インターネット 速度 平均。 回線速度の平均は「84.06Mbps」/ADSLは平均「18.04Mbps」

ネット回線の速度が遅いので改善するために奮闘した話

インターネット 速度 平均

インターネットの回線速度を計ってみたが、利用中の回線速度が速いのか、遅いのか分からない。 問題がない回線速度とはいったいどのくらいなのかなど目安を知りたい、一般的にストレスを感じない回線速度の数値について詳しくご紹介していきます。 現在利用している回線速度で十分なのか現状が知りたい人に向けて、利用している回線の種類ごとに、統計的なデータから インターネットの 平均速度を表記していますので是非ご一読ください。 光回線・スマホ・モバイルWi-Fiなどの平均回線速度とは? 回線の平均回線速度とは、光回線・スマホ・モバイルWi-Fi回線など、通信を行なう回線別に速度判定を行なっているサイトなどの数値をもとにして、平均値を求めたものです。 そもそも、実際に利用できる回線速度とは、契約するプランや端末のスペック表に書かれた最大速度とは違います。 スペック表や広告に載っている最大速度は、通信環境が完全に整っている場合の計算上の理論値が表記されています。 実際には、電波を飛ばしている基地局からの距離や利用している回線の込み具合、家の中のケーブルや機器、ネットワーク、パソコンの性能、ソフトの種類や設定によって回線速度は様々に変化します。 この章では、月に150万回前後の回線速度判定を行なっている通信速度測定Webサービス「RBB SPEED TEST」のデータをもとに、光回線・スマホのデータ通信回線・ポケットWi-FiやWiMAXなどのWi-Fi回線の平均回線速度をご紹介します。 26Mbps、上り82. 65Mbpsとなっています。 光回線とは、光信号を使ったインターネット回線のことです。 自宅や事務所などに専用の回線を引き込んで行なう固定回線で、光による通信を行っているため非常に速い速度で通信できます。 電波を使った通信ではありませんので、基地局からの距離が通信速度にあまり影響しない特徴と安定性がある通信に特徴があります。 スマホデータ通信と平均回線速度について 「RBB SPEED TEST」サイト2018年3月1日~31日のスマホデータ通信平均速度は下り31. 60Mbpです。 スマホのデータ通信速度は、下り、上り共に契約しているプロバイダによって大幅に変化しています。 さらに、スマホのデータ通信には最大通信量が月々設けられていて、最大データ通信量をオーバーした場合、は厳しい速度制限(最大速度128kbpsや300kbpsなど)が月末まで適用されます。 光回線やADSLはモバイルの速度に比べても高い傾向にあります。 光回線の速度(docomo光・auひかり・SoftBank光などの光コラボ、NTTのフレッツ光、NURO光)などは以下の記事に詳しくまとまっています。 ) 通信速度は大きく分けて三大キャリア(docomo , au , SoftBank)とサブブランド(Y! mobile , UQ mobile)、MVNO(IIJmio, mineo , OCNモバイルONE , 楽天 mobileなど)という3つの種類でデータ通信速度が大きく変わります。 公式ページにかかれた平均速度は表のものになりますが、通信速度を計測するサイトの平均速度は31. 60Mbps程度になっています。 三大キャリアの実際の速度は、端末を使用する場所や回線の混雑状況によって異なり上記の表の数値とは大きく異なる場合があります。 サブブランド・他MVNOの平均速度 Y! 5Mbps、上り12. 35Mbps、上り10. 24Mbps、上り7. 53Mbps (「RBB SPEED TEST」調べ 2018年3月平均速度) MVNOの平均速度は公表されておらず、上記の数値は様々な方が調査した通信速度の平均値を計算して出したものです。 スマホデータ通信は時間帯による通信速度に大幅な差があり、回線が混雑する時間帯はストレスがない通信は難しい状況になっています。 中でもサブブランドではない他MVNOの通信速度は、時間帯によって1Mbps以下になるものが多く、平均値は高めですが回線混雑時は満足する通信はできません。 