5704万6453円 請求の民事訴訟を高知地裁に提起。 - において、刑事裁判の控訴審の審理開始。 弁護側の証拠・証人は却下し、即日結審。 - 高松高等裁判所(裁判長)は、第一審で十分な審議がなされたとして控訴棄却判決。 弁護側は。 (平成20年)• - 元運転手はスリップ痕についての証拠は捏造されたものとして、高知地検に被告訴人不詳のままで刑事告訴。 - 高知地裁での民事訴訟において、と元運転手に「遺族に対する被害の回復、慰謝の措置を取ることが相当」としたうえで、1億円の支払いでを勧告。 同日、無過失を主張する元運転手に対する訴えを取り下げ民事訴訟が終結。 雑草魂2 2008年6月20日。 - 最高裁第二小法廷(裁判長)はを棄却し、禁錮1年4月の判決が確定。 日弁連人権擁護委員会 人権救済申立受理(2008年度-第22号事件)• - 証拠偽造について、高知地検は嫌疑なしの不起訴処分。 元運転手は、高知に対して審査の申立て。 - 元運転手が高知地検に出頭し、に収監。 数ヵ月後にはに移送されている。 (平成21年)• - 証拠偽造に関する不起訴処分について、高知検察審査会が不起訴処分不当の議決。 - 証拠偽造について、高知地検は再び嫌疑なしの不起訴処分。 - 元運転手と家族が、(県警)に対するを高知地方裁判所に提起。 (平成22年)• - 元運転手が加古川刑務所を満期出所。 10月18日 - 元運転手が高知地裁に請求を行う。 (平成23年)8月 - 元運転手が、刑事裁判で証言した白バイ隊員をで告訴。 (平成24年)11月 - 元運転手らが「証拠が捏造された」として県などに損害賠償を求めた訴訟で、 最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は13日までに、原告側の上告を退ける決定をした。 2014年(平成26年)• 12月16日 - 高知地裁(武田義徳裁判長)が再審請求を棄却。 12月19日 - 高松高裁に、即時抗告申立・受理• 2016年(平成28年)• 4月14日 - 日弁連人権擁護委員会から追加資料の提出要請があり、再審請求審に提出した資料を送付• 10月18日 - 高松高裁は、高知白バイ事件即時抗告申立で棄却決定を行った。 10月24日 - 最高裁に、平成28年10月18日高松高等裁判所がした即時抗告棄却決定に対して、特別抗告申立を行う。 2018年(平成30年)• 5月7日 - 再審請求事件について、平成28年10月18日高松高等裁判所がした即時抗告棄却決定に対して特別抗告の申立てを行った件に対して、最高裁判所第三小法廷は、本件抗告を棄却する。 6月7日 - 二次再審に向けて、準備をする。 争点 [ ] この節のが望まれています。 検察側の主張 [ ] 公訴事実• 元運転手には『道路進入時の安全確認不十分』という業務上の過失があった。 時速5kmないし10kmで車道を進行中に時速60kmで通常走行中の白バイと衝突、• 発進して6. 5mを5秒(時速4. 6km相当 - 「時速5kmないし10km」ではない)掛けて進んだ地点でスクールバスは急ブレーキをかけ、白バイを轢いたまま約2. 9m先で停車 した。 白バイが引きずられたことを示す車体のブレーキ痕 擦過痕さっかこん が残っている。 6m前方に跳ね飛ばして転倒させ警察官を死亡させた。 白バイは制限速度いっぱいの時速60km程度の速度であり、バスが停車していればありえなかった事故である。 緊急走行や追跡追尾訓練のために制限速度を超えて高速で運転したことはない。 高速で運転するのは速度違反を取り締まるために追跡するときだけである。 同僚の白バイ隊員が約130m離れた交差点のバスと178m先の白バイを目視、交差点から約80m離れた場所で事故を目撃した。 8年のベテラン隊員であり、バスは時速約10km、白バイは約60kmであると確認できた。 死亡事故という重大な事案であり、しかも警察官であることから、事故直後の逮捕は正当である。 衝突直前の白バイの速度• 白バイは、時速60kmで通常走行中に衝突した。 