初盆 香典返し。 初盆・新盆のお返し/香典返し・法事のお返し・49日引き出物専門店[ギフトニシバ]

初盆・新盆のお返し/香典返し・法事のお返し・49日引き出物専門店[ギフトニシバ]

初盆 香典返し

お盆には亡くなった故人が年に一度帰ってくると言われており、 毎年あるものですが 故人が亡くなってから初めてのお盆は特に重要とされており、 親族以外にも故人に縁のある人をお招きし、を営む地域もあります。 また、 初盆の法要を営まない地域でも、初盆の時期に合わせてお供えを持って来られる方がいらっしゃいます。 その場合、 あらかじめお返しの品物を準備してある場合にはその場でお渡しをして、 準備してない場合には、後日にすみやかにお返しの品物を送るとよいでしょう。 (お供え等を送って来た場合にも、すみやかにお返しを送るようにします。 ) なお、 49日の前にお盆を向かえた場合は、初盆(新盆)は翌年になります。 <初盆(新盆)のお返しの「のし紙」(掛け紙)について> の「のし紙」(掛け紙)は、一般的に「志」(関西は「」)が多いですが、地域によっては「新盆粗供養」「新盆供養」「盆供養」 「初盆志」「初盆供養志」「初盆会」とすることもあります。 のし紙の種類については、黒白または黄白の結び切りの水引のものを使います。 <初盆(新盆)のお返しの「挨拶状」について> 初盆や新盆のお返しについては、「挨拶状」は必ずしも入れる必要はないと思いますが、 ちょっとしたお礼のお気持ちを伝えたい場合には、挨拶状を入れてもよろしいかと思います。 <初盆(新盆)のお返しの時期(タイミング)について> 初盆や新盆のお返しの時期については、御供・ご香典を頂いたら、すみやかにお返しをするようにしましょう。 (できれば、「7月のお盆にいただいたものは7月末」、「8月のお盆にいただいたものは8月末」くらいまでにお返しすることをお勧めします。 ) <初盆(新盆)のお返しおすすめ商品のご案内> 初盆(新盆)のお返しも、他の仏事のお返しと同様に、いただいた「御供(おそなえ)」「香典」の「半額から3分の1程度」が目安となります。 よく利用される品物としては、時期的にが多いですが、・・なども昔から人気があります。 また、最近増えているをお返しにされても問題ないと思いますが、年配の方にはやはり品物をお返しされるのが無難だと思います。

次の

初盆(新盆)のお布施・お返し・香典返し・お供えの相場金額を解説!|終活ねっとのお坊さん

初盆 香典返し

ご注文方法 ご注文画面(ご注文者名やお届け先住所などを入力する画面)の 備考欄に「初盆挨拶状希望(希望枚数)」とご記入ください。 上限を超えて必要な場合はお問い合わせください。 ご希望される場合はお問い合わせくださいませ。 のし上 色々な書き方がございますが、 よく用いられているのは「志」「初盆志」です。 他にも「初盆」「初盆供養」「新盆志」「粗供養」など、様々な書き方がございます。 よく用いられているのは苗字ですが、ご近所に親戚など同じ苗字が多い場合は「施主のフルネーム」にするのも良いでしょう。 水引 のし紙の種類は「紺白」か「黄白」から選びます。 関東では「紺白」が多く見られますが、関西地方では「黄白」が一般的です。 他にも仏教以外の宗教(神式やキリスト教など)では黄白を使うとすることもあります。 基本的にどちらを使っても失礼にはあたりません。

