死亡保険 相談。 死亡保険金の非課税枠と死亡保険金にかかる税の種類

死亡保険の比較|生命保険の比較ガイド|保険の見直し|保険相談ニアエル

死亡保険 相談

もくじ• 生命保険は大きく分けて3種類 は、大きく分けると 死亡保険、医療保険、資産形成機能のある保険の3種類に分けることができます。 死亡保険とは、 万が一の場合に備えた保険で保障性が高い保険であるといえます。 医療保険とは、病気やケガで入院や手術をした場合の医療費に備えるための保険です。 資産形成機能のある保険は、万が一の保障のほかに将来の生活資金に備えるための保険です。 保険は種類によって特徴が異なります。 加入目的に合ったものが選べるように、内容をよく理解しておきたいものですね。 死亡保障がある保険の種類の特徴をわかりやすく説明 死亡保障が付く保険には、 定期保険、終身保険、養老保険などがあります。 とは、 一定期間のみ保障があるタイプです。 解約返戻金がないか、あってもわずかですが、安い保険料で大きな保障が得られやすい点がメリットとなっています。 とは、 一生涯にわたって保障されるタイプです。 ただし、定期保険と比較すると、保険料は割高となっています。 なお、定期保険と終身保険をかけ合わせ、両方のメリットを受けられる保険は「」と呼ばれています。 事故や病気で万が一のことがあった場合には高額な保障が受けられるほか、終身保険の死亡保障を同時に確保できる点がメリットです。 とは、死亡保障が受けられるほか、 保険が満期となった場合には満期の保険金を受け取ることができます。 資産形成にも活用できるため、保険料は定期保険や医療保険よりも高くなります。 内容によっては、年金保険も死亡時以降に年金が受取可 年金保険とは、 老後資金を準備することを目的とした保険です。 一生涯年金を受け取ることができるものや、10年間など一定期間年金を受け取れるものがあります。 一生涯年金を受け取ることができる終身年金の場合は、被保険者が死亡した場合、その時点で契約が終了となるため、遺族は年金を受け取れませんが、保障期間付きのものであれば、契約で定めていた受取人が引き続き年金を受け取ることが可能となります。 なお、年金保険の開始日までに死亡した場合は、保険料の支払期間に応じて死亡給付金を受け取ることができます。 死亡保障を受け取ることができる保険は種類が多いことから、保障内容に応じて保険を選ぶ必要があります。 複数の保険商品を扱える(FP)であれば、各家庭の状況を踏まえた最適な保険を選ぶお手伝いをすることができます。 頼りになるFPの存在 「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか? 資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。 FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。 ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

次の

交通事故を弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点

死亡保険 相談

「生活保護 死亡保険金」では、「ですが、ある方から『お父さんが生活保護受給者だと生命保険の死亡保険金は、生活保護に全額返済になるんじゃ? 」「私達の様なケースでも、父が他界し死亡保険金を受け取ると、全額生活保護に返済しないといけないのでしょうか? 」等々の疑問が投げかけられていたり、「生活保護受給者が加入している国民共済の死亡保険金について教えて下さい。 」「この内容では、死亡保険 金には、贈与税がかかりますし、多くの医療特約があっても生活保護なら、医療扶助でまかなえるのでしょうから、給付の申請をすると収入に見なされますよね。 」といった状況も投稿されています。 民事・その他分野に「生活保護 死亡保険金」に関連する相談が多く寄せられています。 伯母が亡くなり、県民共済の死亡保険金の手続きを進めていくと、受取人指定出来なく叔父が受取人になりました。 伯母からは亡くなった後のことを全て頼まれていて、親戚一同了承済みです。 もちろん叔父も。 一度叔父が受け取り、渡してくれ... 2017年03月07日• 1 弁護士回答• 離婚した夫の県民共済の支払いを当時の妻である私の口座から離婚後も 引き落としています。 