マスター リーグ ポケモン go。 【ポケモンGO】最近のマスターリーグはディアルガよりも「意外なあのポケモン」が多い?課金者優遇反対の声も

【ポケモンGO】最近のマスターリーグはディアルガよりも「意外なあのポケモン」が多い?課金者優遇反対の声も

マスター リーグ ポケモン go

カイオーガ,トゲキッス,ディアルガ カイオーガ トゲキッス ディアルガ みず フェアリー ひこう はがね ドラゴン SCP:3825 SCP:3243 SCP:3687 総評 SCPが高く技範囲が優秀な カイオーガを中心に組んだパーティ。 二体目にはカイオーガの水技に耐性がある ギラティナ・ディアルガに強い トゲキッスを採用した。 またトゲキッスが弱い鋼タイプにカイオーガが強いためこの二体は相性補完が良い。 そして三体目には 電気の一貫を切ることができてタイプ・技範囲が優秀な ディアルガを採用した。 オプション カイオーガの技構成は水タイプのミラーに強くしたい場合はふぶきを かみなりにする選択肢もある。 ディアルガの技構成はトゲキッスの苦手な鋼タイプを消耗させるためにかみなりにしているが、等倍で最高打点となる りゅうせいぐんにする選択肢もある。 ドサイドン,ギラティナ オリジン ,ディアルガ ドサイドン ギラティナ オリジン ディアルガ じめん いわ ゴースト ドラゴン はがね ドラゴン SCP:3618 SCP:3709 SCP:3687 総評 環境トップのディアルガ・メルメタルの並びに強い ドサイドンを中心に組んだパーティ。 二体目にはドサイドンが弱い 水・格闘タイプへのケアとして ギラティナを採用。 ギラティナはディアルガに弱いためこの二体の相性補完は良い。 ここまで 相手のギラティナへのケアが甘いため三体目に ディアルガを採用した。 オプション 相手の トゲキッスに対して明確に役割が持てるポケモンが欲しい場合はディアルガを メルメタルにする選択肢もある。 メタグロス,カイリュー,カビゴン メタグロス カイリュー カビゴン はがね エスパー ドラゴン ひこう ノーマル SCP:3549 SCP:3499 SCP:3449 総評 タイプ・技範囲ともに優れている メタグロスを中心に組んだパーティ。 そして二体目には メタグロスとの相性補完が良い カイリューを採用(メタグロスが弱い地面・炎・水タイプに対してカイリューが強く、カイリューが弱いフェアリー・岩・氷タイプにメタグロスが強い)。 三体目にはメタグロスの弱点でありここまで一貫している ゴーストタイプに強く弱点が少ない カビゴンを採用した。 オプション 相手の 鋼タイプに対して強くしたい場合はカビゴンを ラグラージにする選択肢もある。 ドサイドン,カイリュー,メタグロス ドサイドン カイリュー メタグロス じめん いわ ドラゴン ひこう はがね エスパー SCP:3618 SCP:3499 SCP:3549 総評 マスターリーグのトップメタであるディアルガをはじめとした鋼タイプのポケモンに強い ドサイドンを中心に組んだパーティ。 二体目には ドサイドンと相性補完の良い カイリューを採用(ドサイドンが弱い水・草・地面・格闘タイプにカイリューが強く、カイリューが弱い岩・鋼タイプにドサイドンが強い)。 しかしここまで相手の トゲキッス・カイリューへのケアが甘いので三体目には メタグロスを採用した。 オプション ドサイドンのゲージ技は鋼タイプへの打点を意識してばかぢからを採用しているが、 デバフを嫌う場合は なみのりにする選択肢もある。 また、 ドサイドンが担っている鋼タイプへの役割は格闘タイプの カイリキーや ローブシンでも担うことができるため代わりに使ってもよい。

次の

【ポケモンGO】マスターリーグの最強ランキング|ゲームエイト

マスター リーグ ポケモン go

ディアルガ,ギラティナ アナザー ,ラグラージ,カビゴン,トゲキッス,メタグロス ディアルガ ギラティナ アナザー ラグラージ ドラゴン はがね ゴースト ドラゴン みず じめん SCP:3687 SCP:3709 SCP:2924 カビゴン トゲキッス メタグロス ノーマル フェアリー ひこう はがね エスパー SCP:3449 SCP:3243 SCP:3549 総評 タイプ・技範囲が優秀な ギラティナと ディアルガを中心に組んだパーティ。 取り巻きは ディアルガをはじめとする鋼タイプの対策として ラグラージ、マスター環境の強力な ドラゴンタイプへの抑止力となる トゲキッスを採用。 さらに相手の フェアリータイプ対策に メタグロス、技範囲が広く型が豊富で 相手のギラティナを牽制できる カビゴンを採用した。 オプション パーティに格闘打点が欲しい場合はメタグロスを メルメタルに変更できる。 ディアルガ,ミュウツー,カイリキー,ギャラドス,カビゴン,メルメタル ディアルガ ミュウツー カイリキー ドラゴン はがね エスパー かくとう SCP:3687 SCP:3651 SCP:2819 ギャラドス カビゴン メルメタル みず ひこう ノーマル はがね SCP:3212 SCP:3449 SCP:3585 総評 技範囲が優秀で相性補完の良い ディアルガと ミュウツーを中心に組んだパーティ(ディアルガが弱い格闘タイプにミュウツーが強く、ミュウツーが弱いバンギラス・ギラティナにディアルガが強い)。 続いて相手の ディアルガ・カビゴン・メルメタルへのケアとして カイリキーを採用。 さらに、ここまでで一貫している メタグロス・ラグラージへのケアとして ギャラドス、 フェアリー・飛行タイプへのケアとして メルメタルを採用。 最後に 技範囲が優秀でゴーストタイプから一貫を切ることができる カビゴンを採用した。 オプション 相手の カイリキー+ギラティナの並びを意識するのであればカビゴンを トゲキッスに変える選択肢もある。 しかし苦手な相手に対しての有効打を持たせたり(悪タイプ対策のきあいだま、ゴーストタイプ対策のシャドーボール)特定の並びを対策する技構成(ミュウツー・ギャラドスの並びに対してシャドーボール・10万ボルトなど)にすることもできるので状況によって使い分けたい。 ただし サイコブレイクとシャドーボールは両方ともレガシー技で両立できない点には注意したい。

