ペルソナ 5 スクランブル 評価。 『ペルソナ5 スクランブル(P5S)』|評価 感想 レビューまとめ

【ファミ通レビュー】『ペルソナ5スクランブル』9999の36点。「クリアボリュームは45時間」「共闘感が増したバトルは最高レベル」「細かなカットシーンはテンポを削ぐ」

ペルソナ 5 スクランブル 評価

ストーリーボリュームは短め 冒頭でもちょっと触れましたが、全体のボリュームは前作に比べてかなり少なめで、ざっくり言ってしまうと プレイ時間は約50時間弱くらい。 プレイ時間は遊ぶ人によってそれぞれなのでなんとも言えませんが、私は基本的にRPG系のゲームには育成などのやりこみ要素も含めて100時間は遊ぶことが多いです。 ただ今回は、ペルソナの育成や収集にはそこまで時間をかけず、割とサクサク進めてしまったことでプレイ時間は控えめになりました。 笑 ちなみに ゲームの難易度は、「EASY」「NORMAL」「HARD」の3つで、いつでも変更することができます。 出典元:ペルソナ5スクランブル パーティーメンバーは4人。 バトル中でも操作プレイヤーを自由に切り替えることが可能で、操作キャラ以外のメンバーは自由に動いて戦います。 ペルソナ5スクランブル P5S のキャラクター・ペルソナ育成の感想 本作でもキャラクターやペルソナの育成&合成があり、RPGとしての面白さは健在です。 キャラ育成はBANDポイント割り振りで初心者でも簡単 ペルソナ5スクランブルのキャラ育成は、実際にキャラを操作することで自動で覚える「マスターアーツ」と、バトルやイベント、クエストなで獲得する「BANDポイント」を消費して覚えるものがあります。 どちらもそんなに難しくないので、 RPG特有の育成が苦手な人でも大丈夫かなと思います。 ただ、本作では前作ほど手持ちのペルソナ同士を自由に合体させずらかったり、作成画面も見づらく感じました。 総合評価 3. 8 ストーリー 4. 0 システム 4. 0 ボリューム 3. 5 音楽 4. 0 総合評価は5段階評価で、星3. 8とやや低めとしました。 バトルはアクションが苦手な人でも楽しめる難易度で良かったのですが、やっぱりペルソナを長く遊びたかったファンとしては、ボリュームが短くなってしまう要因も含めちょっぴり物足りなかったです。

次の

ペルソナ5 スクランブル ザファントムストライカーズ(P5S) レビュー・評価・感想│バンドエードのアトリエ

ペルソナ 5 スクランブル 評価

世間を賑わした不可解な事件の解決から約半年後。 キャンプや旅行の計画を立て、楽しい夏休みの始まりに心躍らせる面々だったが、とあるきっかけで見知らぬ異世界に迷い込んでしまう。 そこは王 キング と呼ばれる主の命令により、迷い込んだ人間のネガイを抜き取る異様な世界だった。 精神暴走事件は解決したはずでは?謎を追いながらも、歪んだ欲望を叶えようとする大人たちを改心させるため、新メンバーを含む怪盗団が再結成! 正直なところ、私はこれまでのスピンオフ作品がボリューム不足過ぎるのとアクションRPGということもあり 発売前は全く期待していませんでしたが、本作はかなり面白い良ゲーでした。 次の都市に移動すると前の都市には戻れなくなるため、割と一本道の印象は強いですが、 全体的なボリュームとしては本編クリアまでに約25時間程度 街中で移動出来るエリアは少ないものの、全部で6つの都市があります。 バトルシステムはアクションRPGですが、ダンジョン内はシンボルエンカウント(敵に接触すると戦闘開始)になるので戦闘時は無双系ですが、そこまで無双系の印象はありません。 体験版の時点では一本道で無双系の印象が強かったものの、本編ではダンジョンにギミックなどがあり、敵も回避したり奇襲したりと様々なので。 SPを消費してスキルを使いまくってもSP回復アイテムが手に入りづらいのでSP切れになって戻らなくてはなりませんし、 敵の攻撃力も良い感じに高くて簡単過ぎず難し過ぎずとバランスは良いですね。 ただ、各属性スキルを無効化出来るペルソナを所持したジョーカーは強過ぎる印象もあります。 敵がスキル発動時にそのスキル属性を無効化出来るペルソナに素早く切り替えながら戦うことで敵の攻撃をほぼ0ダメで防ぐことが出来るので… あとはキャラクター毎にアクション(コンボ)などの使い勝手がかなり違うので、その点もキャラクター毎に個性が出ていて良かったです。 もちろん、やり込み要素は前作に比べて少ないですが、 ・リクエスト(依頼) ・各ダンジョンに出現する剛魔(強敵)の討伐 ・本編クリア後に追加される強敵(ボス強化版)の討伐 ・ペルソナ図鑑のコンプリート 上記のようなやり込み要素があります。 各都市クリア後にはキャライベ的(温泉やビーチ、花火大会など)なイベントもしっかり用意されていて、 メインストーリー自体も『ペルソナ5』並に楽しんでプレイ出来ました。 また、メニュー画面ではキャラクターが良く動いたり、ショップ画面では新キャラのボイスが結構用意されていたりとシステム面も丁寧に作られていて特に不満点は思いつきませんね。 ボーカル曲の使い所も『ペルソナ5』と同じく素晴らしいですし、スピンオフ作品だからといって購入を迷っている方は必ずプレイしておいた方が良いです。 以上、『ペルソナ5 スクランブル』のクリア後評価や感想についてでした。

次の

ペルソナ5 スクランブル ザファントムストライカーズ(P5S) レビュー・評価・感想│バンドエードのアトリエ

ペルソナ 5 スクランブル 評価

評価レビュー 手軽にペルソナを楽しめる! アクションゲームとなったP5Sは、ペルソナの弱点を突かなくても簡単に戦闘で勝つことができます。 そのため、ペルソナシリーズの敷居が高い(RPGの難易度が高い)と感じた方でも、 手軽にペルソナを楽しめます。 バトルはP5のシステムを継承している アクションバトルのペルソナ P5Sはアクションゲームでありながら、敵の弱点属性を突いて「1MORE」を取るなど、 P5の戦闘システムを引き継いでいます。 スキル発動がワンタッチ ボス戦では敵の弱点属性を突けるかどうかで戦況が左右されるので、流動的にスキルを発動できるP5Sは バトルテンポが気持ち良いです。 本家同様にやり込めるペルソナ合体も健在 ベルベットルームでペルソナ作成 ペルソナ合体は本家P5と同様に ベルベットルームで作成することができます。 ペルソナ組み合わせはP5と異なりますので、新たな組み合わせを探す必要があります。 スキルカードが入手しやすい スキルカードはジュエル内で何度でも入手できるため、お気に入りのペルソナに好きなスキルを付与しやすいです。 まとめ• ペルソナシリーズに触れてみたい方におすすめできる作品• ペルソナ好きも楽しめるアクションゲームの仕上がり• ペルソナ合体が存在するのでやり込める要素が豊富• 無双ゲームではなく、あくまでアクションゲーム ペルソナ5スクランブルの関連リンク いま人気のある記事•

次の