元夫は 糖尿病の悪化で現在 生活保護を受けているようです。 保護を受ける時に県民共済は解約する様言われたのですが、まだ歳も若いのでいつ保... 2017年08月14日• 2 弁護士回答• 義理の祖母が亡くなりました。 義理のお母さんが保険金受取人になっておりますが生活保護支給者です! 祖母は老人ホームに入っており今月の15日にインフルエンザからの肺炎で23日に亡くなりました。 生命保険から入院費8万円死亡... 2018年02月26日• 1 弁護士回答• 生活保護の母と弟がいます。 この度、交通事故で父が亡くなりました。 母は精神状態が思わしくなく保険会社との話し合いにも参加できなかった為、遺族への保険金230万を姉が代表人として受け取りました。 この間生活保護の担当... 2020年01月20日• 1 弁護士回答• 伯母が亡くなり、県民共済の死亡保険金の手続きを進めていくと、受取人指定出来なく叔父が受取人になりました。 伯母からは亡くなった後のことを全て頼まれていて、親戚一同了承済みです。 もちろん叔父も。 一度叔父が受け取り、渡してくれ... 2017年03月07日• 1 弁護士回答• 主人と2人、生活保護受給中です。 掛け捨て型の共済保険に加入しています。 役所は了承済 主人は人工透析をしていて病気がちです。 以下質問です。 1、主人が死亡した場合、私が受取人になっていますが、生活保護受給中の私が死亡保... 2020年04月29日• 1 弁護士回答• 私の母は70代で現在生活保護を受けて、訳あって妹の子供と同居しています。 その母がこの度入院、手術をすることになったのですが、生活保護を受ける前から国民共済に入っており、そのことは役所の方にもお知らせしてあります。 2019年05月24日• 1 弁護士回答• 離婚した夫の県民共済の支払いを当時の妻である私の口座から離婚後も 引き落としています。 元夫は 糖尿病の悪化で現在 生活保護を受けているようです。 保護を受ける時に県民共済は解約する様言われたのですが、まだ歳も若いのでいつ保... 2017年08月14日• 2 弁護士回答• 義理の祖母が亡くなりました。 義理のお母さんが保険金受取人になっておりますが生活保護支給者です! 祖母は老人ホームに入っており今月の15日にインフルエンザからの肺炎で23日に亡くなりました。 生命保険から入院費8万円死亡... 2018年02月26日• 1 弁護士回答• 2020年02月11日• 1 弁護士回答• 娘と2人で生活保護受給者として登録して生活保護をうけておりました ところが娘が4月末にがんで他界し、生活保護も1名に手続き完了しております。 2017年06月28日• 1 弁護士回答• 生活保護を受けていた入院中の弟が死亡しました。 生活保護を受ける以前より県民共済保険に加入していましたが共済加入者 共済契約者兼被共済者 は弟になっています。 しかし、毎月の支払は亡くなった母親と兄が支払っていましたが、死亡... 2019年05月13日• 2 弁護士回答• 父が中国残留孤児で、両親生活保護を受けています。 最近、母が死亡保険をかけるようと考えてます。 受取人は私になります。 もし、将来死亡保険金が下りた場合、国なら返還要請して来ますでしょうか?... 2017年02月27日• 1 弁護士回答• 生活保護を受給している高齢の祖母についての相談をお願いします。 祖母が生活保護を受給する前に叔母が死亡保険を掛けていました。 それはすでに満期を迎えています。 その保険の契約者は祖母で、支払いは最初の数回は祖母が払いました... 2020年01月15日• 1 弁護士回答• 先日、伯母が亡くなりました。 伯母の生命保険の受け取り人が生活保護受給者の母になっていました。 死亡保険金は200万程度です。恐らく伯母はお葬式代金として残したと思われます。 実際、200万近くかかりました。 母は生活保護の受給... 2013年02月07日• 2 弁護士回答• 私の父親が生活保護受給者です。 私を含め子供は3人、私達が幼少の頃からの父の目茶苦茶な生き方のせいで、親子関係は絶縁状態です。 今にも崩れ落ちそうな持ち家を所有した状態で、今現在も父が内縁の妻と2人でその家で生活しています。... 2011年07月03日• 1 弁護士回答• 生活保護者=両親が自分たちが死亡した時に子供に迷惑をかけたくないと死亡保険金100万円がおりる保険に入りたいと言っています。 