対向車線を走行していた白バイ隊員が、「白バイは時速50 - 60キロで走行中に動いているバスと衝突した」と法廷で証言している。 白バイの公道での高速走行訓練の有無• 取り締まり時を除き、白バイが法定速度を超えて走行することはない。 衝突地点• 発進して6. 5mを5秒(時速4. 6km相当 - 「時速5kmないし10km」ではない)掛けて進んだ地点でスクールバスは急ブレーキをかけ、白バイを轢いたまま約2. 9m先 ブレーキ痕• 前輪左側のタイヤによって1. 2mのブレーキ痕が、前輪右側のタイヤによって1mのブレーキ痕があり、急ブレーキをかけたのは明らか。 ブレーキ痕に一部濃いもののある写真は事故で流出した液体が付着したもので、そうでない写真は液体が乾いた後に撮られた写真である。 事故直後の写真でも、ブレーキ痕は映っており、捏造したものではない。 被告の逮捕• 死亡事故という重大な事案であり、しかも警察官であることから、事故直後の逮捕は正当である。 弁護側の反論 [ ] 公訴事実について• 業務上の注意義務を怠り、右方道路から進行してくる車両の有無及び安全確認が不十分のまま発進した事実はない。 衝突直前の白バイの速度について• 白バイの後方を走行していた軽トラックの運転手「白バイが100キロ近い速度まで加速し車間距離を広げていった」という証人がいる。 別の白バイ隊員が、約80メートルの距離から正確に事故を見ているかは極めて疑問。 そのうえ、対向してくる白バイの速度を目測で判定するのも極めて困難だ。 県警科捜研の算定結果は、すべて検察側の主張を前提としている。 「事故前の白バイの速度は時速約100キロ」とする被告側証人の証言は、体験を基にした推定で信用性は極めて高い。 白バイの公道での高速走行訓練の有無について• 公道での違法な高速走行訓練が行われていた。 衝突地点について• 衝突による破片の散乱状況はスクールバスの最終停止位置に集中している。 これは同位置が衝突地点であることを裏付ける重要な物証であり、衝突後、白バイを引きずったまま約2. 9m先で停車したとする一審判決の事実誤認は明らか。 ブレーキ痕について• スクールバスの移動距離はわずか6. 5メートル。 しかも一旦(いったん)停止からの発進。 仮に急ブレーキをかけたとしても、乾燥した舗装道路上で1メートル以上のブレーキ痕がつくとは疑問。 バスに乗っていた教諭は、急ブレーキも体が前に倒れるような衝撃も、全くなかったと証言している。 スクールバスの後ろで乗用車を運転していた校長は、「スクールバスは停車しており、急ブレーキの事実がなかった」と法廷で証言している。 スクールバスに乗車していた生徒の1人が、事故前後のバス車内の様子として、「スクールバスは停車しており、急ブレーキの事実がなかった」ことを法廷で証言してもいいと申し出たが、却下。 被告の逮捕について• 被告は事故後、負傷者を救急車に乗せるなどし、一切逃げようとも証拠隠滅しようともしていない。 逮捕の必要性はなかった。 実況見分の方法について• 実況見分は事故現場が保存されている状況で、事故当事者の直接の立ち会いと説明の下で行われるものである。 それが全く行われていない。 検察官調書について• 被告は、高知地検で検察官に実況見分の図面やスリップ痕なるものの写真を見せられた 事故発生直後、現場での本人による確認を受けていない。 「事故が作りかえられている。 ここで何を言っても太刀打ちできない」と考え主張をあきらめ、「早く取り調べを終わらせて弁護士に頼むしかない」と考え、検察官の言うとおりにした。 量刑の不当性について• 一審が有罪なので、無罪を強く主張しつつもあえて情状意見を述べる。 被告は、極めて慎重な注意を払って道路に出ており、業務上の過失を認定することは困難。 さらに、捜査そのものに数々の重大な疑問がある。 一審判決が、被告が争っている事を取上げ「真摯な反省がない」と量刑を重くしているのは極めて不当だ。 主な争点 [ ] ブレーキ痕がバスの急ブレーキによってできたものか、警察に捏造されたものか とりわけブレーキ痕がバスによってできたものか、警察に捏造されたものかという点に争いがある。 