ダイマックス 仕様。 ダイマックスの仕様について【ポケモン剣盾】

ダイマックスの仕様について【ポケモン剣盾】

ダイマックス 仕様

概要 『』から登場するシステム。 バトル中にポケモンがすら可愛いレベルに 超巨大化するという特殊な現象で、現在のところ地方でのみ確認されているという。 が発見したガラル粒子と呼称される赤い素粒子によってダイマックスが可能とされ、発動させられる場所は限定されており、ガラル地方のポケモンスタジアムは一部を除き粒子放出量が充分なポイントに建造されている。 以前は頑丈な石組み造りのスタジアムで行われていたが、現在は収容人数が見込める様にナックルスタジアム以外は改修されている。 そして、特殊な鉱物を組み込んだアームバンド型デバイス「 ダイマックスバンド」があれば、トレーナーが任意のタイミングでポケモンをダイマックスさせることが可能となる。 ジムバトルでは推薦状だけでなく、バンドに必要なアイテム『ねがいぼし』も必須であり、特別なトレーナーだけが厳選されている最たる理由でもある。 また、バンドがあればダイマックス状態にあるポケモンも捕獲する事が可能であり、その際はボールが同様の変化を遂げ、迫力満点のゲットシーンが展開される。 ダイマックス中は一部の能力値が上昇し、さらに全ての技が強化された「 ダイマックスわざ」に変化する。 また発動中はエフェクトとして、空模様がマゼンタ色の渦巻く暗雲へと変わる。 加えてダイマックス中に倒されるとエネルギーが爆発し、元のサイズに戻りながら倒れるシーンが発生する。 全てのポケモンがダイマックス可能で、中にはダイマックスすると能力だけでなく、姿も変化する を使用できるポケモンも存在する。 上記の様にわざが強化される、特定のポケモンの姿が変化するのという意味では「」と「」の良いとこ取りな要素であるとも考えられ、本作ではその二つの要素は登場しない。 元々全てのポケモンには身体を縮小・無力化させてボールに収まる能力が備わっており、一部のポケモンは技「」で能動的に行使が可能。 ダイマックスは上記の要因でその性質が逆に発現したものではないかとの考察も存在する。 また乱用はポケモンへの負担があり暴走する危険性もあるので、制御下にある対戦では短時間しか使用できない。 パワースポットさえあれば人の手が無くともガラルの自然化で起こり得る現象である為、突然の巨大化や暴れる危険など、本来は人間とポケモン両サイド共に 自然災害に近い現象で、アニメではキョダイカビゴンがワイルドエリアの線路を塞ぐ実害も発生していた。 だが、ローズがバンドの開発やスタジアムの改良などを行った結果、エンタメ競技として導入が可能となり、対戦文化として人々に受け入れられる様になった。 しかし10年程とそう年月は経過していない為、ネズのようにダイマックスを嫌う者もいる。 ちなみに誤解されがちだが、ダイマックスバンドは任意発動を行う為のツールで、ダイマックス自体は要件さえ満たせばポケモン1体でも起こす事は可能。 ダイマックスの仕様• 1回のバトルで1度しかダイマックスできず、3ターン経過すると元の大きさに戻る。 HPが最大2倍まで増加する ダイマックスレベルによって増加量は変化する• ひるみ状態にならない• どく、まひ、やけど、こんらん、こおり、メロメロ、ほろびのうた状態にはなる• 状態異常で行動できなかった場合もターンは消費される• メガシンカ、Zワザと違い、どんな持ち物を持たせてもダイマックスは発動可能• ダイマックス中も持ち物の効果は発揮される 下記の例外を除く• 以下の技や効果を受け付けず無効化する• 「」等の一撃技• 「」による相討ち• 「」「」などの体重依存技• 「」「」等の技縛り ダイマックス前に受けたものも同様• 「」「」等の強制交代• 「」「」等の特性トレード• 「」「」等による持ち物の移動・消失• こだわりアイテムや「」の効果を無視する• 「」の効果は発揮されるが、「ダイウォール」は使えなくなる• 控えとの交代によって解除され、再度出す場合は通常のポケモンに戻っている。 「」「だっしゅつパック」等の味方側に由来する強制交代は無効化されない。 ダイマックスすると、そのポケモンが展開していた「」は消失する。 メガシンカ、Zワザ同様に発動時のアニメーションはカットできない• ダイマックスポケモンにを使うと、通常サイズのポケモンに変身する。 変身後にダイマックスしても解除される事はないが、キョダイマックス形態にはならない• なお、マックスレイドバトルでは上記の仕様に一部例外が盛り込まれている他、独自の仕様も存在する。 これらについては「 」の記事を参照。 