ザクラス 歌い手。 「歌い手」はこんなに危険!まだ報じられていない隠された10の真実

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)を取得できた理由

ザクラス 歌い手

今や日本国内で1つの音楽ジャンルになったといっても過言ではない「歌い手」という文化。 著名な歌い手はCDを出しライブを敢行し、テレビなどのメディアにも出演。 中高生の中には有名歌い手に憧れる人も多いです。 しかし、一切表沙汰にはされていませんが、 この「歌い手」達は本当に危険です。 ネットに歌ってみた動画をアップしている人たちには、 実は恐ろしいほどの脅威的な信じられない事実が隠されていたのです。 本日は、歌い手にまつわる10の真実を全て公表したいと思います。 現在確認されているだけでこの10項目です。 まだまだ今後新たな真実が出てくることは用意に予測できます。 これほどまでに、歌い手という存在は我が国を滅ぼしかねない危険因子を孕んでいるのです。 これでも、あなたは歌い手になりたいと、あるいは歌い手を続けようと思いますか・・・?.

次の

日南響子が自殺未遂!ボカロPのNemとの交際、蛇足と阿部大護(あべちゃん)との浮気も発覚!

ザクラス 歌い手

JCBザ・クラスのインビテーションが届く時期 JCBザ・クラスのインビテーションが届く時期は毎年「 11月」でしたが、2019年は「 12月」でした。 実際に私の手元にインビテーションが届いたのは、12月6日でした。 2019年のインビテーションの送付が遅れた原因としては以下のようなことが考えられます。 政府公認のキャッシュレス還元の開始• JCBのスマホ決済で20%還元キャンペーン 上記のような理由で、JCBカードへの申込みが集中したのが主な原因だと思われます。 実際に、JCBの全券種の申込み画面には以下のような記載がありました。 カード発行についてのご案内 ただいまカードの発行に通常よりお時間をいただいております。 お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、 何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます。 つまり通常のカード発行ですら時間がかかっているのに、このタイミングでインビテーションを送付しても、JCBザ・クラスの発行にも時間がかかるということになります。 あとは、個人的に気になったのは、ザ・クラス限定の抽選販売「大相撲の特別観戦プラン(溜まり席)」が2020年1月場所をもって終了したことです。 結構急に終了したイメージがあるので、クラブ33の抽選が廃止になった時同様、一定数の退会者が出ると思われるので、一定期間様子を見てからインビテーションを送付したかったのかなと思ったりもしています。 いずれにしても、内部事情はJCBしか知らないことなので推測はこの辺りにしておきます。 過去のインビテーションが届いた日をまとめると以下のようになります。 インビテーションは、住んでいる地域などによって届く日が異なります。 インビテーションの送付対象者は、 9月15日利用分(10月10日支払い分)までの利用履歴をもとに判定されている説が濃厚です。 つまり以下の手順で最終的なインビテーションの送付対象者を絞り込んでいると思われます。 10月10日の支払完了• 10月中旬~下旬頃から送付対象者を選定• JCB会員• 年齢:40歳以上• 年収:1,200万円以上• 勤続年数:10年以上の役員・管理職(自営の場合は、営業年数10年以上の経営者)• JCBカードの保有歴:3年以上• 年間100万円以上の決済:2年以上 非JCB会員• 年齢:40歳以上• 年収:1,500万円以上、自家保有• 勤続年数:資本金5,000万円以上の企業に10年以上継続勤務の役員・管理職(自営の場合は、営業年数10年以上の経営者) 上記の条件だけみれば、年収や勤務先、勤続年数といった個人の属性を重視していたことが分かります。 しかし現在では終身雇用の崩壊や、フリーランスの増加などの影響もあり勤続年数や役職といった属性はあまり重視されなくなっています。 インビテーション制になってからは、裏ルートとして以下のような方法でも取得することができましたが、現在では廃止されています。 2017年頃までは、JCBに直接交渉してJCBザ・クラスの申込書を送ってもらう「突撃(とつげき)」という方法が有効だったが現在では廃止• 過去には医療従事者向けサイト「」からJCBザ・クラスに直接申し込み可能だった時期もあったが、現在ではJCBプラチナに変わっている つまり現時点で、 正規のJCBザ・クラスを取得するには、JCBからインビテーション(招待状)をもらうしか方法はありません。 