検察側• 捏造、飲料水を塗ったと言うことはない。 交通部長• 捜査上、反省すべき点はない。 弁護側• 白バイは一旦停止中のバスに衝突したものであり、白バイの高速走行と前方不注視による自損事故である。 警察は身内の違法走行を隠蔽するため、事故形態を捏造、バスが走行していた証拠としてブレーキ痕などを捏造し被告人を犯人に仕立て上げた。 写真のブレーキ痕にはタイヤの溝がない。 同様のブレーキ痕は飲料水を塗ることで捏造可能。 交通事故としては異例の30名の捜査員が派遣されていた。 元運転手に現場で確認させていない。 バスの乗客の証言 急ブレーキのショックを受けていない と食い違いがある。 裁判所判決 [ ] 第一審 [ ] 2007年6月7日、高知地方裁判所(片多康裁判官)• 禁錮1年4月 の実刑判決を下す。 バスが安全確認をおこたって道路に侵入した結果起こった事故である。 バスの破損状況から白バイの速度は衝突時で時速60kmあるいはそれを若干上回る程度であり、あえて無謀ともいえる高速度で走行したとはにわかには考えがたい。 実況見分調書のブレーキ痕や、路面に残された擦過痕、バスの損傷を総合的に判断し、バスは動いていた。 バスは停止していたとの証言は、路面擦過痕や双方の車両の損壊状況といった衝突状況を示す客観的証拠からの認定に反するものであり、衝突態様についての証明力は乏しいと言わねばならない。 ブレーキ痕の一部濃い部分は、事故でバスまたは白バイから流出した液体がタイヤの前輪に入り車両を撤去した際に出現したものである。 多くの見物人や報道関係者が居合わせる中、捏造の可能性はほとんどない。 事故直後とされる写真にブレーキ痕が映っていることに加え、多くの見物人や報道関係者が居合わせる中、捏造の可能性はほとんどない。 被告人は反省の弁を述べるものの、客観的証拠から判断できる事故形態とは異なる独自の主張に固執し、それに反する証拠はすべて捏造と主張し、過失によるものとはいえ自らの責任を真摯に反省するところがない。 遺族が憤慨するのも当然である。 死亡事故であり逮捕は正当である。 被告人は当該事故の約半年前にもジャンボタクシーでの一時停止違反で検挙されており、かかる違反歴も見過ごすことができない。 控訴審 [ ] 2007年10月30日、高松高等裁判所(柴田秀樹裁判長)• 本件控訴を棄却する。 高知地裁の原判決には正確性を欠く部分はいくつかあるが、おおむね正当であり判決に影響はない。 仮に急ブレーキでなくても、白バイとの衝撃により1メートルのブレーキ痕ができてもおかしくない。 液体は白バイから流出したものであると思われる。 生徒や教員のほか野次馬等もいる中、警察官が被告人を逮捕して警察署に引致し、現場に戻すまでの間に捏造し得る状況ではなかったから、ブレーキ痕様のもの等を捏造した疑いは全くない。 事故直後とされる写真にブレーキ痕が映っていることに加え、多くの見物人や報道関係者が居合わせる中、捏造の可能性は全くない。 弁護側の証言は事故車両の状況と合致せず信用できない。 白バイにも前方不注視の過失はあったが、被告人が右方向の安全確認を十分にさえしていれば事故は容易に回避できた。 原判決の死亡事故であるからというのは正確性を欠くが、逮捕時被害者は生存していたとはいえ致命傷を負っており重大な事案であることに代わりはなく逮捕は正当である。 人一人の尊い命を奪った結果が重大、被害者感情は厳しく、被告は過去に2度の交通違反があり交通法規に対する遵法精神が希薄、責任を免れるため明らかに不合理な供述をして真摯な反省の情に欠けており、原判決は不当に重いとはいえない。 上告審 [ ] 2008年8月20日、最高裁判所第二小法廷(裁判長)• 本件を棄却する。 405条の上告理由に当たらない。 メディア報道 [ ] 隣県のローカル局(系列)記者のが、視聴者から事件の当事者を紹介され「これは放っておけない」 と高松高裁での控訴審開始前の2007年9月から取材を開始。 