シージ アンランク。 【R6Sマップ研究】運河(2Fサーバールーム・管制室)の補強・工事・立ち回り【レインボーシックスシージ】

【R6S】ランク帯ごとのプレイヤーの特徴(ゴールド~ダイヤ)

シージ アンランク

ダイヤ• プラチナ• ゴールド• シルバー• ブロンズ• コッパー の6つのランクが存在します。 最上位のランク帯である ダイヤは、 プロゲーマーレベルの猛者が集まっています。 ランク帯によってプレイヤーの動きがまったく違うので、簡単にランク帯ごとのプレイヤーの特徴について解説していきます。 良い動きはもちろん、悪い動きも解説していきます。 この記事を読んで悪い動きを自分もしているなと感じたプレイヤーは、この機会に悪い動きをしないように改善してより上のランク帯に上がれるようにしましょう。 この記事ではゴールド、プラチナ、ダイヤ帯のプレイヤーの特徴について解説していきます。 ゴールド ゴールド帯のプレイヤーの特徴は下記の通りです。 基本的なエイムはできる• 立ち回りがあまり良くない• 積極性がない 基本的な撃ち合いはできる ゴールド1辺りのプレイヤーは、基本的な正面の撃ち合いはできます。 しかし、プラチナ帯に1歩及ばないプレイヤーは 正面から撃ち合いにいきすぎです。 立ち回りがあまり良くない ゴールド帯のプレイヤーは、基本的な正面の撃ち合いはできるので 正面から五分の撃ち合いをしにいく印象を受けます。 プラチナ、ダイヤ帯のプレイヤーは 撃ち合いの勝率を少しでも高くするために有利な場面でしか撃ち合いにいきません。 例えば、相手が リロードするタイミングや グレネードに持ち替えたタイミングなどを狙って撃ち合いにいくことで勝率の高い撃ち合いをすることができます。 上手いプレイヤーの動画を見て撃ち合いにいくタイミングや立ち回りを覚えていきましょう。 立ち回りを良くしたい方はこちらの記事を参考にしてください。 エイムは良い• 基本的な立ち回りはできている• 知識量が足りない エイムは良い エイムに関しては、ダイヤ帯のプレイヤーと同等のプレイヤーもプラチナ帯にはいます。 単純な正面からの撃ち合いはダイヤ帯に引けはとらないので特に問題はないでしょう。 基本的な立ち回りはできている 基本的な立ち回りは良いですがダイヤ帯のプレイヤーはその裏をかいてくるので、 シンプルで素直な立ち回りだけではダイヤ帯にはなれないでしょう。 知識量が足りない プラチナ帯は ダイヤ帯に比べて知識量が圧倒的に少ないです。 同じプラチナ帯でも、プラチナ3とプラチナ2のプレイヤーの知識量の差は大きいと感じます。 [小技] 射線管理に関する小技を紹介! 現地籠りの方は知っておいて損は無いです! 動画のポジションは参考例ですのでその点はご了承ください。 — R6S攻略blog IG T1rrssrs ダイヤ ダイヤ帯のプレイヤーの特徴は下記の通りです。 エイムが良い• 立ち回りが良い• 知識が豊富• イージーキルされない エイムが良い ダイヤ帯のプレイヤーは、 エイムが綺麗で安定しています。 精度が高く、ミスをすることが少ないので勝てる撃ち合いでは絶対に勝つのでランクが上がっていくのでしょう。 ダイヤ帯になりたい方は 速さよりも精度を高めていきましょう。 立ち回りが良い 特に上手いプレイヤーは、敵の裏をかいて嫌なことを狙ってきます。 ただ相手を倒すのではなく、時間をかけさせたり位置を変えて撃ち合ったりと的を絞らせてくれません。 また、ダイヤ帯のプレイヤーは 有利な状況でしか撃ち合いにいかないのも特徴の一つですね。 知識が豊富 射線管理や小技などの知識が豊富です。 常に 流行りのポジションに対しての対処の仕方や 知れ渡っていない新しく発見されたポジションを網羅しています。 イージーキルをする方法を多く知っているので試合を有利に進めることができるのでしょう。 イージーキルされない とにかく イージーキルされない動きを徹底しています。 ランク帯が低くなるにつれてイージーキルされることが多いです。 なので、まずは 射線管理をしっかりしてイージーキルされないようにすることがダイヤになる一つの方法と言えるでしょう。

