Zoom パワーポイント。 Zoomでパワポスライドを見せながら

【Zoom】デュアルディスプレイ(外付けモニター)を使ったオンライン授業の勧め

Zoom パワーポイント

今日はZoomでホワイトボードやパワポを 「画面共有する」方法についてお話していきます。 Zoomで画面を共有する方法とは? Zoomの 画面共有にはデスクトップを共有と、 アプリ単位での共有の2種類があります。 デスクトップの共有は、画面共有をしている人のデスクトップ画面が共有されます。 そのため、複数のウィンドウを同時に表示することもできます。 アプリ単位での共有は、WordやExcel、PowerPointといったアプリの画面が共有されます。 PowerPointを外面共有するには PowerPointでプレゼンを行う場合は、アプリ単位での共有にすると、デスクトップ上にある他の画面が映りません。 そのため、画面共有を行う場合は、必要に応じてどちらかを選択することになります。 画面共有は、画面下のツールバーにある「画面の共有」をクリックし、共有する画面を選択します。 画面共有したいファイルは、あらかじめ開いておく必要があります。 選択後に、画面右下にある「画面共有」をクリックすることで、画面共有ができます。 ホワイトボードを画面共有するには ホワイトボードを選択した場合、白い画面が画面共有され、白い画面上に図や文字を書き込むことができます。 画面共有できている場合、共有画面の上部にツールバーが表示されます。 なお、以前のバージョンでは、ホスト以外の人に画面共有してもらっている場合、画面共有している側でないと共有の停止ができませんでした。 現在のバージョンでは、ホスト側で画面の共有ツールバーの右側「詳細」の中にある「参加者の共有停止」を選択することで、強制的に画面共有を停止することができるようになりました。 ホワイトボードやパワポを画面共有する際、表示されるツールバーについて 画面共有を行っている際に表示されるツールバーの項目には、以下のものがあります。 ミュート• ビデオの停止• 参加者の管理• 新しい共有• 共有の一時停止• コメントを付け• リモート制御• 詳細 【ミュート】 マイクの音声のオン・オフができます。 【ビデオの停止】 カメラを停止することができます(自分の画像が映らなくなります)。 【参加者の管理】 参加者一覧の表示や、参加者管理の操作を行うことができます。 【新しい共有】 新しい画面を共有しなおすことができます。 【共有の一時停止】 一時的に画面共有をストップすることができます。 【コメントを付ける】 コメントをつけるためのツールバーを表示します。 (*コメントの書き方は後述します) 【リモート制御】 リモート操作をリクエストする際に使用します。 【詳細】 そのほかのオプションメニューを表示します。 コメントの付け方について コメントの付け方は、画面共有のツールバーにある「コメントを付ける」をクリックします。 「コメントを付ける」をクリックすると、注釈メニューが開きます。 注釈メニューより、描画・テキストの追加を行うことができます。 なお、画面を共有している人以外の参加者も、共有されている画面にコメントを書くことができます。 書いたコメントは、参加者全員にも表示されます。 手順は以下の通りです。 表示されている画面の上部の「オプションの表示」の横にある下向き三角形を押下 表示されたメニューから「コメントを付ける」を選択 表示された注釈メニューより、描画・テキスト追加を行う なお、ホスト側で、参加者がコメントを付けることを制御することも可能です。

次の

Zoomで画面共有する方法【音声共有・左右表示モードも解説】

Zoom パワーポイント

プレゼンテーションやワークショップを進める場合、 リアル会場であればスライドを投影しながら進めていきますよね。 Zoomを使ってオンラインで開催する場合も同じ様にスライド資料を見せながら進めるためにどうやるか? Zoomの画面共有機能を使ってスライド画面を参加者に見せることができます。 ホストの環境 PC版Zoom使用、PowerPointスライドを表示する。 Zoomアカウントは無料版でもOKです。 Zoomミーティングを開始する を参考にオンラインミーティングを開始します。 参加者の招待はスライドの共有前・後どちらでも構いません。 オンラインミーティングを始めるのと同時くらいに 映したいパワーポイントファイルを開いておきます。 画面共有とスライド実行 Zoomミーティングの画面から[画面の共有]というボタンをクリックします。 先程開いておいたPowerPointを選択して[画面の共有]ボタンをクリックします。 (またはPowerPointの画面をダブルクリック) スライドの編集画面が共有されているので、 ここでPowerPointのスライドショーを実行します。 PCの音(BGM)も共有する オンラインでワークショップ開催なんかの場合は BGMを流すこともあると思います。 そんな時も画面の共有で対応です。 共有する画面・アプリの選択画面の左下にある 「コンピュータの音声を共有」のチェックボックスにチェックを入れて 画面の共有をすると、PCのスピーカーから流れる音が全て共有されるようになります。 PC音声共有時の注意 PCのスピーカーボリュームを増減させると、 共有している音のボリュームも増減します。 参加者の音声が聴こえにくいと感じて、BGMのボリュームを絞ったり PCスピーカーのボリュームを上げたりすると参加者に聞こえているBGMボリュームにも影響が出ます。 いつもの様にスライド使いながらもZoomはできる せっかく作ったスライド資料をオンラインだから使えない。 なんて事はありません。 スライドショーを使いながらも、BGM流しながらもZoomなら簡単ですよ。 今こそオンラインに挑戦してみて下さいね。

