わたもて 感想。 【わたモテ 喪160感想】良い最終回だったwwwwwwwww

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

わたもて 感想

遂にばれたお毛ヶ問題!もこっちと美保ちゃんが仲良くなってるのいいよね… 「! 」 最新話 [喪175] モテないし合宿が終わる(前編) 公開!! 前回の更新日は先生の体調不良で更新はありませんでしたが、今週はちゃんとありましたね! 体調も無事回復したようでよかったよかった! そして今回はその先週の穴を埋めるかの様な 喪175と 特別編との豪華2本立て!! 興奮しすぎておかしくなっちまうよ…! まずは特別編! ゆりちゃんが 加藤さんのパンツを見た瞬間 智子インストールしてしまい、「ふふ・・・」と笑ってしまった後のお話! 就寝時間になり、皆ベットに入り眠りに着こうとする中、 加藤さんは先ほどなぜ ゆりちゃんが自分のパンツを見て笑ったのか気になり問いただします。 うまく言葉にできず、今は居ない 真子が居れば…などとまごまごしていると意外なところから救いの手 ? が… 突然語りだすうっちー。 ペラペラと1ページ使いましたがあまり理解されませんでした。 うっちーの結論案外間違っていないのでは…?w あと 真子が居ても 加藤さんの追及はうまく処理はできなかったんじゃないかな! お次は こみさんとその 相棒。 あと ちゃん! 朝の支度時かな? ちゃんがお化粧している様を見る 伊藤さん。 話す内容可愛い! 野球 ロッテ は会話じゃなくて一方通行だろ! ちゃんがやっているアイプチに 伊藤さんが少し興味を持つと、やってみる?と勧められるまま 伊藤さんは二重にすることに! 伊藤さんのまぶたにノリを塗るときに、過去に 加藤さんにやってもらった回想が一瞬流れます。 1年生の時かな? 天使&天使や…! ここら辺は皆さんの反応だと小説アンソロに書いてあったみたいなことを聞きましたが… 自分は小説のヤツ読んでないんですよねぇ~ 今度買ってみようかしら? ばっちり二重になった 伊藤さん! と、ここで顔でも洗ってたのか こみさんが戻ってきて開口一番「目、整形した?」と こみさんらしいせりふを吐き、ロッテOBの人みたいだぁ!と分かりにくいほめ方をして特別編は終了! 意外と こみさんがすぐ気づいたことと、ロッテのOBみたいと言われてもほめてると分かれば別にいいやな感じの 伊藤さんの信頼関係が分かるお話でしたね! 次は本編へ!! 扉絵可愛いですね!! うっちーはいつもより顔がさっぱりに見えますがw 本日の授業が終わり、約束していた 雌猫グループとお風呂へ行くところからスタート! 美保ちゃん元気カワイイ! このうっちーの目に焼き付けたるわ!な顔!! が、ここで もこっち。 自分のあそこの毛が銀色だったことを思い出します! やべぇ奴だと思われたくはないので素早く湯に浸かろうとしますが、敢え無く 美保ちゃんに見られてしまいます! なんでそんなことしてるの!?とテンション高めに もこっちから理由を聞き出そうとする 美保ちゃんを涼しげな顔で見るひとりの女性の姿が!! そうご存じ名探偵ちゃん! このドヤ顔よぉ! 別にそんな顔するほどの情報ではないのですが… 勝ち誇った顔をする ちゃんの横で、今度はやべぇ奴代表が もこっちのあそこ銀色情報を聞きボソッと一言。 今はちゃんのターンでしょ! 静かにしていなさい!! さすが同類…過去に自分もあそこの毛を紫に染めたことあると恥ずかしげもなくカミングアウトします。 これには 監視係 伊藤さん もドン引き中w この話を横で聞いていた ちゃん。 観察対象 もこっち の友人だから探ったり情報を聞き出さなきゃとは思っていましたが、野生の感からか今後関わらないようにしようと心に決めるのでした! あのをも撤退させるこみさん… だれか勝てる者はおらんのか! 