秋田職業能力開発短期大学校。 学卒者向け|厚生労働省

職業能力開発短期大学校

秋田職業能力開発短期大学校

概要 [ ] 東北職業能力開発大学校は、で規定されているのうち、長期間の訓練(、)及び短期間の訓練(、)を行うの一つ。 高度の養成を目的とする所管のである。 なお、に基づいた施設ではなくにより設置されているための適用は受けない。 教育訓練 [ ] 専門課程 [ ] 専門課程の卒業者が公務員に採用された場合、により文部科学省系短大卒相当と格付けされる。 機械システム系• 生産技術科• 電気エネルギー制御科• 電子情報技術科• 住居環境科 応用課程 [ ] 応用課程の卒業者が公務員に採用された場合、内閣府人事院規則により文部科学省系大学卒業者相当と格付けされる。 生産機械システム技術科• 生産電気システム技術科• 生産電子情報システム技術科• 建築施工システム技術科 附属施設 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

東北職業能力開発大学校

秋田職業能力開発短期大学校

本校は、厚生労働省所轄の大学校で、高度な技能・技術をもつ、ものづくりのプロを育てる学校です。 修了生は製造業を中心とした産業界の第一線で活躍し、地域、日本、そして世界をフィールドになくてはならない人材とし、社会貢献しております。 本校の特徴は、生産現場を意識した実験・実習を重視した独自の教育訓練システム、少人数制による効果的な教育訓練、充実した実験・実習設備、優秀な指導陣が揃っております。 みなさんの未来に向けて、実践技術者としての技術を身につけ想いや夢を実現する未来への設計図を作りましょう。 トピックス 概要 生産技術はあらゆる産業において不可欠な分野です。 生産技術科では、ものづくりの基本となる機械・電気・制御などの基礎的な理論と加工技術を学びます。 2年次に行う技能照査に合格すると、技能検定2級の学科試験が(実務経験1年後)免除となります。 在学中には旋盤2級、溶接、研削といしなどの資格取得を目指し、有利な就職活動の体制を整えバックアップします。 そのため、産業界からはソフトウェア技術とハードウェア技術の両方を理解できる、バランスのとれた技術者が求められています。 電子情報技術科では、最近の携帯情報端末やディジタル家電に使用されているエレクトロニクスの基礎と応用、プログラミング技術を学びます。 最先端の設備と実験実習によって、次世代を担う実践的な技術者を目指します。 住居環境科では商業施設や一般住宅などの様々な建築物の住環境をどのように創り出していくのか、建築物の計画、設計そして建築工事全般についての知識や工事管理、施工技術にいたる幅広い知識と技術を学びます。 修了と同時に1・2級建築士の受験資格を得ることができ、進学の場合は応用課程在学中の資格取得が目指せるため、就職にも有利です。 株 アイエスエフネット• 株 アイダ設計• 株 アキタ・アダマンド• 秋田グルーラム 株• 石井工業 株• 伊藤羽州建設 株• エイデイケイ富士システム 株• 株 奥羽電気設備• 大館桂工業 株• 大森建設 株• 株 小滝電機製作所• 株 小田島組• 株 かなでん• 菊地建設 株• 工藤建設 株• コンピュータサイエンス 株• 株 沢木組• 有 シマヅ• 新東北メタル 株• ツイン・トレース• 株 テイ・アイ・シイ• 株 デザインネットワーク• 株 東北構造社• 東光コンピュータ・サービス 株• 東光鉄工 株• 戸田精工 株• 株 中野電設工業• ニプロファーマ 株• 株 日本ハウスホールディングス• 能代オリエンタルモーター 株• プライムエンジニアリング 株• マスターピースクラフト 株• 株 松美造園建設工業• 株 松村組• 株 ミクニ• 山建開発 株• ワイズホーム 株• 入校時から進路面談や自己分析、企業研究や適職診断が始まり、就職講話、面接訓練、各種書類の書き方といったプログラムがあり、就職に対するスタートの早さが高い進路決定率(就職者49名/就職希望者数50名、進学者数13名/進学希望者数13名 2019年3月修了生実績)を示しています。 企業に2週間ほど学生をお預けし、実際の職場で授業・実習で身につけた技術を仕事を通して体験する授業を行っています。 本校の在校生の実力は企業からの信頼度も高く、これが職業理解を深めた上での高い就職実績へとつながっています。 |近隣の応用課程設置校| ・東北職業能力開発大学校 各種制度 交通機関・最寄り駅 |お車でお越しの場合| (1)東北自動車道:十和田I. 〜国道103号線 … 約24km(約30分) (2)東北自動車道:小坂I. 〜樹海ライン … 約20km(約30分) (3)東北自動車道:小坂JCT〜秋田自動車道(無料区間)大館北…約20km(約25分) (4)秋田自動車道:二ツ井白神〜国道7号線(無料区間)… 約40km(約50分) |電車でお越しの場合| (1)JR奥羽本線「大館」駅下車 ・市内バス路線で「大館市役所前」下車(約15分)、徒歩約15分 ・駅前からタクシーで約10分 (2)JR花輪線「東大館」駅下車 ・徒歩で約25分 ・駅前からタクシーで約5分•