ダイマックスわざ一覧 技のタイプ ダイマックスわざの名前 追加効果 ノーマルタイプ ダイアタック 相手全体のすばやさを1段階下げる ほのおタイプ ダイバーン 天候を「ひざしがつよい」にする みずタイプ ダイストリーム 天候を「あめ」にする でんきタイプ ダイサンダー を展開する くさタイプ ダイソウゲン を展開する こおりタイプ ダイアイス 天候を「あられ」にする かくとうタイプ ダイナックル 味方全体のこうげきを1段階上げる どくタイプ ダイアシッド 味方全体のとくこうを1段階上げる じめんタイプ ダイアース 味方全体のとくぼうを1段階上げる ひこうタイプ ダイジェット 味方全体のすばやさを1段階上げる エスパータイプ ダイサイコ を展開する むしタイプ ダイワーム 相手全体のとくこうを1段階下げる いわタイプ ダイロック 天候を「すなあらし」にする ゴーストタイプ ダイホロウ 相手全体のぼうぎょを1段階下げる ドラゴンタイプ ダイドラグーン 相手全体のこうげきを1段階下げる あくタイプ ダイアーク 相手全体のとくぼうを1段階下げる はがねタイプ ダイスチル 味方全体のぼうぎょを1段階上げる フェアリータイプ ダイフェアリー を展開する 変化わざ ダイウォール フェイントを除く全ての技を完全に防ぐ。 連続で使うと失敗しやすい• 変化わざは天候操作・積み技・妨害技等の種類を問わず、どんなものであっても「ダイウォール」に変化する• 大まかな概要はZワザとほぼ同じ• どのダイマックスわざも原則的には必中技で、全てが非接触技扱いとなる• タイプと物理・特殊の分類、単発威力だけが抽出され、元々の効果やデメリットは失われる• 相性・特性で無効になるポケモンには不発に終わり、追加効果も発動しない• 「ダイウォール」以外の「」系防御技を貫通し、威力を落とした状態でダメージを与えられる• これらの技は「」「」など特定の技を強化する特性の恩恵を受けない• 「」「」など「物理わざ全般」を強化する特性や、「」「」など、「タイプわざ全般」を強化する特性の効果は発揮される• 追加効果故か、ダイナックルとダイアシッドは他のタイプよりも威力が低く設定されている• その為「」「」等の高威力わざはかえって威力が低下してしまう• ダイマックスわざの追加効果は「みがわり」や「」で防ぐ事が出来ない• Zワザと違い、「」や「」等によるタイプ変化は反映され、変化後のタイプに応じたダイマックスわざが発動する。 キョダイマックスわざについては「」の記事を参照。 対戦において 以上の点や3ターンの制限、そしてダイマックス技の追加効果が軒並み強力なことから、アタッカーの素質のあるポケモンにはダイマックス適正があると言え、• 、、といった「はりきり」持ちのポケモン• 、、といった、リスクのある大技が主軸となるポケモン• 、、といった、追加効果の天候と特性を組み合わせて性能を上げられるポケモン• 、、といった、火力と足りない素早さを同時に補填できる準速• 、、といった、その他特性の恩恵が失われないポケモン 等とは相性が良く、• 、、といった、変化わざを主体とするポケモン• 、、といった、低威力わざの強化が強みのポケモン• 、、といった、ダイマックスすることで強さの源たる固有技の効果が失われてしまうポケモン• 、、といった、火力強化が見込めない特殊格闘・物理毒のポケモン 等とは相性が悪い。 基本的にダイマックスアタッカーとして運用するならば攻撃技を4つ採用した所謂フルアタ型が望ましいが、最近では相手のダイマックスに対抗するため、そしてあらやる場面でターン調整に活用できる点から、技スペースを多少圧迫してでも変化技を取り入れ、「ダイウォール」を採用しているトレーナーも多い。 また、や等「1ターン戦線離脱して次ターン攻撃」する技も、相手のダイマックスターンを浪費させる手段として注目を集めている。 余談 ポケモンを巨大化させる際に所謂「」と同様三段階を踏んで巨大化する演出があるほか、3ターンしかダイマックス形態を維持できないのも「」というをはじめとするの弱点を意識したものである可能性が高い。 もっとも、ポケモンの元ネタ自体が『』のであることを考えれば、そこまで突飛なことでもなかったりするが。 また、のモチーフになったには 巨人伝説が存在するため、それに絡めているとも考えられる。 関連タグ 「 全てのポケモンがダイマックスできる」という触れ込みのダイマックスであるが、実際には・・のガラル伝説3匹だけはダイマックスする事ができない。 なお、それ以外の伝説ポケモンにはこうした制限は無いようで、を介して他作品から連れてきたものは問題無くダイマックスが可能。 また、この3匹は・・という 対ダイマックス特効の専用技を持っており、元々の種族値と合わせてダイマックスポケモンにも引けをとらない。 ダイマックス不可がハンデにならないということである。 公式サイトの説明では、高層ビルに爪を立てる、じゃれついた相手を巨体で押しつぶす等の実際に背丈や図体が上昇していなければ不可能な記述も見られているが、クリア後に語られるマグノリア博士の見解では、ダイマックスしている最中もポケモンの元々の大きさは変わっていないと言われている。 その為、正確には細胞増殖などで肉体を肥大化させているのではなく、『』のだと思われる。 関連記事 親記事.

