八王子 市 歯科 医師 フッ 化 水素 酸 誤 塗布 事故。 【衝撃】少女の歯にフッ酸を塗ってしまった歯医者の現在wwwwwwwwwww: 思考ちゃんねる

フッ化水素

八王子 市 歯科 医師 フッ 化 水素 酸 誤 塗布 事故

概要 [ ] 、八王子市内にあるの院長である歯科医師(当時69歳)は、予防薬が少なくなったため、助手である妻(当時59歳)に注文するように依頼した。 同医師の妻は、虫歯予防用のフッ化ナトリウムのつもりで「フッ素」と市内の歯科材料会社に注文したが、注文を受けた社員は歯科技工に用いるフッ化水素酸と解釈してその日に同院へ配達した。 その際、に基づいて受領書への押印を求められたが(フッ化ナトリウムの納入では不要)、同医師の妻はその違いに気付かず印鑑を押して瓶を受け取り、その瓶を診療室の薬棚に入れた。 同医師も、従来使用していたものとは瓶の大きさやラベルが違うことに気付いたが(容器の外側には「フッ化水素酸」と表示されていた)、前年暮から取引を始めた新しい業者から納入されたもののため、違うメーカーのものが届けられたと判断し、使用しやすいように従来使用していたフッ化ナトリウムの瓶に移し替えた。 午後3時40分頃、市内に住む女児(当時3歳)とその母親(当時33歳)が、虫歯予防のためのフッ化ナトリウムを塗布してもらうために、同院に訪れた。 午後3時50分頃 、同医師は、フッ化ナトリウムと勘違いしたフッ化水素酸をにしみこませ女児の歯に塗布した。 その直後、女児が「」と訴えて仰け反った(フッ化ナトリウムは本来無味無臭である)。 同医師の指示で女児の母親と同院の助手の女性が女児の体を押さえつけ、再び液体を塗布したが、その直後に女児の口から白煙が上がり、暴れだして診察台から転がり落ちた。 腹痛を訴え床を転げ回る女児を母親が抱き上げると、口の周りが真っ赤にただれていた。 同医師は、初めての反応に対して特殊体質によるものだと判断し、強心剤を注射した上で通報した。 女児はで近所の病院に搬送されたが、症状が重篤であるため、に転送された。 同日午後6時5分頃、死亡した。 同医師が女児に付き添い医療センターに向かっている間に、妻は違和感を持ち、女児の歯に塗布した薬品を自分の歯につけたところ、強い刺激を感じ歯茎が荒れたため、うがいをして吐き出し、薬を間違えたと判断して、容器などを洗い、自宅ので焼却処分した。 また、同日にが業務上過失致死の疑いで家宅捜索に入り、診療室内の薬品や焼却炉内の灰を押収した。 、女児のの席で、同医師は高血圧性脳症を起こし倒れた。 また、同日のにより急性毒物中毒の特徴が確認された。 、が治療時の容器などを分析した結果、フッ化水素酸が検出された。 、は同医師を業務上過失致死で起訴した。 、同医師が治療ミスを全面的に認め、3850万円の慰謝料を支払うことで遺族との示談が成立した。 、でにより1年6ヶ月、4年の有罪判決を受け、この一審判決が確定した。 裁判 [ ]• 東京地方裁判所八王子支部(第一審)判決、昭和58年2月24日、昭和57年(わ)第1222号、『業務上過失致死被告事件』。 脚注 [ ] []• 」『日本経済新聞』、1982年4月24日、23面。 「フッ化水素酸のラベル確かめず」『毎日新聞』、1982年4月24日、21面。 「ニュース・スポット 毒物塗布の歯科医起訴」『読売新聞』、1982年9月29日、22面。 「三千八百万円で示談 虫歯治療で毒物塗布死」『読売新聞』、1983年2月8日、10面。 「ニュース・スポット 予防薬ミス歯科医有罪」『読売新聞』、1983年2月24日、14面。 」『日本経済新聞』、1983年2月24日、11面。 参考資料 [ ]• 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