サブブランド(Y! mobile , UQ mobile)とMVNOについて MVNOとは、自社で通信設備を持つことなく、キャリアから通信回線の一部を借り受けて、消費者にサービスを提供する通信事業者のことです。 通信回線の品質向上のために設備投資する必要がないため、キャリアよりも格安で通信回線を提供できる強みがあります。 サブブランドとは、上記三大キャリアのグループがデータ通信に特化したサービスの子会社を運営しているMVNO会社のことです。 mobile(Softbank)、UQ mobile(KDDI)の2社があり、MVNOはお昼や夕方などの回線が混雑している時間帯に、急激に通信速度が低下するものが多いですが、この2社に限っては、格安料金で混雑した状態でも比較的安定した通信速度を実現しています。 ポケットWi-FiやWiMAXと平均回線速度について ポケットWi-Fi・WiMAXの平均速度は下り61. 56Mbps、上り5. 51Mbpsです。 (「RBB SPEED TEST」サイト2018年3月1日~31日都道府県別通信速度の下り平均値および、主要6都市上り速度統計値より算出) ポケットWi-FiやWiMAX(ワイマックス)と呼ばれるモバイルWi-Fiは、Wi-Fi電波が受信できる場所でインターネットをする端末(スマホ・タブレット・PC)などを持ち運びできるモバイルWi-Fiを通してインターネットに接続する回線のことです。 速度が遅い回線の場合は、原因を対処しないと画質のきれいな動画などを視聴する際に、1秒間の通信速度が動画視聴に必要なデータ量に間に合わず動画が止まってしまったりします。 その他、データ量が大きなファイルを送信するときに時間が掛ったり、大容量データ送信と同時に他の作業(インターネット観覧や動画視聴、オンラインゲームなど)をしようとすると極端に表示が遅くなります。 ビットは、8倍でバイトという単位になります。 回線速度のbpsという単位は、8倍でバイトになりますので、100MB(メガバイト)の画像を1秒間で送信・受信するためには、800Mbps(メガビービーエス)という通信速度が必要です。 bpsは、1,000bpsで1kbps(キロビーピーエス)という単位になり、1,000kbpsで1Mbpsになります。 その後も1,000Mpsで1Gbps(ギガビーピーエス)になり、1Gbpsは8分の一の125MB(メガバイト)というデータ量を1秒間に通信できる回線速度のことです。 "上り"と"下り"って何?どっちを気にすべき? スペック表などに表記されている"上り"とは、データを相手に送信(アップロート)する速度をさしています。 反対に"下り"は、相手からデータを受信(ダウンロード)する速度のことです。 "上り"速度は、インターネットを利用して相手に自分の持っている画像や動画、メールやファイルなどのデータを送信する際に必要になる通信速度です。 "下り"速度は、インターネットでホームページ観覧・閲覧をしたり、動画を視聴する際に相手からデータを受け取る速度を表しています。 ホームページの観覧や動画視聴などをインターネットの目的としている一般の方であれば、"上り"速度よりも"下り"速度がストレスを感じない通信のために必要になる数値です。 逆に、自分の撮影した動画やデータをインターネットにアップロードして、他の方と共有したいなどの目的がある方は、"下り"速度同様に"上り"速度も重要になります。 一般的なページが表示されるのが遅い、動画が止まるなど、インターネットをしていて回線速度が遅いと感じるのは5Mbps未満の通信速度に限定されます。 5Mbps以上の通信速度は、4K画像の動画視聴やアップロード、複雑なインターネットゲーム・オンラインゲーム(ps4やPCなど)を遅延なくプレイするため、大容量のファイルを高速で通信するなどの目的に上り速度と共に必要になります。 回線速度の測定方法を解説 回線速度はどうやれば分かるの? スマホやPCの回線速度は、スピードテストサイトと呼ばれるサイトを運営しているサーバーと、現在回線を利用している端末との間で、決まったデータ量を送受信する速度を計ることで分かります。 ですが、測定するサーバーと現在位置との距離や計測する時間帯(回線の混雑度)、利用している端末や回線の種類によってテスト結果は大きく変わります。 