次の

【R6Sマップ研究】運河(2Fサーバールーム・管制室)の補強・工事・立ち回り【レインボーシックスシージ】

シージ アンランク

ソロプレイだけでなくマルチプレイにも対応しているモード。 PvEモード。 難易度はノーマル、ハード、リアルの3種類。 難易度が上がるにつれ敵のエイム精度、ダメージ、反応速度などが増していく。 テロハントのモードは4つある。 「設定」の「マッチメイキング設定」で遊びたいモードやステージだけを固定することができる。 モード解説• テロハントクラシック あらかじめ配置されたテロリストを全滅させるのが目標。 ノーマルでは弾の補充が無限で時間制限なしなのでマップ研究や感度調整に最適である。 エイム練習などにもちょうどいい。 何回もこのモードをプレイするのが上達への近道だろう。 人質回収 人質を死亡させずに回収地点まで連れていくことが目標。 敵は人質を問答無用で攻撃してくるので射線には注意したい。 人質を連れているときはサブウェポンしか使えないため注意。 人質防衛 人質を死亡させずに敵を全滅させることが目標。 敵は四方八方からやってきて人質を狙ってくるため難易度は高い。 しっかり壁の補強や珠の補充をしながら敵を人質の部屋に入れないように 立ち回るのが大切。 爆弾解除 マップにランダムに出現する爆弾を 2つ解除するのが目標。 爆弾のある部屋に初めからもっているディフューザーを設置すると解除できる。 しかしディフューザーを設置したとたん敵がわらわら湧いてくる。 難易度は一番高い。 中級者以上のフリックエイム練習に最適。 マルチプレイ マルチプレイで遊ぶモード。 カジュアル、アンランク、ランク、カスタムゲーム、ニューカマーの5つがある。 カスタムゲームはソロプレイでもできる。 カスタムゲームはマップや時間など好きにカスタムできるためマップ研究 などに用いるとよい。 基本的なゲームの流れ 攻撃側と防衛側に分かれて交代しながらゲームが進む。 BANオペレーターピック カジュアルやニューカマーには存在しない。 攻撃オペレーターと防衛オペレーターをお互いのチームが1人ずつBANしたいオペレーターをピックする。 (計4オペレーター)ピックされたオペレーターはその試合では両チームともピック出来ない。 オペレーターピック 自分がそのラウンドで使用するオペレーターをピックする。 チームメイトがピックしていた場合そのオペレーターはピックできない。 準備フェイズ ・攻撃側 ドローンを用いて敵のオペレーターや爆弾などの位置を偵察する。 壊さないように安全な場所に置いておくのも手。 ・防衛側 壁の補強やオペレーターの持つガジェットの配置を行う時間。 攻撃側のドローンが侵入してくるので破壊しよう。 戦闘フェイズ ・攻撃側 ドローンを駆使し建物内の目標まで攻めていく。 爆弾解除の場合はディフューザーを設置することも考えながら攻めよう。 ・防衛側 基本的には待ちぶせて戦うのがセオリー。 防犯カメラなどを用いて敵の位置を把握し、ガジェットなどで敵の進行を妨害しよう。 時間切れは防衛の勝ちだがディフューザーを設置されている場合試合は続行する。 ランクマッチ クリアランスレベルが30になると参加できる。 基本的にはカジュアルと同じルールだが違う点もたくさんある。 ルールはゲーム内で確認できる。 キルレートや勝利レートが表示されたり、ランクが与えられるためプレイヤーはかなり真剣にこのモードをプレイしている。 なので初心者はカジュアルやテロハント、アンランクで慣れてからプレイすることをおすすめする。 アンランク ルールはランクマッチと同じでキルレートや勝利レート、ランクが変動しない。 ニューカマー ルールはカジュアルと同じ。 クリアランスレベルが50以下のみプレイできる。 マップが山荘、銀行、領事館のみとなっている。

次の

【R6S】ランク帯ごとのプレイヤーの特徴(ゴールド~ダイヤ)