次の

初盆ののしの表書きはどうする?お供え物とお返しを包むのしも解説!|終活ねっとのお坊さん

初盆 香典返し

香典返しはいつお返しするとよいか?どのような品物がふさわしいか?のしやお礼状などしきたりが分からない・・・。 このページではそのようなお悩みに詳しくお答えさせて頂いております。 どうぞご参照くださいませ。 お香典返しの時期は、四十九日(七七日)の法要後、 2週間以内を目処にお届けするのが一般的です。 忌明け法要日に発送し、法要の翌日に届くように手配されると宜しいかと思います。 なお、当日返しですべて済ませた場合は後からのお返しは不要です。 準備は初七日から忌明け法要の間に行います。 初七日から忌明け法要までの期間に、法要の準備と並行してお香典返しの準備を進めます。 当店の香典返し通販は、忌明け法要の一週間~十日前までのご注文で、忌明け法要の翌日に間に合う様にお届けさせていただいております。 そのほか、即日出荷対応のお急ぎ用お品物もご用意しておりますので、時期が迫っているお客様もお気軽にご相談くださいませ。 お香典返しは、忌明け法要を滞りなく終えたことの報告の意味もあることと、忌明け法要を営むまでは 「忌中・喪中」の期間であり、喪に服している間はお礼や香典返しは慎むのが本来の礼法にかなった答礼といえます。 ただし、最近では会社関係でまとめていただいた場合のごく簡単なお礼品や、葬儀でお手伝いいただいた方へなるべく早くお礼をしたい場合は、香典返しとは別に葬儀後ほどなく商品をお贈りされる方もいらっしゃいます。 その場合はお香典返しを頂く方のお気持ち(まだ忌中なのでは?)も考えて「早くお返しをするべきと考えました」とひと言添えるとよろしいかと思います。 当日返しとは、忌明け後ではなくご葬儀当日にお返しするお香典返しのことです。 当日返し(当日返礼品)のご予算は、おおよそ 2,000円~3,000円程度の品物をお返しすることが多いかと思います。 たとえば、当日2,500円のお品物をお返しなさった場合、いただいたお香典が5,000円であれば、当日返しで「半返し」となりますので、その後のお返しは不要です。 いただいたお香典が10,000円だった場合には、半返しとして5,000円-当日返し分の2,500円=2,500円となり、2,500円相当の品物を忌明け、満中陰などのタイミングに合わせてお返しなさるとよろしいと思います。 地域にもよりますが葬儀会社が必要以上に高い金額の香典返しを薦めてくることもありますが、上述のように準備なさったほうがよろしいかと思います。 香典返しを、宅急便などでご自宅にお届けする場合はご挨拶状を添付するのが一般的です。 いただいたお香典へのお礼や、無事に忌明け法要・納骨が済んだこと、戒名の報告等の意味があります。 なお、ご自宅のご近所や親戚の方などへ直接香典返しを手渡しなさる場合や、法要当日の引き物(お越しいただいた方への手土産)の場合は、基本的に挨拶状は不要です。 直接お礼の言葉をおかけいただくのが一番です。 地域性や慣習によってさまざまですが、宗派にあわせて下記お見本のような表書きと水引で用意し、下には施主様の苗字を入れるのが一般的です。 内のし・外のしについて 弔事(仏事)はお祝い事ではないので、外側から見えない 「内のし」でお付けして、控えめにご用意するのが一般的です。 「内のし」とは、化粧箱にのし紙をかけて、包装の中にお付けするスタイルの事です。 当店では、地域性や個々のお考えで、「外のし」をご希望の場合も、対応させていただきますので、 お気軽にご連絡・ご相談下さいませ。 仏式(全国) のし見本• ただし、いただいたご厚情にたいしてはきちんとご挨拶したいものです。 葬儀後、なるべく早い時期にお礼の言葉を差し上げるのがよろしいかと思います。 金額的にはわずかでかまいませんが、葬儀後なるべく早くにお礼をなさるとよろしいかと思います。 グループでお手伝いいただいた場合はお菓子などがよろしいかと思いますし、個別の場合は1,000円前後のご予算でお返しなさっている方が多くいらっしゃいます。 企業・団体の規模や関係性を加味します。 