ガソリン 給油 エンジン。 エンジンをかけたままでのガソリン給油

セルフ式ガソリンスタンドでの給油方法・やり方・注意点

ガソリン 給油 エンジン

ガソリンと軽油の違い ガソリンと軽油の違いは沸点にあります。 ガソリンの方が沸点が低く、常温でもよく燃えます。 逆に軽油は沸点が高く、高温で燃焼します。 また、ガソリンは引火しやすく、軽油は着火しやすいのも特徴で、エンジンは、それぞれの特徴を活かしてつくられています。 ガソリンエンジンではスパークプラグで火花を起こし、ガソリンに引火させます。 一方ディーゼルエンジンは、圧力をかけて軽油自体の温度を上げ、自然発火させる仕組みです。 同じ石油から作られた燃料ですが、その特徴を活かして作られたエンジンは、全く異なる性質を持っていると言えます。 ガソリン車に軽油(ディーゼル)をいれてしまった場合 給油するとき、大抵の場合は燃料が残った状態です。 ですので、ガソリン車に軽油を入れてしまい、そのままエンジンをかけても、すぐにトラブルが発生することはありません。 残っていた燃料の割合にもよりますが、ガソリンの割合が少なくなる頃からエンジンからチリチリと異音が聞こえたり、振動がおこったり、マフラーから黒煙が出はじめます。 これをノッキングといい、ノッキングを放置しておくとエンジンに大きな損傷を与えてしまうことになりす。 初期段階ではプラグの交換程度で直ることもありますので、エンジンの調子がおかしいと思ったら、すぐに車を停車し、重症化を防ぎましょう。 軽油(ディーゼル)車にガソリンをいれてしまった場合 やはり、同様にノッキングがおこり、マフラーからは白煙が出はじめます。 しかし、 ガソリン車に軽油を入れ間違えるよりもエンジンの損傷は激しく、大規模修理で高額な修理費が必要となる場合が多いのです。 セルフ給油であれば自分のミスで諦めることもできますが、給油員がいるスタンドでも、ディーゼル車とガソリン車の2種の仕様があるような車種の場合は、しっかりと相手に伝わるよう、意志疎通を意識して指示を出すことも必要です。 レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違い レギュラーとハイオクは、ガソリンと軽油ほどの違いはありません。 うっかり給油を間違えてしまった、という程度なら、軽油と間違えるほどの問題にはならないことがほとんどです。 ハイオクガソリンは、高性能エンジンのポテンシャルを十分に発揮させることのできる燃料として開発されました。 ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れても走行は可能ですが、車本来の性能を楽しむことはできません。 また、ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れてしまうと、メーカー保証の対象外となる場合もあります。 それぞれの仕様に合った燃料を使用し、快適なカーライフを楽しみたいものです。

