リライズ 口コミ。 花王リライズの成分の話とか、問題点のお話。

リライズ 白髪染めの口コミは良い?悪い?どこで購入できる?

リライズ 口コミ

さん nao. 688 がシェアした投稿 - 2018年 9月月12日午前11時36分PDT 自然な髪色と書かれているので、真っ黒という訳ではなさそう。 花王の「リライズ」使って染めてみました、メラニンを髪の毛の中に入れ込むらしいです。 真っ黒にはなりませんが、微妙なグレーに。 — Hiroyuki Moriyama hiromoriyama 画像はないのですが、こちらの方も真っ黒ではないと書かれています。 リライズを素手で染めた時の色移りと使う時のポイント リライズ はお風呂で染めるタイプの白髪染めなので、素手で使いたい人も多いかもしれません。 (ブランドサイトでも手で塗ることが推奨されています) シャンプー後に手でトリートメントするように塗って5分置くだけ。 5分間はお風呂掃除の時間にします。 しっかり洗い流して終わり。 ただ、他の方のブログで「 時間が経つと微妙に黒くなる」と書かれていたのが気になるところ。 買ってしまっていたので、お風呂で使えるという触れ込みの高い白髪染め、リライズをとりあえず1回使ってみましたよ。 ヘナに劣る染まり具合、もっとまずいのは樹脂製の風呂場の床が、白髪と違ってすぐ染まって落ちない事。 白髪染めやカラートリートメントも染まってしまうのは一緒なのですが、リライズは「塗った時はほぼ無色だからどこを洗い流せばいいかわからない」というのがちょっと難点。 使う時のポイントとしては、• できれば手袋を使う• お風呂も丁寧に洗い流す のが大切。 使った直後は色が薄いですが、油断すると落ちなくて大変です リライズってヘアカラートリートメントとどう違う? 花王の白髪染めサーバーリライズはカラートリートメントと同じ染毛料。 どう違うのかなと思ってちょっと調べて見ました。 リライズはカラートリートメントに含まれている染毛成分(HC染料・塩基性染料)が含まれていません。 その代わりに入っているのがジヒドロキシインドール(花王が開発した成分)。 空気に触れて発色するという珍しい成分です。 あとはシリコンが含まれているのが珍しいくらい。 基本的にはカラートリートメントとそんなに変わらないと考えて大丈夫です。 ただ、クチコミを見る限り、カラートリートメントの染料に比べると色落ちしにくそうです。 カラートリートメントと同じくらい頭皮に刺激が少ないのに色落ちしにくいのは魅力。 成分についてはこちらに詳しく書きました。

