手紙 春の 挨拶。 立春に出す手紙の挨拶は?書き出しや結びの文例や季語も紹介!

時候の挨拶 4月(卯月:うづき)

手紙 春の 挨拶

山菜や若葉、日差し、菜種梅雨など春を感じるものは他にもいっぱい。 下旬になるとゴールデンウイークに触れるのもいいでしょう。 改まった手紙には、「〇〇の候」という時候の言葉を使うといいでしょう。 ・庭の桜もすっかり葉桜となってしまいました。 季節感を表す時候の挨拶+安否や近況を尋ねる言葉で! では、例文です。 ・春光うららかな今日この頃、皆様お変わりありませんか。 ・木々が緑に輝き始める季節、もう新生活には慣れましたか? ・日に日に春めいてきましたが、もうお花見には行かれましたか? ・ゴールデンウィーク間近、楽しい計画を立てられていますか? 結びの挨拶も時候+気遣いの言葉で簡潔にまとめてみましょう。 季節を表す言葉に相手の健康や繁栄を祈る言葉を、また、春から新生活を始めた方には労いの言葉を添えてみてはいかがでしょう。 ・桜花爛漫の候、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 ・新たな環境で大変だと思いますが、何卒ご無理はなさらないでくださいね。 何かを始めたくなる、春。

次の

【一覧】時候の挨拶・季節の挨拶が分かる例文と結びの言葉

手紙 春の 挨拶

仲春とされる四月 四月は古来日本の言い方では卯月と呼ばれています。 挨拶文の例文としては、次のようなものが挙げられます。 春陽麗和の季節。 花の四月。 百花の春。 桜花爛漫の候。 暮春の候。 春暖ひとしおおぼえます。 しきりに花の便りが聞かれる頃。 春たけなわの候、良い季節になりました。 公園の桜が満開です。 一陣の風に舞う桜吹雪。 花いかだが流れる頃に。 春風駘蕩。 春眠暁を覚えずとか申す頃に。 鳥も歌い花も笑う。 三日見ぬまの桜かな。 春宵一刻値千金。 しめやかに降る春雨に。 春も別れを告げますが。 もう桜も散ってしまいました。 散る花を惜しむ心の今日この頃。 花冷えと言うのでしょうか。 菜の花畑に蝶が舞い遊び。 花に変わって若葉の緑が。 葉桜の頃となり。 若葉の光もさわやかに。 月もおぼろにかすみ。 暮春の哀愁にひたりながら。 行く春を惜しみつつむ移ろう季節。 おぼろ月夜に春の風。 このようなものを参考にして時候の挨拶としてください。 晩春とされる五月 五月は古来日本の言い方では皐月と呼ばれています。 挨拶文の例文としては、次のようなものが挙げられます。 薫風の季節。 すがすがしい新緑の頃になりました。 晩春の候、晩春初夏の候、緑したたる五月。 風薫る若葉の季節に。 葉桜が日増しに色濃くなり。 五月の鯉の吹き流し。 目に青葉、山ほととぎす初がつおとか申す頃に。 若葉に風薫る頃となりました。 春色も既に衰え。 旅行の絶好のシーズンとなり。 牡丹咲き誇る頃。 暑からず寒からず、良き日和に。 バラの新芽がぐんぐん伸びて。 青葉をわたる夕風も快く。 さつきやつつじは花の見ごろをむかえて。 うっすらと汗ばむ今日この頃。 青田をわたる風。 すっかり夏の気配を感じます。 吹く風も次第に夏めいてまいりました。 雲のたたずまいも夏の近さを感じさせます。 日差しの強さが夏を呼び起こすように。 このようなものを参考にして時候の挨拶としてください。 初夏とされる六月 六月は古来日本の言い方では水無月と呼ばれています。 挨拶文の例文としては、次のようなものが挙げられます。 すがすがしい初夏の季節。 さわやかな初夏の候。 緑陰したわしき昨今。 いよいよ短夜の季節となり。 若鮎おどる頃。 木々をわたる風もすがすがしくなり。 衣替え後に梅雨寒となり。 さみだれの候。 雨喜ぶあじさい一輪。 うっとうしい梅雨の季節。 蒸し暑い日が続きます。 若葉から滴るしずくが途切れず、雨音が続く頃に。 毎日うっとうしい日が続きます。 雨に濡れた緑が色美しく。 毎日いやな雨ばかりです。 梅雨にかすむ若葉の賑わい。 ぬかるみに轍が消えず降り続く雨。 水たまりに水輪が重なる。 傘の花が開く交差点に季節を感じて。 長雨に心も滅入ります。 梅雨の晴れ間に。 梅雨時に珍しい青空。 梅雨明けが待ち遠しく。 このようなものを参考にして時候の挨拶としてください。

次の

季節の挨拶(あいさつ)文① 春編

手紙 春の 挨拶

時候の挨拶 手紙の中で頭語の後にくるのが時候のあいさつです。 季節にふれるあいさつは手紙のもっている美しい伝統のひとつです。 時候の慣用句もありますが、自分なりの表現で、季節感をうまく工夫して相手に伝えると良いでしょう。 また、時候のあいさつのあとには、安否を気づかうあいさつが続きます。 ここでは季節感あふれる時候のあいさつをご紹介します。 かしこまったお手紙には月ごとの定型句を、親しい方へのお手紙には少しカジュアルな表現を用いると良いでしょう。 <お詫び・お見舞いの場合> お詫びの手紙では、申し訳ないという気持ちを伝えることが最大の目的です。 時候のあいさつは書かずに、単刀直入に本題に入りましょう。 また、お見舞いの手紙では、相手の体調を気遣う気持ちを伝えることが大切です。 容態や被害の状況に応じて時候のあいさつは省きましょう。 <ビジネスの場合> ビジネスで時候のあいさつを使う場合、「~の候」という古くからの漢語調のあいさつだけでは事務的な印象を与えてしまいます。 ビジネスだからこそ、ほんのひと手間かける心遣いで仕事までもできる印象に。 ご自分が五感でその時に感じた言葉を加える工夫をしましょう。

次の