一方、 美保ちゃんからのなんで?どうして?な質問攻撃を先ほどから受け続けている もこっち。 グイグイくる 美保ちゃん。 それを別に嫌がる感じでもなく受け答えする もこっち むしろ 美保の体が当たり喜んでる。 が、そのキャッキャッぶりを羨ましそうな目で見ているひとりの女性が… こうなりたかった関係に最短で進んでいる美保に何を思うのか? 加藤さんデカいな… ちゃんの視線の意味は? にしても加藤さんデカry が!ここでイチャイチャする2人にイラっとしたのか、あるいは羨ましかったのか うっちーが水をぶっかけ2人を静止させます! どレ〇はいったいどっちでしょうねぇ…? お風呂から上がり、みんなでラウンジにて休憩中。 と、ここで もこっちは夜20時30分過ぎといい時間になってしまっている事に気付き、 加藤さんとの勉強会が今夜もあるのかな~と 加藤さんにお伺いしに行きます。 けれど、今日は宿題等もあるし無しにしよっかと 加藤さん。 顔がぱぁっと明るくなる もこっち!そのまま ゆりちゃんとどこかへ出かけに行きます。 加藤さんは先ほどの 美保と もこっちの距離感の詰め方を見て少し思う所があったのでしょうか? 隣にいる ちゃんに自分たちが仲良くなった時はどんな感じだったっけと聞きます。 ちゃんは 加藤さんから話しかけてくれて仲良くなった事。 そして もこっちに話しかける様はお母さんみたい、同級生と話す感じではなかったよと教えます。 今後に大きく関わりそうな場面ですね! 確かに 加藤さんは もこっちに対して保護者、指導しなきゃ見たいな感じで接している所があったかもしれませんね~ ここら辺の ちゃんの考えは特別編、もとい小説の方を読んだらわかったりするんでしょうか? と、色々なキャラの気持ちを考えていきたいのですが… ですが… おいカメラ止めろ!止めろ! 伊藤さんも衆目にさらすのはドン引きとか言ってたし何とかして! あぁ…イっちゃった… こみさんが面白すぎて全く集中できませんでした!w 今回は 、 もこっちが大人しいからってそんな体張らなくても! 天に昇ってしまった こみさんは置いておき、ホテル貸し切り合宿な為か各自思い思いな場所で勉学に勤しんでいる様を見て驚いている もこっちと ゆりちゃん。 そこでたまたま宿題を片付けている 雌猫グループに出会い、一緒に宿題をやろうと誘われそれに参加することに。 最初はどうかと思った合宿も来てよかった、 ゆりちゃんと もこっちともこの合宿で仲良くなれた、このメンツで大学行けたら楽しそうだね~と交友を深めます。 ( うっちーからお毛ヶの追及もありました。 ) ここの凪ちゃんカワイイですね! そして就寝時間。 そこへ もこっちのに 加藤さんからメッセージが! 明日の朝、少し時間頂戴と朝に会う約束をして前編が終了です!! 探偵の監視は夜だって続く! これじゃクラス落ちは納得だぜ! あとLINE画面見て気付いたのですが… 加藤さんのLINEの、自分の写真なんですね~ しかも結構決めキメの! てっきりネイルとかかと思っていました! いや~今回も最高でしたね!! 加藤さんのママ化も次回で変化が起きるかもですね! 美保ちゃんや 雌猫グループの子達もかわいかったし、暴れているわけじゃないのだけど画面にいると面白い こみさんや もよかったです! ちゃんの心情?バックストーリー的なのが少しほしい所ですねぇ~ アイプチでの回想、お母さんみたいだよと発言中、何かを思い出している表情。 地味目で大人しい ちゃんと派手目で明るい 加藤さんを繋いだのはあの時の 明日香だよと伝えたかったのでしょうかね? 次回に期待ですね!!次は4月16日!!後編じゃなくって中編かも!? maroaqua.

