エイベックス 社長。 エイベックス社長が語る、競争激化の音楽ストリーミング配信「次の一手」

エイベックス松浦勝人氏「生きた心地しなかった」

エイベックス 社長

この敏腕プロデューサーこそ、松浦氏である。 同小説はドラマ化され、4月18日からテレビ朝日系で放送される。 ドラマではレコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサとして登場。 松浦氏の役は、バーニングプロダクション所属の俳優・三浦翔平(31)が演じている。 上述の会話の中の〈はっぱ〉が指すのは違法薬物である大麻だという。 そう告発するのは、会話にも登場する女性A子さん(30代)だ。 「文春オンライン」編集部は、40時間に及ぶ松浦氏とA子さんの肉声がおさめられた音声データや、松浦氏とA子さんによるLINEのやりとり、膨大な数の画像データなどを入手した。 また、浜崎あゆみ(41)や倖田來未(37)、小室哲哉(61)などの有名アーティストが所属している。 若者に大きな影響力を持つタレントが数多く所属しているが、これまで複数回にわたり所属タレントが逮捕される事件が起きている。 この時、当時社長だった松浦氏がポケットマネーから解決金を含めて6億5000万円を支払いました。 小室哲哉と交際していた歌手・華原朋美(45)は、2009年1月に急性薬物中毒で倒れ、病院に緊急搬送されています。 2009年8月には、当時エイベックスに所属していた押尾学(41)が、保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反で逮捕。 押尾は愛人のホステスと共に合成麻薬MDMAを服用した直後、ホステスの容態が急変したが救急車も呼ばず、証拠隠滅を図りました(判決は、 保護責任者遺棄罪で有罪)。 その時、エイベックスの社員がほう助したとして、証拠隠滅容疑で逮捕されています。

