やちよ ドッペル。 【マギレコ】やちよのドッペル解放でタルト大迷惑…w

【マギレコ】やちよのドッペル解放ストーリーまとめ。未来へ進む為に涙の決断…感動的だ…【みたまの特訓ストーリー】

やちよ ドッペル

概要 『』に登場するシステムの一つ。 この神浜市で魔法少女のソウルジェムが穢れに満たされる時、彼女たちは自らの体の一部に呪いの姿を写し取りドッペルを出現させることが出来る。 そして、ため込んだ穢れのすべては主を蝕むことなくすべてドッペルへと変換され、魔法少女が力尽きることはない。 ドッペルとは神浜市でのみ体現できる不可思議なちからである。 (『アニメジャパン2017』における展示ブースの説明文より) 神浜市では、「ドッペル」という力を一部の魔法少女たちが発動します。 これは、ソウルジェムが濁りきった際に、内なる魔女の力を部分的に発動・自由に行使する能力で、覚醒した魔法少女だけが備えることになります。 (『マギアレコード』公式サイトにおける説明文より) たちが本作の舞台・でのみ発動できる能力で、が濁りきった際に、内なるの力を部分的に発動し、自由に行使することができる。 発現されたドッペル・ウィッチは感情の写しである。 ゲーム中では主にバトルパートの必殺技として使用する。 以下の条件を満たした魔法少女が、バトルパートにおいてマギアゲージを200まで溜めることで発動できる。 ただし、例外的にドッペルを持たないキャラクターも存在し、それらのキャラクターが同じ条件を満たすとドッペルの代わりに第二マギアが開放される。 魔法少女ストーリーを全3話クリアする• メインストーリー キャラごとに異なる をクリアする• マギアレベルをLv. 5にする• 上記を全て満たした後に解放されるドッペルストーリーをクリアする また、作中においては、マギウスの翼に属する魔法少女たちの専売特許のような扱いをされており、いずれも発動することで戦局を一変させるほどの力として描かれている。 通常、魔法少女はソウルジェムが濁り切ると、魔女になる(ただし、大多数の魔法少女はその事実を知らず、魔法が使えなくなるという認識をしている)。 それを避けるため、基本的には戦闘におけるペース配分や、魔力の節約を心がけることになる。 しかし、ドッペルを顕現させることのできる者たちはそうでなく、ソウルジェムの穢れがドッペルとして現れることで、結果的にソウルジェムの穢れを取り除くことができる。 そして、そのドッペルも上述のように、顕現している間は、瞬間的とはいえ、強力な力を振るうことになる。 このようにして書くと、いいことづくめのようだが、実はリスクもある。 天音姉妹の発現を要約すると、ドッペル発動後は体力を大きく消耗し、多大な疲労感を覚える、とのこと。 そもそも穢れを蓄積する時点で相当なストレスになっており、実際いろはが初めてドッペルを発現する直前は苦痛で身動きが取れない状態になっていた。 また、、自分の暗部を直視し肯定しながらも呑み込まれないだけの精神力の有無も問われる。 しかし、それも魔法少女の素質の高いものは、穢れのチャージとドッペルの発現の両方に次第に慣れて行き、実質ノーリスクで強力な力を行使できることになる。 …と思われていたが、具体的な因果関係は不明なものの、過度の行使は重篤な結果を生みかねない事が1章終盤にて判明した(後述)。 更に言えば『サイズが大きいものが多い』『意識していないと暴発する』事も問題である。 作中では暴発しかけてに遭いそうになったり、気絶や癇癪によって街のど真ん中で暴発することもあった。 なお、テレビアニメ版では一種のトランス状態になるためか、ドッペル発動中は意識を失い、顔がに変わる。 但し、第7話で&と交戦したや第9話で現れた、第13話で激突したとやちよはドッペルを発動したが、との交戦で窮地に陥った、やと交戦して同じ状態下になったと異なり 顔は変わらずに意識を保った状態で攻撃しためか ある程度の精神力があればおそらく制御可能と推測できる。 これに関しては、『マギアレコード』では何らかの理由で名前が変わってしまっているのか 魔女Homulillyは状況によって此岸orくるみ割りの魔女と名称を変化させる為、真名が変わる事もあるのではないかという推測 、あるいはMargotはキリカではなくを指したものではないかなど推測が上がっていた。 なお遅れて実装された織莉子のドッペルの真名がMARGOTではなかった為織莉子説の可能性は薄れ、結局MARGOTは誰だったのか謎が深まる結末となった。 