次の

【ポケモン剣盾】時間切れ(TOD)の仕様や対策について

ダイマックス 仕様

目次 ダイマックスの解説• 新システム「ダイマックス」とは? ポケモンが巨大化! ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)で新登場となるシステム「ダイマックス」は、ポケモンが巨大化できる新しい要素です。 「メガシンカ」は特定のポケモンのみできましたが、ダイマックスは全てのポケモンが可能になるようです。 しかし、 このダイマックスはメガシンカのような、どのバトルや場所で使用ができるというわけではなく、ワイルドエリア内の「ポケモンの巣」や「ポケモンジム」など、 ガラル地方の特定の場所でのみ発生します。 ダイマックスの発表があった2019年6月5日放送のポケモンダイレクトまとめはこちら ダイマックスの効果と特徴 一部の能力や技が強力に ポケモンがダイマックス化すると一部の能力が上昇します。 (種族値に応じてかもしれません) また、通常時に覚えている技が 「ダイマックスわざ」に変化します。 「ダイマックスわざ」は、もとになった技のタイプと種類によって決まります。 「ダイアタック」は攻撃した相手の素早さを下げる効果もあります。 1バトル1回のみ使用可能 ダイマックスのやり方(条件)は1バトル中1回のみとなっています。 バトルのコマンドの中央にダイマックスボタンが現れ、ここから切り替えられるようです。 また下記にて説明する「マックスレイドバトル」では、4人プレイヤー中1人のプレイヤーのポケモンが1回だけダイマックス化できます。 3ターン経過で戻る ダイマックス化は1バトル1回のみ使え、3ターン経過すると元に戻ってしまいます。 ダイマックスバンドを持ったプレイヤーが使える 「ダイマックスバンド」と呼ばれる特別な道具を持っているトレーナーだけが、ダイマックスを使いこなすことができるそうです。 各地のジムリーダーはこれを持っているようなのでジムバトルではダイマックスバトルを想定した立ち回りになりそうです。 ダイマックス技一覧 技タイプ 名称 効果 ノーマル ダイアタック 攻撃した相手のすばやさを1段階減少させる ほのお ダイバーン ひざしを強くする みず ダイストリーム あめを降らせる でんき ダイサンダー エレキフィールドを展開する くさ ダイソウゲン グラスフィールドを展開する こおり ダイアイス あられを降らせる かくとう ダイナックル 味方全体のこうげきを1段階上昇させる どく ダイアシッド 味方全体のとくこうを1段階上昇させる じめん ダイアース 味方全体のとくぼうを1段階上昇させる ひこう ダイジェット 自身のすばやさを1段階上昇させる エスパー ダイサイコ サイコフィールドを展開する むし ダイワーム 相手のとくこうを1段階減少させる いわ ダイロック すなあらしを降らせる ゴースト ダイホロウ 相手のぼうぎょを1段階減少させる ドラゴン ダイドラグーン 相手のこうげきを1段階減少させる あく ダイアーク 相手のとくぼうを1段階減少させる はがね ダイスチル 自分の防御を1段階上昇させる フェアリー ダイフェアリー ミストフィールドを展開する 変化技 ダイウォール ダイマックス技を含めた「まもる」を発動する キョダイマックスとの違い 一部のポケモンがキョダイマックス化できる どのポケモンもダイマックスすることはできるが、 キョダイマックスは一部のポケモンだけがおこなえる。 キョダイマックス専用技が使用可能 ダイマックスするとポケモンの技がダイマックス技に変化する。 キョダイマックスすると、さらにポケモンの技が変化し、 キョダイマックス技が使用可能となる。 ポケモンの容姿が変化する キョダイマックス化すると、ポケモンが大きくなるだけでなく、容姿そのものが大幅に変化する。 元のポケモン容姿を残しながらも、ダイナミックな姿は圧巻である。