スピードテストサイトでの計測結果は、あくまでも参考値に留めるといったような信頼度しか現在はありません。 おすすめのスピードテストサイトは「RBB SPEED TEST」です。 1998年からあるスピードテストの定番サイトで、計測数は月に150万回前後です。 他の方の測定結果もわかるサイトになっていますので、自分と同じ環境でどの程度測定結果が違うのかもチェックできるサイトになっています。 他の速度測定サイトもみたい方はこちらを御覧ください。 」という歌い文句に対し契約する形です。 回線の品質保証や最低速度を保証する契約ではありません。 広告やホームページなどに最大速度(理論値)を掲載して、契約者は一般的に契約した速度の3割~6割程度の通信回線を利用する形になっています。 ベストエフォード型は、保証が無い代わりに回線の維持にかかる経費を減らし、多くのユーザーに高速な通信を提供することを目的とした契約です。 消費者が主に目にする、個人が契約する回線はベストエフォート型と呼ばれる契約が一般的です。 回線速度の低下や断絶などで損失が出るような場合、企業などに向けてギャランティー型という契約方式もあります。 ギャランティー型は、契約時に通信回線の年間最大中断時間や最低通信速度に保証がつく形で契約しますが、回線品質を保つための人件費や設備にお金がかかりますので、大変高額な契約になります。 個人では株取引などの、どうしても中断できない通信を維持しなければいけない人以外は、あまり目にする契約ではありません。 一般のユーザーはモバイルWi-FiやWiMAXの回線が正解? 動画投稿や大量のデータ送受信など、ビジネスや趣味としてデータ送受信をされるユーザーは、自宅に回線を引き込む固定回線の光回線がおすすめです。 データ通信量を気にすることなく高速でデータ通信できます。 ですが、ホームページの観覧や動画視聴などが主な目的の一般のユーザーであれば、光回線の高速通信はあまり必要としません。 むしろ、自宅のみでしか利用できない固定回線よりも、モバイルWi-FiやWiMAXなどがおすすめです。 スマホのデータ通信でもインターネットはできますが、プランの詳細を比較すると一般のユーザーでもスマホのデータ通信は使い勝手がよくないことが分かります。 スマホデータ通信はすこし不安 スマホのデータ通信プランは、時間帯や場所によって通信速度が大幅に変化します。 回線の安定性という面でスマホのデータ通信にはすこし(実際はかなり)問題があります。 さらに、月の最大データ通信量に制限が設けられたプランが多く、スマホのみで通信する場合であっても、ホームページ観覧や動画視聴に夢中になるとすぐに月の最大データ通信量を使い果たしてしまいます。 ある程度のネット観覧はできますが、回線混雑時に極端に通信速度が遅くなったり、月に使える通信容量には限りがあったりと、すべての方にお勧めできる内容ではありません。 月のデータ通信量を超えた際の速度制限も、最大速度128kbps制限が月末まで続くとても厳しいものです。 インターネットを月間を通して快適に利用したい方には、スマホのデータ通信はお勧めできない内容になっています。 WiMAX・モバイルWi-Fiは安全で使いやすい Wi-Fi回線やWiMAXであれば、ネット観覧や動画視聴は回線の混雑時でも十分快適な速度で行なえます。 光回線とは違い、電波のある場所であれば、自宅・野外関係なくWi-Fi通信でインターネットが楽しめます。 データの送受信も十分行なえる下り・上り速度があり、WiMAX回線であれば、月のデータ通信量に制限がありません。 大きなデータ通信をしない一般の方であれば、一日を通して光回線と同じような感覚でインターネットを楽しむことができます。 WiMAX以外のモバイルWi-Fiは、LTE回線というものを利用しています。 LTE回線を利用するプランには、月7GBの最大データ通信量制限があり、通信量が7GBを超えると、スマホのデータ通信同様に月末まで最大速度128kbpsの厳しい速度制限が適用されてしまいます。 ですが、WiMAX回線は、3日で10GB以上利用した際に最大速度1Mbpsの速度制限を1日受けるのみで、その他は月の最大データ通信量を気にせず動画視聴やインターネットが利用できます。 