スパーズ 対 ウォリアーズ。 来週はスパーズ対ウォーリアーズですね!

なぜウォリアーズは栄光から一気に転落したのか

スパーズ 対 ウォリアーズ

今季79戦目でプレーオフの第1シードを確定させ、95~96年のブルズ(72勝10敗)に次ぐリーグ史上2度目のシーズン70勝を達成した。 ステファン・カリー(28)は相手のジャンプ・シュートに対するディフェンスがきついと見るや、再三にわたってドリブルで切れ込んで加点。 3点シュートの成功は3本だったが、チーム最多の27得点を挙げて勝利に貢献した。 スパーズとグリズリーズが相手となる残り3試合にすべて勝てば、マイケル・ジョーダン(現ホーネッツ・オーナー)を擁してブルズが樹立したシーズン最多勝利記録の更新も可能。 現役時代にブルズでその大記録を経験しているスティーブ・カー監督(50)は「第1シードを確保するのに70勝も必要だったことが現況を語る上での本質だ」とすでに65勝(13敗)を挙げているスパーズへの警戒感を緩めていないが、20年ぶりとなる新記録への期待も高まってきた。 スパーズは今季のウォリアーズ戦では1勝2敗。 それでもサンアントニオでは今季39戦全勝(通算47連勝)と不敗記録を維持。 10日のこのカードに勝てば、来季の開幕早々にウォリアーズが昨季から今季にかけて樹立したホームの通算連勝記録(54)を書き換えることもできるために、どちらにとってもモチベーションのある試合になりそうだ。 スパーズにとって問題なのは故障者。 パワー・フォワードとして今季のオフェンスを支えてきたラマーカス・オルドリッジ(30)はこの日、右手の人差し指を痛めながらプレー。 控えのセンターとして活躍してきたボリス・ディアウ(33)は右足内転筋を痛めて2試合連続で欠場しており、主力に故障者がいなくなったウォリアーズと比べて若干の不安材料を抱えている。 しかもティム・ダンカンは25日で40歳。 長丁場となるプレーオフを考えるとベテランを休ませたいところでもあるだけに、20シーズン目を迎えたグレグ・ポポビッチ監督(67)がどのような判断をするのかも注目されるところだ。

次の

王者ウォリアーズ圧勝!スパーズとライバル対決制す

スパーズ 対 ウォリアーズ

デュラントは「シーズンを通じて危機感を持ってプレイしている。 試合開始から活力のあるプレイをして、先手を奪うことを頭に置いてやっている」と語っている。 「第1戦とは違って、今日はそれを実行できた。 相手の戦力が落ちているのはわかっているけれど、それでも彼らは極めてハードにプレイするチーム。 リラックスした状態でプレイするわけにいかないことはわかっていた。 自分たちから勝利を勝ち獲りにいかないといけなかった」 連敗を喫したスパーズは、ジョナソン・シモンズが22得点、デイビス・ベルタンズが13得点をあげたが、二桁得点はこの2選手のみ。 チーム全体のフィールドゴール成功率は37%と低調だった。 なお、第1戦でザザ・パチューリアの足を踏んでもともと痛めていたは欠場した。 グレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチは試合後「一人の選手が勝利を信じず、それがチームに影響を与えたということではなく、チーム全員がチームの士気を下げた」と話した。 「決して、『ショットを決めていれば、もう少しで勝てた』と言うわけにはいかない。 それでは物事が悪くなるだけだ。 あるがままを受け入れないといけない。 我々は今日、プレイする気構えでここに来なかった。 情けないと感じてしまった。 喝を入れられる必要があったのだろう。 ここから挽回して、第3戦に臨む。 自分たちが何者なのかを示さないといけない」。 || 関連記事.