次の

リライズの口コミ一覧|美容・化粧品情報はアットコスメ

リライズ 口コミ

0 155g リライズ(rerise)使用した口コミ 染まりやすさ 3. 0 他と比べて 染まり方の変化が大きいので全部出します。 リ・ブラックの1回~5回の染まりの流れの変遷です。 <染め3回目> <染め4回目> <染め5回目> 3回目から本気出す リ・ブラック、まとまり仕上げ使用。 染まり方が他にない特殊さです。 見たまんまですが、 初回の染まりは薄い。 ほとんど染まってないレベルで染まらないんですが、3回目から急激に変化します。 目立たせなくするなら3回、しっかり染めるなら4回か5回。 という感じですかね。 3回まではグレーの色味ですが、4回目から黒らしくなっていきます。 5回使用後だと、1番染まったスカルプDより濃くなります。 いわゆる不自然な黒さになってくるので、連続5回はあまりおすすめしません。 染まるまでの速度は1番遅いので 回数がどうしても必要という点が一番のネック。 生え際の白髪が生えてきて染めようとしても 「必ず3回以上必要」なのでコスパが悪いです。 花王リライズ シャンプー7回後の色持ち 色持ち・・・良い 色持ちに関しては1番いいと思います。 やや色味の変化があるのが痛いですが(少し茶色っぽくなります)1週間は余裕で持ちます。 1193 指通りの良さは 中、 3位。 使用後のみの「なら」良い部類。 リライズの1番の問題がここ。 pHが10. 0と、アルカリ領域に足突っ込んでるので何事かと思ったら まさかのモノエタノールアミン(不揮発性アルカリ剤)使用。 使ってすぐは良い質感だけど、 使っていくうちに髪の状態が悪くなっていきます。 (しかも気付きにくい) 「傷みやすい髪を作る」タイプです。 リライズの香り いわゆる「無香料ヘアカラー」と同じ匂いです。 (これはエタノールアミンのせい) 生臭いというか弱いアンモニア臭というか…。 匂い自体は控えめなので大丈夫だとは思いますが、匂い自体は良いとは言えません。 黒髪との染まり比較 黒髪と比べるとこんな感じ。 色味に関しては何も問題はありません。 純粋なグレーから黒になっていきますので、地毛の色に近い黒系です。 花王・リライズ 総合評価 おすすめ度 2. 3回目から濃くなっていく• 純粋なグレーから黒に染まる• 色持ちはトップクラス• 髪への影響はカラートリートメントの中で最悪 髪に全然優しくない 髪に負担を掛けず… まぁ、確かに染める時はそうですね。 染めた後が問題ですが。 あまり成分の事は触れないようにしてるんですが、流石に触れざるを得ません。 まずこの商品、 pHがアルカリ領域にいます。 なんとpH10. ヘアカラーかお前は。 どうもアルカリ域でしか発色出来ないらしく、 アルカリ剤を使っているんですが… 使ってるのがモノエタという。 これは不揮発性アルカリ剤なんですが、髪に残留しやすいんです。 髪にアルカリ剤が残っていい事なんて一つもありません。 これがいかに問題かは「モノエタノールアミン 残留」とか「モノエタノールアミン ヘアカラー」 で検索すればうじゃうじゃ出てきます。 アルカリ除去をするなら良いんですが…普通しないので。 つまりどういう事だってばよ 使った時は傷む訳じゃないけど、 使った後の髪を傷みやすい状態にする商品。 しかも、その状態がしばらく持続する。 おまけに使った瞬間は手触りいいので気付きにくい。 (とは言っても自然な艶感ではないですが) 毒ダメージのように傷んでいくので、リライズの影響かもという事すら気付けません。 かなり厄介な性質を持ってます。 何より 週1で使う前提の商品なのが最悪。 色素と一緒にアルカリを補給するという。 なかなか恐ろしい。 ちなみに頭皮に対しての影響はどう? ヘアカラーよりは優しいです。 ジアミンアレルギーの心配はないので過敏に心配する必要はないですが、 アルカリに弱い方だと ピリピリとした刺激は感じやすい。 大体の方は大丈夫だと思います。 最終的に真っ黒になりがち これは口コミでも良く言われてますね。 黒くなりすぎ問題。 他のに比べ、不自然な黒さまで染まりやすいタイプです。 3回使った時と 5回使った後の差が とんでもなく大きい。 色持ちが良いので、それが逆に生え際の白髪が生えてきた時に しっかり「生え際だけ」染めないと全体が暗くなりすぎる可能性が高くなります。 必要以上に暗く染まりがちな事と、コスパの悪さがマイナス。 (まぁ最大は髪へのダメージですが) 傷みやすく、暗く染まりやすい。 色々とヘアカラーに近い…というかコスパの悪いヘアカラーみたいな印象です。 まとめ 最初に使った時は気に入りやすいと思います。 が、あまりおすすめしません。 特に継続使用は。 カラートリートメントより色持ちが良くて、色移りが無いのは良いのは事実ですけど その代わり 実は髪を傷みやすくしてるよ^^という商品なので。 経過ダメージで言えば黒染めのヘアカラーより髪質悪化する可能性すらあります。 ほぼダメージ無く染められるのがカラートリートメント最大のメリットですが、 そのメリットがすっ飛んでますので。 ジアミンアレルギーがないならヘアカラーで良いじゃない。 という話にしかなりません。 色味とか、色持ちは良いのですごく惜しい。