以上の理由から、データ通信を送受信共に利用される方には光回線を、それ以外の一般の方には、一日を通してストレスを感じない通信速度を光回線と同様の感覚で楽しめる、Wi-Fi回線・WiMAX回線をおすすめします。 まとめ インターネットの速度平均はどれくらい?上り・下りについて、光回線・スマホデータ通信・ポケットWi-Fi・WiMAXなど、通信を行なう回線ごとに詳しく内容をご説明しました。 通信回線の"上り""下り"についても分かりやすく解説しています。 インターネットの通信速度は、5Mbps程度あれば、十分に動画視聴やホームページ観覧を楽しめる速度といえます。 今回ご紹介した通信方法のなかで、スマホのデータ通信以外であれば、一日を通してストレスを感じない通信速度になっています。 スマホのデータ通信も平均速度は5Mbps以上ですが、回線の安定性がとても低く、混雑した状況では1Mbpsも出ない回線が現在のところ一般的です。 現在利用中の回線速度を確認して、5Mbps程度の速度が出ていれば一般利用に問題はありません。 auひかり・ドコモ光・ソフトバンク光などの光コラボやNURO光、NTTのフレッツ光、ADSL回線などは月額の料金が高額ですが高速です。 もしも、現在使用中の回線速度が遅い、おかしいと感じた方は、様々なスピードサイトでご自身と同じような環境で、同じ回線を利用している他の方の平均速度と比較すると、セッティングに問題がある可能性に気づくこともできますので、是非参考にしてみてください。

次の

インターネット料金を今より安くする方法|光回線・モバイル回線の料金を比較した平均も紹介

インターネット 速度 平均

今のインターネット回線は光回線が主流になりましたが、料金の安さを求めている人の中にはADSLも選択肢に入っているのではないでしょうか? ADSLは確かに低コストでインターネットが利用できる回線ですが、通信速度はそれほど優れているわけではありません。 対応速度が速いプランを選んでADSLサービスを契約しても、物理的な原因で実効速度が遅くなることがあります。 そこで、ここではインターネット上にある口コミをもとにADSLの通信速度を分析し、どれほどのスピードが出るのか解説します。 契約するインターネット回線の選択肢にADSLが入っている人は、通信速度を知る参考に読んでみてくださいね。 NTTと基地局が自宅から2km以内のところにあれば10Mbps以上• NTTの基地局が自宅から遠い2km以上離れた場所にあると10Mbps以下 になることが多いです。 基地局からの距離と速さの関係は以下の記事で詳しく解説しています。 深いところまで知りたい方はこちらもご参照ください。 夜の通信速度はプロバイダによって違う? SNSで口コミを見ていると、夜に通信速度が遅くなるという声を目にすることがあります。 ADSLの通信速度が遅くなる原因は、基地局と自宅の距離が遠い、あるいは回線がノイズを拾っていると考えるのが一般的です。 しかし、 夜だけ通信速度が遅くなるということは、回線ではなくプロバイダが原因である可能性が高いです。 ADSLではどのプロバイダを契約しても、NTTのアナログ電話回線でインターネットを利用しますが、プロバイダによってサーバーの性能に違いがあります。 評判が良くないプロバイダを契約すると、利用者が多い夜の時間はサーバーが混雑して通信速度が急激に遅くなってしまいます。 プロバイダによっては夜になると下り速度が1Mbps以下まで落ちることもあります。 しかし、評判が良い事業者を選べば基地局が遠い場所に無い限りは10Mbps程のスピードは出ます。 なお急に速度が落ちる原因については以下の記事で詳しくまとめています。 詳細が気になる方はこちらもご参照ください。 無線LANルーターの種類による速度の落差は出ない Wi-Fiを利用するために必要な無線LANルーターは、種類によって対応速度が違います。 なので、光回線でWi-Fiを使った際の実効速度は、無線LANルーターの性能に左右されることがありました。 ただ、現在販売されている無線LANルーターは100Mbps以上の速度に対応しているものばかりです。 よって ADSLでWi-Fiを利用する場合は実効速度が変わることがほとんどありません。 ADSLでは、有線と無線の実効速度はさほど変わらないと考えていいでしょう。 ADSLの実効速度はどれほどなのか?口コミから分析! 