ケース スタディ 例題。 ケーススタディとは事例から学ぶこと!実際のやり方を例題とともに解説します

【初めてのケース】読むだけで準備万端!ゼロから始めるケース面接対策(例題付き)|就活サイト【ONE CAREER】

ケース スタディ 例題

そして、各事業分野でケーススタディの内容は異なりますので、ここからは、分野ごとのケーススタディについて少し解説させていただきます。 ビジネスにおける「ケーススタディ」 たいていの企業では新入社員に対して新人研修が実施されます。 しかし、実際の仕事についてからは『OJT』という形で、先輩の仕事を見ながらや先輩に実例で解説してもらいながら覚えていくことがほとんどではないでしょうか。 これこそまさにケーススタディ。 このようにリアルな実例から学ぶこともありますが、過去の事例・他社の事例などを通して勉強していくこともケーススタディです。 単純に仕事を覚えるということ意外にも、ケーススタディをやる意味はいくつかあります。 疑似体験によりビジネスに慣れることができる 「習うより慣れよ」という言葉がありますよね? 同じような体験を何回もすることで慣れてきて落ち着いた対応をすることができるようになります。 また、成功例・失敗例をたくさん見ておくことで、突発的な事が起こっても冷静に対処できるようになるのです。 仕事の時間を短縮できる ケーススタディをすることで仕事に慣れるという意味でも時間短縮につながりますが、事例を学ぶことである程度は手順というものがわかってきます。 仕事の手順は実務上の規定がある場合もありますが、様々な事例で研究していくことで、自分なりの法則というものを作り上げることができます。 それにより効率よく仕事を進めることができ、時間短縮をすることができるわけです。 リスク回避の事例A社は急に生産数が増えて追加納品が必要になることがある。 納品できなくなるという事態を回避する為、過去のデータをチェックして社内への要求数量を上乗せしておこう。 新しいアイデアを生み出すことができる 新しいアイデアというものは、必ずしもまったく新しいものでなくてはならないということはありません。 例えば、何か新しい家具を設計することになったとしましょう。 過去に作ったものやヒット商品を実際に自分で使ってみて、「こんな使い方もできれば便利だったな」と次の商品にそれを取り入れる。 これは、 過去の事例を研究したことにより得られたアイデアということになるので、ある意味新しいアイデアが生まれたということになるわけです。 ケースブックメソッド 『ケースブック』とは、実際にあった様々な事例を集めてテキストのようにまとめたもの。 そして『メソッド』とは、何か目的を達成する為の方法という意味があります。 前の項目のケースメソッドと同じような意味合いになりますが、 アメリカの法律教育においては実際の実例をもとにしたケースブックを用いた『ケースブックメソッド』という方式が採用されています。 ケースワーカー ケーススタディに似た言葉に『ケースワーカー』というものがあります。 これは、 身体上・精神上の理由で日常生活を送ることに支障がある人の相談や援助をする仕事をする人のことを指します。 ケーススタディの講義をする人といった捉え方をする人がいるかもしれませんが、まったく別の仕事内容を指しますので混同しないようにしてくださいね。