また上記法則に基づくと、キリカは針の魔女という事になるが、既にポータブルでは存在しており重複しているが、外見や性質等はまるっきり別物である。 (こちらの真名は、性質は敬愛)。 変更された時期は不明。 主人公・は同作のネタバレに関わるある事情(詳細はかずみの記事を参照)により、彼女の実装は難しい、または実装されても彼女のドッペルは存在しないと見なされていた。 というのも、現在公開されているドッペルの設定を見る限り、その事情を抱えたかずみがドッペルを発現出来る原理が不明なのである。 つまり 設定の考察としては振り出しに戻ってしまった。 この場合、ドッペルの真名は変化しないが、姿がオリジナルのものと異なっている。 の説明文によれば、「主の精神面の変化によって従来と違ったものへと変異」とある為、オリジナルからどれほど変化するかは、精神面での変化の大小に影響されると考えられる。 の:オリジナルであるから名称・姿の両方が変化している他、分裂型と区別のつかない見た目をしている オリジナルと異なり元の魔女のデザインが不明の為、どこまでがドッペル部分でそうでないのかが少し分かりにくい。 また攻撃方法がまるっきり異なっているのも特徴的である。 おおよそのデザインは似たものだが、正月を思わせる意匠が見られる。 の:名称・姿共にオリジナルと同一。 見た目が色違いである以外はドッペル攻撃演出などにもほぼ変更がない。 の:名称、「姿」はオリジナルと同じ。 おおよそのデザインも似たものだが、夏を思わせる意匠が見られる。 の:同上。 その際、濁ったソウルジェムは浄化されていた。 「」側の魔法少女・、によってドッペルの存在が語られると共に、神浜の魔法少女救済の 「解放の証」だと表現された。 そして、月夜もを発現する。 「マギウスの翼」を束ねる3人の「マギウス」の1人、が登場。 2度にわたってドッペルを発現し、いろは達を苦戦させる。 「マギウスの翼」の講義により、いろはたちはドッペルのシステムを知る事になる。 この講義の中で、ドッペルのシステムを作り出したのがであることが言及された。 このほか、は過去、灯花に出会う直前にドッペルを発現している(容姿などは劇中未登場)ほか、約1年前に魔女化した魔法少女が確認された事から、ドッペルのシステムが作られてからまだ長い時が経っていない事が判明した。 また、マギウスの翼の一員となった巴マミ()もを発現させる。 ホテルフェントホープ内で、やちよ達と対峙した白羽根が名称不明のドッペルを発現させる。 また、灯花もいろはと対峙した際イブの目の前でドッペルを発現させた。 ドッペルの現象は魔女化の際のエネルギーと同等のものが回収できることがの口から判明する。 アナザーストーリー 第9章 記憶ミュージアムで魔女化の真実を知り、錯乱状態となったマミがドッペルを発現させた。 魔法少女ストーリー ホーリーマミ マミ(ホーリーマミ)がドッペルを発現させる様子が描写されている。 暁美ほむら 水着ver. ドッペルを発現させる様子が描写されている。 天音姉妹・鶴乃編 がを発現。 いろは・やちよ編 の深層心理の中で彼女のの容姿が登場(実際にドッペルを発現したわけではない)。 アリナ・ひなの編 がを発現。 ほむら編 がを発現。 フェリシア編 がを発現。 なお、時系列としては、がいない、やちよのいろはへの呼び方が「環さん」、といった作中での要素から、メインストーリー4章終了後〜5章(さなが加入するまで)の間と推測できる。 かえで編 がを発現。 ストーリーはのその後に位置し、時系列は7章〜8章の間と見られる。 考察 魔女との関係性 ドッペルの公式説明に「内なる魔女の力を部分的に発動」とあるように、同じくソウルジェムが濁った魔法少女の本来の末路であるとの関係性が高い能力であると考えられる。 魔女とドッペルの関連性を示すものとしては、以下のような法則が存在する。 は魔女とドッペルで共通• 魔法少女 真名 魔女(姿) ドッペル(性質) Homulilly また本編・外伝いずれも魔法少女姿の判明していない魔女は多数いるが、今作初出のオリジナル魔法少女が既存の魔女の魔法少女姿なのではないかと噂される事も数ある。 現在は噂の段階に過ぎず、彼女たちのドッペル実装も待たれる。 一体化したドッペル 通常、ドッペルはと異なり、魔法少女姿と魔女姿が両立したような見た目、或いは身体の一部から発生し合体したような見た目になっている。 