お 香典 お札 向き。 香典のお札の入れ方は?香典を持参する際の正しい作法

香典のお札の向きはどれが正解?迷わない表書きの選び方も

お 香典 お札 向き

香典のお札の入れ方 香典袋にお札を入れる際には、お札の裏面を向け、お札が複数枚になる場合には全ての向きを揃えて入れるのがマナーです。 お札の表は、肖像画が書いてある面になりますので、その逆が裏面になります。 (二千円札の場合は守礼門が書いてある面が表です。 ) 香典袋に入れる際、なぜお札を裏面にするかというのは、諸説ありますが、肖像画が描いてある方を伏せることによって悲しみに顔を伏せる、という状況を表現しているからといわれています。 さらに、通常は表面でやり取りするお札を裏にすることで、非日常を表しているともいわれているようです。 また、お札を縦にした時の上下に関しては、肖像画の描かれている方を下にして入れる事が多いですが、地域によっては逆とするところもあるようです。 お札が裏を向いていれば、お札の上下に関しては、それほど気にする必要はないでしょう。 中袋がある場合のお札の向き 香典袋には中袋がついている物が多く販売されています。 中袋は、封筒タイプであることが多く、中袋のふたが付いている方が裏になります。 中袋を表にしたときにお札が裏を向いているようにして入れます。 自分がお札を入れるときは、ふたが付いている裏面から入れると思いますので、お札の肖像画と目が合う形で入れていけば、表を向けたときに自然とお札は裏を向いている形になります。 中袋がない場合のお札の向き 中袋がないタイプの香典袋は、封筒タイプや一枚の紙や和紙を折りたたんで使うタイプの物があります。 中袋がない場合は、御霊前などの表書きや自分の名前を書く面が香典袋の表面となりますので、表から見たときにお札が裏を向いているように入れるようにします。 和紙を折りたたんで使うタイプは紙の端が見えている方が裏、その逆のきれいな面の方が表になります。 (一部、紙の端が表側に来るタイプの香典袋もあります。 )紙の中央にお札の裏面を下に向けて置き、そのあと順番に折りたたむようにします。 奉書紙で包む場合のお札の向き 香典袋の種類によっては、中袋が奉書紙になっているものもありますし、奉書紙でお金を包み、香典袋として使うこともあります。 奉書紙とは、白くてしっかりとした和紙の一種です。 奉書紙にも表裏があります。 ツルツルした面が表で、ザラザラとした面が裏になります。 奉書紙の裏側を自分に向けるような形にし、お札の裏を下に向けて包み込みます。 表側には御霊前などの表書きや名前を書きますが、奉書紙が中袋の場合は金額を記載したりします。 一般に販売されているものは折り目が既についていますので、その折り目に沿ってお金を入れるようします。 その際もお金を包み終わった奉書紙を表に向けたときに、お札が裏側に入っているように気を付けます。 奉書紙を折りたたんでいき、最後に折った紙が残る方が裏側になります。 香典袋のとじ方 香典袋の種類によっては、封筒タイプではなく、1枚の和紙や紙などで折り込むタイプのものがあります。 このようなタイプは裏側の折りたたみ方に注意が必要です。 和紙の上にお札を載せたあとに、左側の紙、右側の紙、上側の紙、下側の紙、の順番で中央に向けて、折りたたんでいきます。 注意が必要なのは上、下の折り順です。 最後の折り込み口が上から開けるような形になっているようにします。 ちなみに、慶事で使う祝儀袋の場合は、左、右、下、上の順番で折りたたみます。 「喜びはこぼさないように下で受け止める」「悲しみの涙は下へ流す」と覚えておくと間違いづらいでしょう。 adobe. com 香典は袱紗に包んで持っていくのがマナーです。 正方形の袱紗に香典袋を包む際には、まず袱紗をひし形になるように広げて置きます。 台付き袱紗も同様です。 爪付き袱紗の場合は、爪が左側にくるように広げて置きます。 そして、中央よりやや右側に表書きが見えるように香典袋を置き、右・下・上・左の順に袱紗を折り畳みます。 