次の

ケーススタディで考える 職場のコミュニケーション「報連相」とは

ケース スタディ 例題

ケーススタディの解き方・考え方について教えてください。 下記の問題で悩んでいます。 あなたは販売グループの係長です。 部下に入社3年目の山田さんがいます。 山田さんは仕事もでき取引先からの評判もよいが先輩や同僚はよい印象を持っていない。 山田さんは暗い性格ではなく、黙々と仕事をこなしている。 他の人が雑用や掃除をしていても山田さんはまったくやらない。 運動部に所属しており、部の仲間との交流はあるが職場のメンバーと個人的な交流がない。 ・職場メンバーへのヒヤリング内容 <山田さん> 雑用や掃除は暇な人がやることで私は忙しいからできない。 自分の仕事をきっちり行うことがチームワークであり他のメンバーは全くできていない。 「仲間とべたべたすること」がチームワークなのか。 <先輩> 山田さんは期日までにきちんと仕事をするし悪い部分はない。 むしろ他のメンバーはミスがあったり、すぐ席を外したりするのでどうにかしてほしい。 <同僚> 山田さんは言いたいことをはっきり言うタイプ。 以前後輩のしごとのミスに無能だと言わんばかりに叱られた。 私が掃除をしていても手伝ってもくれない。 このような状況のときあなたはどう対処しますか。 <メンバーの各課題> ~山田さん~ 山田さんは仕事ができ取引先からの評判もよいので会社にとっては貴重な人材です。 ただし、一プレーヤーとしてやっていく分には問題ありませんが、将来リーダーに昇格させるには他人の感情やチームワークについて正しく理解してもらう必要があります。 ~同僚~ 不満のもとが山田さんの仕事ぶりに対するやっかみと雑用・掃除を押しつけられているというやらされ感、山田さんに理不尽なことを言われ反論できなかった悔しさがあります。 先輩と山田さんの言う通り、不満が原因と考えられる離席やミスが多いなら、仕事は仕事と考え、前向きに対処することが求められます。 ~先輩~ 先輩は、山田さんにも山田さんの同僚にも先輩として適切なアドバイスをしていません。 傍観しているだけです。 <対応> 1.日常業務・清掃(雑用・掃除を言い換えます)は、業務やサービスの品質を高める取り組みとして全員で行うことを必須とすると全メンバーに徹底します。 これはチーム会などで全体に対し宣言します。 以下、2以降は個別対応です。 2.山田さんには、仕事ぶりには文句のつけようがなく、高く評価していることをまず伝えます。 他方、「多忙は理由にならない。 時間は生み出すものである」とし、メンバーの一員として組織の共通課題である日常業務・清掃を行うよう指示します。 また、「自分の仕事をきっちり行うだけなら個人プレーであってチームワークではない。 チームワークは組織目標をメンバーで共有し、達成に向けて一丸となって取り組むものであること。 一般業務・清掃もその一環であること」を理解させます。 加えて、べたべたする必要はないが、いまの考え方を押し通すと、周囲の共感を得られず、組織を引っ張っていけない(=リーダーになれない)ので、対人能力などについて勉強することを勧めます。 運動部の仲間と交流しているならその辺は理解できるでしょう? 組織も同じことなんだよ、という話です。 3.同僚には、いつも率先して一般業務・清掃に当たってくれていることへの感謝を伝えます。 その上で、「子どもではないのだから~してくれない」はなしで、利害関係が対立する相手と話し合ったり交渉を続ける粘り強さが必要であるとし、山田さんにも一般業務・清掃を行うよう指示したので、自らの役割をきちんと遂行するよう指導します。 4.先輩には、組織のリーダー候補として、後輩の不備・不満を解消し、あるべき方向へ指導するよう伝えます。 年次が高い君にはリーダーシップ力を期待していると話します。 以上でいかがでしょうか。