裏技的に、信用金庫経由でJCBザ・クラスを発行してもらうことは可能です。 ただし、裏面に株式会社しんきんカードと記載があるため、信用金庫経由でカードを発行したのはバレます(表面は通常のJCBザ・クラスと同じです)。 現在のインビテーションの条件は、個人的な見解も含みますが以下の6つだと考えられます。 30歳以上であること• 支払いの遅延(延滞・滞納)がないこと• JCBカードの保有歴• 決済金額• 決済回数• 利用先加盟店(利用用途) 上記についてそれぞれ解説していきます。 30歳以上であること 現在のJCBザ・クラスのインビテーションは、 30歳以上を対象に送付されている可能性が極めて高いです。 どれだけ決済金額が高額で決済回数が多くても、20代でインビテーションをもらうのは困難です。 その根拠となるのが、JCBの各ステータスカードの入会条件です。 JCBゴールドは20歳以上、JCBプラチナは25歳以上が入会条件になっています。 JCBザ・クラスは、JCBプラチナの上位カードなので最低でも25歳以上でなければ発行できないのは間違いないと思います。 ただ、JCBゴールドとJCBプラチナの間で5歳の年齢差があることを考慮すると、JCBザ・クラスの入会条件は30歳以上でほぼ間違いないと思います。 JCBゴールド:20歳以上• JCBプラチナ:25歳以上• JCBザ・クラス:30歳以上 仮に20代でインビテーションが届いたという人がいれば、レアケースだと思います。 私自身、JCBザ・クラスは喉から手が出るほど欲しかったカードなので毎日のようにインビテーションの条件を調べていたこともありました。 それでも20代でインビテーションが届いたという報告はなかったと記憶しています(突撃や信用金庫経由は除く)。 そのため、20代のうちは「JCBゴールド」または「JCBプラチナ」を使ってクレヒスを積み上げていくことが結果的にはJCBザ・クラスを取得する近道です。 支払いの遅延(延滞・滞納)がないこと 支払いの遅延(延滞・滞納)がないことは、当然の条件です。 1度の遅延であれば大目に見てくれる可能性はあるかもしれませんが、頻繁に支払いが滞る場合は、完全にアウトです。 あまりに酷いと永久にJCBザ・クラスを保有できなくなる可能性もあります。 JCBザ・クラスについて公式サイトには以下のように記載があります。 最上位のステータスと価値を持つクレジットカードです。 特に選ばれた方にふさわしいサービスとおもてなしをご活用ください。 引用 公式サイトにも記載がある通り、JCBザ・クラスは、最上位のステータスと価値を持つクレジットカードです。 JCBとしても信頼できる人に発行したいと考えるのが普通です。 これは、JCBザ・クラスに限らずインビテーション制のカード全てにいえることです。 JCBカードの保有歴(保有年数) JCBカードの保有歴は間違いなくインビテーション条件の一つといえます。 ただし、JCBカードであれば何でもよいというわけではなく、というカードを保有する必要があります。 JCBザ・クラスのインビテーションは、 JCBオリジナルシリーズを2年以上保有している場合に届きます。 インビテーションの対象カードは、JCBゴールド以上のカードです。 保有歴が2年未満でもインビテーションが届く報告がWEBではあがっていますが、基本的にはレアケースなので期待しないほうが良いです。 JCBザ・クラスを狙うのであれば以下の方法が王道です。 JCBプラチナ(2年以上) JCBザ・クラスのインビテーションを取得するには、まずJCBゴールドまたはJCBプラチナを保有することが最短取得への近道です。 決済金額(利用金額) 決済金額は、間違いなくインビテーション条件の1つです。 理由としては 高額決済してくれる顧客は、JCBに直接利益をもたらしてくれる存在だからです。 JCBとしても高額決済してくれる顧客は手放したくないでしょう。 ただし、単純に高額決済するだけではNGです。 毎月コンスタントに利用するのが大事です。 例えば1ヶ月で360万円を使うのと毎月30万円ずつ使うのなら、毎月30万円ずつ使う方がインビテーションが届く可能性が高まります。 私が実際にインビテーションを受け取った時の決済金額は以下の通りでした。 2017年:1,684,982円• 2018年:4,449,256円• 2019年:5,106,570円(9月15日利用分まで)• 合計:11,240,808円 上記の金額は、の判定基準と同じ、前年12月16日~当年12月15日で計算しています。 