バセドウ 病 チョコレート。 「バセドウ病」と誤診しないために-確定診断のポイントと安易な抗甲状腺薬投与の危険性

「バセドウ病」と誤診しないために-確定診断のポイントと安易な抗甲状腺薬投与の危険性

バセドウ 病 チョコレート

バセドウ病の症状チェック項目 まず、現在バセドウ病かもしれないと疑いを持たれている方は現れている症状をチェックしてみるといいかと思います。 バセドウ病になった場合に現れる症状として次のようなものがあります。 当てはまる項目が多い場合はバセドウ病の可能性が十分あります。 その場合は早々に病院を受診しましょう。 ア.首周りが太くなった気がする イ.目が前に出てきた気がする ウ.顔つきや目つきがきつくなった気がする エ.脈が速くなった気がする オ.すぐに息切れする カ.たくさん汗をかくようになった キ.暑がりになった ク.口が渇く ケ.寝つきが悪くなった コ.眠いと感じることが多い サ.疲れやすい シ.食欲が増してきた ス.体重が変動(増減)した セ.手指の振るえが気になる ソ.軟便や下痢が多くなった タ.血圧が高くなった チ.生理不順が起こる ツ.微熱が続く テ.目が二重に見える ト.皮膚にかゆみがある ナ.皮膚が黒くなった ニ.筋力が低下してきた ヌ.金縛りが起こる(男性のみ) ネ.男性性器の機能不全(男性のみ) ノ.怒りっぽかったり、ちょっとしたことでイライラしたりする 動悸や下痢、高血圧に関連することにつきましては次のページをご参照ください。 受診科や検査について バセドウ病が疑われる場合、病院で検査することになりますが、受診するのは何科になるかというと、 内科か内分泌科になります。 検査方法については次のような項目があります。 そのため、放射線ヨウ素(アイソトープ)を服用し、甲状腺にどのくらいの量が集まるかを検査します。 バセドウ病の妊婦さんや授乳中の方、あるいは妊娠予定のある方は次のページもご参考にしてください。 バセドウ病は難病か? 日本では特別疾患とも言いますが、 難病指定されている病気が130疾患ほどあります。 では バセドウ病は難病指定されているか?ということですが、指定はされていません。 「甲状腺ホルモン不応症」という疾患が難病指定されていますが、この疾患は、血液中にたくさん甲状腺ホルモンがあるのにホルモンが働かないといった生まれつきの病気です。 難病の1つに膠原病があります。 膠原病の内容につきましては次のページをご参照ください。 自然治癒することもある? バセドウ病は治療を受けても完治することはないといわれている病気なので、最初から放置するという考え方を持っている方もいるでしょう。 実際にそこまで症状が重くないのなら、気にすることなく仕事を続けているという方も多数います。 そのため、自然治癒に任せているという方もいますが、 バセドウ病が自然治癒できるのかどうかは非常にあやふやです。 ネット上では自然治癒で治ったという人もいますが、自然治癒では絶対に治らないという説もありますので、 どちらか正しいか不明な状態になっております。 基本的には治らないと考えた方がいいでしょう。 治りにくいものではあるが治療を続けないと治らないという意見の方が多いので、放置するのは危険と考えた方が良いと思われます。 治療方法について バセドウ病の最も代表的な治療は投薬治療になります。 治療薬には抗甲状腺剤があります。 抗甲状腺剤には、チアマゾール(メルカゾール)とプロピルチオウラシル(チウラジール、プロパジール)の2種類があり、これらの薬を毎日服用することになります。 早ければ内服を始めると1か月くらいで、血液中の甲状腺ホルモン値が正常になり、症状もなくなっていくようです。 