身内の葬儀の際に勤めている会社や所属団体から香典をいただくこともよくあります。 この場合、香典返しは必要でしょうか? 一般的には、会社や所属団体の風土を理解して対応なさる方が多くいらっしゃいます。 大企業などの場合は形式的に総務部などから届く場合がありますが、こういう場合は必要ナシと判断される方が多いようです。 会社のごく親しい方々からいただくようなケースではやはり皆様お返しなさっています。 なお、会社から生花や弔電をいただく場合、中小企業などでは、香典返しの予算をワンランクアップして社長宛にお礼なさる方が多いです。 一人一人になにかお礼(お返し)をする必要はないでしょう。 500円程度のタオルなどを人数分ご用意なさる方もいらっしゃいます。 ただし中身が通常個々にいただくお香典金額と変わらないような場合では、きちんと個別にお返しなさったほうが無難です。 その場合はお菓子やお茶に限りません。 むかし(奈良、平安、鎌倉の時代)は中国からお坊さんを招き、仏教の考え方を教わり、それを基本に日本の政治が行われておりましたが、その僧侶たちが万病の薬として持ってきたのがお茶なのでした。 そして、その僧侶たちが毎日仏壇に健康を守ってくれる感謝の気持ちとしてお供えをしていたこと(献茶)が、日本の上流階級から一般庶民にまで広まっていったのが慣わしで、そこから「仏事にはお茶」という習慣が定着しました。 たとえば、家を訪れた時、お茶が出れば、その家に受け入れてもらえたことを表しますが、これもお茶を飲むことである境を超える事例のひとつです。 人が亡くなり、この世からあの世へと旅立つ、その境を超えることがお茶を飲むことで示されると考えられています。 葬式にお茶を配るのは、本来はその場でお茶を飲んでもらうという意味のようで、今ではお茶を配ることで故人との別れを確かなものにするという意味が込められています。 製茶問屋との協力のもと、お値引きもできるようになりました。 先様に好きな品物をお選びいただけます。 最近の香典返しの傾向として、先様が選べるギフト(カタログギフト)を返礼品にお選びいただくお客様が増えてきました。 カタログギフトを選ぶ最大のメリットをご紹介いたします。 ・先方様がその中から好きな商品をチョイスできる点 ・金券の代わりに自由度の高いギフトをお返しできる点 ・消味期限等がなく、持ち運びにも便利な点 ・先様が自分の家族などにも自由に差し上げることも可能な点 次のようなデメリットも考慮しておきましょう。 ・先方様がきちんと選んでハガキを送ってくれるか心配 ・カタログ内の希望商品が在庫切れになっており希望通りいかない点 ・そもそも希望するようなアイテムがなかなかない点、などです。 当店のカタログギフトは、種類ばかり増やしてご提供しても選びづらいと考え、ご予算に合わせたリーズナブルなもの、品物や中身にこだわったもの(旅行や体験型など)、器やグラスなどとその中身を選べるようなものなどのバリエーションをご用意しております。 また、ハガキの出し忘れや紛失にも確実に対応しておりますので、ご安心ください。 くわしくはカタログギフトのご案内ページをご参照ください。 商品券や金券類は先様の使い勝手を考えたり、合理的だという考え方から返礼品としてお使いになる方もいらっしゃいますが、当店では金額(格差)がはっきりわかってしまうことなどから商品券のみのご贈答をオススメしていません。 (これはある程度高額のお香典をいただいた場合などに限られます。 ) たとえば、香典を5万円いただいた場合、香典返しは25,000円の予算となりますが、そういった場合、商品券を25,000円用意するのではなく、一般商品やカタログギフト15,000円+商品券10,000円=25,000円というような方法があります。 (いただいた香典が1万円程度の場合はやはり商品券を使うのは避けられたほうが無難です。 百貨店協会に所属しているいわゆる「デパート」であればどこでも使えるので安心です。 その他「DCギフトカード」「UCギフトカード」等は百貨店のほかスーパーやホテルなどでも利用できるので、こちらも使い勝手はいいでしょう。 その他の金券類はあまり使われる方は少ないようです。 