モモンガッ。 モモンガの飼育方法|販売値段、寿命、餌、なつく?

ステテコ 通販|www.m6mobile.fr online shop

モモンガッ

手のひらに乗るくらいの小さなペットのモモンガ。 特に目を引くのが、愛らしく、まん丸でくりくりしている大きな目。 そして、その目の上にちょこんと乗った小さな耳も魅力ですよね。 現在、ペットショップで扱っているのは、「アメリカモモンガ」と「フクロモモンガ」の2種です。 そのうち「アメリカモモンガ」は数も少なく、ペットとして一般的なモモンガと言えば「フクモモ」という愛称の「フクロモモンガ」です。 しかしながら、人気が出てきたとは言え、なかなかペットとして飼うには、まだ少し未知数な部分も多く、ハードルが高いイメージのモモンガ。 そんなモモンガ飼育の難しい点を考えてみましょう。 そこで今日はモモンガをペットにした人が実は困っている7つの事についてお伝えします。 ではご覧ください。 縄張り示しの為の臭腺からの匂い 一般に他のペットに比べ、モモンガは匂いで困ることは、あまりないと言われます。 しかし、「フクロモモンガ」については、匂いが気になるという場合もある様です。 「フクロモモンガ」は臭腺から匂いを発する事が重要な役割を果たすために、オスはおでこや腕、胸に、メスは胸と肛門に臭腺があり、特に、生後半年位になると、匂いが強くなります。 フクロモモンガは、臭腺から分泌物を出して匂いをつけることで、縄張りを示すのです。 メスの場合は、おしっこもその役割となります。 排泄の「匂い」と「しつけ」の問題 排泄物を放置しておくと、かなり強い匂いを発しますので注意が必要です。 飼い主さんや家族の生活にも影響しますので、まめに掃除をしましょう。 不衛生な環境は、モモンガ自身の健康のためにもよくありません。 また、モモンガはケージにつかまった状態で排泄をするという特徴があるので、ケージ内のみならず、ケージ周りも汚れてしまいます。 ケージ周辺の床や棚なども小まめに掃除をしなければいけません。 匂いが部屋にこもらないように、出来る限り風通しをよくしておきましょう。 更に、モモンガに排泄の「しつけ」をするのは、かなり難しいものです。 モモンガは、犬や猫の様に「しつけ」をすれば、一定の場所で排泄をするという習慣はありません。 一旦、ケージから出すと、部屋の至る所で排泄してしまいますので、モモンガの行動範囲の清掃は覚悟しましょう。 夜行性の為、飼い主との活動時間の違い モモンガは夜行性の動物です。 基本的に昼間はずっと眠り続け、夜になると活発に活動します。 飼い主さんが、夜型で夜遅くまで起きていて、朝はゆっくり昼近くまで寝ているという生活をしている方なら、ピッタリかもしれませんが、逆に、昼間大好きなモモンガと一緒に、たっぷり遊びたいと思い期待していた飼い主さんにとっては、いつ見ても寝てばかり、起こしても起きてくれないし…と物足りなくなる事でしょう。 しかし、この一点は注意して欲しいのですが、例え、昼型の飼い主さんに、つきあってくれる心の広いモモンガであっても、直射日光には、要注意です。 本来フクロモモンガは夜行性なので、昼間は外を動き回りません。 強い紫外線を浴びる事など無いという事は忘れないでください。 温度管理に緻密な配慮が必要 夏場、冬場の温度管理は、かなり神経を使い、しっかりしなければいけません。 これが出来ていなければ、体調を崩したり、死んでしまう場合もありますので、十分な注意が必要です。 ゆっくり、徐々に人間の生活環境に慣らしていって、温度によるストレスを受け難くしてあげる必要があります。 人慣れしにくい 最初は激しく威嚇される事もあるでしょう。 気長に距離を縮めて行く事で、仲良くなる事が出来るようです。 