シージ アンランク

ダイヤ• プラチナ• ゴールド• シルバー• ブロンズ• コッパー の6つのランクが存在します。 最上位のランク帯である ダイヤは、 プロゲーマーレベルの猛者が集まっています。 ランク帯によってプレイヤーの動きがまったく違うので、簡単にランク帯ごとのプレイヤーの特徴について解説していきます。 良い動きはもちろん、悪い動きも解説していきます。 この記事を読んで悪い動きを自分もしているなと感じたプレイヤーは、この機会に悪い動きをしないように改善してより上のランク帯に上がれるようにしましょう。 この記事ではゴールド、プラチナ、ダイヤ帯のプレイヤーの特徴について解説していきます。 ゴールド ゴールド帯のプレイヤーの特徴は下記の通りです。 基本的なエイムはできる• 立ち回りがあまり良くない• 積極性がない 基本的な撃ち合いはできる ゴールド1辺りのプレイヤーは、基本的な正面の撃ち合いはできます。 しかし、プラチナ帯に1歩及ばないプレイヤーは 正面から撃ち合いにいきすぎです。 立ち回りがあまり良くない ゴールド帯のプレイヤーは、基本的な正面の撃ち合いはできるので 正面から五分の撃ち合いをしにいく印象を受けます。 プラチナ、ダイヤ帯のプレイヤーは 撃ち合いの勝率を少しでも高くするために有利な場面でしか撃ち合いにいきません。 例えば、相手が リロードするタイミングや グレネードに持ち替えたタイミングなどを狙って撃ち合いにいくことで勝率の高い撃ち合いをすることができます。 上手いプレイヤーの動画を見て撃ち合いにいくタイミングや立ち回りを覚えていきましょう。 立ち回りを良くしたい方はこちらの記事を参考にしてください。 エイムは良い• 基本的な立ち回りはできている• 知識量が足りない エイムは良い エイムに関しては、ダイヤ帯のプレイヤーと同等のプレイヤーもプラチナ帯にはいます。 単純な正面からの撃ち合いはダイヤ帯に引けはとらないので特に問題はないでしょう。 基本的な立ち回りはできている 基本的な立ち回りは良いですがダイヤ帯のプレイヤーはその裏をかいてくるので、 シンプルで素直な立ち回りだけではダイヤ帯にはなれないでしょう。 知識量が足りない プラチナ帯は ダイヤ帯に比べて知識量が圧倒的に少ないです。 同じプラチナ帯でも、プラチナ3とプラチナ2のプレイヤーの知識量の差は大きいと感じます。 [小技] 射線管理に関する小技を紹介! 現地籠りの方は知っておいて損は無いです! 動画のポジションは参考例ですのでその点はご了承ください。 — R6S攻略blog IG T1rrssrs ダイヤ ダイヤ帯のプレイヤーの特徴は下記の通りです。 エイムが良い• 立ち回りが良い• 知識が豊富• イージーキルされない エイムが良い ダイヤ帯のプレイヤーは、 エイムが綺麗で安定しています。 精度が高く、ミスをすることが少ないので勝てる撃ち合いでは絶対に勝つのでランクが上がっていくのでしょう。 ダイヤ帯になりたい方は 速さよりも精度を高めていきましょう。 立ち回りが良い 特に上手いプレイヤーは、敵の裏をかいて嫌なことを狙ってきます。 ただ相手を倒すのではなく、時間をかけさせたり位置を変えて撃ち合ったりと的を絞らせてくれません。 また、ダイヤ帯のプレイヤーは 有利な状況でしか撃ち合いにいかないのも特徴の一つですね。 知識が豊富 射線管理や小技などの知識が豊富です。 常に 流行りのポジションに対しての対処の仕方や 知れ渡っていない新しく発見されたポジションを網羅しています。 イージーキルをする方法を多く知っているので試合を有利に進めることができるのでしょう。 イージーキルされない とにかく イージーキルされない動きを徹底しています。 ランク帯が低くなるにつれてイージーキルされることが多いです。 なので、まずは 射線管理をしっかりしてイージーキルされないようにすることがダイヤになる一つの方法と言えるでしょう。

次の