次の

ケーススタディとは事例から学ぶこと!実際のやり方を例題とともに解説します

ケース スタディ 例題

ケーススタディの問題というのは2つのパターンに分類できます。 は、ケーススタディ(ケース面接)というものが、そもそも何を指すのかという内容についてお伝えしました。 今回は、ケーススタディの2つのパターンそれぞれの問題の解放の手順とコツについて伝授し、併せて僕がおすすめしたい ケーススタディ対策法についても最後にご紹介します。 ケーススタディの問題というのは、ざっくりと2つのパターンに分けられます。 1つがフェルミ推定系の問題で、もう1つがビジネスケース系の問題です。 まずフェルミ推定系の問題というのは「東京都内にあるマンホールの蓋の枚数は?」「アメリカのシカゴには何人のピアノ調律氏がいるのか?」のような問題です。 そして、ビジネスケース系の問題というのは、「次のオリンピックで、日本がメダルを増やすにはどうすればいいか?」「ある水族館の客が減ったのはなぜか?」「おしぼり会社の売り上げを伸ばすには?」などの問題が該当します。 で、これらの2つに分類される問題にどのように対応していけばいいのかについて、 そのコツ・解法の手順について伝授していきます。 フェルミ推定系の問題でどんな問題を出されても答えられるようにする手順 フェルミ推定系の問題というのは、未知の数字を論理的な思考と、自分の中にある常識をもってして、推定する問題のことです。 なので、広ーい目線で見て物事を捉えられる能力が必要で、その視点をもって、論理的な思考を展開する必要があります。 そのためには、いきなり問題に対する答えを出そうとしてはいけないというのが大原則になってきます。 そうではなく 、問題に対する答えというものをいくつかの要素に分解する必要があるんです。 そして、分解した要素というものを、足したり、かけ合わせたり、きちんと抜け目なく分解できるかを確認しながら、見極めていく行く作業を行います。 最終的に、分解して要素を、1つの式にして、その計算式の答えを出せば、それがフェルミ推定の問題で問われている解答なのです。 この一連の流れこそが、 解法の手順です。 とまぁ、「何を言っているんだ君は?」という風に思われている方も大勢いらっしゃると思うので、ここから先は具体的な例文と共にフェルミ推定の問題の解放手順についてわかりやすく伝授していきます。 例題を挙げるとすると、こんな問題。 「アメリカのシカゴには何人のピアノ調律氏がいるのか?」 こういう問題が、いわゆるTHEフェルミ推定の問題です。 フェルミ推定で特に知られているものは、「アメリカのシカゴには何人(なんにん)のピアノの調律師がいるか?」を推定するものである。 これはフェルミ自身がシカゴ大学の学生に対して出題したとされている。 この問題に対して、例えば次のように概算することができる。 まず以下のデータを仮定する。 シカゴの人口は300万人とする シカゴでは、1世帯あたりの人数が平均3人程度とする 10世帯に1台の割合でピアノを保有している世帯があるとする ピアノ1台の調律は平均して1年に1回行うとする 調律師が1日に調律するピアノの台数は3つとする 週休二日とし、調律師は年間に約250日働くとする そして、これらの仮定を元に次のように推論する。 そして、その分解した要素にあてはまる数字を、自分の常識の範囲内で概算してあてはめて、計算式を完成させれば、そこで出た答えが、フェルミ推定の問いに対する答えです。 だいたいフェルミ推定が何であるのか、わかってきましたでしょうか? もし、だいたいわかったというのであれば、それで上出来です。 後は慣れです。 要はコツさえわかればフェルミ推定については、そこまで怖くありません。 そのコツというのは、まず大前提としてこの一連の流れを把握していることです。 だいたいこんな感じの流れで、答えを導き出せばいいんだなぁというぼんやりとした感覚です。 そして、次に重要なコツが、 この要素の分解のやり方です。 僕が実際にそうでした。 でも、慣れればそんなに難しいものではありません。 要は、パターンを覚えればいいのです。 だからこそ、問題の数をこなすということは、感覚を身に着けるためにも必要になってきます。 ここまでの一連の流れをざっくりとまとめると、こうです。 フェルミ推定系の問題の流れとしては、• 問いの答えとなるものを、要素に分解する。 C=F+Gという要領。 要素に分け終えた次は、それぞれの要素に数字をあてはめていく作業。 これは自分の常識に則って行う作業。 多少ズレがあっても問題ない。 最後に、Aについて求める用意した式の答えを出す。 この流れです。 この流れで上記の「アメリカのシカゴには何人のピアノ調律氏がいるのか?」の問題についても求めていけばオッケーです。 この一連の流れを知ってさえいれば、それでどんな問題も余裕で解けるのかといわれればそうではないです。 この流れを分かったうえで、あとは練習問題をこなせいていけば、自然とコツがつかめますので、このコツをつかむためには、問題の数をこなすしかありません。 ビジネス系のケース面接でどんな問題を出されても答えられるようにする手順 次に、ビジネスケース系の問題の解放についてですが、難易度としてはフェルミ推定系の問題よりもやや難しくなります。 