最後に左を折り、余った端を裏側に回し、開ける時は左から開けられるように包みます。 ポケットタイプの金封袱紗の場合は、左開きになるようにします。 金封袱紗は略式とされていますので、3万円以上の香典を包む場合や目上の人葬儀には、金封袱紗はなるべく避けた方が良いでしょう。 また、香典を受付で渡す場合には袱紗から出して、相手に文字が見えるようにして差し出します。 四十九日や三回忌など法要の香典の入れ方 浄土真宗以外の仏教では、亡くなってから四十九日を過ぎると、香典袋の表書きは「御仏前」に変わります。 これは、亡くなってから七日ごとに極楽浄土に行けるかどうかの審判を受け、四十九日目(7回目の審判)で成仏するという考えによるものです。 四十九日や一周忌などに持っていく香典には、すでに日程が分かっていることなので新札を入れても失礼ではありません。 もし、複数枚の新札をいれる場合にはお札を完全に重ねてしまうのではなく、少しずつずらして入れると、自分にとっても相手にとっても数え間違いの予防になります。 お札が複数枚の場合にはお札の向きを揃え、香典袋の表から見たときにお札が裏側になっているように入れるのは葬儀に出す香典と一緒です。 香典で包むお札のマナー 香典袋に入れるお札が複数枚になるときには、まず全てのお札を表に揃え、向きを同じ方向に揃えてから香典袋に入れましょう。 お札は表裏だけでなく、向きを同じ方向に揃えることも大切です。 また、汚れたお札、破れたお札、シワだらけのお札は失礼にあたりますので、なるべく使わないようにしましょう。 新札は避ける 香典に入れるお金は新札を避けるのがマナーです。 新札を避けたほうが良い大きな理由は2つです。 一つ目は、「急な訃報で、前もって準備するものではない」という意味合いがあるからです。 二つ目は、新札だと数える際にお金同士が重なって、数え間違いの可能性が高まるからです。 もし、手元に新札しかない場合は折り目を一度つけてから包むようにします。 避けた方がいいお札の枚数 お札の枚数にも避けた方が良いとされている数字があります。 故人との縁を切ってしまう、ということを連想させる割り切れる偶数は避けるのが一般的です。 同じく、「死」や「苦しみ」を連想させる、4や9の数字は避けられてきました。 以上の理由を含め、香典には1・3・5・10の枚数で入れると良いとされています。 ただし、一万円の次が三万円だと負担も大きいため、二万円は例外的に認められている傾向があります。 例えば、5千円や3千円は千円札で入れても奇数なので構いませんが、一万円の場合には千円札を10枚入れるのはやめましょう。 もし、連名でお金を入れて集める場合には、数え間違いや、会計の手間からも大きいお金へ両替できるのであればした方が良いです。 香典袋の選び方 香典袋を選ぶ基準は大きく分けて二つで、喪家の宗教・宗派と中に入れる金額です。 御霊前や御仏前など、表書きが既に印刷されている香典袋を購入する場合には注意しましょう。 御仏前 浄土真宗での通夜・告別式 御香典 仏教式での通夜・告別式 御花料 キリスト教式での通夜(前夜祭)・告別式 御玉串料 神式での通夜・告別式 また、香典袋には、水引があらかじめ袋自体に印刷されているものや黒白、双銀のもの、素材も高級和紙を使ったものと、いくつか種類があります。 一般的には、1万円を超える金額を入れる場合には、水引が印刷されている封筒タイプの物ではなく、本物の水引がついているものを利用するようにします。 逆に、1万円以下の場合には和紙を利用していたり、水引が装飾でついているような立派な香典袋は外側だけ豪華になってしまうので避けた方が良いでしょう。 まとめ 香典では、使うお金やお札の向き、包み方などが慶事で使う祝儀袋と反対になる部分が多くあります。 どの部分が反対だったか忘れてしまっても、意味や背景を一度覚えると、香典の正しい入れ方を思い出すことが出来そうですね。 当日慌てないためにも、葬儀の参列が決まった場合には前日までに香典の用意はしておくと安心です。

