片栗粉 おやつ。 【小麦粉なしでOK】片栗粉で作る「簡単手作りおやつ」でお菓子代を削減

片栗粉さえあれば、ひんやり「くずもち」が簡単にできるっ!!

片栗粉 おやつ

片栗粉で作るみたらし団子の絶品レシピ では早速、片栗粉を使ってみたらし団子を作っていきましょう! 片栗粉で作るみたらし団子の作り方 団子を作りたい分だけ、ボウルに片栗粉を入れてください。 それにほんのり味が付く程度に砂糖を加えます。 後は水を注ぎつつ、粘りが出て程よい硬さになるまでよく練り混ぜていきましょう。 あとはそれを一口サイズ丸めて、沸騰したお湯で浮かんでくるまでゆでるだけ。 白玉粉を使って作る時とあんまり変わらないですね。 ゆで上がったら氷水に団子を移して冷やしたら水気を切ります。 みたらしのタレの材料 醤油を大さじ2 みりん大さじ5 砂糖大さじ4 水大さじ4 4つの材料を加えて小鍋で沸騰させ、砂糖が溶けたら水溶き片栗粉を適量加えれば完成です。 団子を器に移したら、お好みの量だけみたらしをかけましょう。 もちろん、団子を串にさしてもOKですよ! 片栗粉で団子が作れるなんて予想外ですよね。 とってもモッチモチで、わらび餅のようなプルッとした団子になって美味しいんですよ。 これなら簡単にみたらし団子が出来るので、おやつの時間にぜひ試してみてください。 そして、あんみつやかき氷にトッピングする白玉団子もこの作り方でOK!団子はきな粉をまぶしても美味しく食べられるし、抹茶を少し団子の生地に混ぜると、抹茶団子になってまた更に美味しくなりますよ! 片栗粉団子で作るぜんざいのレシピ 片栗粉で団子が作れれば、ぜんざいもすぐに出来ますよ!あずきは生のものを煮て作るよりも、ゆであずきの缶を買ってくれば作るのも手間いらずです。 スタンダードなぜんざいは下記のレシピを参考にするといいですよ! 暑い時期は、温かいぜんざいよりも冷やしぜんざいの方がいいですよね。 そんな時は、あずき缶を小鍋に入れて、お好みの硬さになるまで水を入れ、ひと煮立ちさせておきます。 あんこの粗熱がさめたら、冷蔵庫でよく冷やしておきましょう。 十分にあんこが冷えたら、片栗粉で作った団子に好きなだけかけるだけ。 簡単に冷やしぜんざいの完成です。 寒天も加えたり、バニラアイスをトッピングするのもおすすめですよ! 市販のあんこを買ってくれば、ぜんざいはホットでも冷やしでも簡単に作れちゃうので便利ですね。 水まんじゅうって知っていますか?半透明な生地の中にあんこが透けて見える、暑い時期にピッタリの和菓子です。 この生地も片栗粉と砂糖、水だけで作れます。 鍋に片栗粉、砂糖、水を入れたら中火にかけながらゴムベラで混ぜ、ドロッとしたら火からおろします。 そして、容器に生地を流し込み、丸めたあんこを入れて、再び生地を流し込んでフタをします。 ある程度粗熱が取れて固まったら、容器から取り出してよく冷蔵庫で冷やせば完成! 詳しいレシピは下記のURLから確認できます。 市販のあんこを使えば、ぜんざいもすぐに出来るので、白玉粉がなくても片栗粉があったらぜひ団子を作ってみてください。

