乃木坂 46 25th。 【乃木坂46】25thシングルにアンダー曲がないのはなぜ?ファン歴8年の乃木坂オタクが理由を考察

乃木坂46 25thシングル 『しあわせの保護色』 特典はポストカード!2020年3月25日発売!Type

乃木坂 46 25th

乃木坂46が3月25日にリリースする25thシングルのフォーメーションが、2月2日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京)にて発表された。 乃木坂46『夜明けまで強がらなくてもいい』(Tyep-C) センターはグループからの卒業をアナウンスしている白石麻衣。 前作より4人多い22人編成となり、十一福神全員が1期生という白石を囲むフォーメーションとなる。 3列目には2期生から4期生までの精鋭が11人。 裏センターに据えるのは、白石に出会い優しさと愛情をもらった大園桃子であり、後輩に1期生の背中を見せるという意味でも、乃木坂46にとって大きなターニングポイントと言えるフォーメーションである。 さらに、2列目の後ろには、キャプテンの秋元真夏、高山一実が見守る盤石の布陣。 注目は、アンダーから久々に選抜復帰となった中田花奈、樋口日奈、和田まあやだ。 3人が口を揃えて話すのは、グループを牽引してきた白石の背中の偉大さ、そしてその白石を近くで見送れることへの感謝。 メンバーの今回のシングルにかける思いを聞き、バナナマンの設楽統も「乃木坂46の歴史というか重みを感じる選抜」と話している。 1期生は、現在11人。 白石とこの春をもっての卒業を発表している井上小百合がグループを抜けることによって、その数は9人となる。 8周年のバースデーライブを目前に、9年目に突入しようとしている乃木坂46。 1期生という当たり前だった存在に、改めてスポットが当たったのは2017年。 3期生が新たな世代として台頭し始めた頃、明治神宮野球場で開催された『真夏の全国ツアー』で1期生のブロックとしてパフォーマンスを行ったのがこの年だ。 ステージ裏で円陣を組むメンバーの「1期! 1期!」というコールが自然と起こったのはファンには有名な話である。 同年、11月には東京ドーム2DAYSを開催。 目標に掲げていた一つの夢を叶えたのを機に、そこから1期生の卒業が後を絶たなくなっていく。