具体的にどういうところが、フェルミ推定系の問題よりも難しいのかというと、こちらの問題の方がより、 論理的な思考力と広義なモノの考え方が必要になってくるという点です。 また、ビジネスケース系という名前の通り、ごく単純化されたビジネスシチュエーションを使って、問題解決能力を推し量られる問題ということもあり、いかに求める答えとなるものを、要素に分解していくことが出来るのかという、その分解する上での難易度がフェルミ推定系の問題よりも1段階上がるという印象です。 しかし、基本的な答えの導き出し方としては、フェルミ推定系の問題の流れと同じになる場合もあるので、その時は、答えとなるモノを要素に分解し、抜け漏れがないかを見極めながら、式を組み立てて、答えを出すという流れになります。 とはいえ、フェルミ推定系の問題とは全く似つかないような問題も、ビジネスケース系の問題にあります。 しかも、新卒向けのアクセンチュアのケーススタディ(ケース面接)の出題ジャンルとしては、 ビジネスケース系の問題が頻出しているということも事実です。 というわけで、改めて具体例を使ってビジネスケース系の問題について、 解法の手順と思考の流れについてお伝えしていきます。 例えばこんな問題。 「ある会社の社長から、おしぼり会社の売り上げを伸ばしたいと相談されました。 どのようにするのがいいでしょうか?」 まずは、この問題を読んでどのように動き出せばいいのかについてですが、導き出したい答えとなるのは、「おしぼりの売り上げのupの策」です。 そのためにまずは、おしぼりの売り上げupのための策についての候補をいくつか羅列していくということが先決です。 このことを考えると、価格競争の面で既に勝負することは、既におしぼりの価格は赤字ギリギリのところで落ち着いているというマーケットである可能性であることからも、価格引き上げは厳しいという判断が出来ます。 しかし、普通に考えておしぼりの納入先というのは一般的な飲食店においては、既に利用しているおしぼりを別の企業のモノへの納入先を転換してもらうことは厳しそうです。 そこで、新たに飲食店をオープンすることを考えている店舗に、おしぼりの営業をかけていくということはある意味で、新規販路拡大のチャンスとして有力かもしれません。 その他にも、おしぼりえいえば飲食店のものというイメージですが、あえて飲食業以外の業態に販路を拡大していくという考え方もできます。 例えば、工事現場などです。 工事の合間におしぼりがおしぼりが使えるとなると、非常に喜ばれるではないでしょうか。 または、美容院なども可能ではないでしょうか。 あとは、パチンコ店などでも新たな市場として広げられそうです。 これらのことからも、納入先を開拓するという策は〇と評価します。 おしぼりの売り上げupの条件を、式としてあらわしてみたものの、現実的に顧客一人がおしぼりを二枚以上使う仕組みにするということは、難易度が高いでしょう。 といった要領です。 はっきりいって、こんなものに正解はありませんが、それでも論理的な思考の組み立てができなければ、こういった答えは出せませんよね。 つまり、面接官はこの一連の流れのモデルを短時間で組み立てれるかどうかを、その力量を見ているわけです。 ですので、ビジネスケース系の問題のケーススタディについても、 解放のコツとしてはもはや慣れと練習の量をこなすということしかありません。 最後に:おすすめのケース面接の対策法をご紹介 長くなりましたが、最後に、僕がアクセンチュアのケーススタディを突破するにあたっての、練習の数をこなし、ケーススタディの要領を掴むうえでの特訓をたった2週間で終わらすことが出来た方法を紹介します。 そのための必須アイテムがこの1冊です。 かなり古い本にはなりますが、正直、2018年卒のアクセンチュアの1次面接におけるケーススタディで問われた内容も、ここの本で紹介されているような内容と同じような問題が出題されました。 その結果として、この本での練習を積んでおいたおかげもあり、アクセンチュアのケース本番の30分という短い時間の間でも、もてる限りのパフォーマンスを発揮できました。 要はめっちゃ役立ったということです。 この本の構成としては、僕がここまで説明してきたフェルミ推定系の問題とビジネスケース系の問題についての実際のコンサル企業の面接で使われたことのある例題が、それぞれ10問ずつ、合計で20問掲載されています。 対策法としては非常にシンプルです。 この20問の問題集を一周しておけば 極論 それで大丈夫! それだけでアクセンチュアの1次選考レベルのケーススタディには対応できる力が付きます。 これは間違いないです。 なので、上記の本を是非アクセンチュアのケースを受けるのであれば、必須アイテムだとして活用して下さい。 僕はこの本をケース問題対策のための唯一の本として選んでおいて本当に良かったと思っています。 ネットにもケース問題の例題などは探せば結構転がっています。 他の書籍で も恐らく、ケースの練習はできるとは思いますが、何よりこの本は本当に無駄がありません。 「過去問で鍛える地頭力」をフル活用した、 さらに具体的なケーススタディ対策のやり方についてはこちらの記事を是非参考にしてください。 >> ec0484ki.

次の