ポケモン育成。 【ポケモン剣盾】ゴルーグの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン育成

コレクション型 図鑑埋めやポケモン鑑賞を楽しむ 主に ポケモンの図鑑埋めを楽しんだり、ポケモンをゲットすること自体を楽しみたい方は、コレクション型をオススメします。 コレクション型は、 すべてのポケモンをほぼ均等に平等に育成していきます。 そこには ポケモン愛が溢れています。 個体値厳選はしなくてもOK、高めのCPのポケモンを確保できたら進化をさせて、図鑑埋めや鑑賞用としてポケモンボックスを様々なポケモンで埋めていきましょう。 PL30 ぐらいの育成が目安 バトルに興味がなくても、伝説ポケモンをゲットしようとすると伝説レイドバトルをする必要があります。 ただし、駅前や繁華街など人が集まるレイドバトルに参加すれば勝利はできますので、 バトルに選出するポケモンは PL(ポケモンレベル)30 ぐらいまで育てれば十分です。 「ほしのすな」が 5,000 になってもう一回強化すれば、そのポケモンは PL30 になります。 野生でゲットできた PL30 以上のポケモンを進化できれば「ほしのすな」も節約できます。 どんどん進化させてポケモンを揃えていきましょう! ポケモンGOでのコレクション要素による楽しむ方法は以下ページでご紹介しています。 バトル特化型 レイドバトル・ジムバトル・トレーナーバトルを楽しむ ポケモンGOの醍醐味の一つに「バトル」があります。 ポケモン同士の戦闘です。 別色のチームとなっているジムを崩して占拠する「ジムバトル」、ジムに出現したレイドボスに勝利してボスポケモンをゲットする「レイドバトル」、トレーナー同士が対戦する「トレーナーバトル」があります。 これらのバトルを楽しみたい方は、よくジムに置かれているポケモンや現在出現しているレイドバトルのボスポケモンの弱点をついたり、優位に立てるポケモンをがっつり育成していきましょう。 各バトルの仕組みや楽しみ方の詳細は以下ページにまとめていますのでこちらもご覧ください。 ジムバトルでは「かくとうタイプ」を中心にポケモンを育成 バトルを優位に進めるには、相手の弱点をついたり、相手の攻撃に耐性をもつポケモンを出すなど、 「 ポケモンのタイプ相性」を考えてポケモンを選出・育成する必要があります。 現在、よくジムに置かれいてるポケモンに「ハピナス」「カビゴン」がいますが、これらは「ノーマルタイプ」なのでノーマルタイプに「効果ばつぐん(ダメージ倍増)」をつける「かくとうタイプ」として優秀な「カイリキー」や「キノガッサ」で攻めれば大きなダメージを与えることができます。 それ以外にも、 ジムによく置かれるポケモンを考慮してジムバトル用のポケモンを育成していきましょう。 PL35 以上を目指して強化したいところです。 より具体的なジムバトル用のアタッカー(攻撃)おすすめポケモンは以下ページでご紹介しています。 ジムに配置する防衛ポケモンの育成 ジムを攻撃して崩したあとは、 自分の持っているポケモンをジムに配置できます。 配置自体は伝説・幻以外のポケモンであれば何でも OK ですが、 できるだけ 長時間防衛できるポケモンを育成して配置しましょう。 防衛ポケモンも PL35 以上の育成がおすすめです。 防衛のおすすめポケモンは以下ページで紹介しています。 