JCB STAR MEMBERSを簡単に説明すると年間(前年12月16日~当年12月15日)の利用金額に応じてメンバーランクが決まり、ランクに応じて「Oki Dokiボーナスアップ」と「キャンペーンチャンスアップ」の特典をうけられるサービスです。 各メンバーランクは以下の通りになっています。 30万円以上:スターe(イー)PLUS• 30万円未満:対象外 ちなみには、2年連続で年間利用金額が100万円(税込)以上であることです。 確かに十分根拠になりえる話だと思います。 ただ、実際300万円以上を2年連続で決済してもインビテーションが届かなかった人達もいることから、あくまでもインビテーションが届く可能性が高まる条件の一つにすぎません。 ちなみに私の決済額を月単位の明細にすると以下の通りになります。 2017年 9月 10月 11月 12月 ー ー 22,659円 326,903円 444,282円 409,346円 ー ー 2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 481,792円 773,769円 440,458円 376,841円 309,552円 282,659円 7月 8月 9月 10月 11月 12月 350,512円 267,403円 335,767円 424,786円 285,551円 327,464円 2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 274,494円 742,745円 651,781円 860,828円 443,656円 544,412円 7月 8月 9月 10月 ー ー 431,742円 396,730円 425,102円 609,574円 ー ー 月あたりの平均利用金額は、 432,338円でした。 決済回数(利用回数) 決済回数は、間違いなくインビテーション条件の1つです。 年間100~150万程度の決済でも決済回数が多い人にインビテーションが届いた例があります。 決済回数が多いと必然的に店頭などでJCBカードの露出が増えるためJCBの広告塔として間接的にJCBに利益をもたらす可能性があります。 また、決済回数が多いということはJCBをメインカードとして利用している可能性が高く、JCBからの評価も高くなるはずです。 可能であれば月100回の利用を目指したいところです。 家族がいるなら家族カードを発行して決済回数を増やすという方法でもよいと思います。 上記の利用回数は、の判定基準と同じ、前年12月16日~当年12月15日で計算しています。 決済回数を月単位の明細にすると以下の通りになります。 2017年 9月 10月 11月 12月 ー ー 11 99 148 135 ー ー 2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 124 158 134 113 124 117 7月 8月 9月 10月 11月 12月 136 138 113 134 137 156 2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 136 190 151 136 144 148 7月 8月 9月 10月 ー ー 167 148 160 157 ー ー 月あたりの平均利用回数は、 135口です。 利用先加盟店(利用用途) 利用先加盟店(利用用途)もインビテーション条件の一つだと思います。 特に 固定費の引落しは、毎月コンスタントに引き落とされるものなので何らかのアドバンテージが期待できます。 固定費の一例 電気料金・ガス料金・水道料金・固定電話・携帯電話・PHS・放送料金 NHK・衛星放送・ケーブルテレビ ・新聞購読料・プロバイダー・国民年金保険料・家賃 私の場合は以下のJCBトッピング保険にも加入していました。 自転車プラン(基本)<不意の自転車事故も家族全員を補償> 金額としては毎月280円なので大したことありませんが、 JCBの保険サービスに加入しているというだけでインビ条件に有利に働く可能性があります(関係ないかもしれません)。 あと有利になると言われているのが以下のような用途・場所での利用です。 トラベル(旅行・ホテル・航空機)• グルメ(高級料亭や各種飲食店)• 東京ディズニーリゾート(TDL・TDS)• ユニバーサルスタジオジャパン• 海外での利用 上記はあくまでも一つの例なので、特に意識する必要はないかと思いますが、チャンスがあれば積極的に決済するに越したことはありません。 私の場合は、グルメや東京ディズニーリゾートでの利用回数が多く、それ以外はユニバーサルスタジオジャパンで数回決済した程度です。 