次の

給油時エンジン停止してる?セルフスタンドでの疑問&給油方法

ガソリン 給油 エンジン

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。 「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、 質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。 逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。 またネットだと有利な事が多く 「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。 もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、 ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。 ただ、間違えてしまってもディーゼル車にガソリンを入れるほど深刻なダメージにはなりません。 この場合には、プラグ周りの交換で済むケースがほとんどですが、整備が必要になるのは避けられませんね。 エンジン自体がダメになるというわけではないのが救いです。 これに対して、ディーゼル車にガソリンを入れると大変なことになります。 ディーゼル車にガソリンを給油 最も損害が大きくなるといわれているのはディーゼルエンジン車にガソリンを誤って給油した場合です。 一番深刻な理由が燃料ポンプや燃料噴射装置の損傷といわれています。 ディーゼルエンジンの燃料噴射周りは軽油の潤滑に依存している場合があり、ガソリン車ではそれがないので即座に故障の原因になるケースが多いようです。 そのため、誤って給油を行ったことに気が付いた場合にはすぐに運転をやめてください。 レギュラー車にハイオクを給油 結論から申し上げると全く問題はないですが、利点も無いのが特徴です。 人によってフィーリングが異なるようです。 ハイオクを入れたら調子が悪く感じる、対して車の出力性能が上がった気がするなど。 実際にハイオクガソリンのほうが熱量が若干高いので、出力向上につながるのかもしれませんが、本当にごくわずかなのでほとんど気にする必要はありません。 また、従来ハイオクには洗浄効果が高いというCMなどを行っていたためか、エンジン洗浄効果としてハイオクを入れると良いと考えられているようです。 過去においては、ハイオクが汚いガソリンだったのでそのような洗浄物を添加していました。 しかし、現在では無鉛ガソリンが主流となって洗浄効果のある添加は必要なくなりました。 そのため、洗浄効果があるようなものは期待するべきではなく、もし添加されているとしたらレギュラーガソリンにも添加されています。 以上より、レギュラーガソリンエンジンにハイオクガソリンを入れてもほとんど意味がなく、販売元が儲かるだけということになります。 「絶対にハイオク指定車」にレギュラーガソリンはやばい ハイオクを絶対に指定しているエンジンがあります。 こういったエンジンにレギュラーガソリンを入れると、出力低下はもちろんのこと、最悪の場合エンジンを壊してしまいます。 国産車ではトヨタ・2ZZ-GEというエンジンがハイオク専用エンジンです。 この2ZZ-GEというエンジンの搭載車を見たとき、セリカはよいとしてカローラフィールダーやWiLL VSなど一般的な車にも搭載されていることに驚きです。 うっかりハイオク以外の燃料を入れてしまったら・・・もちろん、一般的な車でも最上位モデルである場合が多く、販売店でも説明があると思いますが^^; ハイオク車にレギュラーガソリンはやめるべき 先ほど書いたハイオクガソリン専用エンジン以外ならいきなりエンジンが壊れるようなことは少ないようです。 ただし、ハイオクガソリンを使うことが前提で設計されているエンジンですから、出力の低下は当然起こります。 最近は、コンピュータの性能向上から誤ってレギュラーガソリンを入れた場合や緊急時においてレギュラーガソリンしか使えない状況に備えてコンピュータが自動で判別・調整をしてくれるようです。 そのため、誤って異なるガソリンを入れてしまったとしても、ただちに問題が起こることは少ないようです。 しかし、あまり望ましいことではありませんから、できる限りハイオクを入れてください。 誤って入れてしまった場合は、ハイオクをこまめに入れて比率を薄めていくのが良いでしょう。 もちろん、特に大事にしたい車ならガソリンを抜いて入れ替えるのも良いと思います。 勘違いが多い軽自動車に「軽油」 確かに名前的にはそういった連想もありますが、軽油と軽自動車用の燃料は異なります。 意外にも軽自動車用の燃料として軽油を誤って入れてしまう方がいらっしゃるようです。 あとは、軽油のほうが燃料が安いことから節約として給油するという判断のもと、誤給油につながっているようです。 当然ですが、このような使い方をすればエンジンが壊れてしまいますので絶対にやめてください。 ディーゼルなら軽油でも動くが・・・ 実はディーゼルエンジンなら軽油を入れても動くのですが、これは脱税行為になりますので間違えた場合ならまだしも、意図的に行えば立派な不法行為です。 軽自動車にディーゼルエンジンを積むのはサイズ的な問題であったり、重さ面であったりと技術的な問題で搭載できている車はまだありません。 ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて大型かつ大重量になりますので、軽自動車には向いていないエンジンなのです。 ただ、将来的には技術革新によって軽自動車のサイズでもディーゼルエンジンが登場するかもしれませんね。 ガソリンの種類と識別及び特徴 なお、ガソリンスタンドではノズルの色が決まっています。 種類 ノズル色 用途 特徴 レギュラーガソリン 赤 一般的ガソリンエンジン車など オクタン価96未満 ハイオクガソリン 黄 高性能エンジン車 オクタン価96以上 軽油 緑 ディーゼルエンジン燃料車 セタン価55~60 灯油 青 暖房器具など 給油場所が他と異なる ノズルの色を分けることや給油口に油種の指定があるなど、その他間違えて給油しないようにさせるために色分けされていたり、配置に気を使っていたりと極端な状況下でなければ間違えることは少ないでしょう。 多くの給油間違えは知識の欠如によって引き起こされます。 (後に書いている軽自動車に軽油を油種名前の類似性から入れてしまうなど) 近年はセルフスタンドが一般的であり、油種違いの給油も増えていることや、運転する人の多様化によって、余り知識はないけれども確実な判断が求められるようなケースが増えていることが近年の誤給油における大きな原因ではないこと考えています。 ガソリンのオクタン価とは レギュラーガソリンとハイオクガソリンはオクタン価というもので明確に分けられています。 オクタン価とは、燃えにくさの指標と考えてください。 ハイオクガソリンは、高いオクタン価を持つのは任意の時点で燃えるように調整されているためです これによってハイオクガソリンは高い回転数であったり圧縮比を要求される高性能ガソリンエンジンに用いられます。 なお、この基準は国によって異なり、欧州では日本のハイオク基準がレギュラーであったりと場所によって事情が異なります。 対して、アメリカは日本に近い基準です。 軽油のセタン価とは セタン価とは、燃えやすさの指標です。 ガソリンのオクタン価とは正反対のものなのはエンジンの仕様がガソリン車と異なるためです。 ディーゼルエンジンは着火にスパークプラグを使わずに、圧縮したときの熱で爆発させています。 そのため、燃えやすい燃料を利用するということで軽油を用いています。 灯油を入れ間違える人は少ない 灯油の販売は、ガソリンなど車両用燃料を売っている場所からは少し離れた位置にありますので、誤って入れてしまうというケースは無いと思います。 灯油の性質では、どちらかといえばガソリンよりも軽油に近いものとなるのでしょう。 なお、灯油を消費して自動車を走行させると日本の法律では脱税になるので気をつけてください。 ちなみに、意外に思う方もいらっしゃるでしょうけれども、灯油というと石油ファンヒーターなどの燃料というイメージがありますが、実は航空機の燃料は灯油と同じケロシンという成分のものが使われているものも多いみたいですね。 2ストバイクに軽油を給油した場合 今から十年以上も前のことになりますが、千葉県のカフェ併設型ガソリンスタンドでの出来事です。 ガソリンスタンドが込み合っているにもかかわらず、若い子が給油セクションで給油しているわけでもないのにずっと居座っていました。 ガソリンスタンドで若い子が間違えて2ストロークエンジンのバイクに軽油を入れてしまったときのことです。 バイクが好きそうな若い子でしたが、何度やってもエンジンがかからないために聞いたら軽油を入れてしまったとのこと。 2ストロークバイクのエンジンは一般的なガソリンエンジンとは異なり、圧縮するときにエンジンオイルを添加するという面白い構造なのです。 このような構造ですから、プラグが汚れるということはそれほど珍しいことではなく、軽油を利用したからといって実はそこまで深刻なダメージにはならないのではないかと思いました。 そのため、軽油を入れてしまったとしてもすぐに軽油を抜いたりガソリンの比率を高めることで、問題なく(実際には問題があったかもしれない)動き、無事バイクで帰ることができました。 その時には、知識が乏しかったですし今ほどインターネットも発達していなかったこともあって割りと適当なことをしたと思っています。 プラグぐらいは交換したほうがいいですね^^; まあ2ストロークエンジンならオイルも一緒に添加して燃やすのでそれほど影響はないでしょうが・・・ ガソリン車に軽油:誤給油のまとめ 以上、誤って異なる燃料を給油してしまったら、エンジンを動かさないことが大切です。 動かせば動かすほど深刻な状況になるからです。 今回は、機械的な故障についてお話でしたが、発火や爆発をすることもあるかもしれません。 設計とは異なる燃料を入れると何が起こるかわかりませんから、給油時は常に注意して欲しいと思います。 お役立ていただけたら幸いです。