次の

会長挨拶|エイベックス株式会社

エイベックス 社長

2019年11月16日。 女優の沢尻エリカ容疑者が合成麻薬を所持していた疑いで 警視庁に逮捕されました。 これを受けて、沢尻容疑者の彼氏も 11月27日に逮捕。 周囲へと操作が広がっていると言います。 ここで気になるのが 沢尻エリカ容疑者が所属していた エイベックス。 沢尻エリカ容疑者が逮捕され、 「知らなかった」姿勢を貫いていますが 本当にそうでしょうか。 特にエイベックスの社長・ 松浦勝人さんについて調べると、 様々な噂が飛び交っています。 松浦勝人さんも薬を使用していたのか、 また沢尻エリカ容疑者の薬使用も 黙認していたのか… 今回は、エイベックス社長・松浦勝人さんの ドラッグの噂についてまとめました。 松浦勝人の薬使用疑惑とは? エイベックス社長・松浦勝人さんですが こんな噂が飛び交っていることが 過去に報じられています。 松浦氏は、2002年に引っ越すまで、東京・南青山の自宅で社員や連れてきた女性らとパーティを開いていた。 そこでは、参加した女性をベッドルームに連れ込み、性行為をした後に大麻を吸っていたという。 大麻とコカインは常習していたと指摘している。 さらに、暴力団関係者とも付き合いがあり、MDMA(合成麻薬)を調達していたという。 このほか、渋谷のプライベートバーで、全裸になった女性タレントを指して性行為をしたと明かすなど、女性関係が派手だったという。 薬物のことなどはエイベックス社内でも知られ、04年に当時専務だった松浦氏は会社の事情聴取も受けた。 しかし、所属歌手らが松浦氏擁護に回り、当時の社長が辞任して、松浦氏が何もなかったことになってしまったとしている。 j-cast. html? ここに詳しくまとめてあります! この浜崎さんとの破局原因ですが ちょっと気になる点が… 交際中に浜崎あゆみさんが 松浦勝人さんのマンションに行くと、 そこには女性に囲まれ 酔いつぶれている松浦さんの姿… これがきっかけとなり、 2人の関係は修復不可能になり破局したということですが、 これって上の自宅で女性とパーティを開いていて 関係を持った話とちょっとかぶるような…!? もしかしたらですが、 破局の原因となったものの一つに ドラッグがあるのかもしれません。 スポンサーリンク 松浦勝人は沢尻エリカの薬使用を知っていた!? 2009年、当時沢尻エリカさんが所属していた スターダストを、薬物使用が原因で解雇されます。 その後2012年5月発売の『週刊文春』にて 『沢尻エリカは大麻中毒』の見出しで、 大麻使用疑惑を報じらていました。 大麻パーティーに行ってた沢尻エリカ、ついに逮捕!あんなに美人でスタイルもいいのにもったいないなー 1リットルの涙また見たい。 これを受けて沢尻エリカ容疑者は、 エイベックスに入るために 薬の仕様をやめさせようとする 元夫の高城さんとの離婚を決意。 この突然の離婚宣言に高城さんも 「沢尻の薬物依存は周知の事実」 「エイベックスが沢尻エリカを脱がせて 儲けようとしている」 と証言し話題となりましたね。 松浦勝人さんは沢尻容疑者に対し、 「ドラッグならいつでも用意できる」といい、 「タバコでも大麻でもないハーブ」を2人で吸った という情報もありました… 松浦勝人さんは「愛人」か「脱ぐ」かを 沢尻容疑者に問い、 結果沢尻容疑者は脱ぐことを決意し、 それが「ヘルター・スケルター」だと言われています。 たしかに「ヘルター・スケルター」は かなり過激なシーンや。 沢尻容疑者のきれいな体が 顕になっていましたよね… なんだか信憑性があります…… 仲良しチームだよん! ! — 松浦勝人 maxmatsuuratwit スポンサーリンク 松浦勝人の片腕とも言われる千葉龍平は沢尻エリカ彼氏と仲良し!? そんな噂の耐えないエイベックス社長の 松浦勝人さんの片腕として、 開業当時から松浦勝人さんを支えてきたのが 元エイベックス副社長の 千葉龍平さんです。 この千葉龍平さんも なかなかに黒い噂が絶えないお方… 女優との隠し子やら愛人関係やら、 なんだかすごい… 下の記事にまとめてあります! そして今回逮捕された、 沢尻エリカさんの彼氏・横川容疑者の 会社に出資していたことも判明しており、 関係も深そうです。 引用:Twitter こうなると横川容疑者から千葉龍平さん、 そして松浦勝人さんへと 捜査の手も広がっていくかもしれませんね。 まとめ エイベックス社長・松浦勝人さんと ドラッグの噂についてまとめました。 松浦勝人さん、かなりのグレーゾーンですよね。 これまでにも話題になっているのに 逮捕されない、また今回も 沢尻容疑者逮捕の件で全く報道の矛先が向かないのは やはりマスコミの操作があるのかも…!? なんて勘ぐってしまいますが。 今後さらに捜査の手が伸びていくということなので、 しっかりと罪を犯した人を裁けるように 警察もぜひ頑張って欲しいですね!!! こちらも一緒にどうぞ!!.

次の

エイベックス系芸能プロダクションのエイジアプロモーション社長が脅迫で逮捕。

エイベックス 社長

この敏腕プロデューサーこそ、松浦氏である。 同小説はドラマ化され、4月18日からテレビ朝日系で放送される。 ドラマではレコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサとして登場。 松浦氏の役は、バーニングプロダクション所属の俳優・三浦翔平(31)が演じている。 上述の会話の中の〈はっぱ〉が指すのは違法薬物である大麻だという。 そう告発するのは、会話にも登場する女性A子さん(30代)だ。 「文春オンライン」編集部は、40時間に及ぶ松浦氏とA子さんの肉声がおさめられた音声データや、松浦氏とA子さんによるLINEのやりとり、膨大な数の画像データなどを入手した。 また、浜崎あゆみ(41)や倖田來未(37)、小室哲哉(61)などの有名アーティストが所属している。 若者に大きな影響力を持つタレントが数多く所属しているが、これまで複数回にわたり所属タレントが逮捕される事件が起きている。 この時、当時社長だった松浦氏がポケットマネーから解決金を含めて6億5000万円を支払いました。 小室哲哉と交際していた歌手・華原朋美(45)は、2009年1月に急性薬物中毒で倒れ、病院に緊急搬送されています。 2009年8月には、当時エイベックスに所属していた押尾学(41)が、保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反で逮捕。 押尾は愛人のホステスと共に合成麻薬MDMAを服用した直後、ホステスの容態が急変したが救急車も呼ばず、証拠隠滅を図りました(判決は、 保護責任者遺棄罪で有罪)。 その時、エイベックスの社員がほう助したとして、証拠隠滅容疑で逮捕されています。

次の