今は光回線が主流になったので、利用者が少ないADSLの評判を口コミで調べることは難しくなってきました。 ただ、インターネット上にある限られた口コミを見ると、ADSLの実効速度は利用者によって異なるように感じます。 利用者によって実効速度が違う理由は、自宅の環境や契約内容にあります。 先ほども触れましたが、ADSLの実効速度は基地局と自宅の距離がどれほどあるかが変わってきます。 基地局と自宅の距離が2km以内であれば、10Mbps前後の速度が出ることが多いです。 あまりにも基地局が遠い場所にあると、1Mbps以下になることも珍しくありません。 ネットはね、都会の方には信じられないかもですが、光が来てなくて未だにADSLの地域、ADSLすら基地局遠いからISDNくらいの速度しか出ない地域、wifi電波が入らない地域等があります。 うちが一番最後のやつです。 また、基地局が近くて対応速度を50Mbpsにしても、プロバイダによっては思うようなスピードが出ないこともあります。 ADSLが局から500メートルで契約速度が50メガでも12メガのときとほぼ変わらないとかYBBさん。 ほぼって下りで7メガ越えるようになったくらい。 — 蜂須賀 hachi355 基地局が自宅から2km以内の場所にあったとしても、ADSLを契約するときは注意してプロバイダを選ばなければいけません。 ただ、50Mbps以上の実効速度が出る光回線と比べると、ADSLの回線はとても速いとは言えません。 ADSLと光回線の違いは以下の記事でさらに詳しく解説しています。 こちらもあわせて参考にしてみてください。 ADSLの回線速度には安定性があるのか?利用する場所によって違う? 自宅がNTTの基地局に近い場所にあれば、ADSLでもそれなりの実効速度が出ます。 ただ、通信速度の安定性は、基地局との場所が近くても環境によって変わってきます。 ADSLでの回線速度の安定性は環境やプロバイダによって異なる ADSL回線の安定性は実効速度の速さと同じで、契約するプロバイダによって大きく異なります。 ただ、どれだけ評判が良いプロバイダを契約しても、回線が置かれている環境によっては安定性が低くなることがあります。 ADSLの通信速度が遅くなる原因として考えられる回線の環境は、• 回線の近くに鉄道がある• ADSLを利用しているマンション内に光回線の利用者がいる 上記の2つです。 鉄道が走っている場所は電磁波が発生しやすいので、ADSLの回線がノイズを拾って通信速度が不安定になることがあります。 回線の近くに電線がある場合も、電磁波が生じるので速度が不安定になりがちです。 集合住宅に住んでいる場合、新しく光回線が引き込まれるとADSLの回線がノイズを拾うかもしれません。 回線がノイズを拾いやすい環境に置かれている場合、周波数帯を調整して安定性を高めることができますが、対応速度が遅くなる可能性があります。 通信速度が不安定と感じた場合は、安定性が高い他のインターネット回線に切り替えたほうがいいかもしれません。 安定性は他のインターネット回線のほうが高い 他のインターネット回線には、通信速度の安定性がADSLよりもはるかに優れているものがあります。 もっとも通信速度の安定性が高いインターネット回線が、今主流の光回線です。 光回線はガラスが芯になったケーブルを通して光で情報を運ぶので、どのような場所に張られていてもノイズによる影響を受けることがありません。 通信速度の速さと安定性のどちらも求めるなら、光回線を選ぶのがベストです。 光回線のなかでも速い回線は以下の記事で厳選して紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。 通信速度の速さだけで考えると、• WiMAX• SoftBank Air などのWi-Fiルーターを選ぶという手もあります。 WiMAXやSoftBank Airは無線のインターネット回線なので、電波の状況によって通信速度が不安定になることがありますが、基本の速度はかなり速いです。 とくにWiMAXは708Mbpsも出るので、光回線の1Gbpsと比べてもあまり変わらない速さで、誰にでもおすすめできます。 WiMAXをおすすめする理由については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。 