遅い方でも3〜4か月後には正常になっていくようです。 その他の治療方法としては放射線を使って肥大した甲状腺を小さくし、甲状腺ホルモンの分泌量を下げる 放射線治療(アイソトープ治療)や甲状腺を取ってしまい(完全摘出や五分の1程度を残すなど) 甲状腺ホルモンの分泌量を下げる手術があります。 アイソトープ治療は入院は不要です。 手術の場合は入院期間はおよそ2週間となります。 完治までの期間については9項をご参照下さい。 治療法に関することにつきましては次のページもご参考にして下さい。 治療薬の副作用について 投薬治療の場合 5%前後くらいの人に副作用として、じんましんなどの皮膚のかゆみや、肝機能障害、白血球減少などが生じるようです。 放射線治療ではその名の通り放射線を使うわけですが、大変少ない量ということもあり、 がんや白血病になることはなく、妊婦さんや授乳中の女性以外の方は安全な治療法と言われています。 あり得ることとしては 甲状腺機能の低下が起こり反対に甲状腺ホルモンの分泌量が少なくなる場合があります。 ただこの場合は甲状腺ホルモン薬を服用することで、甲状腺機能を正常に働かせることができるようです。 その他、アイソト-プ治療後3~4ヶ月経った治療効果の最も出る時期に、一時的に甲状腺ホルモンが低下し筋肉がつることがあります。 ほとんどの場合は3~6ヶ月経つと回復してくるようです。 手術の場合、 声がかすれる嗄声(させい)や甲状腺機能の低下、手足の痺れなどいくつか合併症が見られる場合があります。 嗄声に関しては手術後、半年くらいで治る場合が多いようですが、高音域の音を発声できなくなることもあるようです。 甲状腺機能の低下は数ヶ月~1年くらいまで続いたりしますが、 低下時期を乗り切れば約90%の人が薬の必要がない状態になるそうです。 手足の痺れも薬で解消可能なようです。 あと手術のデメットとしては傷跡が残ります。 Sponsored Link 「じんましん」「がん」「しびれ」といった症状につきましては次のページをご参照ください。 再発について 投薬治療に関しては再発する可能性が高いようです。 投薬を止めて2年以内に40~60%の人が再発しているとうデータがあります。 放射線治療(アイソトープ治療)の場合は再発は稀とされています。 手術の場合は甲状腺を残す割合で変わってきます。 甲状腺機能低下が起きないように多く残すと再発の可能性は高まります。 このあたりは担当される医師とよく相談した上での手術になります。 バセドウ病は自己免疫の異常によって起こると考えられていますが、自己免疫に関連する症状にアトピー性皮膚炎や花粉症があります。 これらの症状に関しては次のページをご参照ください。 バセドウ病における保険の加入について バセドウ病と診断された後においては、特に治療中だと加入できなかったり、制約がついたりすることが多いようです。 生命保険はもちろん、医療保険でも加入できなかったり、「保険の加入から3〜5年間は、甲状腺の病気を保障しない」といった制約がついたりします。 ただ逆に考えると制約付きとは言え、保険会社によって保険の加入が可能な商品もあるようですし、最近は加入条件が緩和傾向にもあり、中にはその時の病状によって無条件で加入できたりする保険もあるようです。 従いまして、探してみる価値はあると思います。 また 完治後になるとその経過年数によって更に加入条件が緩和されていくようです。 「貧血」や「頭痛」に関する内容につきましては次のページをご参照ください。 バセドウ病になった場合の仕事について バセドウ病になった場合に勤めている仕事を続けられるのか?辞めた方が良いのではないか?と悩まれる方もたくさんいらっしゃいます。 