次の

リライズ整体院(中央区銀座)|エキテン

リライズ 口コミ

Contents• リライズ(Rerise)とは? 花王(Kao)と言えば、各種洗剤、シャンプーやボディソープ、化粧品など、多くの商品を製造している大手メーカーです。 アタック、マジックリン、ビオレやニベアなどが代表的な商品です。 その花王が、 2018年5月19日に新ヘアケアブランド「リライズ(Rerise 」を立ち上げ、白髪染めの販売を開始します。 その名も 『リライズ 白髪用髪色サーバー』です。 次世代型の白髪ケアで、髪を傷めずに自然に染め上げ、健康的な印象を与える美しい髪色を目指した商品です。 リライズの特徴• 1 00%天然由来の着色成分で染める 大手酒メーカー「月桂冠」の麹菌の技術を応用した100%天然由来の「黒髪メラニンのもと(ジヒドロキシインドール)」のみで染め上げます。 髪に負担がかかりません。 使い勝手の良いサーバ容器 「誰でも」「清潔に」「簡単に使える」をコンセプトに、プッシュ部は軽い力で押しやすく、フック付きで滑りにくい工夫がされています。 濡れた手でも簡単に使用できます。 また、付け替え用ボトルの販売があります。 まとまり仕上げ/ふんわり仕上げの2種類がある 白髪染めとしてはとても珍しく、お好きな仕上がりを2種類から選べます。 髪の傷みが気になる方はまとまり仕上げ、髪のボリュームが気になる方はふんわり仕上げがおすすめです。 シャンプー後の濡れた髪に使う方• シャンプー前の乾いた髪に使う方法 シャンプー後の濡れた髪に使う方法• シャンプーして、髪の水気をよく切ります。 手袋をして染料を手に出し、髪の根本からしっかり馴染ませます。 5分待ちます。 しっかりすすぎます。 シャンプー前の乾いた髪に使う方法• 手袋をして染料を手に出し、髪の根本からしっかり馴染ませます。 5分待ちます。 シャンプーします。 使い方の簡単比較表 各々の使い方の、主な特徴を表にまとめました。 染まりやすさ• 色持ち• 使い勝手• 使用感 染まりやすさ検証 白髪サンプルを使用して、どれくらい染まるか!を検証しました。 使用したカラーは「リ・ブラック」で、待ち時間は5分です。 1回目の結果を見て、あまりの染まらなさに愕然としましたが、回数を重ねるごとに色づいていきました! しかし、3回染めた後も、 「グレー」の状態です。 実際に自分の髪にも使用してみましたが、黒髪の中にグレーの髪が混じっている状態でした。 隣に、黒髪(で染めた髪)を置くとこんな感じです。 「白髪に黒髪色を取り戻すリ・ブラック」と商品説明にあるからには、 もう少し濃く黒く染まって欲しかったです。 染まり グレーに見える 色持ち検証 染めた後の白髪サンプルにシャンプーを5回繰り返し、色持ちはどうかを検証しました。 色持ちは良く、 ほとんど色落ちしませんでした。 タオルへの色うつりもなく、翌日のシャンプーも、泡が薄くグレーになるくらいでした。 色持ち 色持ち良し 使い勝手の評価 出しやすさ、テクスチャ、塗りやすさ、手軽さの4点に着目して検証していきます。 出しやすさ このように片手で持って、プッシュ部を軽く押すだけで染料を出すことができます。 これが噂のサーバーヘッドです。 これはかなーり使いやすいです。 塗れた手でも、ビニール手袋をした手でも出しやすいです。 プッシュ部を押しても染料が出ないよう防止するロックピンも付いてきますので、誤って染料を出してしまうということもありません。 ロックピンをサーバーヘッドに突き刺すとロック状態になります。 ロックを解除したいときは、ロックピンを引き抜きます。 テクスチャ テクスチャは柔らかいクリーム状です。 液だれの心配もなく、伸びも良く髪に塗りやすいです。 色はベージュですが、時間が経つにつれて色味が濃くなります。 以下写真は、出した直後(左写真)と5分後(右写真)の状態です。 他の白髪染めトリートメントは、黒や茶色など濃い色味のものばかりで、ベージュ色はリライズだけです。 空気に触れることで、何かしらの化学変化が起きて、黒色に変わるのでしょうか? 塗りやすさ 以下写真は、塗った直後(左写真)と5分後(右写真)の状態です。 ベージュ色の染料なので、 白髪部分にしっかり塗れているかどうかが、ちょっとわかりにくいです。 濃い色の染料に慣れてしまっているので、塗り残し、ムラ染めの原因になってしまいそうです。 また、 気付かない汚れうつりにも注意です。 ベージュ色なのでお風呂の壁や肌についていても気づきにくいです。 