興味のある方は、こちらの記事もあわせてご参照ください。 SoftBank Airについては以下の記事で詳しく解説しています。 こちらもあわせて参考にしてみてください。 ADSLの速度が遅く安定性が低い2つの理由まとめ! ADSLの通信速度が遅く、安定性が低い理由をまとめると以下の2つです。 アナログ回線だからノイズによる影響を受けやすい• 評判が良いプロバイダが限られてきている この2つの理由は、どちらも物理的に避けることができません。 理由その1. アナログ回線だからノイズによる影響を受けやすい デジタルなインターネット回線であればノイズによる影響を受けないので、通信速度が速く安定性も高くなります。 ADSLはアナログの電話線を使うインターネット回線なので、いかんせんノイズを拾いやすい欠点があります。 ノイズによる影響は回線が置かれている環境で異なりますが、ノイズを拾いやすい場所に回線があると、通信速度を安定させる方法が限られてしまいます。 プロバイダに依頼して周波数帯を調整してもらう方法はありますが、調整をして速度が安定しない場合はどうしようもありません。 理由その2. 評判が良いプロバイダが限られてきている フレッツのADSLサービスは2016年6月30日をもって新規契約の受付を終了していて、2023年1月31日にはサービス自体の終了も予定されています。 ADSLのサービスプロバイダも軒並み新規契約の受付を終了していて、評判が良いプロバイダが申し込める可能性が低くなってきました。 そのため、今からADSLを契約しても評判が良くないプロバイダに当たる恐れがあり、思うように通信速度が出なくなる危険があると考えるべきです。 サービス終了については以下の記事で解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。 ADSLの速度を測定する方法2つ ADSLの通信速度は、簡単な方法で計測できます。 パソコンやスマホがあればすぐにできるので、方法を知っておきましょう。 スマホやタブレットならSpeedtestアプリ スマホやタブレットでの通信速度の計測方法は、Speedtestというアプリを使うことが一般的です。 Speedtestとは、Ooklaが無料で提供している速度測定アプリです。 Speedtestのアプリをダウンロードして起動した後に、「スタート」をタップすれば簡単に通信速度を計測することができます。 Speedtestは通信速度を計測するアプリの中でも信頼度が高いので、ほぼ確実な数値を知ることができるでしょう。 有線接続ならパソコンでGoogleのSpeedtestを使うのがおすすめ パソコンで有線接続の通信速度を測るなら、GoogleのSpeedtest機能がおすすめです。 Googleで「speedtest」と入力して検索すると、下記の画面が表示されます。 上記の画面に表示されている「速度テストを実行」をクリックすると、ADSLの実効速度をすぐに計測してくれます。 GoogleのSpeedtest機能も計測の信頼度が高いので、有線接続の速度を知りたい人には打って付けです。 まとめ ADSLの回線速度は、対応速度がもっとも優れたプランを契約しても基地局と自宅の距離が遠いと10Mbps以下という遅さになります。 基地局と自宅の距離が近くても、回線がノイズを拾いやすい環境だと安定性が低くなってしまいます。 そのため、 通信速度の速さと安定性を求めるなら、基地局が離れていても品質が高くノイズの影響を受けない光回線を選んだほうがいいでしょう。 速度が速く安い質の高い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。 これから回線の契約を考えている方は、こちらもあわせて参考にしてみてください。 ホームページや動画を見ることがメインなら、WiMAXやSoftBank Airを使うのも悪くありません。 WiMAXについては以下の記事で詳しく解説しています。 気になる方はこちらもご参照ください。 SoftBank Airについては以下の記事で詳しく解説しています。 こちらもあわせて参考にしてみてください。

次の

下りが重要! インターネットの平均通信速度と快適な速度とは?