韓国で最強毒物のフッ酸ガスが漏れる事故。3,500人以上が死傷。従業員はその場で死亡 : ネトウヨにゅーす。

八王子 市 歯科 医師 フッ 化 水素 酸 誤 塗布 事故

などの他のの場合に比べて性質が異なる点がある。 まず、F-H の結合エネルギーが大きいために電離し難く、希薄水溶液においてはとして振舞う。 これはのが小さいため、とのが強いことによるとも解釈される。 また、により分子間に強い相互作用を持つことから、分子量の割りに沸点が高くなっている。 また、フッ素のがあまりに大きいために、フッ化水素同士であるいはそれ以上の多量体を生成する。 溶媒としての性質 フッ化水素はであり、などと同様にが存在するが、フッ素の高い陰性により、フッ化物イオンは更に一分子のHFと結合して溶媒和する。 03 を示し、純に近い強酸性媒体である。 5 というとしての性質が現れる。 6と、水の87. ガラスとの反応 の高いによる原子との強い結合形成と、骨格へのプロトン化の相互作用により、等に含まれるケイ酸 SiO 2 と反応して、 H 2SiF 6 を生じ、これらを腐食させる。 この反応は、の製造プロセスにおいて重要である。 その他、ほとんど全ての無機を腐食する。 そのため、容器としてやのボトルが使用される。 主な用途 フッ化物の製造原料として用いられる。 フッ化水素は反応性が高く、さまざまなものを侵す。 高オクタン価ガソリンを製造するためのアルキル化処理の触媒となる ほか、電線被覆や絶縁材料、フライパン・眼鏡レンズのコーティングなどに使われるや、エアコンや冷蔵庫の冷媒として使われるの原料でもある。 これらの用途に使われるフッ化水素は99. 一方、半導体製造工程用のフッ化水素には高純度が要求され、純度99. 最先端半導体プロセスにおいては不純物の量が歩留まりに直結するため特に超高純度のものが要求され、エッチング工程など向けに 12N 99. この他、モバイル機器用ディスプレイパネルに使われるフッ化ポリイミドの原料となるなど、フッ化水素は現在のハイテク産業を支える重要な物質である。 やガス、の製造原料• の加工• 彫刻、エッチング、・のつや消し• の洗浄、物の洗浄、物質の剤等。 単体は、フッ化水素を電気分解することで得られる。 ウラン濃縮用途 製造にあたってのために必要となるの製造過程において使用される。 毒性 ヒトの経口最小致死量は 1. 吸引すると、灼熱感、咳、めまい、頭痛、息苦しさ、吐き気、息切れ、咽頭痛、嘔吐などの症状が現われる。 また、目に入った場合は発赤、痛み、重度の熱傷を起こす。 皮膚に接触すると、体内に容易に浸透する。 フッ化水素は体内のと結合してフッ化カルシウムを生じさせる反応を起こすので、骨を侵す。 濃度の薄いフッ化水素酸が付着すると、数時間後にうずくような痛みに襲われるが、これは生じたの刺激によるものである。 また、浴びた量が多いと死に至る。 これは血液中のカルシウムイオンがフッ化水素によって急速に消費されるために、血中カルシウム濃度が低下し、しばしば重篤なを引き起こすためである。 この場合、意識は明晰なまま、を起こし死亡する。 歯科治療においては、人工歯()の製造工程にフッ化水素が使われる一方で、歯の(=虫歯)予防に NaF が使われることがある。 両方ともなので混同の危険性がある。 実際に、両者の取り違えによる死亡事故()が報告されている。 皮膚に接触した場合のとしては、直ちに流水洗浄し、を患部に塗布する。 Wagman, W. Evans, V. Parker, R. Schumm, I. Halow, S. Bailey, K. Churney, R. Nuttal, K. Churney and R. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 1982. 2019年11月2日閲覧。 コットン, G. ウィルキンソン 著, 中原 勝儼 訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年• Cox, K. Yates, Can. Chem. , 61, 2225 1983• 2019年11月2日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2019年7月19日閲覧。 [ ]• 日本語版. 2019年7月22日閲覧。 - 経済産業省• 内藤裕史『中毒百科』南江堂、2001年• 昭和57年(1982年)4月22日 読売新聞記事• 東京地方裁判所八王子支部昭和58年2月24日判決 日医総研 平成16年1月20日に関連情報あり• 678号60頁• 2012年10月10日13時30分閲覧.