月々4000円程度らしいですが受取人が子供でも生活保護者の場合は死亡保険... 2018年04月02日• 1 弁護士回答• 離婚した夫が孤独死しました。 息子を受取人にして、保険を掛けていました。 生活保護を受けていたので、死亡診断書を貰う事が出来ません。 保険金請求は出ないのでしょうか。 アパートの整理なども要求されて、息子も大変困っています。 2020年04月28日• 5 弁護士回答• 初めまして 生活保護を受給中なのですが子供が 亡くなり 祖父がかけていた県民共済の保険金が 400万円ほど私が受取人みたいで 保険金が降りるみたいなんですけど この場合生活保護は打ち切りになりますか? それとも今まで生... 2015年10月28日• 1 弁護士回答• 生活保護の父が事故で亡くなり、死亡保険金が数百万おりる予定です。 受取人は「法定相続人」となっており、生活保護の母と、別居の子供達で分ける予定です。 代表受取人は長女になる予定です。 質問1 母が生活保護を受けている... 2019年04月22日• 3 弁護士回答• 先日、生活保護を受けている義父が亡くなりました。 遺留金90万円と県民共済の生命保険が残っておりました。 葬儀は扶助で行いましたがアパートの撤去費用も充当しても良いものなのでしょうか... 2018年10月17日• 1 弁護士回答• 母親が自動車事故にあい5月に死亡しました。 息子である私は生活保護保護受給中であり、相手側の自賠責保険から相続人の私へ10月に保険金の入金がありました。 生活保護が廃止となりましたが、保護費の返還は母親が死亡した5月から... 2017年10月23日• 1 弁護士回答• 生活保護を受けて2年です。 外国人配偶者が親の死亡保険金の受取人でした。 海外で発生した収入も保護係に伝える義務はあり、国内に保険金を持ち込んで収入認定を受ける義務はありますか?... 2018年05月01日• 1 弁護士回答• 現在、私は仕事が出来ない 状況で親にお世話になってます。 親が亡くなった後が不安です。 親が亡くなったら保険金が入るので 生活保護は受けられないです。 今住んでるところは親名義の賃貸なので 出て行かないといけません。 2019年08月27日• 1 弁護士回答• 生活保護を受給していた親が亡くなりました。 死亡保険ではなく高度障害で保険金が 下りることになったのですが 子である私はこのことを役所に 伝えなければいけない義務はありますか? また返金義務などはありますか? 契約状態は... 2019年08月31日• 2 弁護士回答• 生活保護受給者の生命保険解約について。 身内が精神疾患で働けなくなり収入が無い為生活保護の申請をする予定です。 生活保護受給申請あたり生命保険の解約を勧められました。 今まで医療保険、死亡保障付きの保険に入っていた為解約... 2019年10月10日• 1 弁護士回答• 以前、生活保護を受けていました。 大阪で母が死んで保険金が私にもまわってきたのです。 50万円ほどです。 仕事に復帰する話がちょっと前からあったので、そのまま返還もせず地方へ(兵庫)です。 大阪でのケースワーカーも後で指摘してい... 2019年10月19日• 1 弁護士回答• 私が保証人なった債務者が自己破産したので私が債務は換算したのですが、債務者から回収したいのですが、債務者が生活保護を受けています回収方法はありますか?例えなんですが生命保険とかかけて死亡保険金を貰うみたいな事て出来るので... 2014年10月17日• 1 弁護士回答• 私はシングルマザーで子供二人と生活保護を受給して生活しています。 昨年末、離婚した前夫が自殺をしてなくなり、死亡保険金の受け取りは加入していた元夫ですが、亡くなっているため上の子が受けとりになるそうなんですが、その場合、保... 2016年04月10日• 1 弁護士回答• 3年ほど前、両親が一度に事故死。 私は統合失調症となり、生活保護を受給することになりました。 保険金が400万ほど降りましたが、死ぬことばかり考えていて、何の気力も起きず、申告しませんでした。 幻覚・幻聴に悩まされ、薬と酒でほ... 2019年08月29日• 1 弁護士回答• 親が自営業を失敗してしまってから 多額の借金があります。 消費者金融が複数と 家賃、光熱費系、知り合い複数人 、携帯代、など他にまだあるかもしれません。 