慣れれば、手から餌を受け取ってくれたり、手に蜂蜜をつけると舐めてくれるまでにはなる様です。 モモンガは臆病でデリケートな性格です。 静かで快適な環境を作ってあげなければいけません。 突然の大きな音などで気を失い、ひどいときには、命を落としてしまうこともあると言われています。 モモンガが安心して生活できる環境を用意出来ないのであれば、モモンガを迎える事は難しいかも知れません。 種特有の食生活への対応 旬の果物を用意し、満足できる食事の献立を考えてあげるのは、大変です。 基本的には、フクロモモンガの食事は7~8割の果物・野菜類と2~3割のたんぱく質、と言われていました。 近年では、ペットとしてのモモンガの飼育方として、この割合が見直される傾向にある様です。 勿論、個体差はありますので、一概に言えるものではありませんが、 個体によっては果物・野菜類とたんぱく質の割合が5:5でも体調が良いという事もあるそうですので、それぞれ体調を見ながら、適切な割合を見つける事も大切かも知れません。 また、必要なたんぱく質としてミルワームをエサとして与える事も多い様ですが、 昆虫を与えるのに抵抗を感じる飼い主さんもいるかも知れません。 そんな方には、豆腐などの植物性たんぱく質を与えるのはどうですかという提案もあります。 モモンガにとって、豆類はけっこう好まれる味ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。 日常生活の中での怪我・人間との共通感染症 室内で遊ばせる際に、思わぬ怪我をしてしまう恐れがあります。 ケージから出す前に、飼い主さんがしなければならない事があるのです。 それは、怪我をするおそれのある人間の日常生活で身の周りにある物を細かにチェックし対処しておくことです。 例えば、先の尖った物などは片付け、小さな隙間はタオルなどでふさぎ入り込まないようにする、水のたまっている場所は水難事故を起こす恐れがある為、水は溜めておかない等、配慮が必要です。 窓やドアがしっかり閉まっているのを確認する事も忘れてはいけません。 生き物ですから、病気は、つきものです。 そんな病気の中でも、モモンガの場合、人と動物の共通感染症として腎症候性出血熱・レプトスピラ症・真菌症・エルニシア症・サルモネラ症・野兎病・ペストなどに感染する可能性がありますので、注意しましょう。 予防方法としては飼育容器や飼育用具を、こまめに掃除する事があげられます。 また、定期的に飼育容器や飼育用具の水洗いと日光消毒を行うことも大切です。 またモモンガとの過度の接触はさけ、遊んだあとは、必ず手洗いをしましょう。 いかがでしょう。 一番気になる匂いや排泄に関する問題は、習性によるもので小まめな清掃やお手入れなど、飼い主の手間暇をかけて対応するしかありません。 また、人間の生活にペットを合わせるのではなく、上手に共存出来る工夫をする事が必要なのです。 飛膜で空を自由に滑空する愛嬌たっぷりのモモンガ。 勿論の事、ある程度大きなケージも必要で、ケージを置けるスペースが十分にあることも、必要不可欠と言えます。 更に、神経質なモモンガを複数飼いたいとお考えなら、ペアで飼う場合は除いて、一つのケージに複数飼うのは、望ましくなくモモンガの数だけケージが必要になります。 その様な事から、まずは、モモンガが快適に暮らす事の出来る環境が用意出来るかどうか、じっくり検討した上で、迎え入れる事が必要です。 まとめ モモンガをペットした人が困っているのは ・縄張り示しの為の臭腺からの匂い ・排泄の「匂い」と「しつけ」の問題 ・夜行性の為、飼い主との活動時間の違い ・温度管理に緻密な配慮が必要 ・人慣れしにくい ・種特有の食生活への対応 ・日常生活の中での怪我・人間との共通感染症.