次の

【小麦粉なしでOK】片栗粉で作る「簡単手作りおやつ」でお菓子代を削減

片栗粉 おやつ

タグ 100% 100均 Tシャツ アイテム アレンジ アロマウォーター アロマオイル ウーパールーパー おしゃれ おすすめ おもちゃ お出かけ お手入れ お菓子 ガラス キッズ グッズ クラブ グリップテープ ケージ コスプレ コツ コンクール コンクリート コンセント シャワー シュートフォーム すだれ タイツ ダブルス ダンス テニス デメリット ドア トレカ バスケ バラ バレエ ヒップホップ フェルト フック ブロック塀 ペットボトル ベランダ ペン ポーチ ポイント ポリエステル マンション ミズミミズ ミルク メイク メリット モルタル ラッピング リフト ロック ワッペン 一年中 七五三 上履き 不知火型 中3 中身 交換 付け方 体重 何キロ 作り方 使い方 便利 元栓 内側 初心者 割れた時 加湿器 劣化 効果 勝つ 包み方 包装 化粧品 危険 厚手 可愛い 合皮 名前 土俵入り 型 塗装 壁 夏 女子 女子力 女性 子供 季節 対処法 対策 小指 布 平均体重 後付け 必要 必要性 必要最低限 戦略 手作り 持ち方 持ち物 支度 故障 敏感 散歩 整理 方法 書き方 最低限 有害性 朝 毛玉 水槽 水泳帽 水道 注意点 洗い方 活用 浅い 温度 準備 溶ける 熱湯 特徴 猫 男装 相撲 眠り 着付け方 着物 確認方法 種類 穴 箱 簡単 素材 絵 練習方法 縫い方 置き場所 耐熱 肌着 花びら 花束 芳香剤 虫 見た目 赤ちゃん 身長 追加 遅い 違い 適温 選び方 部屋 配線 重要 鍵 閉め方 開けない 開け方 防ぐ 防犯 障子 隠す 雲竜型 靴 音 順番 風呂 食べ過ぎ 飾る 髪型 目次• 片栗粉と卵を使ったサクサククッキーはおやつにぴったり お菓子作りには、薄力粉を使うことが多いですよね。 これに片栗粉を加えることによって、食感がひと味違うお菓子になることがあります。 片栗粉は、ジャガイモのデンプンから原料で、薄力粉は小麦が原料です。 片栗粉は、とろみをつける料理などに使用されることが多く、薄力粉はカラッと仕上がる料理に使われるという違いがあります。 作り方は、通常のクッキーを作る手順に、薄力粉の3割程度の片栗粉を加えるだけです。 お菓子を作るときに片栗粉を加えると、とろみがつきそうとか、もっちりした食感になりそうと思いがちですが、実はよりサクサクした食感になるのです。 お菓子作りの場合、片栗粉の代わりにコーンスターチを使うこともあります。 この場合は、片栗粉を使った方が粉っぽく仕上がります。 薄力粉を使わず、片栗粉だけでクッキーを作ることもできますが、その場合は薄力粉で作るよりも口の中に入れたときにパサパサした食感になります。 片栗粉と卵を使ったおやつ、片栗粉ケーキ 小麦アレルギーは、有名なアレルギー症状のひとつとして知られています。 小麦粉を使う料理がすべて食べられないので、小麦が微量に含まれる料理にも注意しなくてはいけないため、大変です。 そのような小麦アレルギーの人にもおすすめなのが、片栗粉で作るケーキです。 片栗粉だけで作るケーキは、どことなく懐かしい優しい味が特徴。 卵ボーロの味にも似ています。 