ベンチ プレス 120kg。 【筋トレ】ベンチプレス120kg・スクワット125kg

ベンチプレスの重量を伸ばす方法3つ【伸びない人は必見】

ベンチ プレス 120kg

ここではベンチプレスで60kgを持ち上げるとどのぐらいのレベルかを知ることができます。 60kgから70kg、80kgとレベルアップさせる方法も解説しています。 ベンチプレスで60kgを持ち上げられるようになると初心者から中級者にレベルアップしているほどの重量です。 ベンチプレスの男性平均重量が約40kgなので、これを目安にすると重量60kgが中級者ぐらいだということがわかりますね。 しかしここからちょっとずつレベルアップが難しくなってきます。 どんどん重量をアップさせて70kg、80kgとレベルアップさせたいはず。 ベンチプレス重量60kgの壁を超えるための目安となる回数やレベルアップの方法を解説していきます。 ベンチプレスで重量60kgを持ち上げると脱初心者 ベンチプレスで重量60kgを持ち上げることができると脱初心者を名乗っていいでしょう。 日本人の成人男性の平均体重が約60kg~65kgなので、自分の体重を持ち上げていることになります。 自分の体重と同じぐらいの重量を持ち上げることができるようになってくると身体がだいぶ進化していることを実感できます。 ベンチプレスで60kgを持ち上げれると脱初心者だというの主観ではなく、根拠としてはベンチプレスの平均重量は40kgと言われているからです。 しかもこの平均重量はベンチプレス経験のない人の平均と言われているので、この平均重量から+20kgも持ち上げるまでには数か月はかかるので、十分脱初心者と言えます。 ベンチプレスの平均重量は約40kg ベンチプレスで60kgを持ち上げることが脱初心者という根拠は成人男性のベンチプレスで持ち上げれる平均重量が約40kgだからです。 この表を見るとわかるように、筋トレ経験のない体重60kgの男性が34kgを1回持ち上げると平均的な筋力ということがわかります。 この表を参考にすると体重60kgの男性が60kgを持ち上げると初級者と中級者の間ぐらいの実力ということになります。 ベンチプレス初心者はまずは重量40kgを目安にトレーニングをするといいですね。 そこからレベルアップしてきたら、重量60kgを目標にするといいでしょう。 ベンチプレスでの平均重量を詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。 ベンチプレスで60kgの壁を超えるには?60㎏を7回~8回持ち上げると70kgを1回持ち上げれることに相当する ここで重量60kgを持ち上げれると言っているのは回数1回での話になります。 そこでベンチプレス60kgの壁を超える70kgを1回持ち上げるにはどのようにトレーニングをこなしていけばいいのでしょうか? 60kgの壁を超えたといえる目安としては重量60kgを連続して7回~8回持ち上げると重量70kgを1回持ち上げれる実力があるというように換算できます。 この換算表・早見表を見るとわかりやすいですね。 そして重量70kgを6回~7回持ち上げると80kgを1回持ち上げれるという実力があるので、このように重量に対して連続して持ち上げれる回数を目安に実力を換算しながらトレーニングするといいですね。 ベンチプレスでMAX重量60kgの壁を超えよう! ベンチプレスでの重量60kgを持ち上げれるとなると、日本人の平均体重が約65kgほどなのでだいたい自分の体重を持ち上げていることになると思います。 まずはこの自分の体重を持ち上げれるようになってくると身体の変化が明らかにわかってくるので、ベンチプレスがもっと楽しくなってきます! MAX重量60kgを超えてきたら、次は60kgを数回持ち上げれるようにトレーニングしていきましょう! 60kgを連続して7、8回持ち上げると70kgを1回持ち上げれる実力があると換算できるので、これを目安に頑張るといいですね! ベンチプレスで重量60㎏の壁をぶち破るならマイプロテイン! 公式.

