ナビタス クリニック 久住 医師。 久住英二のWiki的プロフィール!年齢や高校、評判は?結婚して嫁はいるかも調査!

ナビタスクリニック 久住英二先生 ユーザーインタビュー

ナビタス クリニック 久住 医師

私は、「医療を良くするにはどうすれば良いか」を考えてきました。 医療者は救急病院への『コンビニ受診』をしないよう求め、一方で子供の夜間の発熱で、救急病院を受診して何時間も待たされ、疲弊する親たち。 彼らも好きこのんでそんな時間に受診しているのではない。 このミスマッチを何とかできないのか、と考え、たどり着いたのが今のナビタスクリニックの診療スタイルです。 ナビタスクリニックは、2008年6月、東京多摩地区の中核都市にある立川駅で始まりました。 キーコンセプトは 1. 都市に暮らす人にとって利便性が高い『駅ナカ』に立地 2. 会社や学校帰りに受診できるよう、夜間の急病に対応できるよう、平日は夜9時まで診療 3. 救急病院への時間外受診を減らし、当直医師の疲弊を防ぐ 4. 軽症の患者を重装備の病院が診療するという医療資源の無駄を減らす 5. 受診者の時間を無駄にしないよう、時間指定で診療予約がとれるシステムを整備 スポンサーリンク 患者さんの利便を最大限に考えたクリニック。 診察時間も夜9時までなので、勤め人も仕事終わりにムリなく診察を受けられます。 非常にありがたいです。 久住英二医師の結婚は 結婚は情報不足。 ですが本人インタビューでこういう記述が・・・息抜きは、たまの休みに子どもと遊んだりすることですね。 読書と音楽鑑賞が趣味で、通勤電車の中で本を読んだり、勉強したりします。 イヤホンは耳が悪くなるので、音楽は電車では聴きません。 耳は商売道具ですからね。 家からクリニックまで1時間ほどかかりますが、結構、その時間が気分転換になっていますね。 また、今も東京大学医科学研究所の客員研究員を続けていますし、出身の新潟の地方紙である新潟日報に連載記事を書いたり、医療政策提言をしています。 結婚されていないとあのテレビ画面の落ち着きは出てこない?ということ。 久住英二医師の出身大学 新潟大学医学部卒業 略歴 1999年 新潟大学医学部卒業 1999年 国家公務員共済組合連合会虎の門病院にて内科研修開始 2005年 同 血液科スタッフ おもに成人の造血器悪性腫瘍に対する臍帯血移植の臨床開発に従事 2006年 東京大学医科学研究所 先端医療社会コミュニケーションシステム 社会連携部門 客員研究員 2008年 JR立川駅のエキナカにナビタスクリニック立川を開設 ナビタスクリニックを開業する前は骨髄移植の専門家で、先端医療から転身したことになる。 特定非営利活動法人 医療ガバナンス研究所理事も努めています。 理事長は上昌広氏 久住英二医師最近の活動 ラインスタンプの監修 DLは3月9日から4月5日まで 有効期限はダウンロードから90日間。

