ラインモバイル 子供。 子どものスマホは600円~!LINEモバイルがおすすめ!安全なスマホを子供に。

子どものスマホは600円~!LINEモバイルがおすすめ!安全なスマホを子供に。

ラインモバイル 子供

もくじ• フィルタリングが効かない!実は危険な子供のLINEでのトラブル 最近では連絡やコミュニケーションツールとしてすっかり定番になったLINEですが、子供たちの間では私たち以上に必需品となっています。 特にここ数年でスマホの普及率が各学年で急増しており、小学生でも「LINEが使いたいからスマホが欲しい」という程に普及しています。 部活やクラスの連絡網がLINEグループという学校も多いです。 特に中高生になると友だちのコミュニティでの会話がLINEで行われ、「よく使う」というよりも「無くてはならない」ライフライン 生命線 という位置づけにまでなります。 子供のLINEアカウントの制限設定を変更するだけでもある程度危険やトラブルに巻き込まれるのを事前に防止できます。 という事で以下の対策を子供のLINEアカウントに設定しましょう。 LINEのプロフィール欄で記載できる項目は以下です。 「名前」 さすがに「LINEの名前」を本名にするのはしょうがない気がしますが、ここで入力した名前は会話やタイムラインで表示されます。 特に公式アカウントのタイムラインへのコメントで表示される点には留意を。 ちなみに日本人の6~7割がLINEの名前を本名にしているそうです。 「ひとこと」 ひとことに個人が特定されるような情報 住んでいる場所や学校など を記載しないようにしましょう。 「LINE ID」 LINE IDは重複しなければ好きな文字列を設定できますが、ここにも特定できる情報や誕生日などを入力するのはやめておきましょう。 また手当たり次第ID検索して見つかったIDに送っている業者もあるかもしれないので、簡単なものもオススメしません。 ちなみに一度設定したLINE IDを変更する事は出来ませんので慎重に。 「アイコン」 写真に特定される場所などの情報を載せるのは極力控えたいです。 LINEでは勝手に相手からID検索されないようにブロックすることが出来ます。 「IDによる友だち追加を許可」とは: 友だちがあなたのIDを検索して友だち追加する事ができます。 「友だち自動追加」とは: アドレス帳を利用して、LINEを使っている友だちを自動で「友だち」に追加します。 情報は暗号化されて安全に保存され、友だち検索及び不正利用防止外の用途で使用されません。 つまり子供のLINEアカウントの認証に使った電話番号を知っている相手の友だちリストに、自動で登録されてしまいます。 電話番号を知っている相手が知人であれば問題ありませんが、電話番号が流出した場合はどうでしょうか。 個人の電話番号をリストで販売して悪用する業者もいるので、以下の「友だち自動追加」をオフに設定する事をお勧めします。 【まとめ】トラブルを防ぐ子供のLINEアカウントの必須設定方法 という事で子供のLINEの設定を変更するだけでも、怪しい業者などからのコンタクトを減らすことができます。 しかし「LINEから有害サイトへのアクセスにフィルタリングが効かない」や「グループトークでのいじめ」などは機能面での対策をする事ができないので、子供にしっかり保護者側から注意喚起してあげて下さいね。 【補足】遂にトーンモバイルがLINEやYouTubeなどの制御が可能に…次機種くらいで制限可能になりそう 前記の通り、現時点ではLINEやYouTubeなどのいわゆる「サードパーティアプリ」経由でのアクセスに関してはフィルタリングが効きません。 これはLINEやYouTubeというアプリ自体の機能なので、スマホ側からアプリ内のサービスに介入できないからですね。 なのでアプリの起動は制限できても、アプリを起動した後は制限が効かない状態でした。 そんな中2020年に子供向け格安スマホの「トーンモバイル」が、新バージョン2. 0で遂に 「LINE」や「YouTube」「Facebook」「Instagram」「Twitter」などにも制限可能にできるようになったとの事です。 新バージョンの2. 0では、従来のプリインストールアプリだけでなく、サードパーティーのアプリも制限可能にする。 ただしアプリごとに通信を解析する必要があるため、当初は「YouTube」「LINE」「Facebook(Instagram)」「Twitter」に限り、モニターテストに申し込んだユーザーのみ制限可能にする。 モニターテストに参加した人は月額料金から500円を割り引く。 テスト期限は現時点では定めていない。 このモニターテストでは、アプリやWebの使用を「時間ごとに」制限できるようにもなる。 引用元: 現在はモニターテスト段階に入っており、おそらく次の新機種でこれらの機能が実装されてくるのでしょうね。 僕らの問題も技術の進歩でどんどん解決していく… 素直に素晴らしい事だと思います。