親が亡くなったあとは 遺産は恐らく今の段階では何もなくて 亡くな... 2020年02月04日• 1 弁護士回答• 自己破産・生活保護を受けていた父親が亡くなりました。 住まいは別です 生活保護を受けながらも県民共済への加入がありましたので保険金が家族に支払われるかと思います。 但し、父親には生活保護 法63条返還金があるらしく多く... 2014年11月21日• 3 弁護士回答• 両親が生活保護を受給しており 片親が亡くなりました。 私が保険をかけていたのですが 死亡保険ではなく 高度障害での保険金が 下りることになったのですが 医療費などの返還義務はありますか? また高度障害は非課税だと思うので... 2019年09月03日• 2 弁護士回答• 両親が7年前に離婚、離婚後別居。 私は母方について行き父は一人暮らしの生活でした。 病気の為仕事がままならず4年前から生活保護を受給していました。 そんな父が突然急死。 質問は保護を受ける前から加入していた掛け捨ての生命保険に... 2011年10月19日• 1 弁護士回答• 弟が亡くなり保険金を受取りました。 ですが父と母が生活保護受給者です。 いつか私のところに扶養義務の通知がくると思うのですが、まだ保険金の税金や住民税諸々の支払いが来年以降あるし、自分はアルバイトで生計を立てているため収入... 2015年10月21日• 1 弁護士回答• 父親名義の賃貸に暮らしてます。 私はここ数年引きこもりがちで 貯蓄もなく親にお世話になってます。 母も働けません。 もし、この状況で父が働けなくなったり亡くなったら私はどのように すればいいのか悩んでます。 まず、父が... 2019年09月07日• 2 弁護士回答• 生活保護を受けている母がおり、 その息子である兄と私がそれぞれ違う家計で暮らしていました。 兄が亡くなり、兄の口座に100万円ほど銀行にあることと保険金として200万が母が受取人としてあることが、分かりました。 以下の点... 2019年09月05日• 5 弁護士回答• 両親が約10年間弱、生活保護を受けていました。 昨年、父が交通事故 弟の運転する車に同乗中、単独の衝突事故 で他界し、その際に発生した保険金 弟の掛けていた自動車保険のみ をすべて、市に返還する様にと言われました。 2011年04月09日• 1 弁護士回答• 30歳です。 今回、生活保護受給中である母が入院し手術をしました。 以前より加入していました、共済の入院、手術の保険金を申請しようとしています。 例えば母がなくなった場合に死亡金は受取人の私である収入になるため、返還... 2020年05月07日• 1 弁護士回答• 私の状況なのですが 両親と両親の社宅に暮らしてます。 そして、アルバイトで手取り11万ほどの収入。 親も親で借金などがあり 生活苦で過去に家族で生活保護で 暮らしたこともあります。 もし親が亡くなったり働けなくなった場合... 2018年12月13日• 4 弁護士回答• 離婚成立後、現在、生活保護を受けている元妻から、結婚時に自分が癌になった時の保険一時金100万円があるうちの半額50万円を支払ってほしいとの要求を受けました。 保険金の支払いは離婚前2年半くらい前に私の銀行口座に振込みされ... 2013年06月12日• 3 弁護士回答• 生活保護を夫婦で受給中です。 別居している子供が、私たちを被保険として、掛け捨ての死亡保険を、契約して保険料金も、子供が、負担してくれているのですが、因みに子供の口座から、払っています。 こう言う形で死亡保険金、二百万程度の... 2018年06月16日• 1 弁護士回答• 親名義の賃貸に暮らしてて親が 亡くなって、相続放棄をする場合 その家に住み続けるには自分名義で審査やり直しですよね? 親が亡くなった保険金しかなくて 、私自身 無職の場合は住み続けるのは 無理ってことですか? 父はいろ... 2019年09月06日• 1 弁護士回答• 先日、父が亡くなったのですが、母親が病気で働けず 家賃も払えないため生活保護の申請を考えています。 (父は生命保険もかけずに亡くなり、貯蓄もありませんでした。 ) 私は遠方に嫁いでおり、資金援助も難しい状況です。 身の回り... 2018年08月23日• 4 弁護士回答• 実家の母親が生活保護受給をしています。 父親は他界のため1人で同居家族は居ません。 