次の

202人の検査で陽性率「5.9%」…抗体検査から見る”市中感染”の実態

ナビタス クリニック 久住 医師

久住英二のWiki的プロフィール!年齢や高校、医師経歴は? 引用:インスタグラム 名前:久住英二(くずみ えいじ) 生年月日:1973年生まれ 年齢:47歳(2020年で) 出身:新潟県 身長:?㎝ 体重:?㎝ 職業:医師 久住英二医師は1973年生まれ なので、 今年で47歳になるんですね! もうすぐ50代とは思えない若さがありますね! ちなみに、1973年生まれの芸能人は、篠原涼子さんや堺雅人さんがいます! 大物芸能人と同い年ってなんかいいですね 笑 久住英二の高校は?大学は新潟大学?東京大学? 引用:インスタグラム 久住英二医師の出身は新潟県です。 ご本人のインスタグラムに谷川岳に上っていらっしゃる写真がありました! 登山やラグビー、写真が好きなんだそう。 綺麗な写真ですね! 登山ってかなりハードな運動なので、身体も鍛えていらっしゃるのではないでしょうか。 久住英二医師の高校は残念ながら分かりませんでしたが、 大学は地元の新潟大学医学部医学科 (2020年偏差値:65)を卒業されています。 なので、 高校も地元の新潟高校に通っている可能性が高いですね。 新潟の進学校だと• 新潟高等学校理数科(偏差値73:2020年時点)• 新潟南高等学校普通科理数コース(偏差値69:2020年時点)• 長岡高等学校理数科 (偏差値67:2020年時点) 上位3つがこんな感じなので、この中のどこかの高校に通っていたのではないかな?と考えられます。 1999年に新潟大学を卒業後、虎の門病院内科の研修医、血液内科の医員を経て、 2005年より東京大学医科学研究所・探索医療ヒューマンネットワークシステム部門客員研究員となる。 2008年6月に「ナビタスクリニック立川」を開設し、現在に至る。 e-doctor. 久住英二医師は30代半ばにナビタスクリニックを開業し、現在は、 立川院と新宿院、川崎院の都内近郊の3箇所にクリニックがあります。 医師として優秀なだけでなく、経営者としての手腕もすごいということですね! ナビタスクリニックの専門は内科・小児科・皮膚科のようです。 久住英二の評判は悪い?ナビタスクリニックの評判も! 引用:インスタグラム ホリエモンチャンネルで久住英二医師がお話してくださったときに、ご自身で FLASHに叩かれたようなお話をされていたので、 評判が悪いのかな?いやいや、でもこんな分かりやすい説明だし、テレビに出ているし・・・そんなことあるの? と思って調べてみました! 久住先生は、理性的で分かりやすくて。 メディアに絶望感を抱いて、先行き見えない 不安感の中で、安心感を示して下さいました。 経済的死者。 夫も私も別々の業種で自営業です。 夫婦共、数ヶ月先には経済的死者になるかもしれません。 怖いです。 手洗い、うがい、消毒ですね。 引用:Twitter 久住先生か~ よく知ってますね って お医者さんだから… ほんとに講義聞いてみたい またね 引用:Twitter 評判について調べたところ、テレビでの説明も分かりやすく、落ち着いた行動を促しているとのことで、良い評判が多かったです。 どちらかというと、メディアでは不安を煽る傾向なので、久住英二医師の説明に落ち着く、という声が多かったように見受けられました。 しかし、久住英二医師は子宮頸がんワクチン推奨派なので、子宮頸がんワクチンを反対派の方からは評判が良くないようですね。 ワクチンについては、色々な意見が対立しているので、相入れない部分があるのだと思います。 平日はなんと夜9時まで、土曜日も夕方5時までやっているそうです!! 今までの医療界は 「具合が悪いなら会社を休んで受診」というスタイルが当たり前でした。 (今もそうですね) しかし、 「会社や学校を休まずに、帰りに気軽に立ち寄れる診療所があったら」という久住英二医師の思いから、 会社帰りや保育園帰りに寄りやすいように、しかも駅中に病院を立ち上げたのです!! 確かに会社はできるだけ休みたくないけど受診したい・・・そんなときもありますよね。 患者さんのニーズに合わせた画期的な取り組みだと思いました! インターネットでの予約もできるので、気軽に受診できそうですね! さらに、救急病院の負担を減らしたいという思いももっていらっしゃるようです。 医療資源にも限りがあるので、自分を含めてできることをしたいですね。 引用:Twitter さらに、 スマホ診療もやっているのが特徴です。 海外では薬剤師のいるドラックストアで買えるアフターピルも、日本では受診しないと薬がもらえません。 ここにもかなりのニーズがあるようです。 「説教しません」という一言がいいなと思いました。 どうしても必要な時はあると思うので、まずはすぐに対応できるのが先ですよね。 久住英二医師は、患者さんのニーズを集めて病院経営をしている印象を受けました。 久住英二は結婚して嫁・奥さんはいるかも調査! 引用:インスタグラム 久住英二医師がイケメンなので、 「結婚してるのかな?」と気になる方も多いはず 笑 私も結婚してるのかな?と気になった一人です 笑 息抜きは、たまの休みに子どもと遊んだりすることですね。 e-doctor. もちろん周りの女性は放っておかないので、当然の結果でした 笑 奥さんも美人なのかな?と想像してしまいますね。 医師&看護師というカップルが多いので、奥さんが看護師で職場恋愛だった、という可能性もあるのではないでしょうか。 久住英二医師が登山が好きとのことなので、奥さんと子供と家族で休日は登山!ということもあるのかな?なんて思いました。 ちゃんとした医学のお話し。 血液型別になりやすい病気や予防対策について書いてありました。 子どもからお年寄りまで男性も女性も、血液型別だから効率よく健康維持の為の知識が手軽に身につきます!一般的な知識として、みんなが知ってていいお話しばかりだと思いました。 amazon. 日本は皮下注射が多いので、逆なんですね! 筋肉注射は、世界の複数の研究から、筋肉注射によるワクチン接種は皮下注射と比べて• 局所反応(赤み、腫れ、痛み)が少ない•

次の

女性殺到の駅ナカ「コンビニクリニック」に勤務して驚愕した受診理由…日本医療の問題露呈

ナビタス クリニック 久住 医師

こんにちは、ガイドの久住英二です。 普段は駅ナカクリニックで内科医として診療しています。 私の専門は血液内科、旅行医学、予防接種です。 血液内科は、白血球や赤血球、血小板など血液の細胞の数や機能の異常、および血栓症や血が止まりにくいなど、血液の凝固に関する領域です。 白血病のように希な病気から、ありふれた病気である貧血まで、様々な病気の診断と治療を提供しています。 旅行医学と予防接種は、血液内科医として働くなかで、感染症や免疫、ワクチン接種に関する知識が必要となり、勉強しました。 日本は衛生レベルが高く、公的予防接種制度はレベルが低い国です。 トラベルクリニックでは、外国への渡航に際し、必要な予防接種の実施、および渡航先での感染症の情報を提供しています。 より多くの方が血液疾患、予防接種は旅行医学について正しい知識をお持ちいただけるよう、様々な情報を提供して参ります。 経歴 1999年 新潟大学医学部卒業 1999年 国家公務員共済組合連合会虎の門病院にて内科研修開始 2005年 同 血液科スタッフ おもに成人の造血器悪性腫瘍に対する臍帯血移植の臨床開発に従事 2006年 東京大学医科学研究所 先端医療社会コミュニケーションシステム 社会連携部門 客員研究員 2008年 JR立川駅のエキナカにナビタスクリニック立川を開設 ナビタスクリニックをつくった目的 満たされていない医療ニーズは大きいです。 仕事に穴をあけずに受診できる医療機関が少ないため、忙しく働く現代のビジネスパーソンは医療を受けることができません。 また、核家族化が進み、育児経験の乏しい親が増えています。 子どもが夜に具合が悪くなったら、救急病院以外に診てもらえる医療機関はありません。 これらの問題を解決すべく、エキナカというアクセスの良い場所に、平日夜9時まで、通常の診療を提供するのがナビタスクリニックです。

次の