次の

学卒者向け|厚生労働省

秋田職業能力開発短期大学校

設置形態 [編集 ] として、国が職業能力開発短期大学校を設置するが、の同意があれば都道府県も設置することができる。 また、厚生労働省令で定める基準に適合すると都道府県から認定された事業主等は、によるとして、職業能力開発短期大学校を設置することができる。 国(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構)による設置 [編集 ] 職業能力開発促進法第16条第1項により、国は職業能力開発短期大学校を設置すると規定されているが、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構法の第14条第1項第7号により、国に代わってが設置及び運営を行っている。 同機構が運営する職業能力開発短期大学校に対しては、 ポリテクカレッジという愛称が用いられ、英称はPolytechnic Collegeとされている。 長期間の訓練として専門課程を実施する。 専門課程(修業年限2年)は、主にの卒業者を対象とし、技術革新に対応できる高度な知識と技能・技術を兼ね備えた実践技能者の育成を目的とする。 専門課程卒業者は、規則により学校教育法による短大(2年制)卒と同格と格付けされている。 卒業後は、のに進学することができる。 普通職業訓練の短期課程(訓練期間6ヶ月)はアビリティーコースと呼ばれ、専門短期課程(訓練期間6ヶ月以下)は能力開発セミナーと呼ばれる。 これらは、施設や年度により、実施されるかどうかが異なる。 港湾職業能力開発短期大学校 [編集 ] 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が運営するものは、港湾職業能力開発短期大学校の1校である。 港湾職業能力開発短期大学校• 職業能力開発大学校附属の職業能力開発短期大学校 [編集 ] 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が運営する職業能力開発大学校に附属する職業能力開発短期大学校は、12校ある。 かつては独立した職業能力開発短期大学校であったが、からにかけて順次、職業能力開発大学校8校の各附属校となった。 東北職業能力開発大学校附属青森職業能力開発短期大学校(元・青森職業能力開発短期大学校)• 東北職業能力開発大学校附属秋田職業能力開発短期大学校(元・秋田職業能力開発短期大学校)• (元・千葉職業能力開発短期大学校)• (元・千葉職業能力開発短期大学校成田校)• 北陸職業能力開発大学校附属新潟職業能力開発短期大学校(元・新潟職業能力開発短期大学校)• 北陸職業能力開発大学校附属石川職業能力開発短期大学校(元・石川職業能力開発短期大学校)• (元・浜松職業能力開発短期大学校)• 近畿職業能力開発大学校附属滋賀職業能力開発短期大学校(元・滋賀職業能力開発短期大学校)• (元・京都職業能力開発短期大学校)• (元・島根職業能力開発短期大学校)• 中国職業能力開発大学校附属福山職業能力開発短期大学校(元・福山職業能力開発短期大学校)• (元・高知職業能力開発短期大学校)• (元・川内職業能力開発短期大学校) かつて存在した施設 [編集 ] 職業能力開発大学校への移行 [編集 ] かつて存在した職業能力開発短期大学校のうちの10校(を参照)は、1999年(平成11年)から2001年(平成13年)にかけて順次、応用課程を新設して職業能力開発大学校に移行した。 職業能力開発総合大学校への統合 [編集 ] 東京職業能力開発短期大学校は、応用課程を新設した上で1999年に職業能力開発総合大学校に統合され、職業能力開発総合大学校東京校となった。 東京校は職業能力開発短期大学校、職業能力開発大学校のいずれにも分類されず、職業能力開発大学校と同様の役割を持っていたが、東京校の専門課程は平成23年度入学者の卒業をもって廃止され、東京校の応用課程は平成25年度入学者の卒業をもって廃止される。 閉校となった施設 [編集 ] 茨城職業能力開発短期大学校は、関東職業能力開発大学校水戸短期校となった後に、2004年3月で業務廃止となった。 跡地は職業人材育成センターが利用している。 