基本的には医師の指示を守り、自分自身がしんどくなければ続けて大丈夫です。 治療を開始する前においては、激しい動悸などで、しんどくて仕事を休まなければいけないかもしれませんが、治療を開始して、少し症状が落ち着けば、仕事をしても差し支えない状態になるケースが多いです。 実際に仕事を辞めずに続けられた人も多いようです。 新陳代謝が活発なりすぎた時にたくさん発生する「活性酸素」を減らす役割があるとされる水素水に関する内容につきましては次のページをご参照ください。 バセドウ病は治るのか?完治率や治療期間は? バセドウ病については、決して治らない病気ではなく、適切な治療を行うことによって 治り得る病気と言われています。 ただ全体としての正確な完治率は分からないのですが、 概ね3割くらいと言われています。 バセドウ病では治療を開始し、一旦良くなり、薬を中止できるようになったた状態を寛解(かんかい)と言いますが、 投薬の場合は約3~4割の方が寛解し、そのうち 約60%の人が再発すると言われています。 次は放射線治療(アイソトープ治療)の場合ですが、 寛解になる割合は60~70%で、再発も少ないと言われています。 但し、微量とはいえ放射線を使う関係上、妊娠中や妊娠する予定のある方、授乳中の女性にはすすめられない治療法です。 手術の場合は、 方針によって、ほぼ確実に甲状腺ホルモンの過剰分泌を抑えることができます。 方針によってというのは甲状腺をどのくらい切除するかによるということです。 甲状腺を多く残すだけ再発率は高まります。 ただ甲状腺の摘出が多いと甲状腺機能が低下しやすくなりますし、全摘出の場合は甲状腺機能は低下します。 ただ先にも記載しましたが、この場合は比較的安価で安全性の高い薬で対処することができるようです。 どの治療法を選ぶかは医師と相談の上になると思いますが、投薬治療を続けながら普通の人と変わらずに楽しく過ごされている方もたくさんいらっしゃっているようです。 完治しにくい自己免疫が関わる症状に「喘息」があります。 喘息に関連する内容につきましては次のページをご参照ください。 完治までの期間について バセドウ病の完治率については先に記載しましたが 投薬の場合に寛解する場合の期間ですが、個々人によって幅があり、 早ければ1年程、遅い場合3年ほどで寛解となるようです。 その後再発しなければ完治となります。 2年経過しても薬の服用を続けなければならない場合は、別の治療方法への切り替えを検討することもあるようです。 アイソトープの場合は 1~2ヶ月後にゆっくり治療効果が現れてくるようです。 3~4ヶ月後に一時的に甲状腺機能が低下することもあるようですが、多くの場合、自然に回復していくようです。 病院にもよると思いますが、その後1年くらいかけて寛解したかどうかを確認していきます。 手術に関しては他の2つの治療よりも早期に効果が得られやすいようです。 バセドウ病における食事のことに関しましては次のページをご参照下さい。 バセドウ病につきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。 医療法人 神甲会 隈病院 最後に まず、まだバセドウ病と診断されたおらず、疑いを持たれている方は症状をチェックして、当てはまる項目がそれなりにあるようでしたら早々に病院を受診た方が良いと思います。 病院では検査が行われ、バセドウ病と診断された場合は投薬、放射線治療、手術の中から選択する形になります。 全体的な完治率としては正確なデータはないものの約3割と言われています。 放射線治療や手術の場合の完治率は高めとなっており、投薬治療は低めとなっています。 治るまでの期間は概ね手術、放射線治療、投薬治療の順で長くなります。