次の

【商品概要第1弾!!】乃木坂46 25thシングル「しあわせの保護色」商品概要!!...|ニュース|乃木坂46公式サイト

乃木坂 46 25th

サクッと読める目次• 25thシングル「しあわせの保護色」収録情報 まずは乃木坂46の25thシングル「しあわせの保護色」収録曲情報から見ておきましょう。 曲名 参加メンバー 「しあわせの保護色」 25thシングル選抜メンバー 「サヨナラ Stay with me」 秋元真夏・生田絵梨花、齋藤飛鳥、松村沙友理、久保史緒里、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香 「じゃあね。 」 白石麻衣 「アナスターシャ」 2期生メンバー 「毎日がBrand new day」 3期生メンバー 「I see…」 4期生メンバー 「ファンタスティック三色パン」 齋藤飛鳥・梅澤美波・山下美月 今回の収録曲は全7曲。 表題曲「しあわせの保護色」に加え、卒業する白石麻衣の本人作詞によるソロ曲「じゃあね。 」 さらにフィットチーネグミのCMソングである「サヨナラ Stay with me」 まだ発表されていませんがおそらくメンバー的に映画「映像研には手を出すな! 」のタイアップソングである「ファンタスティック三色パン」 そして2期生メンバーによる期別曲「アナスターシャ」 3期生メンバーによる期別曲「毎日がBrand new day」 4期生メンバーによる期別曲「I see…」 の合計7曲というラインナップになっています。 表題曲「しあわせの保護色」では1期生メンバー全員が選抜入りしているため、この曲は実質1期生の期別曲ともいえますね。 スポンサーリンク• 曲数の上限は7曲• メンバー全員が必ずどれかの曲に参加できるようにする まず、従来通り「表題曲」「アンダー曲」この2曲は必ず固定で収録する、とします。 すると、7曲のうち2曲は埋まり、残り使える曲は5曲になります。 タイアップ曲の2曲は必ず入る タイアップ曲である「サヨナラStay wtih me」と「ファンタスティック三色パン」は、大人の事情で必ず収録が必要だと思われるので外せないでしょう。 ということで残り5曲のうち2曲はここが入ります。 残り3曲。 白石麻衣ソロ曲は必ず入る メンバーが卒業していくときのソロ曲は定番ですし、白石麻衣のソロ曲「じゃあね。 」はもちろん外せない枠です。 ということで残りは2曲。 アンダー曲を入れるなら4期生曲が必要 もしアンダー曲を入れるなら、4期生曲も必ず入れる必要があります。 4期生はまだアンダーに参加していないので、4期生曲がないと選抜に入ってない4期生が参加できる曲がなくなってしまうからです。 アンダー曲を入れてもメンバー全員が曲に参加できる シミュレーションの結果 運営がどうしても2期生or3期生の曲も入れたかったのでは? という可能性が浮かび上がってきます。 このパターンでアンダー曲込みの25thシングル収録曲をシミュレーションしてみると、以下のようになります。 曲名 参加メンバー しあわせの保護色(表題曲) 25thシングル選抜メンバー アンダー曲 25thシングルアンダーメンバー 「サヨナラ Stay with me」 秋元真夏・生田絵梨花、齋藤飛鳥、松村沙友理、久保史緒里、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香 「じゃあね。 」 白石麻衣 アナスターシャ 2期生メンバー 「I see…」 4期生メンバー 「ファンタスティック三色パン」 齋藤飛鳥・梅澤美波・山下美月 こうすると、メンバー全員は参加できていますが、 3期生だけ期別曲がないということになります。 こうなってしまうくらいなら、いっそのことアンダー曲をなくして、3期の曲も用意しよう (その方がオタは喜ぶと運営は思っている) なんてのが想像できますね・・・。 さらにこれをもっと深読みすると、.

次の

乃木坂46 25thシングルの選抜メンバー及びフォーメーションについて予想して...

乃木坂 46 25th

乃木坂46が3月25日にリリースする25thシングルのフォーメーションが、2月2日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京)にて発表された。 乃木坂46『夜明けまで強がらなくてもいい』(Tyep-C) センターはグループからの卒業をアナウンスしている白石麻衣。 前作より4人多い22人編成となり、十一福神全員が1期生という白石を囲むフォーメーションとなる。 3列目には2期生から4期生までの精鋭が11人。 裏センターに据えるのは、白石に出会い優しさと愛情をもらった大園桃子であり、後輩に1期生の背中を見せるという意味でも、乃木坂46にとって大きなターニングポイントと言えるフォーメーションである。 さらに、2列目の後ろには、キャプテンの秋元真夏、高山一実が見守る盤石の布陣。 注目は、アンダーから久々に選抜復帰となった中田花奈、樋口日奈、和田まあやだ。 3人が口を揃えて話すのは、グループを牽引してきた白石の背中の偉大さ、そしてその白石を近くで見送れることへの感謝。 メンバーの今回のシングルにかける思いを聞き、バナナマンの設楽統も「乃木坂46の歴史というか重みを感じる選抜」と話している。 1期生は、現在11人。 白石とこの春をもっての卒業を発表している井上小百合がグループを抜けることによって、その数は9人となる。 8周年のバースデーライブを目前に、9年目に突入しようとしている乃木坂46。 1期生という当たり前だった存在に、改めてスポットが当たったのは2017年。 3期生が新たな世代として台頭し始めた頃、明治神宮野球場で開催された『真夏の全国ツアー』で1期生のブロックとしてパフォーマンスを行ったのがこの年だ。 ステージ裏で円陣を組むメンバーの「1期! 1期!」というコールが自然と起こったのはファンには有名な話である。 同年、11月には東京ドーム2DAYSを開催。 目標に掲げていた一つの夢を叶えたのを機に、そこから1期生の卒業が後を絶たなくなっていく。

次の