スター ドライバー。 EPIC FLASH エピックフラッシュ スター ドライバーの試打・評価・感想

【エピック フラッシュ スター ドライバー キャロウェイ】HS41~42m/sの人にドンピシャ。ミスヒットに強く安定して飛ぶ。

スター ドライバー

【技術介入要素】 昨今のART機には珍しく、 技術介入度激高の機種となっている。 目押し成功の恩恵は非常に大きい。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 演出が騒がしいようならもう少し粘る。 【設定変更時】 天井到達までのゲーム数はクリアされる。 8 機械割 設定1 : 97. 以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 中段チェリー確定。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー。 中・右リールにもチェリーを狙い、2連チェリーならば弱チェリー、3連チェリーならば強チェリー。 ==左リール上段スイカが停止した場合== 弱スイカ or 強チャンス目。 中・右リールに赤7を狙ってスイカをフォローし、スイカが揃えば弱スイカ、ハズれれば強チャンス目。 ==左リール中段スイカが停止した場合== 強スイカ確定。 中・右リールに赤7を狙ってスイカをフォローする。 ==左リール下段に赤7が停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 リールフラッシュ発生で弱チャンス目。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 純増枚数は約205枚。 終了後は必ずARTへ突入する。 純増枚数は約205枚。 純増枚数は約55枚。 【BIG中は技術介入度激高!】 スタードライバーのBIG中は、昨今のART機には珍しく高い技術介入性が搭載されている。 2コマ目押しができるかどうかで、出玉に大きな影響を与える。 技術介入に挑戦する場合は、 BIG中の予告音発生時に逆押し適当打ちで右・中リールと停止させる。 最後に、 左リール中段にいずれかのチェリーを狙う。 (2コマ余裕) 左リールのチェリー狙いは、「赤7・チェリー・赤7」を枠内に狙う形が一番やりやすいと思われる。 技術介入成功の恩恵やポイントについては以下の通り。 目押しに自信がない場合は予告音が鳴っても逆押しせず、順押し適当打ちで消化しよう。 ボーナス中のARTゲーム数獲得契機 - [スタードライバー] ボーナス中は、様々な契機からARTゲーム数を獲得できる。 【プレミアムザメクフリーズ】 ザメクBIGの一部で、プレミアムザメクフリーズが発生。 プレミアムザメクフリーズが発生した場合の恩恵は以下の通り。 見事赤7揃いとなると、0G連上乗せ「ゼロアタック」へ突入する。 チャンスは3回。 レバーオンでリール上に出現したレア役に応じて、上乗せが発生する。 赤7揃い失敗後のレバーオンでフリーズが発生すれば、「リアルタイムフリーズ」確定となる。 そこからはフリーズ演出が始まり、フリーズする秒数が多いほど獲得できるARTゲーム数が増えていく。 フリーズ時間は最大100秒。 (つまり最大で1000G獲得可能) 【プレミアムREG「総会ボーナス」】 REG開始時、液晶にヘッドが登場すれば、プレミアムREGである「総会ボーナス」が確定する。 総会ボーナスへ突入した時点でART確定。 さらに消化中、BAR揃いが成立するたびにARTゲーム数上乗せが発生。 通常時の状態について - [スタードライバー] スタードライバーの通常時には、「低確」・「高確」・「超高確」の3つの状態が存在する。 滞在状態によって、ART当選期待度が異なる。 状態昇格抽選は、「通常時のレア小役成立時」・「ボーナス後」・「ART後」に行なわれる。 状態転落抽選は、「リプレイ成立時」に行われる。 高確も超高確も、平均滞在ゲーム数は約35Gほどとなる。 ART「ゼロドライブ」について - [スタードライバー] スタードライバーには、「ゼロドライブ」と呼ばれるART機能が搭載されている。 ゲーム数上乗せ方式となっている。 【「綺羅星目」出現時はゲーム数上乗せに期待】 ART中に「綺羅星目」が出現すれば、ARTゲーム数上乗せのチャンス。 綺羅星目とは、中段に「リプレイ・リプレイ・ベル」が停止する出目のこと。 以後2G間がチャンスとなる。 次ゲームで12枚払い出しのベルが入賞すればアツい! さらに次ゲームでチェリーが揃えば上乗せ発生となる。 【上乗せ特化ゾーン「銀河ラッシュ」】 銀河ラッシュとは、全役にてゲーム数上乗せ抽選が行われる、1セット5G継続の上乗せ特化ゾーン。 5G消化後は継続バトルへ移行し、そこで勝利すれば銀河ラッシュ継続。 銀河ラッシュ突入抽選は、ART中のレア小役成立時に行われる。 各小役での銀河ラッシュ突入期待度は以下の通り。 弱スイカ < 弱チャンス目 < 強スイカ < 強チェリー < 強チャンス目 < 強ベル < 中段チェリー 【7揃い超高確率ゾーン「封印解除」】 封印解除とは、赤7揃いが超高確率で成立する上乗せ特化ゾーン。 赤7揃い成立でゲーム数上乗せ確定。 封印解除へは、ART中の封印解除目(BARが菱形で停止)から突入する。 押し順に失敗し、斜めリプレイが入賞すると封印解除終了。 【ART中の打ち方】 押し順ナビ発生時はそれに従って消化。 演出発生時は、通常時と同じ打ち方でスイカとチェリーをフォロー。 その他の場合は適当打ちでOK。 【ART中の純増】 ART中は、1Gあたり約1. 8枚のペースでコインが増加していく。 天井について - [スタードライバー] スタードライバーには、天井機能が搭載されている。 なお設定変更後は、天井到達までのゲーム数はクリアされる。 小役とボーナスとの重複当選 - [スタードライバー] スタードライバーには、小役とボーナスとの重複当選機能が搭載されている。 各小役での重複当選確率は以下の通り。 ただ、特に強い要素はないため、初当たり確率をざっくりと把握する程度で充分だと思われる。 【弱スイカ+ボーナスの出現率に設定差大!】 弱スイカ成立時のボーナス重複当選率には、なかなかの設定差がつけられている。 特にREGとの重複に設定差が大きい。 【ART中に引いたBIG時の上乗せに注目】 ART中に引いたBIGで、逆押し技術介入に成功した場合に、以下の上乗せゲーム数が出現すれば高設定確定。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の