次の

起きれない症状のパセドウ病でやってはいけない事・食べ物

バセドウ 病 チョコレート

Sponsored Link 甲状腺機能亢進症 バセドウ病 の症状は目の突出 甲状腺機能亢進症 バセドウ病 の症状が 一番わかりやすくでるのは、「 目」です。 例えば、サッカーの本田圭佑さんは バセドウ病になっていたという 噂があります。 私は噂ではなく、 真実だと感じています。 私は海外の日本人サッカー選手を 追うのが好きで、本田圭佑選手の試合も 海外移籍したオランダのVVVフェンロ 時代からみていました。 その頃の本田さんは、 バセドウ病(甲状腺機能亢進症) にはかかっていませんでした。 しかし、ロシアのCSKAモクスワに 移籍してからおかしくなりました。 バセドウ病になったと噂されたのは、 2010年南アフリカワールドカップ で大活躍してからです。 彼は、ワールドカップでの活躍以降、 ビッグクラブに移籍したいという噂が 流れました。 CSKAモスクはビッグクラブですが、 ロシアリーグは、欧州リーグ内では トップリーグとはいえません。 当然クラブのファンや関係者は 複雑な心境だと思います。 結局本田さんは、フリー移籍 (移籍金が発生しない)でイタリアの 名門ACミランに移籍しました。 ここからは私の憶測なので 真に受けないでほしいと思います。 本田圭佑選手がバセドウ病にかかった と噂された時期は、移籍の噂やフリーで 選手の契約切れになる1年~1年半くらい 前だったと思います。 バセドウ病の 原因は、 精神的なものが 要因だとされています。 しかし、本田圭佑選手は、 食事や生活などの自己管理は完璧で、 プロフェッショナルな方です。 メンタルも強いです。 バセドウ病(甲状腺機能亢進症)とは 全くの無縁であると私は思っています。 そしてプロサッカー選手でバセドウ病に かかっているという人は、 聞いたことがありません。 ですので、本田さんがバセドウ病になる 原因がまったくわからないのです。 いや、言いたいことはあるのですが、 妄想だとか非現実的なことだと思うので 書く事はできません。 ただ、私自身が視野が狭くて想像力のない 人間であり、海外の厳しさや環境を 知りません。 何かがあったのだと思います。 話がかなりそれてしまったのですが、 何が言いたのかというと、 本田圭佑さんは、 バセドウ病(甲状腺機能亢進症)に なっていたということです。 理由は、 目です。 私も甲状腺機能亢進症(バセドウ病) なのですが、 目が飛び出てしまいました。 本田さんも、バセドウ病の噂になってから 目が異常に飛び出ていました。 VVVフェンロの頃と、 バセドウ病の噂が流れた頃の目を見比べ てみると、明らかに異常です。 (上記のまとめサイトで画像がみれます) 目の突出する症状はバセドウ病以外では、 考えられないと思います。 さらにバセドウ病の治療では、 薬を飲む方法と、手術をする という2通りがあります。 薬は、メルカゾールというお薬を 飲まなければなりません。 私ももう9年以上飲み続けています。 薬での治療は、治るまでに時間がかかります。 一方手術では、 首のあたりにある甲状腺を取り除きます。 10日間くらいで退院できるそうです。 首のあたりを手術したという痕跡は 残るようです。 バセドウ病(甲状腺機能亢進症)は 心臓に物凄く負担がかかります。 持久力や体力が著しく低下してしまうのです。 本田さんはすぐに治せる手術を選択したと 思います。 首のあたりに手術痕っぽいのが残って いましたし、隠すように肌色のテープみたい なのを張っていました。 もちろんプロサッカー選手なので、 選手の価値を下げたり、弱点となるような 病気や手術などのマイナス要因は、 なるべく表に出したくないところです。 しかし、薬や手術でバセドウ病 (甲状腺機能亢進症)を治したとしても 目の突出は治らないのです。 理由はわかりません。 私は薬(メルカゾール)を飲み続けて いますが、目の突出が治りません。 そして私の場合はさらに運が悪いことが かさなってしまいました。 目の突出しているのに、目の手術を しなければならなくなったのです。 目の手術をした理由は、 目の網膜に穴が開いていて、 放っておくと失明の恐れがあるからです。 そのため、目が突出しているところに、 レーザーで網膜治療を行いました。 左目だけだったのですが、 そのレーザー治療のせいで、 左目だけさらに眼が突出してしまいました。 本当に最悪です。 甲状腺機能亢進症の治療をしている 病院の先生に事前に目の手術をするという ことを話しました。 先生が言うには、 問題はないということでした。 しかし、結構適当な先生なので、適当に 答えられてしまったのかもしれません。 私は、手術をした眼のほうだけ、 余計に突出してしまうとは思いませんでした。 何故手術の影響で片目だけ突出して しまったのかはわかりません。 私はもの凄く運が悪い人間なので、 またかと思いました。 ASD(アスペルガー)の影響が 何かしらあったのでしょうか。 まったくの謎です。 しかし、どうせ誰とも会わず 引きこもっているので、 今更見た目がどうなろうとも それほど影響はないと 思いたいのですが、 やはり無理です。 辛いです。 