次の

【ポケモンGO】マスターリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

マスター リーグ ポケモン go

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! キラ図鑑は順調に埋まってるかな? 「どうせ自分には無理……」と思ってるそこの君!! 交換してくれる相手さえ見つかれば、意外とキラ図鑑は埋まっていくぞ。 キラキラしてる方が気分もいいから、とりあえず交換相手を探してみよう。 それはさておき、スーパーリーグ、ハイパーリーグに次いで、もうそろそろGOバトルリーグにて「 マスターリーグ」のプレシーズンが始まる。 それはマスターリーグにも言えることで、これまであまり出番のなかった「伝説ポケモン」たちがいよいよその本領を発揮することになる。 また、CP制限のないマスターリーグの ベスト個体値は100%だから、逆に選別が終わっているトレーナーも多いかもしれない。 ・鬼からの断り さて、今回も話を聞かせてくれたのは ことAさんである。 日付が変わった瞬間からGOバトルリーグを25連戦するAさんは、最近ランク10に昇格したという。 「いや~、強い人ばっかりで怖いですよ」と言っていたが、 月に1万匹ペースでポケモンを捕まえてるあなたも怖いですから! やりすぎですから!! それはどうでもいいとして、さっそく話を伺おうとしたところ鬼から「 1つだけ断っておきたいことがあります」という申し出があった。 何かというと……。 「実は、僕はほとんどマスターリーグをやったことがないんです。 なので、 これまでのように経験に基づくお話はできません。 マスターリーグに関しては、それぞれのポケモンの相性やタイプ、数値に基づく仮説だと思っていただけるとありがたいです」 ……了解した。 ただ、話を聞きながら様々なシミュレーションをし、さらに実際にマスターリーグで戦いつつオススメのポケモンを選抜したから、 見当ハズレということはないハズだ。 というわけで、マスターリーグで輝くポケモンたちを以下で4匹紹介しよう。 ・ディアルガ 「現在のところ、 マスターリーグ最強のポケモンはディアルガで間違いないと思います。 位置づけ的にはスーパーリーグでいうマリルリ、ハイパーリーグでいうギラティナアナザーといったところでしょうか。 ディアルガ最大の魅力はタイプです。 さらにレジスチルと違って、みずとでんきにも耐性を持っています。 これにディアルガの持つリーグ上位の耐久力が組み合わさるんですから、弱いハズがありません。 さらには暴力的な攻撃力のおかげで、ノーマルアタックだけでほとんどのポケモンに勝ててしまいます。 カイリュー、パルキア、レックウザ……などなど、攻撃力の高いドラゴンタイプは多いんですが、 どのドラゴンタイプにもディアルガが負けることはありません。 ドラゴンタイプに耐性があるのはフェアリーとはがねタイプだけですが、中でも 1番手に来るのがトゲキッスでしょう。 ハイパーリーグでも活躍しているトゲキッスですが、マスターリーグではさらなる活躍が見込めます。 やはり、ドラゴンタイプに2重耐性を持っているのは大きいですね。 いずれにせよ、 ディアルガ対策のポケモンの育成は必須です」 ・メルメタル 「ディアルガに対抗できるはがねタイプなら、メルメタルが挙げられます。 メルメタルの特徴は とにかく回転が早いこと。 溜めて溜めて2連発で使うのが基本です。 とはいえ、メルメタルは普通に湧くポケモンじゃないので、人によっては育成の難易度が高いかもしれません」 ・ヒードラン 「ディアルガ対策ポケモンの中でも、使い方が簡単なのがヒードランです。 ディアルガに次いで 使用頻度が高いポケモンになるのではないでしょうか。 さらに、ヒードランは 他のはがねタイプに負けないところが魅力ですね。 とはいえ弱点はみず、かくとう、じめんと3つあり、中でもじめんは2重弱点なので十分に注意しましょう。 カイオーガ、グラードンあたりは天敵になりそうです。 プレシーズンが開幕してしばらくの間は、 ディアルガを中心にマスターリーグが回ることはほぼ確実だ。 まずは「ディアルガ」と「ディアルガ対策ポケモン」を育成しておこう。 というわけで、マスターリーグのプレシーズンは2020年2月25日(火曜日)6時から開幕する。 スーパー、ハイパーでは後れを取ったトレーナーの中には、 マスターなら十分に通用するポケモンをお持ちの方も意外と多いハズ。 恐れずに戦え……涙の数だけ強くなれるよ! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!! 参考リンク: Report: Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の