次の

『わたモテ』喪135 あらすじとネタバレ感想~笑ってはいけないJKメイク

わたもて 感想

こんばんわっす。 。oO(本日はいつもの木曜日とシフトが違ったので感想は夜に書いております。 という事で 『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 』喪170 が、公開となっておりました。 しかし、PCブラウザ版の更新は本日ではなく1月2日なのに、アプリ版は2週連続で更新というね…。 。oO(ただ、仕事の関係上やら、周りの人達との会話の話題を合わす為の意味もふくめて、どうしてもスマホアプリのゲームをやる必要性があり、その結果、タブレットを買い、それで遊んでた次第でした。 それが今回のわたモテに関してはアプリ版見れる結果になったので、嬉しい限りです。 さて、何がどうなって、この3人が集まる事になったのか、読み進めてみますか・・・。 その時の加藤さんなんですが なんかセレブなマダムっぽいと思ってしまったwごめんなさいw という事もあり(?)加藤さんがもこっちの家に来る事に。 さて、こみさんは別として、もこっちの家に来る最初の同級生の友達は加藤さんになりましたなぁ。 是非、もこっちの家に遊びに来るゆりちゃんや、ネモの話も今後書いてほしいっすね。 どうやらゆうちゃんも、もこっちの髪を染める事を手伝いたいとの話。 どうなるのかな・・・と思っていますと。 さすが、コミュ力ある加藤さんだけあって、初対面でも会話には困りません。 今回もこのシーンなんですが 一瞬、不穏の空気が流れた と、もこっちは思っていますが、この不穏な空気というのは、加藤さんとゆうちゃんの、もこっち争奪戦といいますか、もこっちの事をよく知ってるのは私の方です。 その行為を色々味わった後のもこっちの表情がコチラです。 。oO(加藤さんの事だから、スゴイ事になってたんだろうなぁw ただ、これで、もし大学編があるとするならば、主要キャラが青学にて集合とかありそうですかねぇ? ただ、ボッチ漫画として再度やり直すなら、もこっち一人だけ別大学に・・・という今やると、色々な方面で荒れ狂いそうな展開もあるかも?と少し怖い思いもありますw という事で、次回からは合宿編がスタートですね。 ここ最近、ゆりちゃんがまったく出て来てなかったので、次回は久しぶりのゆりもこ回になりますかな? 次回は1月16日更新らしいです。 それは今回はここらにて。 今年一年、この辺境のブログに感想を読みにきてくれた方、ありがとうございました。 その時、その時、ハマッた作品を動画にしております。 nicovideo.

次の

場末の。

わたもて 感想

出展 : Amazon. jp 『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! そんな彼女が、現在は 周囲の女子から モテモテになるという事態に!? 何故こんなことになったのか、徹底的に検証します! 実はアグレッシブだった非モテ時代 『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 男子にモテないのはともかくとして、 何故もこっちは女子にもモテていなかったのか? それは単純な コミュ力の低さだけでなく、 他の女子、特にリア充グループに対する 強烈な偏見と、 安定しない 自己評価が原因だったのではないでしょうか。 女子が他の女子と仲良くする最大のポイントは 「同調性」や 「共感」。 「わかる~!」が言えるか言えないかでグループに入れるかどうかが決まると言ってもいいくらい、これは重要です。 もちろん、その為にはまずグループの中に入ろうとする勇気、話しかける勇気が必要なのは言うまでもありません。 もこっちは高校1年時、常に女子グループに対し 憧れと嫌悪感を抱いており、遠くから眺めるだけでした。 これは 「自分はあいつらとは違う」という 虚勢と、 「自分はああはできない」という 諦観が混じっていたからでしょう。 いずれも同調や共感からはかけ離れた感情です。 通常、こういった性格だと 自分の世界に閉じこもってしまいがちですが、もこっちの場合は そのセオリーを逆走するキャラ。 既存の女子グループには接触せず、図書室で既読済みの本を読んでいた女子を花火見に誘おうとしたり、教室でマンガを読んだりお菓子を食べたりして向こうから近付いて来てくれるのを待っていたりと、普通の人はあまりしないアプローチを繰り返し、 悉く失敗していました。 これらの奇行が友達を作れない大きな要因になっていたのは間違いないでしょう。 しかし同時に、 このアグレッシブさがその後の「モテ時代到来」への布石にもなっていたのです。 トライ&エラーの日々が糧に 1年時のもこっちは 非常に 積極的で、友達ゼロの状態でもクリスマス会に参加しようと試みたり、キャバ嬢になる方法が知りたくて歌舞伎町に単身出かけたり(もこっちの居住エリアは千葉)と、常にいろんな行動を起こしていました。 また、結構 目立ちたがり屋の性格で、七夕の短冊に書く願いごとやクラス替え直後の自己紹介などの際には必ず何かしらのネタを用意し、笑いを生もうと躍起になっていました。 しかし残念ながらその行動が実を結ぶことはほとんどなく、その トライ&エラーが『ワタモテ』の醍醐味でもありました。 けれど、直接的な成功には繋がらなかったとはいえ、 彼女の積極性は全くの無駄に終わった訳ではありません。

次の