の説明文によれば、魔法少女を長くやったものや年齢の高いもの、つまりベテラン魔法少女の行使するドッペルは、の少女に比べ感情の振れ幅が縮小してしまうことにより一体化したような姿になる場合がある。 しかしながら同年齢の魔法少女の中でもドッペルが一体化している者とそうでない者がおり、必ずしも一定年齢で区切られているという訳ではない。 現状、一体化ドッペルの魔法少女の多くがチームリーダーや年上・先輩のポジションの者である所を見ると、やはりこれを分けるポイントは精神性なのであろう。 現在実装されているドッペルのうち、一体化した姿と思われるドッペルは以下の通り。 ()……歴は不明だが少なくともあやめ達と同じ。 年齢での判定かと思われる。 ()……特殊な事情が絡んでいると思われる。 後述のかずみの項を参照。 ()……彼女自身がドッペルに変化したかのよう。 歴5年18歳と歴と年齢のいずれも高い。 ()……上半身すべてが魔女化。 17歳であり、年齢での判定である可能性が高い。 ()……頭と手? が魔女化。 ()……舌と両腕が魔女化。 年齢の判定である可能性が高い• 度重なる時間遡行が原因であると思われる。 ()……下半身が魔女化。 年齢はまどか達と大差ないため、精神年齢による判定だと思われる。 ()……下半身が魔女化し、目から武器がほとばしり出ている。 歴は不明だが、年齢による判定は大いにある。 マギウスの翼のドッペル 10章にてがドッペルを出してと戦うが、その後下半身が麻痺してしまった。 理由は本人曰くドッペルの使い過ぎ。 つまり、 ドッペルを使うと体に障害が出る可能性があることが分かった。 ただし、ねむの場合ウワサを創造する為に、相当命を削っていたので幹(体)が枝葉(足)を捨てたということも加味した方が良い。 9章の黒羽根が出したドッペル メインストーリー9章において黒羽根(白羽根のケープを羽織っていた)が出したドッペルは、首吊り縄を模した単体攻撃であった。 その後が実装される際、フードを被った姿がそっくりであることから彼女はこの黒羽根と同一視されていた。 ところが実装された彼女のドッペルはその姿が上記のものと異なっていた。 これに関しては二つの説が考えられる。 メインストーリーの黒羽根と牧野郁美は別者である 2. 黒羽根は素性がばれないように武器や戦い方(魔法を使ったもの含め)を変えるため、それと同様にドッペルの形態を変えていた 『叛逆の物語』との関連性 ちなみに、『』でが魔女と個別になって行使していたのはドッペルとは別の状態だと思われる。 主な根拠としてはドッペル能力は神浜市限定の能力である事や、叛逆の物語が改変後の世界であるが故にアルティメットまどかが様々な法則が変更しているなどが挙げられるが、一方ドッペルである事を否定する公式見解は出ていない。 なお、前述した魔女とドッペルの命名規則に近い情報が来場者特典「魔女図鑑」に記載されており、ドッペルという 設定の下地となった可能性は大いにあり得る。 」 関連項目 …こちらも偽らざる心情や心象の具現。 でドッペルを使えるようになる様子は『』に似ている。 尚、も心の具現ではあるが制御できているという点で魔法少女が操る『魔法』に近い? …これも心象の具現。 ただしドッペルは、全て宿主と同化する戦闘特化タイプ。 …こちらも使いこなせさえすれば、ダークサイドの力をリスク無しで振るえる技術。 …生身では「魂が全焼する」と例えられるほどの激痛を伴う絶技。 ドッペルに存在するリスクもそれくらいなのだろうか。 …人間 一部除く のマイナス感情を反映して生み出される怪物。 心象の具現化で現れるドッペルとは共通する部分もあり、宿主の生命力を奪い成長するごとに宿主が疲弊していく点もドッペル発動のリスクとよく似ている。 ただしこの場合、の介入によって生み出されるものがほとんどであり、ドッペルのような自然発生はかなり珍しいケースだったりする。 ……に、魔力の過剰行使・精神ダメージ・負の感情を抱くことによって汚れが限界まで溜まることで発動し、過去のトラウマや願望に基づいた分身体の様なものが現れて多大な力を振るい、場合によっては発動した人間に危害をもたらす可能性がある点が共通。 本人もろとも変貌して制御が効かず、倒すと黒い石を落とし、それをが体内に回収する点は魔女化に似ているが、可逆性(元の人間に戻れる)と分身体の消滅後石から汚れが取り除かれることを考えるとこちらの方がより近い。 …おそらくは元ネタ。 その逸話にはドッペルの設定と共通する部分が多く見られる。 関連記事 親記事.