次の

静かにときめくサコッシュ。オリジナルテキスタイルの販売は3/5から。 ⋆ crochetpicot 四季折々の *さっぽろのいろ*

モモンガッ

小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。 小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。 飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。 なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。 ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。 モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。 愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。 TravelBookママ部 TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。 幼児から中学生までのママ達で構成。 世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。 モモンガってどんな動物?生態を紹介! モモンガはネズミ目リス科リス亜科モモンガ族に属する小型哺乳類です。 ヨーロッパからアジア圏を中心に、北アメリカなどに様々な種が分布しており、日本にも固有種「ニホンモモンガ」や北海道に生息する「タイリクモモンガ」の亜種「エゾモモンガ」がいます。 主に森林地帯に生息し、一生のほとんどを樹上で過ごします。 両前脚から両後脚にかけて飛膜を持ち、それを広げて滑空することで木から木へ飛び移り、木の高さや風などの条件が揃えば50m近くもの距離を滑空できます。 部屋の中でも高所から滑空し、適当な場所や飼い主の元に着地することもあります。 夜行性のため、日中は木の中にできる洞窟状の空間などに潜んでいますが、夜になると樹上を活発に動き回ります。 食性は果実類や種子類、野菜類を主食とし、樹液などを好みます。 昆虫類を食べることもあるため、果実食性中心の雑食とされています。 飼育下では配合飼料のみならず、果実や野菜を中心にバランスの良いメニューを与える必要があります。 甘いフルーツを好むので、コミュニケーションを図る時にはおすすめです。 モモンガの寿命はどのくらい? on Nov 28, 2017 at 4:58pm PST モモンガの平均寿命は10年前後と、小動物の中でも比較的長い寿命を持つと言われる一方で、野生では5年程度の寿命と言われています。 ・十分な栄養摂取ができない餌を与えている ・適した飼育環境を整えていない ・不注意によるケガや病気 など、飼育方法に十分気を遣わなければ、野生での寿命程度しか生きられない場合も少なくありません。 日光不足やビタミン・カルシウム不足によって骨が弱くなる「クル病」にかかりやすく、十分な栄養摂取は必須と言えます。 人用の菓子は砂糖や添加物がモモンガにとって有害なため、与えることは厳禁です。 部屋へ放す際には水の事故にも注意が必要です。 小動物のため、少ない水でも溺れることに加え、毛が濡れることで低体温症の可能性も出てきます。 一般的に神経質な動物のため、ストレスが溜まりやすく、自傷行為や拒食状態になる場合もあります。 静かで清潔な環境を保ち、過度のコミュニケーションは避け、適度な運動をすることでストレスを溜めないようにしましょう。 モモンガをペットショップで買うときの値段は? モモンガは個体によって多少の前後はありますが、15000~30000円が相場だと言われており、安い個体でも10000円を切ることはほぼありません。 カラーによっては大幅に値段が変わることもあります。 白い体毛に赤い目の「アルビノ」や白い毛に黒い目を持つ「リューシスティック」と呼ばれる個体は、100000~300000円と大変高額となります。 一時期は50000円前後で販売されていましたが、ペットとして人気が出たことで繁殖などが盛んになり、現在の相場に落ち着いたようです。 広告 モモンガの鳴き声は?うるさい?動画で紹介 モモンガは子犬のような高い鳴き声を発します。 特別大きな鳴き声ではありませんが、甲高い声と夜行性のため夜に泣くことが多いため、マンションなどで飼育する際には注意が必要です。 発情期や仲間を呼ぶ時に鳴く場合が多いと言われています。 十分なコミュニケーションを取り、ストレスを溜めないような環境であれば、多少の緩和を望めますが、全く鳴かないということはありません。 