次の

一般の音声通話をLINEモバイル(ラインモバイル)で使う方法

ラインモバイル 子供

月額500円コースで全然いいです! 1GBしか通信できなくても、LINEでのやりとりはいくら通信しても大丈夫。 この1GBにはカウントされません。 (データフリー機能) (LINEの音声通話、ビデオ通話、スタンプダウンロードなども全て対象。 子どものケータイを に変えたことによって、わたしもやっと 格安SIMに乗り換えることができます! 親のスマホをどこの会社にすればいいのか? どこを選んでも自由です!!(ここはすごく重要!) 無料でついてくるからいいですよね! 位置情報はgoogleマップで把握! キッズケータイでは有料オプションでいついていた、「位置情報サービス」みたいなものありましたけど、親が同じ携帯会社でないといけなかったのがネックでした。 でもスマホなら、「 googleマップ」で 今いる位置を共有することができます! これは子供との共有に限らず、もちろんLINEモバイルに限らずなので、ご存知の方も多いかと思いますが…。 これは、 親とLINEで通信・通話するためのものと割り切っているので うちはOKです。 LINEならメッセージのやりとり・通話が携帯会社に拘らず全て無料ですし、データフリーなので子どもの使用データ残量を気にしなくてもいいのが逆に大きなメリットです。 電話番号がないから、という理由ですね。 これはなくては心配という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 でも、うちの子の場合は 子供だけで通報は今の所まず出来ません。 うまく説明ができないからです。 もし一人で通報するような事態になっても親にかけてくると思います。 しかも、我が家ではこんな失敗があったので、小学生のうちはなくて良いというのが正直な所です。 我が家のキッズケータイ失敗談 実は、キッズケータイを持っていた時、子どもが誤って119番をしてしまったことがあります。 (そのキッズケータイには119番にかかる短縮ボタンが搭載されていました) 公園で子どもだけで遊んでいて、わたしにかけようとして間違ったようなのですが、子どもはあわててワン切りしてしまいました。 すると、消防指令センターから何度もコールバックがあり、子どもは真っ青になってわんわん泣きながら家に帰ってきました。 すぐにわたしがかけ直して事情を説明、平謝りしました。 救急にいたずらでかけてしまったのと同じです…。 本当に必要としている方がいるのに、消防の方の仕事を増やしてしまって申し訳なかったです。

次の

LINEモバイルを子ども用スマホに!契約ステップを確認【実際に契約しました。】

ラインモバイル 子供

月額500円コースで全然いいです! 1GBしか通信できなくても、LINEでのやりとりはいくら通信しても大丈夫。 この1GBにはカウントされません。 (データフリー機能) (LINEの音声通話、ビデオ通話、スタンプダウンロードなども全て対象。 子どものケータイを に変えたことによって、わたしもやっと 格安SIMに乗り換えることができます! 親のスマホをどこの会社にすればいいのか? どこを選んでも自由です!!(ここはすごく重要!) 無料でついてくるからいいですよね! 位置情報はgoogleマップで把握! キッズケータイでは有料オプションでいついていた、「位置情報サービス」みたいなものありましたけど、親が同じ携帯会社でないといけなかったのがネックでした。 でもスマホなら、「 googleマップ」で 今いる位置を共有することができます! これは子供との共有に限らず、もちろんLINEモバイルに限らずなので、ご存知の方も多いかと思いますが…。 これは、 親とLINEで通信・通話するためのものと割り切っているので うちはOKです。 LINEならメッセージのやりとり・通話が携帯会社に拘らず全て無料ですし、データフリーなので子どもの使用データ残量を気にしなくてもいいのが逆に大きなメリットです。 電話番号がないから、という理由ですね。 これはなくては心配という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 でも、うちの子の場合は 子供だけで通報は今の所まず出来ません。 うまく説明ができないからです。 もし一人で通報するような事態になっても親にかけてくると思います。 しかも、我が家ではこんな失敗があったので、小学生のうちはなくて良いというのが正直な所です。 我が家のキッズケータイ失敗談 実は、キッズケータイを持っていた時、子どもが誤って119番をしてしまったことがあります。 (そのキッズケータイには119番にかかる短縮ボタンが搭載されていました) 公園で子どもだけで遊んでいて、わたしにかけようとして間違ったようなのですが、子どもはあわててワン切りしてしまいました。 すると、消防指令センターから何度もコールバックがあり、子どもは真っ青になってわんわん泣きながら家に帰ってきました。 すぐにわたしがかけ直して事情を説明、平謝りしました。 救急にいたずらでかけてしまったのと同じです…。 本当に必要としている方がいるのに、消防の方の仕事を増やしてしまって申し訳なかったです。

次の