次の

ダイマックス時のもちもの効果|ポケモン知恵袋|ポケモン徹底攻略

ダイマックス 仕様

3ターンを過ぎると、ダイマックスは自然と解除されます。 ダイマックスで攻め切る場合は、この3ターンをどう上手く活かすかが、勝利への鍵です! ダイマックスを相手にする場合、「まもる」や「ダイウォール」を使ったり、受け出しが出来るポケモンに交代したりしながら、うまくダイマックスを凌ぎ切りましょう。 手元に戻す もしくは、ダイマックスしているポケモンを手元に戻す事でダイマックスは解除できます。 自分のダイマックスターンを無駄にするのは勿体無いですが、交代した方が対戦が有利になる場面も多々あるので慎重に判断しましょう。 ひんしになる あとは「ひんし」になれば解除されます。 これは当然ですね。 普段受けることが出来ない弱点技を受けることができたり、割合ダメージを緩和したりすることができます。 たとえばダイマックスしたホルードがHPが2倍になり、ダイマックスしたロトムのダイストリームを確定で耐えることが可能です。 各状態異常や、「のろい」状態。 「いのちのたま」で受ける割合ダメージは、全てダイマックス中もダイマックス前のHPの基準で計算されるため、 ダイマックスをすれば、その間だけ各種割合ダメージを実質半減に抑えることができます。 各タイプの攻撃技が、ダイマックス専用技に変化し、それぞれのタイプ特有の追加効果が発動します。 この仕様変更により相手のポケモンの技構成を予想し、ダイマックスの効果も考慮しながら立ち回る必要があり、対戦の幅が広がりました。 ひこうタイプの「ダイジェット」はすばやさが上がり、かくとうタイプの「ダイナックル」はこうげきが上がるといったもの。 ダイマックス技は必中 ダイマックス技は、全作のZ技と同じように必中であり、相手の回避ランクが上がっていても関係なくダメージを与えることができます。 この仕様のおかげで、害悪とよばれていた。 「ちいさくなる」や「かげぶんしん」を搭載し回避率をあげてくる戦法はあまり見なくなりました。 変化技はダイウォールになる ダイマックス中はこうげき技以外の変化技は、全て統一して「ダイウォール」という技に変化します。 この技は「まもる」の強化版で、ダイマックス技も含める全ての技を防ぐ効果があり、追加効果も発動させません。 相手のダイマックスターンを凌ぐのにとても役に立ちます。 「まもる」「みきり」などの技と同様。 「まもる」「みきり」などは貫通する 「まもる」「みきり」「キングシールド」「トーチカ」「ブロッキング」などの防御技でダイマックス技を受けた場合。 貫通し、通常時の4ぶんの1のダメージを受けることになる。 追加効果も通常どおり発生する為、押し切られる事もある、注意が必要。 一撃必殺技 「つのドリル」「じわれ」「ぜったいれいど」「ハサミギロチン」などの一撃必殺技が、ダイマックス中では効かない。 受けループなどを使う際はダイマックスを駆使することで、一撃必殺技を連打してくるポケモンを凌ぎ切ることができるかもしれないので、把握しておきたい。 重さの関係する技 「ヘビーボンバー」「ヒートスタンプ」「くさむすび」「けたぐり」などの相手の重さに依存する技もダイマックス中では効かない。 ダイマックス技として打てば効果はあるが、イマイチ使いづらい技となった。 交代させる技 「ふきとばし」「ほえる」など、強制的に交代させる技もダイマックス中は効果がない。 過去作では「カバルドン」や「エアームド」など積み技を抑制させる意味で採用されることが多かった。 「こだわりスカーフ」などのアイテムもダイマックス中はすばやさが上がらないために、相手にバレにくい。 とつげきチョッキ とつげきチョッキは、変化技が打てない代わりに、「とくぼう」が1. 5倍になる。 ダイマックス中もとくぼう1. 5倍の効果は継続する。 HPが2倍になりとくぼうも1. 5倍になるので、 特殊アタッカー対策の「とつげきチョッキ」は、ダイマックスの仕様でさらに強化された。 能力変化やフィールドは、対戦の勝敗に大きく影響する。 ダイアタック: ノーマル 相手のすばやさを1段階下げる。 ダイウォール: ノーマル 全ての技から身を守る。 ダイマックス技も含む ダイバーン: 炎 天候を晴れ状態にする。 ダイストリーム: 水 天候を雨状態にする ダイソウゲン: 草 フィールドをグラスフィールドにする ダイサンダー: 電気 フィールドをエレキフィールドにする ダイアース: 地面 味方の特防を1段階上げる ダイアイス: 氷 天候をあられ状態にする ダイジェット: 飛行 味方の素早さを1段階上げる ダイロック: 岩 天候をすなあらし状態にする ダイアシッド: 毒 味方のと特攻を1段階上げる ダイワーム: 虫 相手の特攻を1段階下げる ダイナックル: 格闘 味方の攻撃を1段階上げる ダイサイコ: エスパー フィールドをサイコフィールドにする ダイホロウ: ゴースト 相手の防御を1段階下げる ダイアーク: 悪 相手の特防を1段階下げる ダイドラグーン: ドラゴン 相手の攻撃を1段階下げる ダイスチル: 鋼 味方の防御を1段階上げる ダイフェアリー: フェアリー フィールドをミストフィールドにする.

次の