次の

ベンチプレス120kgを上げる方法【120kgの壁を打破しよう!】

ベンチ プレス 120kg

ベンチプレス: MAX110kg• トレーニング頻度:週一回• 理由は筋肥大に有効なレップ数が8〜12回と一般的に言われており、その中でも高重量を扱える8回が筋肥大と神経系の発達を効率良く望めると考えていたからです。 この方法は非常に効果的だと私は思っています。 実際ベンチプレス100kg到達まではメインでこの方法を採用しており、割とすんなり持ち上げることができました。 ただどんな事にも終わりがあるように、100kgを超えてからはこの方法でMAX更新ができなくなってしまいました。 色々調べると気になる論文を発見しました。 27名の被験者を普通のトレーニング群(NP:normal群)と線形ピリオダイゼーション群(LP:linear群)、非線形ピリオダイゼーション群(NLP:non-linear群)に分けてベンチプレスとレッグプレスを12週間行わせた。 結果、NP群は12週間後も筋力にほとんど変化が無かった。 これは元々トレーニング経験者だからだと考察されている。 LP群は8週目までは筋力の向上が起こり、その後は横ばい。 ベンチプレスは12週間に渡り、ほとんど筋力の変化は無かった。 しかしNLP群は12週間に渡り、レッグプレスとベンチプレス両方の筋力が向上し続けた。 Nonlinear periodization maximizes strength gains in split resistance training routines. J Strength Cond Res. 2009. 線形ピリオダイゼーションとは ピリオダイゼーション。 なかなか聞き慣れない言葉です。 辞書調べると「時代区分」とか「期分け」と出てきました。 要は筋トレのプログラムを期間毎に変えることです。 こちらが線形ピリオダイゼーションのトレーニング例です。 この毎回刺激を変えて筋肉を慣れさせないことが筋肥大・筋力アップに効果的とされています。 今回私は非線形ピリオダイゼーションをトレーニングプログラムに取り入れます。 トレーニング頻度を増やす 現在週一回のベンチプレス頻度を週二回に増やします。 平日は家トレが多いのでバーベルベンチプレスはできませんが、ダンベルベンチプレスで代用します。 メニューにバリエーションを持たせる 「普通にアーチを組んで、バーベルを胸までおろして上げる」 基本に忠実に所謂普通のベンチプレスしかやってきませんでした。 パワーリフターの方は、通常のベンチプレスに加えて以下のバリエーションを実践しているそうです。 これは 爆発的に上げる動作によって瞬発力を鍛える方法です。

次の

ワイ178cm91kg、ダンベルベンチ45kg、ベンチプレス120kg、ジムに沸く初心者苛立つ

ベンチ プレス 120kg

毎回同じ重量でやっていると、刺激に慣れてしまいます。 10回前後でやる日と5回以内でやる日を交互にやるといいですね。 マックスの重量を伸ばすためには、重たい重量を扱わなければいけません。 毎回10回前後の重量でやっているなら、高重量もやるようにしましょう。 8回前後で限界を向かえる重量で筋肥大を狙う ベンチプレスの重量を伸ばす方法2つ目は、「8回前後できる重量を扱う日」を作ることです。 高重量をやる日ばかりやっていると、刺激に慣れてしまうので筋肉は成長しなくなります。 筋肥大を目指さないと筋力は伸びていかないので ダンベルを二つの手で一つずつもつので、非常に不安定 になります。 不安定なダンベルを扱いながら、ベンチプレスと同じ動きをすることになります。 安定させるために、より多くの筋肉を動員することになるので効率的に筋肉を鍛えることができます。 ダンベルプレスを安定させて出来るようになると、ベンチプレスのフォームも安定します。 ベンチプレスが安定してできるようになると、余計な力を使わなくなります。 ムダな力を使わずに挙げることに集中できるので、高重量でも挙上しやすくなります。 ベンチプレスだけではなく、ダンベルプレスもやるようにしましょう。 関連記事: ナローベンチプレス ベンチプレスの重量を伸ばす筋トレ2つ目は「ナローベンチプレス」です。 ナローベンチプレスは上腕三頭筋をメインに鍛える種目です。 上腕三頭筋の筋トレ種目の中で一番オススメする理由は、.

次の