モモンガの種類は? モモンガ族は15属、約45種と言われており、中にはムササビ属も含まれます。 モモンガの中でも「アルビノ」「リューシスティック」などのカラーバリエーションが存在し、希少種とされています。 日本国内にも野生に「ニホンモモンガ」や「エゾモモンガ」が生息しています。 飼育可能な種はインドネシア・オーストラリアなどに生息する「フクロモモンガ」とカナダ・アメリカなどに生息する「アメリカモモンガ」の2種。 以前飼育可能であった「タイリクモモンガ」は、外来生物法により特定外来生物に2次指定されたことから、新たにペットとしての飼育は原則不可能になりました。 タイリクモモンガ on Jul 30, 2015 at 6:32pm PDT 「タイリクモモンガ」は茶色とグレーがミックスされた体毛をしており、アメリカモモンガやフクロモモンガに比べ、体長約15cm、体重約100gと比較的大きめの体格をしています。 目の周囲が黒く縁取りされているのが特徴です。 大変神経質でデリケートな性格のため、ストレスに弱いと言われています。 ロシアやアジア圏に広く生息しており、日本の北海道に生息しているエゾモモンガは「タイリクモモンガ」の亜種とされています。 現在は外来生物法により規制されているため、新たにペットとして飼育できず、学術研究や教育、展示などの目的で許可の申請を得る場合にのみ輸入が認められています。 規制される以前から飼育されていたペットについては申請を提出すれば、飼育が認められています。 アメリカモモンガ on Sep 19, 2017 at 4:47am PDT 「アメリカモモンガ」はその名の通り、アメリカやカナダ、メキシコなどに生息するモモンガです。 体長は13~15cm、体重は55~100gとタイリクモモンガより若干小さめの体格です。 一般的には短く灰色がかった茶色の体毛に覆われており、腹部はクリーム色になっています。 野生では単独で生活しているので、複数個体での飼育には向きませんが、野生では冬をしのぐために集団で暮らすこともあります。 モモンガは種子や果実を主食としていますが、「アメリカモモンガ」は比較的昆虫などの動物質を食べると言われています。 神経質で臆病な性格のため、初めの内は威嚇をするなどして、飼い主になつきにくい個体も少なくありません。 小さい頃から飼育する、起床直後に餌を与えるなどして、根気よく付き合うことでなつかせることができます。 フクロモモンガ on Nov 28, 2017 at 8:24pm PST 「フクロモモンガ」は有袋哺乳類に分類されるカンガルーの仲間で、メスはお腹の袋でこどもを育てます。 薄いクリーム色の腹部と灰色の背中に黒い縞模様が入っているのが特徴です。 インドネシアやオーストラリアに生息しており、他のモモンガと違い群れで生活を送ります。 飼育の際には複数個体がおすすめですが、単独で飼育する場合は十分なコミュニケーションを図りましょう。 野生での平均寿命は7~8年、飼育下でも10年以上生きることも少なくなく、アメリカモモンガに比べても長生きする傾向にあります。 体長は12cmから大きい個体で30cm程度まで育ちます。 神経質で臆病な性格である反面、人になつきやすい種類でもあります。 「アルビノ」などの特徴的な体毛を持つ個体は特に高額で数十万円の値段で販売されています。 モモンガの餌(エサ)は? 広告 モモンガは基本的には雑食で野菜や果実、種子などの植物質と昆虫類などの動物質が必要だと言われています。 通販サイトでも購入可能なモモンガ専用フードもありますが、それだけでは十分な栄養が摂れないと言われており、モモンガにとってバランスの良い餌については研究を進めている状況です。 モモンガ専用フードに加え、新鮮な野菜や果物とミルワームやコオロギなどの昆虫を与えるのが一般的です。 昆虫類は小動物を取り扱うペットショップや通販サイトで購入可能です。 当然、人用に添加物などが入った食材を与えるのは厳禁。 フクロモモンガは野生では樹液などを好むので、昆虫用のゼリーなどをおやつにあげることもあります。 ただし、モモンガは偏食が激しいと言われており、好みの餌に傾倒するため、他の餌を食べなくなる可能性があります。 個体差もありますが、好みの餌は時間をおいて与えるなどの工夫が必要です。 on Nov 28, 2017 at 9:29am PST モモンガは小動物に多くみられる性格の通り、臆病で警戒心が強く、大変神経質な性格です。 飼育を始めた頃は飼い主に対しても激しく威嚇をすることもあります。 夜行性で野生では樹洞を巣に利用することから、姿を見せないことも少なくありません。 人になつきにくいと言われていますが、全く懐かないというわけではありません。 