娘である別世帯の私 結婚しているため別世帯 が母親の名義の県民共済を加入し、支払いをしています。 例えば母親がなくなった場合に死亡金は受取... 2019年03月24日• 2 弁護士回答• 2年ほど前、夫のお兄さんが交通事故でなくなり、今になって保険金3000万がおりることが決定しました。 お兄さんには離婚歴が3回あり、それぞれに子どもが1人ずついるため、その子供たちへ保険金が三等分されることが決まっています... 2019年11月21日• 1 弁護士回答• 友人のお父様が交通事故で先日亡くなりました。 亡くなった方は現在独身で子供は友人のみ。 60代前半で年金は受給していません。 仕事はここ10年程無職で、 生活保護を受けて生活していらしたみたいです。 過失割合は8:2。... 2010年12月01日• 2 弁護士回答• 私の父が前月亡くなりました。 保険金1414万円、200万円、入院費等の保険金32万前後が母の口座に入りました。 普通預金や積み立てなどで300万程度があります。 家は30年以上の老朽化で財産価値もなく売っても土地だけの... 2014年11月07日• 1 弁護士回答• 生活保護を受けています。 1年前に母が亡くなり、弟が半年前に財産整理をしていたら自分に死亡保険がかけられていました。 (満期) 娘に借金をしており、そちらへの返済に充てるため名義変更をして解約返戻金を返済に充てました。 2016年01月22日• 1 弁護士回答• 両親が7年程前から生活保護を受給しています。 4年程前に母の母 別世帯 が亡くなって、祖母がずっと掛けていた満期型火災保険を母に名義変更しました。 でも、母は保険料を払える余裕が無いので、娘の私 別世帯 が払っていました。... 2017年05月16日• 2 弁護士回答• 進行性膀胱がん末期患者です。 2年前に次男が、万一のためにと私に生命保険をかけました。 契約者も受取人も次男なのですが、余命半年と診断がでれば、何割か先にもらえる特約がついています。 ところがこの特約の受取人が被保険者になって... 2011年01月30日• 1 弁護士回答• 父が生活保護の申請をしました。 父は寝たきりで施設に入っているので私が代理で手続きしました。 一つ引っ掛かっているのが、私が契約者の生命保険です。 契約者も受取人も私なんですが、父を被保険者にしてる保険があります。 2012年06月14日• 1 弁護士回答• 親名義の賃貸に一緒に暮らしてますが 私は数年の間引きこもりがちで働けてなくて貯蓄が現在はない状態です。 この状況で父が働けなくなったり 亡くなったら私はどうやって生きてけばいいのか不安な毎日です。 少しづつアルバイトか... 2019年09月08日• 1 弁護士回答.

次の

必要保障額の算出方法(死亡保障)

死亡保険 相談

<PR> みなさまの中には、知人や保険外交員に勧められるまま、どう検討すればいいのかもわからないうちに生命保険へ加入してしまった、という方もいらっしゃることでしょう。 いままで生命保険に加入したことのない方や、あまり関心を持っていなかった方が持つ、「そもそも生命保険とはどんな保険なのだろう?」という素朴な疑問は、今さら他人には聞きにくいかもしれません。 もちろん、「生命保険(死亡保険)とは、加入者が死亡した場合に保険金が給付される保険である」ということはご存じの方も多いでしょう。 しかし生命保険にはいろいろな種類の商品があり、どれがどんな目的を持った保険なのか、自分にはどんな生命保険がふさわしいのかを少し深く掘り下げてみようとすると、わからないことが山ほど出てきて頭が混乱し、どこから考えればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 そこで、まずこの記事では「生命保険とはどのような保険か」についての概要を説明しますので、さらに詳細については別の記事で個別に理解を深めていただければと思います。 死亡保険とは?生命保険とは? 1-1 「生命保険」にはふたつの意味がある 初心者の方が保険について勉強しようとすると、最初に「生命保険」という言葉の定義があいまいで混乱してしまうことがあります。 これは、「生命保険」という言葉の使い方が、保険会社や保険情報を提供しているWebページなどによってまちまちだからです。 まず、最初にそこを整理しましょう。 「生命保険」という言葉には、大きくふたつの意味があります。 