ご 不便 を おかけ し ます。 アップル

英語で「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」って何て言う?

ご 不便 を おかけ し ます

ビジネスシーンにおいて謝罪する機会は珍しいことではありません。 自分の不注意が原因の場合もあれば、他の原因とはいえ自分が扱った案件だと理由で、謝罪に伺うこともあるでしょう。 理由は何であれ、相手と良い関係を保つうえで謝罪は避けられません。 そして、そのような場合によく使われる言葉が、「ご迷惑おかけして申し訳ございません」です。 直接会って口頭で謝罪する場合にも使いますが、メールやFAXなどの文書でもよく使われる言葉です。 また、看板や掲示文書など、街の中でもよく見かけます。 とはいえ、「ご迷惑」の言葉の意味をきちんと理解して使っているでしょうか。 みんなが使っているから、なんとなく自分も使っている方は、使い方に気を付けてください。 知らずに恥ずかしい使い方をしたり、誤った敬語の組み合わせで使ってしまうこともあります。 この機会に、「ご迷惑おかけして申し訳ございません」という言葉の意味を知ってください。 謝罪によく使われる「ご迷惑おかけして申し訳ございません」は、「迷惑」の尊敬語である「ご迷惑」、「かけて」の謙譲語の「おかけして」、「すまない」の丁寧語の「申し訳ありません」を組み合わせた言葉です。 そして「迷惑」とは、「ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快を感じたりすること。 また、そのさま。 」という意味と、「どうしてよいか迷うこと。 とまどうこと。 」の2つの意味があります。 そのため、「ご迷惑」は、相手に対して不利益や深いな思いを与えてしまったことを指す言葉です。 また、「おかけして」には、私が迷惑をかけた、という意味が含まれており、「申し訳ありません」には相手に対して謝罪する、という意味です。 まとめると、「ご迷惑おかけして申し訳ございません」には、私が相手に対して不利益や深いな思いを与えてしまったことを、その相手に対して謝罪する、という意味であり、既に迷惑をかけてしまった場合に使います。 特に若い人にとっては、敬語の使い方は難しいものです。 よく聞くフレーズだからといって、それが正しい敬語だとは限りません。 また、丁寧にしようとするあまり、慣れない敬語を重ねて使って失敗することもあります。 とはいえ、「ご迷惑おかけして申し訳ございません」は、先ほどの解説したように正しい敬語です。 自信を持って謝罪の場面で使ってください。 ただし、似たような表現ですが、これから迷惑をかけてしまうことが分かった場合、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。 」という言い方をします。 ビジネスシーンで聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 残念ながらこれは失礼な表現です。 迷惑をかけると解っていながら、謝罪の言葉を伝えていません。 せめて、「ご迷惑をおかけすることになり、申し訳ございません。 」を使いましょう。 以下で「申し訳ありません」と「申し訳ございません」の意味の違いも確認しましょう。 先ほど紹介したとおり、謝罪する場合は直接会って伝えるのがマナーですが、ビジネスでは相手の都合などにより、すぐに合えない場合が多々あります。 そのような場合は、メールで謝罪するのが一般的です。 そして、メールで謝罪する場合は、文書として残ることから、誤りが無いように気をつけてください。 また、短い文章で、具体的に書くことを心がけて、相手に情報が正しく伝わるように心がけましょう。 例文 「私の不行き届きにより、〇月〇日に納品予定だった設備「〇〇〇〇」の部品が間に合わず、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 」 「〇月〇日に弊社より納品した型番〇〇〇〇の商品に不備があり、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。 」 「〇月〇日に御社を訪問した弊社スタッフの手違いにより、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。 」 また、迷惑を受けた状況によっては、相手の方も上司などに説明するため、謝罪の文書を必要とするケースもあります。 そういった文書をメールで送る場合も、同じように短い文章で、具体的に書くことを心がけましょう。 ビジネスでの「申し訳ございませんでした」の誤用例などについては以下の記事をご確認ください。 「ご迷惑おかけして申し訳ございません」で使われている謝罪の言葉の「申し訳ございません」は、口頭でも文書でも使える便利な言葉ですが、軽い印象を受ける方もいます。 そのため、メールなどの文書で謝罪する場合は「お詫び申し上げます」を使います。 「お詫び申し上げます」は、「あやまること、謝罪すること」の意味の「詫び」の謙譲語である「お詫び」と、「言う」の謙譲語である「申し上げます」を組み合わせた言葉で、自分が相手に謝罪する場合に使う敬語表現です。 そして、「ご迷惑」と組み合わせて、次のように使います。 例文: 「ご迷惑をおかけしたことを、お詫び申し上げます。 」 また、自分がよりへりくだった表現にして、謝罪の気持ちを強調するため、「多大な」や「深く」といった形容詞を組み合わせて、次のような表現もよく使われます。 例文: 「多大なご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます。 」 「申し訳ございません」や「お詫び申し上げます。 」と同じように謝罪する言葉に、「陳謝いたします」があります。 この言葉も、「ご迷惑」と組み合わせてビジネスでの謝罪によく使われる言葉です。 なお、「陳謝」には、「事情を述べてわびること」という意味があり、この2文字だけで謝罪していることを表しています。 