人間にも性格に個人差がある通り、モモンガにも個体差があり、単独で生活するアメリカモモンガに比べ、群れで生活するフクロモモンガの方が比較的人になつきやすいと言われています。 懐かせるコツとしては小さい頃から飼育を始めることで人に慣らすのが非常に効果的です。 成体から飼育を始めた場合には、好みの餌を利用してコミュニケーションを図りましょう。 巣に隠れている状態から無理矢理引っ張り出したり、過度のコミュニケーションをしたりするのは、神経質でデリケートな性格からストレスに繋がりますので、絶対に避けましょう。 自然なコミュニケーションが取れるように根気よく付き合うのが必要です。 不意に大きな物音がすると気を失ったり、最悪の場合には命を落としたりすると言われるほどデリケートなので、静かな環境を作るのが必要です。 モモンガは臭い? ゲージ 野生のモモンガは夜になると樹上を活発に動き回り、木から木へ滑空します。 ゲージが狭いと満足な運動ができず、ストレスの原因になりますので、可能な限り大きなゲージを購入しましょう。 ゲージ内で飛び回れる広さがおすすめです。 餌、餌・水入れ モモンガ専用フードと種子類、昆虫類はペットショップか通販サイトで購入しましょう。 野菜はスーパーなどでも購入可能ですが、新鮮で無農薬のものを選ぶようにします。 餌・水入れはひっくり返らない程度の重さで、かじることを想定すると塗装などがされていないものがおすすめです。 巣箱・床材 野生のモモンガの巣にあたる寝床です。 樹洞に潜むことから木製の巣箱にしましょう。 おがくずなどの床材を敷き詰めれば、快適な寝床になります。 モモンガがかじらなければ新聞紙などでも代用できますが、万が一を考えるとおすすめはできません。 その他 「止まり木」や「コーナーステージ」があると、野生環境により近付けられるので、ストレスが溜まりにくい環境になります。 塗装が施されたものやプラスチック製の場合、かじることを考えると体に有害なものが入る可能性があるので、木製をおすすめします。 日本 - ペット ハムスターは、犬や猫に続くメジャーなペットとして多くの人に飼われています。 一度飼うとその可愛さのとりこになり長年飼い続ける人が多いと言われるハムスター。 飼育スペースを取らず散歩なども不要、購入費も維持費もリーズナブルで、ペットを飼う手始めとしてハムスターを選ぶ人、一人暮らしのさみしさを紛らわせるために飼う人などにも人気です。 何よりも小さな可愛らしい存在が、心を癒す存在になることは間違いありません。 毛に包まれた小さな体、短い手足を一生懸命動かしてえさを食べる姿、回し車を熱心に走る姿、つぶらな瞳でじっと見つめる表情など、いつまでも眺めていたくなる愛おしい存在です。 そんなメジャーなペットのハムスターですが、実際に飼うとなると生態や飼い方など分からないことが多いのではないでしょうか。 そこでハムスターについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。 これさえ読めばすぐにハムスターを飼うことができますよ。 日本 - ペット 背中に針がいっぱいで痛いイメージのハリネズミ。 でも実は、ハムスターやネズミのようなあどけない表情やちょこまかしたコミカルな動きが可愛いと、今熱い注目を集めている動物です。 TwitterやYouTubeなどのSNS上では、ハリネズミの動画や画像が数多くアップされ、ハリネズミファンが急増しています。 そんなキュートなハリネズミ、ペットとして飼いたい人も増えていますが、犬や猫などのメジャーなペットと比べて情報が少ないですよね。 針ばかりだけど触れるの? なつくの? エサは何を食べるの? 何年くらい生きるの? などなど、分からないことばかりで躊躇している人もいるのではないでしょうか。 そこでハリネズミの飼い方について、種類や寿命、値段など詳しくまとめてみました。 日本 - ペット ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。 かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。 ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。 また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。 もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。 そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。 日本 - ペット 水族館の人気者、カワウソは水族館で見るだけのものだと思っていたら大間違い。 