当店では「全国百貨店共通商品券」をご用意しておりますので、どうぞお問合せください。 後返し(葬儀の後からお返しをすること)でお香典返しをする場合の最大のデメリットとしては、送料のコストが発生してしまうことです。 おおよそ1件あたり 600円~1000円程度はかかってしまうので、これが数十件分まとまってしまうとコスト面でもバカになりません。 しかし、たいていの香典返し会社は 送料無料ギフトや 割引の商品を用意してますので、そちらを上手に使ってムダの少ないお返しとしたいものです。 商品によりまして、送料は無料だけれども、割引がないこともあります。 その逆に、送料は別途必要だけれども割引率が大きいことにより、送料分のコストは十分カバーできる場合もあります。 詳しい計算はスタッフにお気軽にご相談くださいませ。 (中には割引率があまりに大きい商品も商品の中身が金額にともなっていないケースも考えられるので、何事もバランスが大切だという認識をお持ちになるとよろしいでしょう。 食品を中心に100アイテム以上の商品をご用意しております。 カタログを資料請求いただくかインターネットからもご注文いただけますので、どうぞご検討ください。 こういった事情についてはそれぞれご葬家ごとのご事情があろうかと思いますが、一番はそれが故人の遺志であるのなら尊重するべきだということです。 具体的には、四十九日法要後に(半返しまではいかない)少額の返礼品を用意し、寄付の旨を記載した挨拶状を添えて発送されるという方法です。 相手にも気遣い、故人の遺志も尊重したスマートな方法だと思いますので、採用されてみてはいかがでしょうか。 これが本当に故人の遺志であるなら、香典収入を得るのではなくどこか団体へ寄付する方法をとられてはいかがでしょうか。 上記の場合、一般的にはお返しが面倒だから辞退するという葬家が多いと聞きますがこれは残念なことです。 香典というのはもともと相互扶助の精神から生まれたもので、香典返しは日本独自の贈答文化といえます。 この精神をきちんと理解せずに香典を辞退するのというのは、他人との交流を遮断するという他者排除にもつながっていくと考えられます。 よほどの事情がない限りは香典を受け取るべきではないでしょうか。 「そんなつもり(モノをもらう為)で香典をだしたわけじゃない・・・」というお気持ちも分かりますが、前述のとおり、香典返しはご葬家からの本当の感謝の気持ちなので、こちらの場合もやはり受け取るべきでしょう。 また、稀にいただいた香典返しの商品を販売店へ品換えに来られる方がいらっしゃいますが、これもやはり依頼主の気持ちをありがたく受け取るという精神からはずれた行為なのでやめましょう。 挨拶の文面や予算ごとの商品選びなど、きっと役にたつはずですので、葬儀後早い段階からなんでも相談されることをオススメします。 (押し売りするような業者は避けるべきであることはいうまでもありません。 良心的な専門店がたくさんございますので、そちらをご利用ください。 香典返しをもらってその礼状をだすというのは「不祝儀が繰り返される、あとを引く、長引く」という考え方から昔から避けられ、失礼とされています。 電話で力づけてあげるのもよろしいのではないでしょうか。 その際にひと言「ご丁寧に頂戴いたしました」とか「恐れ入ります」とお礼を述べるとスマートです。 通夜はご逝去された当日か翌日の夜に遺族や親族等で行われます。 その後、告別式(お葬式・葬儀)が行われます。 命日も含めて7日目に行うのが初七日です。 現在では葬儀の日 の遺骨迎えの儀式と合わせて行うことも多くなっています。 49日目は別名「満中陰」と呼ばれ、この日が忌明けとされます。 忌明けに合わせ四十九日法要を営み、葬儀の香典返しを送ります。 次は百ヶ日法要• 亡くなってから一年目を一周忌と呼び、法要を行います。 一周忌法要は、キリスト教式・神式では一年祭と呼びます。 一回忌という場合も。 3回忌とは亡くなってから満2年に行う法要です。 特に3回忌からは回忌という数え方になりますので、注意が必要です。 遺族・親族で供養する事が多いです。 7回忌法要以降は徐々に小規模にしていくのが一般的です。 次は十三回忌(満12年).

次の