次の

七海やちよ (ななみやちよ)とは【ピクシブ百科事典】

やちよ ドッペル

「おいで…」 概要 モギリのドッペル。 その姿は、切符鋏。 このドッペルはもぎりの写し。 ソウルジェムが黒く染まりきる時、やちよの両手と左足が変化しこの姿となる。 長く魔法少女として生きた者、比較的年齢の高い者が行使するドッペルは、思春期の少女に比べ感情の揺れ幅が縮小してしまうことによりドッペルが魔法少女の身体から分離しきれず主と一体化したような姿になる場合がある。 (『アニメジャパン2017』における展示ブースの説明文より) モギリのドッペル その姿は、切符鋏 この感情の主はやがては自分も今まで見送った友を追って旅に出る日のことを夢想する。 尾の先にぶら下げられたランタンに灯した火で様々な幻影を呼び出す他、尾のハサミで傷をつけられた者は遠くない未来に必ず大きな災いが訪れるという。 長く魔法少女として生きた者、比較的年齢の高い者が行使するドッペルは正負の感情幅が少なくなってしまうことにより、このドッペルのように本体から分離しきれず一体化したような姿になる場合がある。 (『マギアレコード』内アーカイブ「ドッペル一覧」より) プロフィール 出演作品 の 元の 原案・監修:() 外見 やちよの両手が足になり、左足が先端にになった尻尾のようになっていて、やちよ本人は虚ろな目をして、幅広のを被っている。 尻尾みたいなものの先の切符鋏からはがぶら下がっていて、丸いパーツにはのようなものが付いていて、閉じたのようになっている。 活躍 テレビアニメ 11話でみふゆがみかづき荘を訪ねた後、一人自室で佇むやちよの前に姿を現し自分の為に大勢の仲間を作ってくれた事に感謝を示す。 13話ではとの戦いで使用。 アプリ版とは若干外見が変更され、やちよ本人の腕が四本に増加した四足歩行となっている。 その他 『アニメジャパン2017』の展示ブースにて名称(真名は非公開)と姿、基本設定が先行公開された。 モギリ(捥り)とは、・・などの入場口や受付で、の半券をもぎ取ることを指す言葉である。 真名の Campanella()は、で「(小さな)鐘」を意味する。 の童話『』の主人公・の友人の名前としても知られる。 なお、が行使するの真名は (ジョバンナ)で、対応する男性名は Giovanni(ジョバンニ)となる。 関連タグ :切符を切る魔法使い繋がり。 関連記事 親記事.

次の

【マギアレコード】ドッペルの真実 ドッペルの先は悪魔法少女

やちよ ドッペル

環いろはのスキル画面 魔法少女はそれぞれの特徴に合わせた ディスク、 コネクト、 マギアというスキルを持っています。 続いてドッペル ドッペルとは、一部の覚醒した魔法少女のみが魔女の力を部分的に発動・自由に行使する能力です。 簡単に説明すると 【超必殺技】です。 スキルはどうなる? マギレコ内で七海やちよが使えるスキルがどうなるのか考察してみようと思います。 ディスク 見た目の印象では、自ら攻撃するタイプではなく魔法を使い、周りを補助しつつ魔法攻撃を仕掛けていくようなタイプだと思われる。 アクセル、ブラスト、チャージとバランスよく配置されるのではないか。 コネクト(魔法少女との連携技) PVの中で環いろはと意味深な2ショットの場面があったりするので、 いろはとのコネクトは非常に強力なものになりそう。 由比鶴乃や深月フェリシア、二葉さなとの関係性は未だ謎である。 7年間チームに属さず活動しているとプロフィール設定であるので、もしかしたら戦闘能力はマミさんをも上回る可能性もある。 どのような魔法を使うかは謎である。 ドッペルはどうなる? 七海やちよは ドッペルを使える事が確定している魔法少女の1人。 その姿は、切符鋏。 このドッペルはもぎりの写し。 ソウルジェムが黒く染まりきる時、やちよの両手と左足が変化しこの姿となる。 長く魔法少女として生きた者、比較的年齢の高い者が行使するドッペルは、思春期の少女に比べ感情の揺れ幅が縮小してしまうことによりドッペルが魔法少女の身体から分離しきれず主と一体化したような姿になる場合がある。 主と一体化? 自身のステータスや魔法の威力を一時的に上昇させるドッペルかな? 『両手と左足が変化し』なぜ右足だけ変化しないのか謎だ。 何か理由があるのか… 最後に 初期PVから登場し環いろはとの深い関係性がありそうなので物語の中心的人物である事は間違いない。 という事は弱い訳はないと思われる。

次の