レイドバトルではボスポケモンの弱点をつくポケモンを数体育成 期間限定で出現するレイドバトルのボスポケモンには、そのポケモンの弱点をつくことができるポケモンを厳選して数体以上育成します。 ダメージを効率的に与えることができるポケモンを育成して 「特定ポケモンの艦隊パーティ」でアタックするのも非常に面白く、やりがいがあります! レイドレベル3以上のボスポケモンのソロレイド(1人レイド)や、少人数でレベル4以上のボスポケモンの勝利を目指すのであれば、 ポケモンの PL は35以上まで育成していきましょう! トレーナーバトルはリーグごとに育成をする トレーナーバトルは、「CP無制限のマスターリーグ」「CP 2,500以下のハイパーリーグ」「CP 1,500以下のスーパーリーグ」があります。 ハイパーリーグとスーパーリーグは、 CP制限ギリギリとなるまでポケモンを育成していきましょう。 マスターリーグはCP無制限のため 少なくとも PL35、できれば最大強化となる PL40 までを目標に育てましょう。 推しポケモン型 特定のポケモンが大好きで愛を注ぎたい方 昔からゲームやアニメでポケモンに思い入れがある場合は、「このポケモンが大好き!」という特定ポケモンに愛情がある方もいると思います。 また、見た目だけで「かわいいポケモンだけに囲まれたい!」という方もいますよね。 そんな方は、 周りの目を気にする必要はありません。 好きなポケモンを好きな数だけ好きなように育てましょう。 これがポケモンそしてゲームの醍醐味です! 自分自身の推しポケモンを育成していく 昔から人気のあるポケモンでは、「ピカチュウ」「リザードン」「ゲンガー」「カイリュー」などがあります。 でも、 全国的に人気があるとか そんなことはどうでもいいんです! あなたが大好きな「推しポケモン」を何体も強化したり、ポケモンボックスを好きなポケモンで埋めていきましょう! バランス型 バトルもやりながら色々なポケモンを揃えたい方 人って欲張りです。 色んなポケモンを育成したいです。 ポケモン図鑑も埋めたいです。 バトルもガンガンしたいです。 色々楽しみたいです。 そんな方は、「ほしのすな」や「アメ」をどう効率よく使ってポケモンを育成していくかがポイントになります。 バトルで活躍するポケモンを1体ずつ強化する まずはバトルで活躍するポケモンとそうでないポケモンを分けて育てます。 バトルで活躍するポケモンは 1ポケモン1体を目安に強化します。 そして、その1体は可能な限り高個体値を確保します。 PLも35以上を目指して育成しましょう。 同じポケモンを複数体強化すると、他のポケモンの強化に「ほしのすな」が回らなくなります。 1ポケモン1体の強化に抑えるようにします。 バトルで活躍しないポケモンは高CPを進化させる バトルで活躍しないポケモンは、天候ブーストの野生出現ゲットなどを利用して 高CPを入手し、進化させて図鑑埋めや観賞用にします。 高CPである必要もないのですが、できれば高いCPをコレクションとしたいという欲求を満たすためです。 こだわりがない方は、低CPでももちろんOKです。 バトルで色々なポケモンを活躍させる楽しみ ジムバトルやレイドバトルで時間や獲得ダメージ量を優先すると相手の弱点をつく強いポケモンを数体作るのがベストです。 しかし、ポケモンは様々な種類があります。 1体ずつ強化して、バトルでは様々なポケモンを選んで戦うのも非常に楽しいです。 色んな動作や技を楽しむことができるのでオススメです。