次の

Zoomで「パワーポイント」を画面共有してWEB会議・セミナー開催する方法

Zoom パワーポイント

スポンサーリンク iPad版のZoomのアプリインストール方法 パソコンでも非常に簡単なZoomのインストール方法ですが、iPadでも非常に簡単に準備をすることができます。 手順としては通常のアプリと一緒で、• Appstoreを立ち上げる• アプリを検索する• アプリをダウンロードする• 初期設定をする という順番でやっていきます。 まず、Appstoreに立ち上げたら普通のアプリを探すようにアプリを立ち上げます。 そして、アプリの検索のところに 「Zoom」 と入力することで、このような画面が出てくるので、そこからZoomを選択します。 (青いカメラのようなアイコンが目印で、「Zoom Cloud Meetings」というアプリ名になっています) 続いて、アプリを選択しダウンロード・インストールまで進んだらアプリを立ち上げます。 するとこのような画面が出てきます。 ZoomのiPad版はこの状態で、• ミーティングに参加• サインアップ• サインイン の3つの操作ができるので、 ほぼパソコン版のZoomと一緒のことができますし、むしろこちらのiPad版のほうが簡単に操作できるかもしれないですね! ミーティングに参加する これは他のZoomミーティングを行っている人の通話に、そのまま通話参加できる機能となっています。 相手の方にURLを送信してもらうことでミーティングに参加できるようになりますので、パソコンとほぼ一緒の機能だと思ってもらっても良いかなと思います。 また、そのままURLを入力するのは大変なので、メールやスカイプチャットなどでそのままリンクを送って貰う形が簡単ですね。 サインアップ まだZoomのアカウントをもっていなければ、こちらからアカウント登録をすることができます。 パソコンではなくても気軽に登録できますし、iPadからの登録をし、パソコンでもアカウントが使えるようになる所も非常に便利だと思います。 サインイン すでにアカウントをパソコン版のZoomで取得している場合は、サインイン(ログイン)をしていきます。 メールアドレスとパスワードを入力して登録画面に進んでいきましょう。 パソコン版のZoomのアカウント登録(サインアップ)をしていない状態でも、会員登録ができる所が非常に魅力的だと思います。 スポンサーリンク iPad版Zoomの準備方法は? iPad版のZoomはパソコン版とほぼ一緒の構造となっていますが、インターフェースがタブレット向けにカスタマイズされているので、非常に便利だといってもいいでしょう。 サインイン(ログイン)を終えたiPad版のZoomは、このような画面が表示されます。 ここから簡単に各操作を立ち上げることができるようになっているので、ぜひチェックしてみるといいですね。 左側のメニューにあるとおり、• ホーム• ミーティング• 連絡先• チャット• 内容 という項目がそれぞれ分けられており、各操作に簡単にアクセスできるようになっているのもiPad版Zoomの特徴だと思います。 設定の項目は各機能の設定ができますね。 スポンサーリンク また、サインイン後に表示されるこの画面の主な機能の紹介をすると、このようになっています。 スケジュール 通話やテレビ電話のミーティングをスケジュールすることができます。 参加者に対して参加URLを事前に作ることができるので、日程が決まっていればこちらからスケジュールを組んでいきましょう。 今すぐミーティング ここから通話・テレビ電話を始めることができます。 つまり通話相手(ゲスト)を招待する機能ですね。 相手にリンクを送ることでミーティングに参加できるので、Zoomならではの「このURLをクリックして下さい」という旨を伝えておけばOKですね。 参加 こちらはミーティングに参加できるメニューになります。 相手にURLを教えてもらうことで通話に参加できるようになるため、相手(ホスト)へURLをリクエストしましょう。 iPadでのオススメの通話環境は? iPadでZoomのテレビ電話を使う場合、音声環境にも気をつけたい所です。 パソコンなどではUSBマイクが使えるので、比較的音声が安定していますが、iPadの場合はスピーカーやマイクが小さく、かつ雑音も拾いやすいため、ヘッドセットを使ったほうが望ましい場合もあります。 そのヘッドセットを使う方法ですが、オススメは「ピンジャックタイプ」のヘッドセットを用意するところです。 たとえばiPadであればイヤホンジャックがあるので、マイクとヘッドホンのジャックを一つに変換できるタイプのヘッドセットが望ましいです。 たとえばこういったものですね。

次の