気付いた時には黒く染まっていた、、、と、ならないためにも注意が必要です。 私は、気付かぬうちにバスマットに染料をこぼしてしまったようで、気付いたときには黒く染まっていました。 洗濯もしましたが、時間がたっていたためか汚れが落ち切らず、今でも黒いシミが残っています。。。 手軽さ 待ち時間が5分は短くて楽です。 染料のすすぎのキレもよく、すすぎの時間もそれほどかかりません。 しかし、他の白髪染めトリートメントとは違い、 ビニール手袋を使用するよう商品説明に書かれています。 他の白髪染めトリートメントは素手で使用できるものがほとんどなので、少々手間に感じるかもしれません。 また、冬場など、缶が冷たいとクリームがでてこないことがあるそうなので、 事前に缶を温める手間があります。 使い勝手 手袋や温め作業が手間 使用感の評価 香り 無香料とのことですが、ヘアカラーのようなパーマ液のような、 少しツーンとした香りがします。 強い香りではありませんが、2日後まで髪に残り、気になりました。 使い心地 洗い流した後、 髪がきしみます。 髪が長い方、傷んでいる方には、指通りの良さが物足りないかもしれません。 そもそも、商品説明にトリートメント効果があるとは書かれていないので、染めた後にコンディショナーやトリートメントが必要かもしれません。 使用感 香りも使い心地もイマイチ メリット/デメリット メリット サーバーヘッドが使いやすい プッシュ部を軽く押すだけで、クリームが出てきます。 フタを開けたりする手間がなく、 片手で操作ができて使いやすいです。 ただ、一見、指かけフック部分がスイッチにも見えます。 間違えて押さないよう気を付けましょう。 わたしは何度も間違えました。。 デメリット 染まりがよくない 正直、あまり染まりませんでした。 回数を重ねれば色づいてはきますが、3回連続染めただけでは 期待する程にはなりませんでした。 ただ、色持ちは良いので使用回数をもっと重ねていけば、徐々に深く染まっていくのかもしれません。 染めにくい 染料を塗っている最中は クリーム色なので、どこまで塗ったかが見えにくいです。 白髪部分を集中的に塗る場合などに不便です。 それに、 気付かないうちに染料が垂れていると、時間がたってから黒く汚れてしまいます。 これは、なかなかに致命的です。 ブラウン系のカラーがない 色はブラックとグレーだけです。 白髪染めの人気色であるブラウン系の展開がありません。 茶色に染めたいという人は使えません。 トリートメント効果なし 染めた後は、髪がスベスベに指通りはよくなりましたが、 髪がキシキシ しました。 他の白髪染めトリートメントとは違い、パーマ液の匂いがしたりなど、ケミカルな感じがあります。 ただ、わたしは敏感肌なのですが、特に強いかゆみを感じるなどの刺激はありませんでした。 みんなの口コミ 無香料って書いていたけどパーマ液の匂いがした。 ベージュのクリームが黒に変わっていくのもヘアカラーっぽくて、髪にダメージを与えているのじゃないかと心配。 サクセス ステップカラーも同じ染料を使用している? 同じ花王から販売されている「サクセス ステップカラー」にも、 同じ着色成分(ジヒドロキシインドール)が使用されているようです。 こちらの商品は2009年秋から販売されています。 また、商品説明に 「 白髪を完全に黒く染めることはできません。 」とはっきり書かれているように、染まりは弱いのかもしれません。 缶が冷えていると中身が出にくい点は同じようです。 まとめ あの花王の新商品。 期待していた人も多いと思いますが、 個人的にはもう一歩な結果でした。 同じカラーで「まとまり仕上げ」、「ふんわり仕上げ」の2種類をラインナップするのは、新しい試みでよかったと思います。 どっちを選べばいいんだ?になってしまう人もいそうですが、自分が望む仕上がりを選べるのはイイですよね。 それと、サーバーヘッドは使いやすいです。 チューブ状の白髪染めトリートメントが多い中で、片手で簡単に使えるよう考えてくれたのは、さすがに花王です。 でも、 白髪染めとしてどうかというと、うーん、、と言ったところです。 販売価格も3,000円程度とお安くはないのに、 肝心の染まりが淡いのです。 もちろん、個人差はあると思いますが、少なくとも今回の検証&わたしが使用してみた結果はイマイチなものでした。 ただ、 色持ちはかなり良いので、白髪が目立たない程度に淡く染まればいいという方にはおすすめできる商品です。 検証・評価結果 サーバーヘッドは使いやすい。 色持ちもいい。 でも染まりは淡い。

次の