また、「いたします」は「する」の謙譲語なので、「陳謝いたします」には、自分が相手に対して事情を述べてわびる、という意味があります。 例文: 「多大なご迷惑をおかけしましたことを陳謝いたします。 」 なお、「陳謝」という言葉は、普段の会話では使いませんが、新聞などでよく見かけます。 これは、公式的な表現では熟語を連続させて用いる傾向が有り、「陳謝」はこの典型的な言葉なのです。 そのため、社長の名前で、会社として謝罪文書を出す場合など、公式的な表現を使う場合は、この「陳謝」を用います。 謝罪の敬語表現について詳しくは以下の記事をご覧ください。 「ご迷惑おかけして申し訳ございません」は、相手に会って謝罪する場合や、メールなどの文書に書くほかに看板などでも見かけます。 例えば、工事で通路が通れない場合、その前に看板を設置して、そこに書かれているのを目にされたことがあるのではないでしょうか。 そして、この場合の「ご迷惑」の相手は、工事中の通路を通る予定だった不特定の方が対象になります。 この「ご迷惑」と同じように使われる言葉に「お手数」と「ご不便」があります。 例えば、「お手数をおかけして申し訳ございません」は口頭でも使いますが、設備の故障や工事中の場合、設置された看板や案内などで見かけます。 また、「ご不便をおかけして申し訳ございません」も、同じように工事現場の看板などで目にします。 次に、「ご迷惑」と「お手数」や「ご不便」の違いについて、ご紹介します。 「お手数」は、「手数」の謙譲語であり、「手数」は「ある事をするための労力。 」という意味です。 また、「お手数をかける」という表現の場合は、「自分のために労力を尽くしてくれた相手に対して感謝する気持ちを表す。 」という意味があります。 そして、「ご迷惑をかける」は先ほども紹介したように、自分が相手に対して謝罪する際に使いますが、「お手数をかける」は、相手が何かしてくれたことに対して感謝する場合に使うのが一般的です。 例えば、工事の場所に設置する看板などで、次のような文章を使います。 文例: 「工事に伴う停止のため、他の設備をお利用ください。 お手数をおかけして申し訳ございません。 」 「工事が完了したので〇月〇日〇時より運用を再開しております。 お手数をおかけして申し訳ございませんでした。 」 なお、この例では「お手数」の代わりに「ご迷惑」を使っても変ではありません。 そういった看板もよく見かけます。 しかし、「ご迷惑」を看板に掲示する案内に使ってしまうと、工事に対して悪い印象を与えてしまうこともあります。 この場合は「お手数」を使って、感謝の気持ちが伝えましょう。 謝罪の文書として、「ご迷惑」の代わりに「ご不便」を使った表現もよく見かけます。 この「ご不便をかける」で使われる「ご不便」は、「便利でないこと。 都合の悪いこと。 」という意味のある「不便」の謙譲語です。 そのため、「かける」と組み合わせることで、私が相手に不便をかけさてた、という意味で使います。 この「ご不便」も工事の案内看板などでよく見かけます。 そして、そのような場所は、工事などでいつも使える設備が使えなかったり、その場所を通れなかったりなど、相手の行動を制限する場合です。 例文: 「工事によりこの先は通り抜けできません。 ご不便をおかけして申し訳ございません。 」 「工事および点検のため現在使用できません。 ご不便をおかけして申し訳ございません。 」 なお、工事の看板に掲示するだけでなく、接客業などでお客の行動を制限せざるえない場合にも使います。 「ご迷惑」を使ってしまうと、迷惑だと解っていながら、わざとやっている、と受け取る場合もあります。 不特定の方を対象とする看板で掲示する場合でも使える、よりソフトな表現と言えるでしょう。 ただし、「ご迷惑おかけして」が使える場面だからといって、「ご不便をおかけして」が使える訳ではありません。 使えるシーンをよく考えて使ってください。 迷惑をかけた相手が重要な顧客など、謝罪するにしても言葉を選ばなければないらいケースでは、普段使う「ご迷惑おかけして」といった謝罪の言葉では軽すぎます。 かける言葉が無いくらい、最上級の謝罪の気持ちを表す言葉が、「お詫びの言葉もございません」、または、「お詫びの申し上げようもございません。 」です。 ビジネスにかぎらず、初めてのミスは、多めに見てもらえることが多いことから「ご迷惑おかけして申し訳ございません」で済むことでも、そのミスが2度、3度と続くとそうはいきません。 そういった、最悪のケースに使われる謝罪の言葉です。 この言葉を使わずに済むように注意しましょう。 例文; 「再三ご注意を頂きながらこのような事態を招き、お詫びの言葉もございません。 」 「一度ならず二度までも事故を引き起こし、お詫びの申し上げようもございません。 」 なお、もちろん最上級の謝罪の言葉ですから文書やメールでも使えます。 とはいえ、それに付随する文章には相手に納得してもらう文章が必要です。 そのため、直接会って相手の要望に合わせて、代案を提案するのが良いでしょう。 「謝る」に対応する英語は「sorry」ですが、ビジネスなどのあらたまった場では「apologize」を用います。 なお、この「apologize」には、「謝る、謝罪する、弁解する」といった意味がある言葉で、「sorry」よりもフォーマルな場で使われる英語表現です。 例えば。 自分が相手にご迷惑をかけてしまった場合は、次の表現を使います。 例文: 「I apologise for any inconvenience I may have caused you. 」 「I hope that you accept my deepest apologies. 」 また、謝罪するともに、原因や対策をできるだけ早く連絡するのもビジネスマナーの1つです。 例えば、メールで謝罪する場合、冒頭に謝罪の文章を短め書いて、すぐに本題に入る書き方も良い印象を与えます。 そういった場合は、次のフレーズが使えます。 例文: 「I want to start by apologising.