次の

香典の入れ方には決まりがある!ルールやマナーを紹介

お 香典 お札 向き

お見舞い金の正しいお札の向きを知っておこう お金を封筒に入れる時の向きは、お札を取り出すときに人物の顔が見えるように入れるのが作法とされています。 これは見舞う時だけでなく、ご祝儀袋に入れるときには同様の入れ方をします。 入院をすることは悲しいことでもありますが、見舞う人は誰でも早く元気になって欲しいと思っていることでしょう。 そのため、お見舞金ではお祝い事同様に人物が見えるように入れるのが良いとされています。 お見舞いの時のお札の向きだけでなく渡し方も知っておこう お見舞金はご祝儀袋に入れます。 持って行くときには袱紗に包み、渡すときには袱紗から出してご祝儀袋だけを渡します。 包む袱紗には色で使い分けをします。 お葬式などの弔辞では黒や紺、緑などの寒色系、結婚式などの慶事では赤やオレンジなどの暖色系の袱紗を使います。 紫色であれば、どちらでも使えるので重宝する袱紗です。 お見舞いの時には暖色系か紫の袱紗でご祝儀袋を持って行くようにしましょう。 あなたはお見舞いではお札の向き以外にも様々なマナーがあることを知っていましたか? 包む金額には相場がありますが、この金額は入院している人との関係によって変わります。 職場での部下や同僚、友達であれば数千円程度で良いですが、関係が深い親族では多めの金額にします。 また、包む金額にも作法があり、4、6、9のつく金額は、死、無、苦を思わせることから注意が必要です。 水引にはいくつかの種類がありますが、一般的には紅白の「結び切り」か「鮑結び」を選ぶと良いとされています。 紅白の水引を選ぶのは、元気になるようにという願いも込められているからなのですが、回復が難しいケースでは水引をもちいたものは避けて、白封筒か赤い線が入った封筒を選びます。 熨斗には長寿という意味もあり、熨斗が付いている方が良いとする場合と、熨斗がない方が良いという考えもあり、熨斗についてはあってもなくてもいいです。 どちらでもよいと言われると迷ってしまう人もいるかもしれませんが、多くの人が熨斗の付いていないものを選んでいるようです。 ご祝儀袋の書き方は、表書きに「御見舞」と書き、その下に自分の名前を書きます。 中袋の書き方は、表に金額、裏に氏名と住所を書きます。 お見舞金でお札の向きだでなく添える手紙の言葉にも注意しよう 直接渡せるときには良いのですが、遠方の場合には手紙を書いて送りたいと考えている人もいるでしょう。 この時の手紙では、使う言葉や表現に注意をしましょう。 「死」、「終わる」、「苦しい」という忌み言葉、怪我や病状などに触れる言葉などは避けるようにします。 手紙をもらうと嬉しいものですが、相手への配慮を忘れると不快な思いをさせることにもなります。 手紙を書いたときには、しっかりと読み返して適切な言葉や表現がされているかを確認しましょう。 お見舞いではお札の向きだけでなくお見舞い品にも注意しよう お見舞金だけでなく、お花や果物などを持って行きたいと考えている多いと思います。 このお見舞いに持参するお見舞い品のチョイスにも注意が必要です。 食べ物を持っている時には日持ちがするものを持って行きましょう。 また入院時には、病気によって食べる量が減っているケースもあるので、食べきれないほどの量を持って行くのは避けます。 またお花を持って行く人も多いですが、最近では病院では花の持ち込みを禁止しているとろもあります。 お花を持って行きたいときには事前に持ち込んでも良いか確認をしましょう。 鉢植えは「寝付く」と連想させることから避ける必要がありますのでお見舞いのお花としては贈らないのがマナーです。 また入院されてる方の具合によっては花の水の入れ替えなど負担になってしまう場合もありますので考慮しましょう。 本物の花のように華やかで飾った後、花の手入れをしないでよいプリザードフラワーもお見舞いの贈り物としてこの頃人気がでてきています。 まとめ お見舞金では取り出したときに人物が見えるように入れるのが作法です。 お見舞いの時にはお札の向きと同様に、金額や添える手紙、持参する物など様々なことへの気配りが大切です。 入院しているときには気持ちも沈んでいることも多いです。 お見舞いで不快な思いをさせないように、正しい作法を守って立ち寄りましょう。 小さな気配りによってあなたの思いも伝わりやすくなり、その思いによって元気を与えることにもなります。