実はペットとして自宅で飼うことができる動物だということはご存知でしょうか。 ペットのカワウソの様子をこっそり撮影した動画がTwitterにアップされて以来、そのくるくる変わる表情や動きの愛らしさに熱い注目が集まっています。 哺乳動物で水中だけでなく陸地でも活動でき、高い社会性をもつ賢い動物なのでペットにもぴったり。 つぶらな瞳や愛らしい動き、ツヤツヤの毛並みを独り占めできますよ。 それでも犬や猫など一般的なペットと比べて分からないことも多くハードルが高そう、と思う方も多いでしょう。 そこで、見ているだけで癒される可愛いカワウソについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。 日本 - ペット 昔話にもよく出てきたり、いろいろなマスコットにもなっているキツネ。 ペットとしての馴染みはあまりありませんが、昔から私たちの生活の身近なところに存在している動物のひとつでもあります。 北海道などでは、道路などでもよく見かけることがあるキツネですが、実は日本のいたるところに生息しており、ペットとして飼うことが認められている動物でもあります。 ペットショップでよく見かけると言うわけではありませんが、日本でもペットとしてキツネを販売しているペットショップなどもあるようで、実際にペットとして飼うことに関心がある人も増えてきているようです。 とはいえ、実際キツネを飼うとなるといろいろとわからないことが多いのではないかと思います。 そこで、今回は、キツネをペットとして飼うなら参考にしてほしい、種類や値段、寿命などをまとめて紹介します。 日本 - ペット テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。 人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。 動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。 また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。 日本 - ペット つぶらな瞳とフサフサのしっぽが可愛らしいリス。 近年の小動物ペットランキングにも登場する人気ぶりです。 ただ犬や猫に比べポピュラーではないし、小動物の中でも馴染は薄く「飼うにはどうかな?」と興味はあってもなかなか飼うまでに至りませんね。 でも、リスは人間と共存できるので飼い方をしっかりマスターすればペットとして一緒に暮らすことができます。 なつけば肩に上ったり、手から餌を食べたり時にはパーカーのフードの中でお昼寝もしたりその愛くるしいい姿に心奪われるなんてことも日常に起こり得るんです。 リスをもっと身近に感じられるよう種類や生態・飼い方まで紹介していきます。

次の

【ホームズ】モモンガはペット初心者におすすめ! 一人暮らしを癒やす魅力と飼い方|暮らし方から物件探し

モモンガッ

スポンサーリンク 寿命 野生での 寿命は約7〜8年と言われていますが、適切に飼育すれば12年程生きられるようです。 中には17年生きた子もいるようです。 販売価格 一般的なカラーの グレー、ブラウンは15000円〜3万円程です。 白い毛に赤目のアルビノは10万〜20万円。 白い毛に黒目の リューシスティックという種類は10万〜30万円とかなりの高値です。 大きな目と耳が特徴です。 またフクロと名前がつく通り、メスのお腹に袋がありその中で子供を育てます。 大人になるとオスの額は臭腺の影響でハゲてきます。 生態 臭いで仲間を識別する習性があるため、オスメス共に独特の臭いがします。 オスの方が臭いが強いです。 オス一匹にメス数匹の小さな群れで暮らしています。 複数飼育したい場合はペアか仲の良いメス同士にしましょう。 オス同士だと喧嘩してしまいます。 暑さに強く、寒さに弱いですので冬は保温が必須です。 夜行性なので日中は寝ていることがほとんどです。 餌の与え方 野生では花の蜜、樹液、果物、昆虫を食べて生活してきます。 動物食の強い雑食性の生き物です。 飼育下では、フクロモモンガ専用のペレットが販売されているので利用すると栄養バランスがとりやすくおすすめです。 ペレットを中心に、副食として果物、野菜等植物性のものと、ミルワーム、煮干、チーズなど動物性たんぱく質を与えましょう。 甘いものを好むので、昆虫用のゼリーを与えると喜ぶ子が多いです。 好き嫌いが激しく、果物など甘いものばかり食べてペレットを食べない子が多い傾向があります。 ペレットに果汁を染み込ませて食べさせたり、ペレットを食べてからでないと果物を与えないようにしつけるなど、バランスよく食べてもらう工夫が必要です。 