次の

自家用車(軽自動車)に砂糖を入れられました。

ガソリン 給油 エンジン

エンジンを止めなくても何の弊害もありません。 引火の可能性も正常に給油されていれば限りなくゼロに近い物で引火の可能性はないと言っても良いと思います。 ガソリンは引火源が無ければ引火、燃焼はしません。 その引火減は火炎です、排気の熱程度では引火しません。 静電気のスパークは引火源になりますが。 車に特に悪いことはありません。 給油中エンジン停止と義務化?されているそうですが、当該車両以外は関係ないのですかね。 隣に給油に入ってきた車はどうするのですかね?、1台給油中は他の車はGSへ入れないのですかね。 給油中エンジン停止ならそうゆうことですよね。 つまり給油中エンジン停止は何の根拠も無いことです。 日本人特有の考え方だよね、何の根拠も無いことをルール化したがるだけってことですね。 セルフではない給油時におけるドライバーの仕事は実に簡単なものです。 ガソリンスタンドに入って、給油ブースにクルマを停止させる。 エンジンを停止して、フューエルリッドを解除する。 後は、ハイオクかレギュラー、あるいは軽油など銘柄を指定すれば、サービスマンが給油口に給油ガンを差し込み、燃料の給油を開始してくれます。 この時、エンジンをアイドリング状態にしていると、エンジンを停止させるようサービスマンが告げてくるハズです。 クルマの構造上、エンジンを掛けながら給油ができないというワケではありません。 あくまでこれは安全のために行なう措置なのです。 エンジンを掛けているということは、絶えずエンジン内では爆発、燃焼を繰り返しているワケです。 マフラーからは熱い排気ガスが放出されています。 排気ガス自体で引火することはありませんが、マフラーが常に加熱されているため、引火の危険性はエンジン停止時より高いでしょう。 実際、クルマの欠陥が原因で給油中にガソリンが給油口から吹き出し、飛び散ったガソリンがマフラーに付着して引火、クルマが炎上してしまったケースもあるのです。 もっとも、これはガソリンが吹き出してしまったために起こったアクシデントですが、給油にはこうした危険性が常にあることを知っておきましょう。 この給油中にエンジンを停止させるということは、消防法でも定められています。 規制緩和が世の流れだが、こうした規制は安全のためにも守っていきたいものです。 「車に特に悪いことはありません。 」などと、わけのわからないことを言っている人もおられますが、消防法を守る上でも、リスク回避のためにも、給油中はエンジン停止をしてください。

次の