次の

【衝撃】少女の歯にフッ酸を塗ってしまった歯医者の現在wwwwwwwwwww: 思考ちゃんねる

八王子 市 歯科 医師 フッ 化 水素 酸 誤 塗布 事故

死亡したのは、八王子市散田町四の二九の四、会社社長小池美章さん(四六)の長女樹里ちゃん(三つ)(高尾杉の子幼稚園年少組)で、事故のあったのは、同市めじろ台一の七の七、「竹中歯科めじろ台医院」=竹中昇院長(六九)=。 八王子署の調べによると、樹里ちゃんは二十日午後三時三十分ごろ、母親の春美さん(三三)に連れられ、兄(七つ)と一緒にムシ歯の治療を受けに同医院を訪れた。 樹里ちゃんが春美さんにだっこされた状態で治療用のイスに座るとすぐ、竹中院長は樹里ちゃんの歯にフッ化ナトリウムを塗り始めた。 樹里ちゃんが「からい」とむずかると、竹中院長は春美さんに腕を押さえているよう指示、いやがる樹里ちゃんに液を塗り続けたところ、樹里ちゃんは床にもんどりうって落ち、苦しみ始めた、という。 樹里ちゃんは唇が白くなり、血の混じった泡をふき始め、さらに、腹痛を訴え始めたため、竹中院長はあわてて一一九番。 樹里ちゃんは救急車で東京医大八王子医療センターに運ばれたが、約二時間後に死亡した。 樹里ちゃんの同医院への通院は四度目。 フッ化ナトリウムを塗ったのは初めてだった。 竹中院長は市販の「フッ化ナトリウム液」の表示がある三百ミリリットル瓶の液を使用したという。 同署はこの瓶を入手、溶液の鑑定を進めている。 これまでフッ化ナトリウムによる事故例がないこと、専門家の話ではフッ化ナトリウム液は無味であるのに、樹里ちゃんは「からい」と言っており、口の中がただれていることなどから、同署は竹中院長が液を間違えた可能性もあるとみて事情を聴くとともに、樹里ちゃんが特異体質だったかどうかも調べることにしている。 厚生省では今回の事故について「フッ化ナトリウムの塗布で死亡することは考えられない」との見解を示している。 フッ化物の塗布については、厚生、文部両省が昭和二十四年に、都道府県の保健所に通知を出し奨励しており、四十一年からは厚生省が奨励通知を出している。 塗布された瞬間に女児が大騒ぎして暴れだしたので治療していた歯科医が付き添いでそばにいた 母親と助士に女児を押さえている様に言って、母親が押さえつけているところに更に塗布して 筋肉の痙攣で大の大人二人を跳ね除けた上で2メートル吹っ飛んだと言う。。。 歯の神経の痛感ってのは、人体が感じる様々な痛み、つまり痛覚としては、2番目に強力なものなんだよ。 まあ、麻酔がなかったら普通は耐えられない。 だから拷問なんかにも使う。 歯の神経の痛感ってのは、人体が感じる様々な痛み、つまり痛覚としては、2番目に強力なものなんだよ。 まあ、麻酔がなかったら普通は耐えられない。 だから拷問なんかにも使う。 歯にフッ酸塗るとどういう痛みを感じるかっつーと、塗られた歯が全部末期の虫歯の痛みを同時に引き起こし さらにフッ酸が浸透を続ける顎や頭蓋骨の中を通ってる痛感神経も、最大強度の痛感を発信するようになる。 まあ、ここまで強力な痛覚になると、もう脳というか神経系全体が耐えられんわな。 そんで自律系の神経が機能不全を起こし、その端末である各種臓器も不全、いわゆるショック4へ、という流れ。 亀尾フッ化水素酸漏出事故(クミ フッかすいそさんろうしゅつじこ)は、2012年に大韓民国慶尚北道亀尾市の化学工場で発生した、強い毒性と腐食性を持つ液体フッ化水素酸の漏出事故である。 作業員ら5人が死亡、住民ら四千人あまりが健康被害を受けた。 2012年9月27日午後3時41分頃、慶尚北道亀尾市の亀尾第4工業団地にある化学メーカー「ヒューブグローバル」の工場で、フッ化水素酸20トンを積載したタンクローリーから貯蔵タンクに移送する作業中に、約8トンのフッ化水素酸が漏出した。 この事故で、同社の作業員4人とポンプの修理工の計5人が死亡。 消防隊員など18人が重傷を負い、10月8日までに周辺住民など4195人が診察を受けた。 症状を訴えた中には、現場から1. 5Km離れた住民も含まれる。 10月5日までの調べでは、農地の被害は135ヘクタール、家畜への被害2738頭。 腐食した自動車は516台に上った[7]。 韓国政府は、10月8日に現場周辺の亀尾市山東面鳳山里一帯を「特別災難地域」に指定し、復旧費用の一部を支援することを決めた。

次の