次の

御香典、お札の向きはどっち?お金を包む時の気を付けたいマナーは?

お 香典 お札 向き

Contents• お札の入れ方 香典のお札の入れ方にはマナーがあることをご存知ですか? お札の向きやお札の状態、新札なのかそれともボロボロでもいいのか、いろいろあるんですよ。 最もいい状態はどんな状態なのかをご紹介することにしましょう。 お札の向き お札を入れる向きについては明確なルールがあるわけではありません。 ただ、一般的には中袋を裏にした状態で開けた際に、お札の表面(人物がある方)が上になるように入れてください。 天地は人物を下になるようにします。 お札を複数枚入れる場合には、きちんと向きを揃えるようにしましょう。 向きがガチャガチャでは見苦しくなります。 お札の状態 次に大事なことは入れるお札の状態です。 どんな状態がベストなのかおわかりでしょうか。 若い人は気にしない方も増えましたが、年配の人はまだまだ気にする方がいることも忘れないでください。 ご遺族や関係者が不快になるようでは、何のための香典なのかわからなくなりますから。 ほんの少しの配慮でいいんですよ? 新札はNG? これはご存じの方は多いと思います。 新札ではあらかじめ期待して用意しておいたような印象を与えますから。 年配の方は特に気にするポイントなので注意してください。 しかしだからといってクシャクシャのお札の方がいいのかと言うとそれも違います。 ややこしく思われるかも知れませんが「ほんの少しの配慮」だということを思い出してくださいね。 ボロボロもNG? クシャクシャのお札でもNGなわけですから、ボロボロのお札などは論外ということになります。 お札の端が擦り切れていたり、破れて千切れそうな状態では、お金としての価値が変わってしまう可能性すらあります。 また、クシャクシャやボロボロとは少し違いますが、いわゆる旧札も避けた方が無難です。 現在流通している紙幣を使うようにしましょう。 これが良い状態 新札もクシャクシャもボロボロもダメと言われると、どんなお札を用意すればいいのか、迷われるかも知れません。 ここで再び「ほんの少しの配慮」というキーワードを思い出してください。 まずは新札を用意してください。 「え?新札??」と思われるかも知れませんが、これからご説明します。 新札を丁度お年玉のポチ袋に入れるように三つ折りにしてください。 折り目がしっかり付いたら再び広げます。 そして伸ばしてお札の向きに注意して中袋に収めます。 これがベストの状態なんです。 決して難しいわけではないんですよ。 地域によって異なることも多いので、迷ったら同じ立場の人と相談してみてください。 また、祖父母や父母、兄弟姉妹が故人の場合は自分も遺族ですが、結婚していれば世帯は別ということになるので香典を包むことになります。 香典を連名で包む場合は、故人との付き合いや年齢を考慮して3,000~10,000円ずつ出し合うようにしましょう。 合計の金額が「4」や「9」など悪い数字にならないよう考えてください。 関連記事: 関連記事: 終わりに 最後に香典袋の選び方についてお話しておきます。 香典に包む金額が5,000円以下の場合は、水引が印刷されているタイプで十分です。 包む金額が10,000円を超える場合は、水引が帯紐で結ばれているタイプにしましょう。 これはくれぐれも逆にしないでください。 10,000円を超える金額なのに簡易タイプだとか、金額が5,000円以下なのに香典袋だけは立派というのは失礼にあたります。 常識を疑われてしまいますよ?.

次の