次の

輸入家電のジンアンドマリー株式会社

ご 不便 を おかけ し ます

「不便をかける」の意味 ネットの質問コーナーでよく、「不便をかける」という言葉の使い方は、正しいのか否かという質問がなされています。 「かける」のは「迷惑」や「苦労」であって、「不便」を「かける」という言い方はあるのだろうか、という疑問です。 まず、「かける」という言葉を漢字にしてみると、「欠ける、駆ける、掛ける、懸ける、架ける、賭ける」とさまざまな「かける」があります。 この中で、「不便をかける」にあたる「かける」は、漢字にすると「掛ける」になります。 この「掛ける」もまた、「柱に絵を掛ける」や「座布団に布を掛ける」、「自宅に電話を掛ける」、「議題を会議に掛ける」などいろいろな使われ方をしますが、その中に 「他に作用を与える。 他に影響を及ぼす」という意味があります。 特に「好ましくないことを相手に及ぼす」という意味合いの「掛ける」が、「不便をかける」の「かける」にあたります。 不便という好ましくないことを相手に及ぼす、ことを意味しますので、「不便をかける」は、間違った使い方ではないということになります。 世話になる 相手に迷惑をかけたことより、力を借りたことに感謝する意味合いが強い場合です。 「今回のご紹介にあたっては、たいへんお世話になりました。 」 その他のよく使うお詫びのフレーズ 「不便をかける」のほかにもお詫びで使うフレーズはいくつかあります。 気をつけたいのは、お詫びの文章を書く場合は、ただそのフレーズを使えば済むということではありません。 ビジネスの進行の障害となった事実関係を伝え、こちらに非があった場合は、素直に認めて謝罪し、善後策を説明もしくは提案して、滞った事態を再び進行させます。 その一環に、お詫びのフレーズがあるということを心がけましょう。 シンプルに謝罪するフレーズ お詫びの文章の基本となります。

次の

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんって英語でなんて言うの?

ご 不便 を おかけ し ます

Sorry for the... trouble. disturbance. 特に会議を割り込んでいるとき inconvenience. Hope it's not too... much trouble. much of an inconvenience. Hope I'm not... bothering you. 特に誰かの部屋やオフィスを入っているとき inconveniencing you. ビジネスの場面で、「I」や「I'm」と「very」を使い、もっと丁寧になります。 Sorry for the trouble. Hope I didn't cause too much of an inconvenience for you. We apologize for any inconvenience this may cause. ご迷惑をおかけしていることをお詫び申し上げます。 We are sorry for any inconvenience this may cause. ご迷惑をおかけし申し訳ありません。 We are sorry 申し訳ございません apologize for~=~をお詫びします(sorryのフォーマルな表現) inconvenience 不便、迷惑 may cause もたらすかもしれない inconvenience this may cause. このthisは、ここで迷惑をかけている何らかの原因のことを指しています。 ご参考までに.

次の