海外での利用はゼロです。 以下の利用分については、Oki Dokiポイント付与・JCB STAR MEMBERSの集計対象外なので、高額利用しても評価されないため注意してください。 Edyチャージ利用分• モバイルSuicaチャージ利用分• SMART ICOCAチャージ利用分• nanacoチャージ利用分• おさいふPontaチャージ利用分• 旅プリカチャージ利用分• JCBプレモカードチャージ利用分• JCBプレモデジタル(ギフティプレモを含む)チャージ利用分• ANA JCBプリペイドカードチャージ利用分• au WALLETプリペイドカードへのauかんたん決済チャージ利用分 まとめ(JCBから信頼を得よう) JCBザ・クラスは、JCBの頂点に位置するブラックカードなので、手に入れるのは簡単ではありません。 インビテーションをもらうには、とにかくJCBから信頼を得ることです。 信頼を得るには、長い年月が必要です。 JCBザ・クラスを本気で狙うなら以下の条件を全て満たしてください。 そうすればインビテーションが届く可能性が一気に高まります。 それでも100%届く保証はありません。 30歳以上であること• 支払いの遅延(延滞・滞納)は絶対しないこと• JCBプラチナを保有すること(JCBゴールドまたはJCBゴールド ザ・プレミアでも可)• 3年間の利用合計金額が1,000万円を超えること• 毎月の決済回数は100回以上をキープすること• 固定費の支払いを全てJCBに寄せる ただ、上記の条件は割と厳しめに言っています。 個人的にはインビ条件の対象者の選定はスコア制になっていると思っています。 条件に応じて点数が加点され(もしくは条件に応じて減点され)一定以上のスコアの人がインビ対象というイメージです。 そのため少しでも有利に働くであろう条件は全て満たしておくべきです。 また、以下は影響があるかどうかは不明ですが私が心掛けていたことです。 JCBザ・クラスを取得するまでは他のカードは作らない• JCBザ・クラスを取得するまでは極力他のカードは使わない(使っても小額) ちなみに個人的には、年収などの属性は関係ないと思っています。 私の例でいうとインビテーションが届いた時点でJCBに申請していた情報は以下の通りになります。 年収:1,000万円以下(800万以上)• 勤務先:非上場の中小企業(かなり小さい会社)• 世帯:3人家族(夫婦+子共1人)• 持ち家:なし(賃貸) JCBザ・クラスは、取得するまで年単位の期間が必要です。 今となっては、完全なインビテーション制のカードになったので取得するのが難しいカードになってしまいましたが、着実に信頼を積み上げていけば取得できるカードだと思います。 2017年頃までは突撃が可能だったこともあり、一部の人達の間では、2017年以前と2018年以降の取得者では意味合いが大きく違うとも言われています。 2018年以降の取得者が正真正銘のJCBザ・クラスという人もいるぐらいです。 つまり、そのぐらい取得難易度はあがっているということになります。 事実2017年頃までは、JCB側も会員数を増やしたかったのか、現在よりもJCBザ・クラスを入手できる経路が多かったのは事実です。 その結果、会員数が増えすぎて、コンシェルジュにつながりにくくなったり、クラブ33が抽選制(現在は廃止)になったり等、サービスの質が疑問視された時期もありました。 それらの反省点も踏まえれば、今後はさらに取得難易度があがり神格化していくかもしれません。 JCBザ・クラスを目指すなら、JCBから信頼される顧客になることが必須です。 そのため、まずは「JCBゴールド」または「JCBプラチナ」を保有してクレヒスを積み上げていきましょう。

次の

女性の歌い手(女声ボーカル)歌ったみたにオススメのマイク12選

ザクラス 歌い手

今や日本国内で1つの音楽ジャンルになったといっても過言ではない「歌い手」という文化。 著名な歌い手はCDを出しライブを敢行し、テレビなどのメディアにも出演。 中高生の中には有名歌い手に憧れる人も多いです。 しかし、一切表沙汰にはされていませんが、 この「歌い手」達は本当に危険です。 ネットに歌ってみた動画をアップしている人たちには、 実は恐ろしいほどの脅威的な信じられない事実が隠されていたのです。 本日は、歌い手にまつわる10の真実を全て公表したいと思います。 現在確認されているだけでこの10項目です。 まだまだ今後新たな真実が出てくることは用意に予測できます。 これほどまでに、歌い手という存在は我が国を滅ぼしかねない危険因子を孕んでいるのです。 これでも、あなたは歌い手になりたいと、あるいは歌い手を続けようと思いますか・・・?.

次の