Sponsored Link 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)がASD(自閉症・アスペルガー)の原因 私が甲状腺機能亢進症になった原因に、 ASD(自閉症・アスペルガー)の 影響があると思っています。 理由は、 セロトニン不足による 自律神経の乱れにあります。 ASD(自閉症・アスペルガー)は、 セロトニンが著しく低下していると いわれています。 セロトニンとは脳内の神経物質のひとつで、 幸せホルモンとも呼ばれています。 感情や精神の安定に非常に重要な 役割も果たしています。 このセロトニンが不足すると、 ・睡眠に悪影響 ・メンタルが不安定にある ・姿勢が悪くなる ・免疫力の低下 など他にも様々な 身体や精神に悪影響 をもたらします。 今書いていて気付いたのですが、 セロトニン不足による「 姿勢が悪くなる」 について、物凄く実感しています。 私は小さい頃から物凄く姿勢が 悪かったのです。 いつも母親に姿勢を正すよう何回も 言われていましたが、 一向に治すことができませんでした。 今も猫背が全く治りません。 これは当時、 私が胴長短足だから だと思っていました。 しかし、どうしても背中が丸まってしまい 意識して背筋を伸ばさない限り、 猫背が治らないのです。 ASD(自閉症・アスペルガー)は、 姿勢が悪い人が多いといわれています。 理由はASDの影響による、 セロトニン不足が関係しているのだと 今気づきました。 話がそれてしまったのですが、 セロトニン不足によって、 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)が 引き起こされているのです。 ASD(自閉症・アスペルガー)の影響で セロトニン不足の影響はありました。 そして、15年以上引きこもりの影響で、 さらにセロトニンが不足していたのです。 セロトニンを増やすために必要な行動が、 引きこもりによって全く取れず、 私の脳内の幸せホルモンは 著しく欠如していたのです。 セロトニンを増やす日常の行動としては、 ・規則正しい生活 ・人との会話 ・人との触れ合い ・3食バランスの取れた食事 ・日光を浴びる ・ストレスを抱えない など他にも様々な要素があります。 私の場合はセロトニンを増やす行動は 全くありませんでした。 私は引きこもってからの外出は 2ヶ月に1~2度くらいです。 さらに、近所の目が怖いので、 暗くなった夜しか出歩けません。 そのため、日光は3ヶ月に1度くらいしか 浴びていないのです。 昼夜逆転の生活が治りません。 人とのコミュニケーションも 家族すら全くありません。 一日2食の、炭水化物(米、パン、麺) の栄養の無い偏った食事ばかりです。 ストレスというか、 毎日絶望感を感じています。 そのため、気分がいつも沈んでおり、 鬱かどうかすらわかりません。 うつの症状としては、動けない、 やる気が出ないなどがありますが、 確かに当てはまってはいます。 しかし、鬱とは働いて苦労して メンタルが壊れた人がなる病気だと 私は思っています。 引きこもって怠惰な生活を続けている 私が鬱になることはあるのでしょうか。 セロトニン不足による自律神経の乱れから、 私が甲状腺機能亢進症(バセドウ病)に なっていることは確かだと思います。 また、引きこもっていることと、 ASD(自閉症・アスペルガー)の影響で セロトニンが普通の人よりも圧倒的に 劣っているため、 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)が 一向に治らないのです。 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)を 治療するメルカゾールというお薬を 定期的に飲んでいます。 しかし、症状は軽くなっても 原因物質の値が一向に下がらず、 治らないのです。 医師によると、TSHレセプター抗体の値が 10%以下にならないと、 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の症状が また出てきてしまうそうです。 とにかくこのTSHレセプター抗体の値を なんとかして10%以下にしたいです。 その為には、自律神経を正常にし、 セロトニン不足を解消させなければ ならないと自分では思っています。 医師は私が引きこもっていることや ASD(自閉症・アスペルガー) ということは知りません。 ですので、私が一向に 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)が 治らない理由も気付いていません。 ただ、医師の方は1週間に1度しか その病院に来ない方です。 私は甲状腺の病気でその病院に 3ヶ月に1度しか行きません。 ですので、私の病気が治ろうが 治るまいが、どうでもいい感じに 思っていると思います。 3割負担で親からの扶養の 惨めな保険証から、私が働いていない 引きこもりだということは 気づいていると思います。 ですが、医師の人は気を使ってくれて いるのか、何も聞いては来ませんし、 事務的な診療で済ませてくれています。 話が凄いそれてしまったのですが、 私の場合、 甲状腺機能亢進症が治らない 理由は、 ASD(自閉症・アスペルガー)の セロトニン不足による自律神経の乱れが 原因ということです。