次の

王者ウォリアーズ圧勝!スパーズとライバル対決制す

スパーズ 対 ウォリアーズ

出典:flipboard. com ケビン・デュラントを失い、クレイ・トンプソンが怪我で長期離脱となったことで、ゴールデンステート・ウォリアーズがこれまでと異なるチームになるのは分かっていました。 しかし、最初の2試合に敗れるだけならまだしも、彼らは96分間で一度もリードを奪うことができず、ロサンゼルス・クリッパーズには19点差で、オクラホマシティ・サンダーには28点差で敗れています。 さすがにこれほどの転落は、予想できるものではありません。 もう少し詳しく見ていくことにしましょう。 実際のウォリアーズは、ここまで酷いチーム? ウォリアーズは、NBAで2番目や3番目に悪いチームなのでしょうか? いいえ、当然そんなはずはありません。 しかし、ウォリアーズは体とボールの動きだけでいつものようにプレイしようとしても、それを成功させるための十分なスキルが揃っていないのです。 パサーはほとんどカリーとグリーンだけに限られ、一方でシューターはショットが決まらないため、完全な混乱を引き起こしています。 ディフェンスに関してはさらに悪化が著しく、基本的に先発で安定してプレイが可能なビッグマンが居ないほか、ディアンジェロ・ラッセルもトンプソンのディフェンスと比較すれば、明らかなグレードダウンになっていると言えるでしょう。 ウォリアーズは、全世界で5本の指に入るトッププレイヤーのカリー、一流のディフェンス力を持つグリーン、一流のコーチングを魅せるスティーブ・カー・ヘッドコーチが健康な限り、リーグで最悪のチームに転落するのは防ぐことができるはずです。 ただしこの2試合では、彼らもまた新たなチームメイトに困惑しているように見えます。 デュラントとトンプソンが居ないだけで、すぐに転落してしまうもの? デュラントがブルックリン・ネッツへ去る時、ウォリアーズには2つの選択肢がありました。 ネッツにはカイリー・アービングが加入することもあったため、この取引だけでは両者がWin-Winだと言えるでしょう。 しかし、ウォリアーズはアンドレ・イグダーラをメンフィス・グリズリーズへ(それも1巡目指名権を付けて)トレードせざるを得ませんでした。 トンプソンの再契約や、ラッセルの新たな契約で、ウォリアーズはサラリーキャップを空けなければならなかったからです。 さらに、ショーン・リビングストンを解雇することで保証された契約を削り、ジョーダン・ベルやクイン・クックとの契約も見送り、ケボン・ルーニーは再契約を結びましたが、彼は怪我に苦しんでいます。 いくつかの小さな傷と、ほんの少しの大きな切れ目が入ることで、王朝を築いたロスターはこうも簡単に崩れてしまうのでしょう。 ラッセルがまだ上手くいかないのはなぜ? まだ2試合、焦るには早すぎます。 確かにラッセルはネッツで成功を収めていましたが、彼はボールをかなり支配していました。 カリーはデュラントと共存していましたが、そもそもデュラントは効率の良い選手であって、ボールを支配するタイプの選手ではありません。 そのため、それぞれの影響力は全く別物とも言えます。 少なくとも、ラッセルはカリーとのプレイを学ぶための本格的な調整期間があるはずです。 ディアンジェロ・ラッセルは最初の2試合で、平均13. 0得点、5. 0アシスト、FG成功率34. (出典:abc30. com) 現状のロスターからして、カリーはジェームス・ハーデンのようなプレイを心がけるべき? きっと、それは観ていて楽しいものになるでしょう。 ただ、カリーにそのようなプレイできるとは限らず、彼はNBAに入ってからというもの利他的な選手としてプレイしてきました。 カリーの才能は、ハーデンのプレイスタイルと合うものではないように思えます。 しかし、ウォリアーズの首脳陣の中には、そのようなパフォーマンスを考えている人も何人か居るかもしれません。 ウォリアーズはプレイオフを逃すことになる? 正直、その可能性は考えられます。 昨シーズンにプレイオフへ進出したウェスタン・カンファレンスのチームのうち、ウォリアーズとサンダー以外の6チームは大きな戦力低下が見られないため、今シーズンもプレイオフ進出が期待されています。 ここにロサンゼルス・レイカーズが加わるため、7チームとなるでしょう。 ダラス・マーベリックスとミネソタ・ティンバーウルブズは、プレイオフを争えそうなチームです。 最初の2試合の後、ウォリアーズがどのチームよりも、ましてサンダーよりも良いチームだと、断言することはできません。 ウォリアーズがプレイオフを逃した場合、カリーやカーHCのレガシーは傷付くことになる? もちろん、そのようなことはありません。 昨シーズンにレブロン・ジェームズがプレイオフを逃したことで、彼の実績に傷が付いたと考えた人は居たでしょうか? ウォリアーズの転落は喜ぶべき? NBAチームのファンであれば、過去5年間で間違いなくウォリアーズに苦しめられた経験があるでしょう。 トンプソンはいずれ戻ってきて、ウォリアーズが再びオッズを取り戻す可能性は、十分に考えられます。 今からでも遅くないうちに、ジョークは言っておいたほうが良いかもしれません。 【今回の一問一答クイズ】.

次の