普通の薄力粉を使ったケーキよりもホロホロの食感になります。 材料は、普通のケーキの材料の薄力粉を片栗粉に置き換えるだけです。 プレーン味のほか、カボチャやジャガイモのペーストを加えても素材の味が活きて美味しくなります。 砂糖の代わりに果物ジャムを入れても良いでしょう。 作る時は、パウンド型でも何でも良いですが、円形のエンゼル型で作ると見た目も可愛くなるのでおすすめです。 卵と片栗粉でおやつ作り!もちもちドーナツ ドーナツはおやつの定番で、大人にも子供にも人気のあるおやつですよね。 でも、ドーナツは油で揚げて作るのでカロリーが高いのが食べる時に気になるポイントです。 揚げないドーナツというのもあり、人気がありますが、これに片栗粉を加えてもっちりしたドーナツを作ることができます。 通常のドーナツの材料に薄力粉もしくは強力粉の3割程度の片栗粉を加えます。 材料を混ぜたら、あとはオーブンで焼くだけです。 油を使わないので、ヘルシーでサクサク、もっちりした食感のドーナツができますよ。 また、揚げて作る場合は、さらに表面がサクっとして中身がもっちりした食感を楽しむことができます。 普通のドーナツ型でもいいですが、沖縄のサーターアンダギーのような手頃な丸い形もおすすめです。 食べやすく、子供からお年寄りまで好きな味なので、手土産や振る舞うお菓子としても良いでしょう。 簡単おやつ!もっちりミルク餅レシピ 片栗粉は、原料のでんぷんを活かしてもっちり感を出す料理が得意なので、お餅を自宅で作る場合には大活躍します。 北海道の郷土料理に「イモ餅」という料理があります。 北海道出身の方はご存知だと思いますが、すりつぶしたジャガイモに片栗粉を加え、スライスしたものをフライパンで焼く料理です。 ジャガイモのほくほくの風味がお餅のようにもっちりとした食感で楽しむことが出来ます。 醤油や甘辛ダレをつけて食べますが、トマトソースなどの洋風ソースにも合います。 同じ要領で、ジャガイモをさつまいもに変えたり、チーズを加えても相性が良いです。 もっちりミルク餅は、片栗粉の他に、牛乳、砂糖、本葛粉を加え、ダマがなくなるまで、火にゆっくりかけます。 沸騰する直前に火を止めて、冷やしたらミルク餅の出来上がりです。 あとは一口サイズにちぎっていただきます。 片栗粉で作るフルーツミルク餅 片栗粉があると、普段の料理の他にもお菓子作りに活用できるということは、これまでご紹介してきた通りです。 片栗粉で作るお餅は、アレンジ次第で、洋風も和風も味付けが自在なので、レシピの数もたくさんあります。 その中でも、私がおすすめしたいのは、牛乳を使ったお餅です。 ミルク風味で優しい味になりますし、牛乳は多くの家庭で冷蔵庫にあるポピュラーなものなので、思い立ったらすぐ作れるというのが大きいです。 牛乳が苦手なお子さんも、このミルク餅なら食べてくれることもあるかもしれません。 フルーツミルク餅を作るのに、便利なものがフルーツジャムです。 お好みのフルーツジャムを砂糖の代わりに入れることで、フルーツ味になります。 材料を火にかけ、容器に入れて冷やすだけです。 一口サイズにするのであれば、ラップに平らに並べて冷やすのがおすすめです。 容器に入れて冷やし固めると、プリンのようにもなります。 お好みで、フルーツを飾ると本格的デザートが出来上がります。