次の

バセドウ病の症状 ③機能亢進で引き起こされる全身症状

バセドウ 病 チョコレート

みなさんは、バセドウ病という病気を知っていますか? もしかしたら一度くらいは耳にしたことがあるかもしれません。 人口1万人につき8人のバセドウ病患者がいるといわれています。 バセドウ病にかかっている芸能人が数多くいるとの噂もあます。 そこで今回は、バセドウ病に関する情報をお届けしたいと思います。 バセドウ病とは ・メカニズムと症状 人間の喉ぼとけの両側には甲状腺があります。 甲状腺には、甲状腺ホルモンを分泌するという働きがあります。 甲状腺ホルモンは人間の発育や成長に必要不可欠のもので、全身の新陳代謝を高めてくれます。 バセドウ病は、この甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうというものです。 免疫系が自分自身を攻撃してしまう自己免疫疾患の一種になります。 ・症状 バセドウ病にかかると、肉体に精神にさまざまな症状が表れることになります。 たとえば、 心拍数が増加して血圧が上昇したり、不整脈が起こったりします。 大量に汗をかいたり体がほてってきたりすることがあります。 また、 眼球が前方に突出して目が大きくみえることもあります。 これはバセドウ病で知られている特徴的な症状です。 さらに、 神経が過敏になり不安を感じるようになったり、不眠症になったりもします。 そして、 驚くほど性格が変わってしまうという症状も報告されています。 ・原因 バセドウ病は、複数の原因が作用することにより発症するといわれています。 過度のストレスや過労だけでなく、出産といった体内環境の変化もバセドウ病の原因として挙げられています。 また、 バセドウ病の患者のうちおよそ15%くらいは、家族内に同じ病気の人がいることが分かっています。 このことから、バセドウ病の発症には遺伝的な要因も関係あると考えられています。 ・年齢と性別 バセドウ病の患者は、 男性よりも女性の数の方が多いことがわかっています。 具体的には、バセドウ病の女性患者は、男性患者の4倍から5倍もいます。 年齢的には、20歳代から50歳代の人に発症することが多く、特に20歳代と30歳代で全体の過半数を占しめています。 寿命の平均は短い? バセドウ病の患者は、寿命の平均が短いという話があります。 この話は本当なのでしょうか。 一般的に、体が大きい動物の方が体の小さい動物よりも、寿命が長いといわれています。 というのも、どの動物も一生のうちの心拍数はだいだい同じとされています。 そして、体が大きな動物の方が体の小さい動物よりも、1分間あたりの心拍数が少ないことがわかっています。 そうすると、心拍数からみれば、体が大きい動物の方が体の小さい動物よりも長く生きることができるということになります。 バセドウ病にかかると、心拍数が増加するという症状が起きることがあります。 そのため、心拍数という観点からすれば、バセドウ病の人はそうでない人よりも寿命の平均は短いということになるでしょう。 ただし、人の寿命は心拍数のみによって決まるというわけではありません。 バセドウ病だから平均の寿命が短いと言い切ることはできないと考えられます。 もっとも、バセドウ病による心拍数の増加は心臓に大きな負担をかけます。 放置しておくと、寿命を縮めるリスクにはなりますので、医師の指示のもとでの適切な治療を受けるべきでしょう。 芸能人にも数多くいる!? バセドウ病にかかっている芸能人も数多くいるといわれています。 歌手の絢香さんは、バセドウ病であることを公表しており、水嶋ヒロさんとの結婚を機に治療に専念されています。 AKB48に所属する篠崎彩奈さんもバセドウ病を公表し一時休養していましたが、現在では病状が落ち着いたため復帰しています。 また、私立恵比寿中学に所属する小林歌穂さんも、症状としては軽いものということですがバセドウ病にかかっています。 さらに、X JAPANのYOSHIKIさんや女優の岩崎宏美さんもバセドウ病であることがわかっています。 そして、MAGIC OF LiFEの山下山下拓実さん、元ピンク・レディーの増田恵子さん、声優の宮村優子さんもバセドウ病であることを公表しています。 他にも、元おはガール・安藤希さんや、ビッグダディの元嫁である美奈子さん、歌手の愛内里菜さんもバセドウ病です。 芸能人ではなく公式に発表はされていませんが、サッカー選手の本田圭佑選手もバセドウ病であると噂されています。 このように、バセドウ病にかかっている芸能人は数多くいるということがわかります。 ここまで、バセドウ病のメカニズムやその原因、寿命の平均との関係などについて紹介してきました。 バセドウ病にかかっている芸能人が多いことに驚いたのではないでしょうか。 あまり聞き慣れない病気でも、意外と近くにその病気の人がいたりするものです。 この記事を参考にバセドウ病についての理解を深めていきましょう。

次の