明確な定義はないのですが、ひとつめの意味としては、「生命保険」と「損害保険」を対比させ、物的な損害に対する備えである損害保険に対し、生命保険は広義に人間の身体的なリスク(死亡・ケガ・疾病・要介護状態など)に備える保険全般を指します。 この場合の生命保険には、死亡保険・医療保険(三大疾病保険、がん保険、女性向け保険などは医療保険の一種)・養老保険・介護保険などが含まれます。 言い換えるならば、「生命保険会社が個人向けに販売している保険商品のうち、学資保険を除いたものが広義の生命保険」と考えればいいでしょう。 もうひとつの狭義の意味としては、生命保険を文字どおり「生命の保険」と解釈し、生命のリスク、すなわち死亡や高度障害などに備える死亡保険の同義語とする、という考え方があります。 また、「死亡保険」という言葉は死を連想させてしまうため、響きがいい「生命保険」という言葉を好んで使いたがる人もいるようです。 ここでは2番目の狭義の意味における「生命保険」、つまり「死亡保険」に話を絞って説明を進めます。 医療保険やがん保険などについては別のコラムをご用意しておりますので、ぜひそちらをご覧ください。 また、混乱を避けるために、以降は用語を「死亡保険」で統一します。 保険金の支払額は加入時に一定範囲内で設定することができ、それに応じて支払保険料額も変化します。 死亡保険の場合、保険金が支払われるのは、本人(被保険者)が死亡した場合か高度障害状態になった場合ですから、本人のためというより、残された(あるいは高度障害状態になった本人を支えなくてはならない)ご家族のための経済的備えだと考えるべき保険でしょう。 たとえば、一家の大黒柱が突然このような状態になったとき、葬儀費用や医療費を用意し、さらに生活を立て直すまでの間の生活費などには、かなりまとまった額のお金が必要となるでしょう。 特に子育て期のご家庭では、お子さんがひとり立ちするまでに多額の学資と生活費が、かなりの長期にわたって必要となります。 子育て期は親御さんもまだ若い方が多いでしょうから、貯蓄だけでこれらの支出に備えることは困難な場合が多いのではないでしょうか。 「自分に万一のことがあっても、家族にはお金の苦労をかけず、子どもが安心して学業に専念できることで、立派な大人に育ってもらいたい」 死亡保険は原則的に、このような切実なニーズに応えるための保険です。 そして今日では、後述するように、定期保険・終身保険・養老保険・アカウント型保険など、さまざまな種類の死亡保険が登場し、さらにさまざまな特約と組み合わされることにより、加入者のきめ細かいニーズに応えられるようになっています。 また、養老保険は死亡保険の一種ではありますが、死亡保険金と満期保険金が同額となっており、自分の老後資金の貯蓄機能も併せ持っています。 死亡保険はこのように多様化しており、また、各種の特約を付加することでさまざまなリスクに備えられることから、いわゆる「総合型生命保険」の中核となっている商品も数多くみられます。 死亡保険を選ぶうえでは、自分にはどのような保障が必要なのかを明確にし、そのうえで様々な保険会社の死亡保険や各種の特約を比較検討していく必要があると言えそうです。 死亡保険に対する意識 2-1 死亡保険に対する世間の意識 生命保険文化センターの「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査〈速報版〉」によれば、生命保険の世帯加入率は88. 生命保険の世帯加入状況 全生保 民保 生命保険加入率 88. 9件 3. 2件 普通死亡保険金額 2,255万円 2,079万円 年間払込保険料 38. 2万円 36. 2万円 出典:生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査〈速報版〉」より この表をみると、普通死亡保険金額の平均額は2,255万円、世帯ごとの年間払込保険料の平均額は38. 2万円となっています。 月額にして約3万1,800円の保険料を負担し、いざというときに2,255万円の保険金が受け取れるというのが、現在の平均的な生命保険の姿と言えるでしょう。 ただし、これは広義の生命保険に関するデータであり、死亡保険のほか、個人年金保険や医療保険、がん保険、子ども保険などを含むデータですから、死亡保険金額はこの数値を参考にはできるとしても、死亡保険だけに関する保険料はもっと少額になるものと思われます。 