STAR DRIVER 輝きのタクトとは (スタードライバーカガヤキノタクトとは) [単語記事]

スター ドライバー

ディスタンス系のボールと相性が良く、HS41~42㎧のゴルファーが、高い打ち出しと高初速で飛ばせます。 (堀越) やや長く、クラブ全体の慣性モーメントが大きめ。 安定性能のひとつ 実測するとクラブ重さは軽いですが、クラブ長さがやや長いので、クラブ慣性モーメントがやや大き くなっています。 ヘッドは小さなフェースプログレッションと非常に広い横幅、シャローバックが特徴的です。 (松尾) オープンフェース設定でアドレスではまったくフェースが被りませんが、クラウン部の「シェブロンマーク」付近の盛り上がりが強いので、アップライト感がでています。 ロフトは9. 5度で、標準の「スピーダー for CW」のSシャフトを試打しましたが、シャフトのしなりはスムーズで、インパクトの再現性もいい感じです。 【総合評価】 飛距離性能 4. 5/つかまり 4/上がりやすさ 4/ミス許容 4/操作性 3. 5度、10. 5度 ライ角/59. 5度 長さ/45.

次の

パチスロ スタードライバー

スター ドライバー

ディスタンス系のボールと相性が良く、HS41~42㎧のゴルファーが、高い打ち出しと高初速で飛ばせます。 (堀越) やや長く、クラブ全体の慣性モーメントが大きめ。 安定性能のひとつ 実測するとクラブ重さは軽いですが、クラブ長さがやや長いので、クラブ慣性モーメントがやや大き くなっています。 ヘッドは小さなフェースプログレッションと非常に広い横幅、シャローバックが特徴的です。 (松尾) オープンフェース設定でアドレスではまったくフェースが被りませんが、クラウン部の「シェブロンマーク」付近の盛り上がりが強いので、アップライト感がでています。 ロフトは9. 5度で、標準の「スピーダー for CW」のSシャフトを試打しましたが、シャフトのしなりはスムーズで、インパクトの再現性もいい感じです。 【総合評価】 飛距離性能 4. 5/つかまり 4/上がりやすさ 4/ミス許容 4/操作性 3. 5度、10. 5度 ライ角/59. 5度 長さ/45.

次の