なつきやすさ 赤ちゃんの頃から人の手でミルクを与えて育てると、とてもよく懐きます。 ミルクはシリンジで飲ませるか、無塩のパンに染み込ませて吸わせると良いです。 馴らすためには必ず手に乗せて与えましょう。 赤ちゃんの頃は慣れていても、臆病な性格なのでスキンシップを怠るとすぐに警戒されてしまいます。 毎日スキンシップをとってあげましょう。 臭いで仲間を識別するので、ケージに飼い主さんの匂いがついたものを入れておくと、馴れてくれやすくなります。 良く馴れた子は飼い主さんの服のポケットの中で寝るようにまでなり、その姿はとても可愛いですよ。 アメリカモモンガ 出典:有限会社プラスト 大きさや生息地 齧歯目リス科アメリカモモンガ属の動物です。 リスの仲間ですが、リスとは違い皮膜があり滑空することができます。 体長は13〜15㎝、体重45〜113g程です。 フクロモモンガと同じくらいの大きさです。 カナダ南東部、アメリカ、メキシコなどに生息しています。 寿命 野生での 寿命は約5年と言われていますが、 適切に飼育すれば10年は生きられるようです。 スポンサーリンク 販売価格 出典: 15000円〜3万円程です。 ワシントン条約により輸入規制がされているので、国内で繁殖させた個体のみが販売されています。 生態 見た目は一見リスのようですが皮膜を持ちます。 他のモモンガと比べると目が小さいのが特徴です。 単独生活をする生き物ですので 複数飼育は向きません。 一匹で飼育しましょう。 完全な 夜行性なので、日中はずっと寝ています。 神経質な性格なので、ゆっくり休めるように必ず巣箱を用意してあげてください。 スキンシップをとるのは必ず夜にしましょう。 体臭も排泄物の臭いもほとんどしないので掃除は楽です。 体が丈夫な子が多く、飼いやすい種類です。 しかし野性味の強い生き物なので急激な温度変化に注意し、少しずつ暑さ、寒さに慣らしていってください。 餌の与え方 野生では木の実、種子、果物、昆虫などを食べて暮らしています。 雑食性の生き物です。 飼育下では、リス用やハムスター用のペレットを中心に、ナッツ類、果物、野菜と、ミルワームや煮干やチーズなどの動物性たんぱく質を与えましょう。 フクロモモンガ程動物性たんぱく質や花蜜を必要としないので、フクロモモンガ用のペレットだとバランスが崩れてしまいます。 食性はリスやハムスターに近いので、 リス用、ハムスター用がおすすめです。 なつきやすさ とても臆病で神経質な動物なので、人に懐きにくいです。 赤ちゃんの頃からミルクを与えて育てると馴れる子もいるようですが、あまり期待しない方が良さそうです。 ストレスを与えないように少しずつ根気強く馴らす必要があります。 タイリクモモンガ 出典: 大きさや生息地 齧歯目リス科モモンガ属の生き物です。 日本に生息するエゾモモンガもタイリクモモンガと同じモモンガ属なので、ペットとして飼われていたタイリクモモンガを万が一逃してしまうと、エゾモモンガと交配してしまう可能性あります。 そうなるとエゾモモンガの絶滅が考えられるため、タイリクモモンガは特定外来種に指定されたのです。 体長は12〜22㎝、体重130g程です。 他のモモンガより少し大きめです。 ロシア、シベリア、アジア北部に広く生息しています。 寿命 野生での 寿命は3〜5年ですが、 適切に飼育すれば10年は生きられるようです。 販売価格 販売が禁止されていますので、購入することはできません。 譲渡も禁止されています。 生態 出典: 単独生活をしている生き物です。 性格は自由奔放で、かまってほしいときにだけ甘えてくる子が多いようです。 神経質な性格で、ストレスで死んでしまうこともあるようです。 寒さに強い生き物ですが、急な温度変化には注意が必要です。 食べるもの 野生では種子、木の芽、果物、きのこなどを食べて生活しています。 植物食の強い雑食性の生き物です。 飼育下ではアメリカモモンガと同じ食事で飼育できますが、アメリカモモンガよりも動物性たんぱく質は必要としません。 果物も好まない子が多いようです。 なつきやすさ 神経質な性格なので 馴れるまでに時間はかかりますが、驚かせないようにゆっくり少しずつスキンシップをとれば馴らすことは可能です。 アメリカモモンガよりは馴れやすいです。 しかし馴れても飼い主さんとはある程度の距離を保ちたがる傾向があるようです。 いかがでしたでしょうか?モモンガとスキンシップを取りたい方はフクロモモンガ、掃除や臭い対策が苦手な方にはアメリカモモンガがおすすめです。 どちらのモモンガにしても、今後タイリクモモンガのように飼育が禁止されることのないよう、絶対に逃さないように責任を持って飼育しなければいけませんね。

次の