近年は、晩婚化・少子化などの影響で、家族のためというよりも、自分の医療費に備えたいという保険ニーズが高まってきたことから、医療保険の加入率が大きく伸びてきています。 しかし一方で、保険加入世帯の生活保障意識としては、やはり「世帯主に万一のことがあった場合の家族の必要生活資金」としての理由が医療保障と並んで高くなっています。 具体的には「世帯主が入院した場合の必要資金(月額)」として必要だと考える金額の平均が25. 世帯主が万一の場合の家族の必要生活資金 平成30年 年間必要額 必要年数 総額 世帯平均年収 (税込) 総額/ 世帯平均年収 327万円 16. 7年間 5,558万円 604万円 9. なおこの調査は、無作為に抽出された一般世帯4,000戸近くを対象として行われたとのことですが、生命保険や個人年金保険などに関する知識について、「十分に知識がある」と答えた人の割合が30. 5%であるのに対し、「ほとんど知識がない」という世帯の割合は66. 確かに生命保険に関する情報は膨大で、「よくわからない」「体系的な知識を勉強するのが大変」というお気持ちはよく理解できるのですが、それでも、生命保険はご本人様やご家族様の万一の際の重要な備えですから、何となく適当にしておくことはできません。 「じゃあ、一体どうしたらいいんだ・・・」と思われるかもしれませんが、そのようなときこそ保険のプロフェッショナルに意見を聞いてみるのも一つの方法ではないでしょうか。 保険のプロは、お客様一人ひとりの状況に合わせて、親身になってアドバイスをしてくれるはずです。 保険相談ナビでも、フィナンシャルプランナーを始めとした、多くの知識と経験を持った保険のプロによる無料保険相談サービスをご用意しております。 スタッフ一同、分かりやすくタメになる情報をご提供させて頂きますので、まずはお気軽にご相談をお寄せ頂けば幸いです。 死亡保険の種類 死亡保険にはさまざまな種類がありますが、主要なものとしては「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3つがあり、さらに無数のバリエーションに枝分かれしていく構図となっています。 ご自分のニーズに合った死亡保険を選ぶことで、「心配な部分に手厚く」備えることができ、結果的に保険料を節約することにも役立ちます。 死亡保険の種類については、別に詳細に説明しているコラムがありますから、ここでは、この3つの死亡保険について概要だけを抜粋して説明しましょう。 3-1 定期保険 定期保険とは、10年、20年、あるいは「被保険者が何歳になるまで」など、あらかじめ保険期間が定められている保険です。 いわゆる「掛け捨て」のものが多く、保険料が安いかわりに貯蓄性がなく、満期を迎えても満期保険金などはなく、中途解約による解約返戻金も少なく、契約当初や満期間際には解約返戻金がゼロになるという性質を持っています。 契約期間中は保険料の上昇はありませんが、契約満了にともない更新しようとすると、保険料が再計算され、年齢とともに上昇していきます。 また更新のないものや、一定の年齢を過ぎると更新ができなくなるものもあります。 たとえば、「子どもがまだ小さく、将来ひとり立ちできるようになるまで、親に何かあっても経済的に困らないように」など、特に保障が必要な期間に、比較的安い保険料で手厚く備えたい場合に向いている死亡保険といえるでしょう。 なお定期保険は保険期間中、保険金額も保険料も変更がない定額タイプが一般的ですが、保険料は一定で、保険金額が徐々に減っていく「逓減定期保険」や、逆に保険金額が増えていく「逓増定期保険」といったタイプもあります。 また、死亡時に保険金を一括して受け取るのではなく、保険期間の終了時まで、年金方式で毎年/毎月一定額の保険金が支払われる「収入保障保険」も定期保険の一種です。 3-2 終身保険 終身保険は死亡保障や高度障害保障が生涯続く死亡保険です。 「満期」という概念がないため、満期保険金などはありませんが、「安心が一生続く」というメリットがあります。 また、長期にわたって保険料を払い込んでいくことによって貯蓄性が高まっていくという特徴もあります。 生涯保障が続くということは、「最後は確実に保険金が支払われる」ということでもあり、また、途中で保険を解約しても、まとまった額の解約返戻金を受け取ることができます。 