インターネット 速度 平均

アップロードもしくはダウンロードをしている場合は止める。 このページ以外のウェブページはすべて閉じる。 すべてのプログラムやオンラインツールは閉じる。 あとは、ツールの中央の「Start test」をクリックするだけです。 スピードテストはなんのため? 光回線やでも、のサイト上で掲載されいてる通信速度は、論理的に可能な最大の速度です。 このため、実際には、提示されている値よりも通信速度は遅いというのが事実です。 この件に関しては、「通信速度はベストエフォートであり、実効速度として保証するものではありません。 」といったような文言でプロバイダーのサイト上で補足説明が加えられているのが一般的です。 今利用しているインターネットの回線速度がどれくらいなのか「実行速度」を調べるには、スピードテストを利用する必要があります。 なぜ通信速度を調べるべきなのか? 通信速度を測定することで、今お使いののに役に立ちます。 例えば、オンラインのツールを利用していて、急に速度が落ちたと感じたら、 スピードテストで速度を確認してみると良いでしょう。 インターネットの速度が遅いのが原因か、ツールの問題なのか、特定することができます。 スピードテストで十分な結果が出ているにも関わらず、遅いと感じるならば、やみくもに回線を疑うのではなく、冷静にそれ以外の原因を追究していくことができます。 またADSLからに変えた人はその速度の変化ぶりを数字で確認してみるということもできますね。 スピードテストの結果から分かることは? このスピードテストでは、1. 下り速度(ダウンロード時の通信速度)、2. 上り速度(アップロード時の通信速度)、3. レイテンシ、4. ジッターといった4つの項目を確認することができます。 また、回線速度の測定にあたり、当然ながらIPアドレスおよびインターネットプロバイダー(回線事業者)の情報も取得され、表示されます。 1秒間にどれくらいのデータを送れるのか表しています。 1秒に送れる情報量のによって、「速い」、「遅い」を判断しています。 1000Mbpsイコール1Gbpsです。 つまり、MbpsよりもGbps(メガビーピーエス)は1秒にたくさんの情報を送ることを意味ます。 よって、通信速度の速い光回線には、ギガの単位(Gbps)が、そして速度で劣るADSLにはメガの単位(Mbps)が利用されています。 ビットとバイト8ビット bit, b の8倍が1バイト(byte, MB)です。 ビットとバイトは異なるので注意しましょう。 スマホのの単位ではバイト(byte, MB)が使用されています。 下り速度と上り速度の意味・違いは? 「 下り速度」は、どれだけスムーズにデータが「流れて」きているかに関係します。 つまり、オンラインで音楽を聴く、動画・映画を観るための速度、もちろん、オンライン上にあるファイルをダウンロードをする速度などを決定するのが「下り速度」というわけです。 一方、「 上り速度」はアップロードする時の速度をつかさどります。 具体的には、写真などをオンライン上にアップする、Eメールを送るといった場合の速度はこの「上り速度」が左右するのです。 ごく一般的なインターネットの使用方法を考えると、利用している回線が、いかになめらかで速度に問題がないかどうかは、主に「下り速度」がものを言うということが分かります。 下り速度が良ければ、ストレスフリーでネットが利用できる環境であると言えるでしょう。 レイテンシ(Latency)とは? 回線速度に加えて、このスピードメーターでは、 レイテンシを計測することが可能です。 レイテンシは、データの転送要求を出してから、データが送られてくるまでの通信の遅延時間を把握するために使用される指標です。 遅延時間を計る単位ですから、レイテンシが低ければ、「通信速度」が速い、レイテンシが高い場合は「通信速度が遅い」、となります。 レイテンシはレスポンスタイム(Response Time)やピン値(Ping値)とも呼ばれることもあります。 レイテンシには単位には、ms(ミリ秒)という単位が利用されます。 ジッター(Jitter)とは? ジッターは、電気信号の揺れやばらつきのことを指します。 ジッターも遅延時間の長さを計るものなので、値が高いと、通信がスムーズではない、値が高いとサクサク・なめらかである、ということです。 例えば、ビデオ電話などで、固まってしまったり、途切れてしまったりするならば、ジッター値が高いからかもしれません。 「通信速度の速い」インターネット回線とは? 今までで説明をした測定項目の結果が良ければ、「通信速度の速いインターネットである」と判断することができます。 