次の

ECナビ

片栗粉 おやつ

片栗粉と砂糖があれば、こんなに簡単におやつが作れます おやつを手作りしようと思っても、材料がなくて諦める…。 そんな経験はありますよね。 そこで、家にある材料で簡単に作れるおやつをご紹介します。 片栗粉…大さじ3• 砂糖…大さじ1• 砂糖…大さじ1• 醤油…小さじ2• 水…大さじ3• 片栗粉…適量 【作り方】• わらび餅を作ります。 耐熱ボウルにわらび餅の材料を全て入れて、全体がしっかりと混ざるまで混ぜます。 1を600ワットの電子レンジで30秒ほど加熱します。 一度取り出し熱が均等になるように混ぜます。 この作業を3回繰り返します。 繰り返し行うと、上の方は液体ですが、下の方はとろみが出て固まってきます。 下から上に全体が混ざるように混ぜると透明感が出てきます。 ボウルに氷水を入れて、その中に2をスプーンですくって入れて固めます。 次にタレを作ります。 耐熱ボウルにタレの材料を全て入れてよく混ぜます。 電子レンジ500ワットで1分半くらい加熱します。 一度レンジから取り出し、しっかりと混ぜてもう一度30秒くらい加熱します。 全体にとろみが出るくらいまで行いましょう。 わらび餅の水気を切って、お皿に盛り付け上からタレを掛ければ完成です。 片栗粉と砂糖で子供のおやつにもおすすめなサクサククッキーの作り方 クッキーは小麦粉を使って作りますが、片栗粉もプラスするとサクサクの食感のクッキーが楽しめます。 片栗粉のサクサクきな粉クッキー 【材料】• 片栗粉…60g• 小麦粉…40g• きな粉…40g• 砂糖…大さじ3• 塩…少々• オリーブオイル…大さじ1• マヨネーズ…大さじ1• 牛乳…大さじ2 【作り方】• 片栗粉・小麦粉・きな粉・砂糖・塩をビニール袋に入れて、シャカシャカとよく振ります。 残りの材料も全て入れてよく混ぜ合わせます。 生地がなかなかまとまらまい時には牛乳を少しずつ足してまとめます。 袋に入れたまま、麺棒で3ミリくらいの厚さに伸ばします。 オーブンは家庭によって焼き上がりに違いが出るので、生地に焼き色が付くまで焼いて下さい。 生地は薄い方がサクサクとした食感が楽しめます。 クッキーに片栗粉というのは、使わないことが多いですが、混ぜてみるとサクサク感がアップしました。 片栗粉と砂糖に抹茶をプラスしておいしいおやつを作ろう 暑い季節におすすめの抹茶のわらび餅はカロリーも低く、のどごし爽やかなおやつです。 片栗粉で作る抹茶わらび餅 【材料】• 片栗粉…50g• 抹茶…2g• 砂糖…20g• 水…200㏄• 黒蜜…適量 【作り方】• 全ての材料を鍋に入れ、、中火で1~2分焦げ付かないように加熱します。 ここで火力が強すぎると、抹茶が溶け切る前に固まってきてしまうので、中火で行います。 固まり始めたら、火を弱火にして1分くらい混ぜます。 濡らしたスプーンで一口大の大きさにすくい、水にさらしておきます。 3をザルに上げてしっかりと水分を切ります。 器に盛り、黒蜜をお好みの量掛けて完成です。 もちろん、このままでも美味しいですが、かき氷のトッピングなどにしてもおしゃれです。 片栗粉と砂糖と牛乳を使った話題のおやつのレシピをご紹介します 最近話題のミルク餅をご存知ですか? 餅という名前は付いていますが、餅は使っておらず、片栗粉でモチモチの食感を出すヘルシーなおやつです。 作り方も簡単で、優しい味わいが特徴です。 片栗粉と砂糖を使ったミルク餅 【材料】2人分 《餅》• 牛乳…300ml• 砂糖…30g• 片栗粉…50g 《黒蜜》• 黒糖…40g• 水…40ml• きな粉…適量 【作り方】• 餅を作ります。 鍋に餅の材料を全て入れて火にかけながら混ぜます。 まとまってきたら火を止めます。 タッパーや小さなバットを水で濡らし、2を入れて平らにします。 冷めるまでそのまま置いておきます。 黒蜜を作ります。 鍋に黒蜜の材料を入れて沸騰したら弱火にして30秒くらい火にかけます。 冷めたミルク餅をお好きな形に切り分けます。 器にミルク餅を入れ、上から黒蜜を掛けます。 その上にきな粉をトッピングして完成です。 片栗粉と砂糖と卵黄を使ってお子さんと一緒におやつを作ってみませんか? 昔懐かしい卵ボーロ。 実は家でもこの卵ボーロを作ることができます。 サクサクで口溶けが良く、ほんのりとした甘さは懐かしい味わいです。 片栗粉と砂糖で作る「卵ボーロ」 【材料】2人分• 卵黄…2個• 砂糖…50g• 片栗粉…100g 【作り方】• ボウルに片栗粉と砂糖を入れて、白っぽくなるまでしっかりと混ぜます。 1に卵黄を入れ、ひとまとめになるように混ぜ合わせます。 クッキングシートを敷いた天板の上に、2を2cmくらいの大きさに丸めて並べます。 材料も少なく作り方も簡単なので、お子様と一緒に作っても楽しいですね。 トースターでも作れますが、焦げやすくなるのでアルミホイルをかぶせながら焦げないように注意して焼いて下さい。

次の