次の

【ポケモン剣盾】タルップルの育成論と弱点・対策まとめ【ボディプレス物理耐久型】

ポケモン育成

ウーラオスとは HP 100 こうげき 130 ぼうぎょ 100 とくこう 63 とくぼう 60 すばやさ 97 特性 ふかしのこぶし ポケモン剣盾-鎧の孤島にてストーリー終盤にて入手可能なポケモンです。 進化前は「ダクマ」であり、「ダクマ」から2種類の姿に進化することができます。 「 いちげきのかた」と「 れんげきのかた」が存在し、どちらの姿にするかはストーリーで選択することができます。 2種類の姿での 違いはタイプと覚える技のみで、種族値や特性に違いはありません。 特性である「 ふかしのこぶし」は 接触技であれば「まもる」などを貫通して攻撃することができるため、定数ダメージを稼ぐための「まもる」などを相手に安易に打たせないようにすることができます。 また、どちらの姿でもキョダイマックスが存在し、「ダイウォール」や「まもる」を無視して攻撃できるため非常に強力です。 威力80のあくタイプの技であり、必ず急所にあたるため相手の壁や能力上昇を無視して攻撃することができます。 キョダイマックスするとあくタイプの技が「 キョダイイチゲキ」となります。 「キョダイイチゲキ」は相手の「ダイウォール」や「まもる」を無視して攻撃をすることができるため、ダイマックスターン枯らしなどに強いです。 威力25のみずタイプの3回連続攻撃技であり、3回とも必ず急所にあたります。 相手の壁や能力上昇を無視して攻撃できるうえに、連続攻撃技のため 「きあいのタスキ」を貫通することもできます。 キョダイマックスするとみずタイプの技が「 キョダイレンゲキ」となります。 「キョダイレンゲキ」は相手の「ダイウォール」や「まもる」を無視して攻撃をすることができるため、ダイマックスターン枯らしなどに強いです。 ウーラオスのおすすめの型 ウーラオスは高い攻撃力と防御力をもっており、覚える技の範囲も広く優秀なポケモンです。 素早さ種族値は97であり、素早さ種族値が96の「ミミッキュ」よりも1速い種族値となっていることから、 「ようき」などの素早さに補正が乗る性格にするのがおすすめです。 また、「こだわりスカーフ」を持たせることで最速ドラパルトを抜くこともできます。 「ダイナックル」や「ダイジェット」によって攻撃や素早さを上げることもできるため、ダイマックスとも相性がいいです。 また、「こだわりスカーフ」の場合はミラーの際に上をとることができるため有利です。 「こだわりハチマキ」を持たせることで、高い攻撃力と通りの良いみず技によって受けだししてきたポケモンに対しても大ダメージを与えることができ、確実に仕事をしてくれます。 不利対面となったときは「とんぼがえり」で交代することで不利対面を回避することができます。 優秀な補助技も覚えるため、補助技を入れることでいろいろなポケモンを役割対象にすることができます。 「つばめがえし」は「ダイジェット」を打つために採用してますが、相手の上をとる必要がない場合はこの枠を他の技に変えるといいでしょう。 ダメージ計算 ・与ダメ すいりゅうれんだ ミミッキュ (AS振り) ハチマキ 102. 2~118. 3% 確定1発(ばけのかわ有り) スカーフ 72. 5~83. 9% 確定2発(ばけのかわ有り) スカーフ 102. 2~118. 3% 確定1発(ばけのかわ無し) いのちのたま 90. 8~105. 3% 乱数1発 31. 2%(ばけのかわ有り) いのちのたま 129. 0~150. 3% 確定1発(ばけのかわ無し) ドリュウズ(ダイマ) AS振り ハチマキ 117. 2%~138. 3 確定1発 スカーフ 78. 3~92. 9% 確定2発 いのちのたま 101. 8~120. 8% 確定1発 あんこくきょうだ ミミッキュ (AS振り) ハチマキ 154. 1~180. 1% 確定1発(ばけのかわ無し) スカーフ 108. 3~125. 1% 確定1発(ばけのかわ無し) いのちのたま 137. 4~158. 7% 確定1発(ばけのかわ無し) ギャラドス (AS振り) ハチマキ 109. 3~129. 8% 確定1発 スカーフ 73. 6~86. 5% 確定2発 いのちのたま 95. 9~112. 2% 乱数1発 75. 0% インファイト カビゴン (HB振り) ハチマキ 107. 8%~128. 0 確定1発 スカーフ 72. 6~86. 1% 確定2発 いのちのたま 94. 3~111. 9% 確定1発 アーマーガア (HB振り) ハチマキ 52. 6~61. 9% 確定2発 スカーフ 35. 1~41. 4% 確定3発 いのちのたま 45. 8~54. 1% 乱数2発 44. 5% ウーラオス(いちげき) (AS振り) ハチマキ 176. 0~209. 1% 確定1発 スカーフ 117. 7~140. 5% 確定1発 いのちのたま 153. 1~182. 8% 乱数1発 ふいうち ドラパルト (AS振り) ハチマキ 139. 8~165. 6% 確定1発 スカーフ 93. 2~111. 6% 乱数1発 62. 4~145. 3% 確定1発 アクアジェット エースバーン (AS振り) ハチマキ 85. 1~100. 6% 乱数1発 6. 4~67. 0% 確定2発 いのちのたま 72. 2~87. 0% 確定2発 ・被ダメ ミミッキュ (A252珠) ・いちげき じゃれつく 178. 2~21. 7% かげうち 9. 7~12. 0% ・れんげき じゃれつく 89. 1~106. 8% かげうち 20. 0~14. 5% ドラパルト (A252) ・いちげき ドラゴンアロー 48. 0~56. 0% ゴーストダイブ 20. 5~24. 5% ・れんげき ゴーストダイブ 41. 7~49. 7% FCロトム (C252) ・いちげき ハイドロポンプ 77. 1~90. 8% オーバーヒート 89. 7~106. 2% ボルトチェンジ 48. 5~58. 2% ・れんげき ハイドロポンプ 38. 2~45. 1% オーバーヒート 44. 5~53. 1% ボルトチェンジ 97. 1~116. 5% ギルガルド (C252) ・いちげき シャドーボール 67. 4~80. 5% せいなるつるぎ 51. 4~61. 7% ・れんげき シャドーボール 67. 4~80. 5% せいなるつるぎ 25. 7~30.