下り速度が速い• 上り速度が速い• レイテンシが低い• ジッターが低い これらのうち1つでも、十分な値が出ていなければ、インターネット利用時のイライラの原因となります。 「インターネットが遅い!」と思ったら、ご自分の回線のうちどの項目にが問題あるのか、このスピードメーターで調べてみると良いでしょう。 毎日使うインターネット、どのくらいの数値ならOKと言えるの? スピードメーターがどのくらいの数値であれば、私の今の インターネット回線はサクサクとスムーズにインターネットが使えるものであると判断することができるのでしょうか? これは、ご自身のインターネットの使用のスタイルに大きく左右され、異なります。 インターネットの使用目的が、サイトの閲覧やオンラインで記事を読んだりする程度か、それとも、頻繁に音声や画像ファイルをダウンロードする、または、ストリーミングで頻繁に映画を観る、かによって必要とする速度は異なります。 自分のインターネットの使用スタイルを振り返り、 必要な速度を選ぶことが重要です。 ベストな環境における、論理的に出る、最高速度が提示されているとはいえ、この最大通信速度が高ければ、高いほど、実際にインターネットを利用するときに出る実効速度にも当然ながら影響を及ぼします。 しかしながら、他にも速度に関係する要素があります。 代表的なものは以下のようです。 NTT収容局から自宅までの距離(ADSL)の場合• 光回線の配線方式(集合住宅の場合)• プロバイダによる接続サービスのキャパシティー• 一本の光回線ケーブルが何人の利用者でシェアされているか インターネットの速度が遅いなと思ったら? 具体的な対策方法• 回転速度が遅い場合には取れる対策はいくつかあります。 ただし、原因や理由は複合的な場合もあり、すぐに原因をみつけることはできるかもしれませんが、以下にすぐにできるものも紹介していますので、試してみることをおすすめします。 周辺機器など、1つずつポイントを確認していきましょう。 それでも改善しない場合、はじめて回線を疑うことができるでしょう。 ルーターの電源を一度切る 電源を入れなおすことで、通信速度の問題が解消されることがあります。 ルーター(プロバイダーによってオリジナルの名称がついていることがあります。 )の電源を一度落とし、30秒ぐらい経ってからまたスイッチを入れてみましょう。 LANケーブルで直接つないでみる でインターネットをしている場合は、LANケーブルで直接パソコンをつないでみましょう。 無線でつないでいることによりインターネットが遅くなっているのかもしれません。 LANケーブルにつないでから、スピードテストでパフォーマンスをチェックしてみましょう。 測定結果に問題がないようであれば、Wi-Fiが理由、もしくはWi-Fiルーターの性能に問題がある可能性が出てきます。 Wi-Fiルーターのチャンネル設定を変える ネットのスピードが遅いと思ったら、Wi-Fiルーターの設定チャンネルを使用者の少ないものに変更してみましょう。 この方法は、住宅の密集しているエリアにお住まいの場合に有効です。 何人も同じWi-Fiチャンネルを利用している場合は、 速度低下の原因になっている可能性があります。 ご自身でルーターを購入して利用している場合、ご自身でルーターの管理画面に行きチャンネルの変更を行います。 ルーターのメーカーによって、手続きが異なりますので詳細は各人で確認していただく必要があります。 Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は、各プロバイダーにWi-Fiチャンネルの変更が可能か否か、そして手続き方法について問い合わせる必要があります。 インターネットプロバイダーやサービスを変更する 色々試してみても、 インターネットの通信速度に満足できない場合やスピードテストを行った結果、数値が好ましくない場合は、プロバイダーの変更、または回線の種類の変更を積極的に考えてみた方が良いかもしれません。 すでに光回線の人は、の提供のあるプロバイダーにする、もしくはNTTのフレッツ光を使ったインターネットを利用している場合は、独自の光回線を使っている事業者に変える、と言った方法をとることができます。 フレッツ光以外の光回線(自社回線)を検討してみる ADSLを利用している場合は、光回線を検討してみる、すでにの光回線を利用している場合は、フレッツ光以外の光回線(やなど)を検討してみましょう。 いずれの場合も、お住まいの地域では、サービスの提供がない場合もあります。 まずは各サイトで今お住まいの地域が、サービス提供エリアに入っているかをまずは調べてみましょう。

次の