そういう意味では、掛け捨てタイプが多い定期保険に比べ、終身保険は貯蓄性が高いといえるでしょう。 終身保険の保険料払込期間は、• ・有期払い込み(保障は一生続くが、保険料は60歳、65歳など、一定の年齢で一生分の払い込みを終了するタイプ)• ・一括払い(契約時に保険料をまとめて払い込んでしまうタイプ)• ・終身払い込み(保障も保険料の払い込みも生涯続くタイプ) などに分かれます。 「リタイア前の、給与所得がある間に一生分の保険料を支払ってしまいたい」という方であれば有期払い込みタイプを、「退職金がもらえるので、終身保険に加入して保険料を一気に支払ってしまいたい」という方なら一括払込みタイプを、定年退職のない自営業の方や不労所得のある方・年金に余裕のある方などの場合は、終身払い込みタイプを検討してみるなどの選択方法が考えられるでしょう。 また、終身保険に医療特約や介護特約などを付加し、高齢になるにつれて増加する、さまざまな健康リスク・生活リスクに総合的に備えるという考え方もあります。 3-3 養老保険 養老保険は一種の定期保険で、加入時に保険期間を設定します。 保険期間中に被保険者が死亡、または高度障害状態になった場合には、死亡保険金/高度障害保険金が受け取れ、無事に満期を迎えた場合には、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができます。 貯蓄性と保障が同時に期待できるぶん、やや保険料は割高になります。 また、低金利の今日では、払い込んだ保険料を大きく上回る満期保険金は期待できないかもしれませんが、「老後の一定期間の備えになり、何事もなければ満期保険金を受け取れる」という、リスクを回避しつつ資産を維持するためのすぐれた特徴を持っています。 また、高齢になるにつれ受療率(入院・通院など医療機関にかかる率)が上昇しますから、養老保険に医療特約などを付加して、老後の幅広いリスクに備えることも可能です。 養老保険を金融商品として捉えた場合、払込保険料と満期保険金とを比較してみると、運用利回りはそれほど良いとは言えないかもしれません。 しかし、利回りの高い金融商品には元本割れなどのリスクがともないます。 養老保険の場合は、預貯金と大差ないローリスク商品だといえますから、検討する際には「一種の積立貯金(月払い・年払いの場合)」のようなものと考えて評価するべきかもしれません。 まとめ:まず、死亡保険の全貌を俯瞰してみる ここでは、「死亡保険(生命保険)とは何か?」という基本的な部分や、死亡保険が必要とされる意義について、そして世間の人は、どのくらいの規模の死亡保険に加入し、いくら保険料を支払っているのかといったことについて、参考になるデータなどをご紹介してきました。 また、死亡保険の種類については、加入をご検討する際に参考となるような詳細な紹介は、また別のコラムのところで行いますが、ここでは「ざっとこのように大きく3つに分けることができ、それぞれにどのような特徴があるのか」といった概要をご説明しました。 今後、死亡保険への加入を具体的にご検討される際には、このような体系的な基礎知識を頭に置いておかれることで、各保険商品の特徴や違いをご理解いただきやすくなるのではないかと思います。 また、「なんとなく今までモヤモヤとしていたけれど、『生命保険』というものの全貌がなんとなく俯瞰できて、ハラオチした!」と感じていただければ幸いです。 もちろん、このような基礎知識がわかっただけで、すぐに具体的な保険商品選びができるというわけにはいかないでしょう。 そのために、私たちは死亡保険に関する多彩な詳細説明ページをご用意しています(もちろん死亡保険に限らず、さまざまな保険についての説明ページもご用意しています)。 また、「読んだだけではわからない。 専門家に詳しい話をわかりやすく説明してほしい」というご要望があれば、保険相談ナビの専門スタッフが喜んでご説明させていただきます。 特定の保険会社・保険商品などに偏ることなく、客観公平な立場から、お客様のニーズに最適と思われるご提案やアドバイスを差し上げておりますので、安心してどうぞお気軽にご相談ください。 さらに、保険相談ナビでは、第一線で活躍する保険のプロたち100人の販売実績から「実際にお客様から選ばれている死亡保険」をランキングでご紹介しています。 今どんな保険が人気なのかも参考にして、是非ご自身に合った死亡保険について考えてみてください。

次の