次の

【ポケモン剣盾】タルップルの育成論と弱点・対策まとめ【ボディプレス物理耐久型】

ポケモン育成

ポケモンソードシールド 剣盾 における、育成の方法と手順をまとめています。 対戦用ポケモンを育成したい方は是非参考にしてください。 育成の方法と手順 育成の流れ クリックでジャンプ! - 上記が育成の方法と手順です。 対戦用ポケモンを育てる時は、基本的にこの流れを踏んで育成を行います。 親ポケモンに持たせた際、該当箇所の個体値が必ず遺伝する。 タマゴの発見確率が上昇する。 まずはポケモンの育成に必要になる道具を揃えます。 これらのアイテムを揃えずに育成、厳選を始めてしまうと大幅に時間がかかってしまうため、労を惜しまずすべて揃えてからポケモンの育成に取り掛かりましょう。 ポケルスに感染したポケモンを用意 「ポケルス」に感染したポケモンは、獲得できる努力値が2倍になります。 自力でポケルスを用意するのは難しいので、交換で入手してしまいましょう。 0〜31の値が各ステータスに振り分けられ、基本的に「V 31 」を狙っていく。 「かわらずのいし」で固定できるため、粘る必要は基本的にない。 対戦に影響はほぼないので、お気に入りのポケモンは厳選してみよう。 まず最初に、育成の対象となるポケモンを厳選します。 厳選する要素は主に 「個体値」「性格」「特性」の3つで、お目当ての個体が出るまで粘り続ける作業です。 厳選する手段は主に「孵化厳選」「固定シンボル厳選」があり、それぞれで厳選手順が違ってきます。 個体値を確認する方法は現状このジャッジ機能のみのため、育成を始める前に開放しておくようにしましょう。 孵化厳選の手順 1 親用のポケモンを用意する。 最初は個体値を気にせず、目当ての性格の個体を用意できればOK。 2 かわらずのいしを持たせた親ポケモンと、あかいいとを持たせた高個体値メタモンを預かり屋に預ける。 3 高個体値のポケモンが生まれる度に、親用のポケモンを入れ替えていく。 4 個体値、性格、特性が目当て通りの理想個体が生まれてくるまで孵化し続ける。 孵化厳選の手順は上記の通りです。 孵化作業の際は、必ず「ほのおのからだ」のポケモンを手持ちに入れるようにしましょう。 ただし、今作からは孵化した後からでもタマゴ技を覚えさせることができるようになりました。 ですので、無理に厳選の段階でタマゴ技を意識する必要はありません。 固定シンボルの厳選 1 固定シンボルの前でレポートを書く 2 きのみを「なげつける」で相手に投げつけ、性格を判定 3 混乱したら捕獲 伝説のポケモンをはじめとした、マップの決まった場所に出現するポケモンを厳選することです。 今作の固定シンボル厳選は伝説のポケモンである「ザシアン」「ザマゼンタ」「ムゲンダイナ」の3種類になります。 厳選する場合は、ローズ戦後ホップに話しかける前にレポートを書き厳選を行いましょう。 なお確定捕獲となっているため、好みのボールで捕まえることができます。 殿堂入り後に始まるストーリーを進めると捕獲できるようになります。 詳しい厳選方法 努力値振り 努力値を得る方法一覧• 栄養ドリンク タウリンなど を使う• ポケジョブに参加させる• 野生のポケモンを倒す 現段階で判明している努力値稼ぎの方法は、上記の通りです。 栄養ドリンクが最効率 「タウリン」や「ブロムヘキシン」などの栄養ドリンクは、対応したステータスの努力値を10上げることができます。 今作では栄養ドリンクで最大まで努力値を上げることができるようになったため、 お金さえあれば栄養ドリンクによる努力値振りが最効率です。 ポケジョブに参加させる 「ポケジョブ」の「ポケゼミ」という仕事にポケモンを送ることで、努力値を振ることができます。 送った後は 放置していれば自動的に努力値が振れるので、仕事や学校の時間中に努力値を振ることが可能です。 対戦目的ならLv. 50まで上げればOK ネット対戦では、レベル51以上のポケモンはすべてレベル50になる「フラットルール」が採用されています。 ですので、レベル上げの際は進化レベルが50以上のポケモンを除き、基本的にはレベルを50まで上げればOKです。 けいけんアメが最効率 新アイテムの「けいけんアメ」は、XLのサイズで3万の経験値をもらうことができます。 「マックスレイドバトル」で勝利するともらえますので、キョダイマックスポケモンの厳選と並行して貯めることができます。 なつき度を上げておくと、通常のプレイ時のバトルで様々なボーナスを得ることができるため、上げておいて損はありません。 王冠の使用 王冠を使用する場合は100まで上げよう 個体値をVにすることができる「おうかん」を使うには、レベルを100にする必要があります。 非理想個体のポケモンを使う際は、レベルを100にしましょう。 バトルタワーの解放はストーリー攻略後です。

次の