群馬職業能力開発短期大学校は廃止となり、群馬に転換された。 独立行政法人雇用・能力開発機構の廃止 [編集 ] 「雇用・能力開発機構の廃止について」(平成20年12月24日閣議決定)において、独立行政法人雇用・能力開発機構は廃止し、職業能力開発業務は、独立行政法人に移管、その他の業務は、廃止又は独立行政法人等へ移管することが明記された。 その中で職業能力短期大学校及び職業能力開発大学校については、「財源(料)及び人員を含め、各都道府県等の受け入れやすい条件を整備する。 都道府県等の移管希望を具体的に把握する。 希望する都道府県等への移管に当たっては、ブロックごとに水準を維持して運営・実施できることを前提とする。 」とされた。 都道府県による設置 [編集 ] 2016年(平成28年)4月現在、都道府県による設置は、以下の14校である。 (英:Iwate Industrial Technology Junior College)• (英:Yamagata College of Industry and Technology)• 山形県立産業技術短期大学校庄内校• 郡山職業能力開発短期大学校(福島県立テクノアカデミー郡山の施設)• 福島県立テクノアカデミー浜職業能力開発短期大学校(福島県立テクノアカデミー浜の施設)• 福島県立テクノアカデミー会津職業能力開発短期大学校(福島県立テクノアカデミー会津の施設)• (英:Kanagawa Industrial and Technical Junior College)• (英:Ibaraki Prefectural Industrial Technology Junior College)• (英:Yamanashi Industrial Technology Junior College)• (英:Nagano Prefectural Institute of Technology)• 長野県南信工科短期大学校• (英:INTERNATIONAL TAKUMI ACADEMY)• (英:Oita Institute of Technology)• (英:Hiroshima Prefectural Technical Junior College)• 熊本県立技術短期大学校(英:Kumamoto Prefectural College of Technology) 認定職業訓練のための施設 [編集 ] 職業訓練法人による設置 [編集 ]• (職業訓練法人高知県建設職業能力開発短期大学校)• (職業訓練法人熊本市職業訓練センター)• (職業訓練法人山形工科アカデミー、英:Yamagata Institute of Technology)• (職業訓練法人東京土建技術研修センター)• (職業訓練法人匠国際職能開発協会)• (職業訓練法人鹿児島観光技能訓練協会)• 岡山和服短期大学校(職業訓練法人岡山和服短期大学校)• タカラモードカレッジ小豆島洋裁職業能力開発短期大学校• (職業訓練法人奈良県調理技能協会)• (職業訓練法人滋賀県調理技能協会)• 日本調理アカデミー(職業能力開発短期大学校専門課程)(職業訓練法人東京都職業訓練協会) 株式会社による設置 [編集 ]• 短大課程(、英:DENSO Technical College)• セイコーエプソン工科短期大学校()• マツダ工業技術短期大学校(、英:MAZDA Technical College)• () 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ] []• 横浜校、神戸校の2校があるが、厚生労働白書における統計上では、1となっている。 この12校は職業能力開発短期大学校であるが、厚生労働白書における統計上は、附属校であるために職業能力開発短期大学校の校数に含まれていない。 また、職業能力開発短期大学校の校数は13校であるが、関東職業能力開発大学校附属千葉職業能力開発短期大学校成田校は関東職業能力開発大学校附属千葉職業能力開発短期大学校に含まれるために校数にカウントされない。 (平成20年12月24日閣議決定)• パナソニック電工工科短期大学校が認定を受けた職業能力開発短期大学校であるかどうかは、2009年5月現在、確認できない。 外部リンク [編集 ].

次の