継続して事件の経過報道、を行っているほか、自社のサイトでも特集動画を配信している()。 また、でも同系列のが、KSBの取材を元に、交通事故調査の専門家を呼んで実地検証を行うなど再三報道している。 ただし、高知県にはテレビ朝日系列の局が存在しないため、当時()へ系列外ネットされていた「」のような例外を除き、地元では放送されていない。 また地元のテレビや新聞、支社を置くその他の大手メディアは報道しておらず、事件が起こった地元よりも他県のほうが事件の知名度が高いという現象が見られる。 ジャーナリストのによると「冤罪とすぐに決めつけることはできないにしても、冤罪の疑いは濃い。 にもかかわらず、大マスコミの記者たちは事実を追及しようとしない」と指摘している。 テレビ朝日 『報道発 ドキュメンタリ宣言』 2008年12月1日放送• 瀬戸内海放送 KSBニュース• テレビ朝日 「ザ・スクープスペシャル 第21弾」 2007年12月9日放送• テレビ朝日 「テレメンタリー」 2008年11月17日放送 制作:瀬戸内海放送• テレビ朝日 「テレメンタリー」 2008年3月3日放送 制作:瀬戸内海放送• テレビ朝日 「サンデープロジェクト」 2008年4月13日放送(2008年4月17日時点の)• 『白バイ事故に新証言 バスは動いていたのか』 テレビ朝日 「スーパーモーニング」 2007年10月31日放送• 『受刑 壁のむこうへ~高知白バイ衝突死3~』テレビ朝日 「テレメンタリー」 2010年4月10日放送• テレビ朝日 「テレメンタリー2015」 2015年2月9日放送 制作:瀬戸内海放送 脚注 [ ] []• KSB瀬戸内海放送、テレビ朝日• 県警のは30日にあった定例記者会見で、「普通に考えて、スリップ痕の偽造なんてやろうと思ってもできるわけがない」と述べ、上告して争っている元運転手側の「スリップ痕は捏造された」という主張に反論した。 (朝日新聞・2007年12月1日)• ただし、速度違反を取り締まるときには、追跡が必要ですから高速で走ることは当然であります。 訓練をすることはありません。 訓練は別のところでやります。 (高知県議会総務委員会2007年12月21日議事録より)• あれは警察の捏造であったとかいうような、そういうふうな形で、集会とか何か開いたというのを先般の新聞記事で読みました。 そこへ行く前に、我々の方は、現場で捜査をするし、きちっとしたことで、これは明らかに殉職であるということで、認定をして殉職の手続をとり、その他についても、既に支給を受けている部分もあります。 (高知県議会決算特別委員会2007年10月22日議事録より)• 毎日新聞 2009年2月24日• 2008年8月22日. 2014年4月28日閲覧。 2010年10月20日. の2013年9月22日時点におけるアーカイブ。 2013年11月8日閲覧。 雑草魂2 2011年10月24日• MSN産経ニュース 産経デジタル. 2012年11月13日. の2012年11月13日時点におけるアーカイブ。 朝日新聞 2014-12-18• 制動から停車までに4. 5秒 - 一般的にドライブレコーダーが作動する0. 7Gが急ブレーキの定義として、時速4. 6kmではなく10kmでも0. 4秒、0. 5mで停車できる。 時速4. 6kmで走行の場合は0. 2秒、0. 一方2. 9mを0. 7Gで停車する場合の衝突時速度は時速23km。 KSBホームページ 山下洋平インタビューより• 田中龍作 2008年10月16日. JanJanニュース 日本インターネット新聞. の2008年10月19日時点におけるアーカイブ。 参考文献 [ ]• 山下洋平(瀬戸内海放送記者 )[2009年]『あの時、バスは止まっていた 高知「白バイ衝突死」の闇』ソフトバンククリエイティブ. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• KSBニュース. の2010年3月30日時点におけるアーカイブ。 2013年11月8日閲覧。

次の