三菱ufj銀行 ペイペイ。 ペイペイの銀行口座の登録方法!登録できる銀行は?一覧あり

本人認証サービス/オンラインショッピング認証サービスのご案内|クレジットカードなら三菱UFJニコス

三菱ufj銀行 ペイペイ

いまのところなのかわかりませんが、三菱UFJ銀行からサービス開始当初から入金することができない状態です。 無料で入金させたくないとかで、三菱UFJ銀行がごねてるなら、こっちが手数料払ってでも使わせてもらいたいところですが、ヤフー的には三菱UFJだけ手数料とるみたいな特別な開発はしたくないと思うので、三菱UFJ銀行の表示があるのに入金できない状態なのでしょうか。 一部のコンビニに置いてあるイーネットじゃない、利用手数料を銀行側からもらうコンビニATMでも、手数料を払いたくないと言って三菱UFJ銀行は使えないというのがありましたね。 それを思い出しました。 PayPay残高、ゆうちょ銀行からの入金 三菱UFJ銀行がダメだというので手持ちのゆうちょ銀行と、ジャパンネット銀行からの入金を試そうと思っていますが、ゆうちょ銀行はなんと本人確認書類が登録後送られてくるのに一週間ほどかかるようです。 これ、待ってないとダメですね。 ゆうちょ銀行の方は早めに対応しましょう。 PayPay残高、ジャパンネット銀行からの入金 ジャパンネット銀行はトークン電池切れです。 登録にワンタイムパスワードが必要なのでトークン必須ということで、ぼくの場合はトーク取り寄せからはじまります。 これも時間かかるので電池切れの方は、早めの対応をしましよ。 Yahoo! JAPANカードを除きJCBは入金できない AMEXもNG これは結構、不便な方も多いのではないでしょうか。 以前、任天堂SwitchのイーショップがJCBに対応していなかったので、それと似たような感じになっています。 ヘルプには「クレジットカードはVISA、Mastercardのほか、JCB(Yahoo! JAPANカードのみ)」が登録できると書いてあります。 要するにYahoo! JAPANカード以外のJCBからは入金できないということです。 JCBのほか、ここで記載のないアメリカンエクスプレスやダイナースクラブについても利用できません。 今のところ、これらの方法では入金完了できませんので、対応する銀行口座を開くなどの対処が必要です。 うーん、そこまでしますか? 結局ペイペイ入金はどうしたらいいのか 銀行口座からの入金が最も効率的ですし、やたら当たるキャンペーンも銀行口座からの入金が対象のため、できれば、カード決済以外を選びたいですが、いまのところ、三菱東京UFJ銀行からのペイペイ入金はできません。 これは変更ができないので、他の方法を探しましょう。 なぜ銀行口座にこだわるのかというとペイペイキャンペーンの還元率を高めるためですね。 なので、これをあきらめるか、還元率が低くても対応クレジットカードを選択するなど、ゼロにならない方法を考えましょう。 銀行口座を登録は20% ヤフークレジットカードの場合が19% そのほかのクレジットカードでは10% 、入れるならこれが 手っ取り早いかもしれません。 どうやったら効率よく2割還元がもらえるのか考えてみました。

次の

PayPay、三菱UFJ銀との口座連携に『限定的』に対応

三菱ufj銀行 ペイペイ

Contents• PayPayの第2弾キャンペーンが発表! 昨年12月4日から12月13日まで開催されたPayPayによる「100億円あげちゃうキャンペーン」。 TwitterなどではPayPayガチャなんて言われたりもしてましたね。 前回と同じく還元額が100億円に達した時点でキャンペーンは終了します。 第1弾からの大きな変更点 同じ「100億円キャンペーン」でも、中身はかなり大幅な変更が加えられました。 大まかに見ていきましょう。 決済方法による還元率の違い 前回はPayPay残高からの支払いでも、クレジットカードからの支払いでもすべて20%還元でした。 しかし第2弾では PayPay残高からの支払いは20%還元、Yahoo! 第1弾ではチャージせず全額クレジットカード払いにしていた人も多かったと思いますが、制約が設けられた形になりました。 第1弾の目玉といえば一定確率での全額還元でした。 第2弾では「やたら当たるくじ」という名前がついて実施されます。 第1弾の全額還元は40回に1回でしたが、「やたら当たるくじ」は10回に1回とかなり高確率になっています。 注意点として「やたら当たるくじ」はYahoo! JAPANカードを除くクレジットカードが対象外です。 一方第2弾ではこれが大幅に減額。 いずれの場合も 上限は1,000円です。 還元率及び付与上限の表が以下の通りです。 プレミアム会員は5回に1回 Yahoo! 電化製品を買うような使い方がメインの第1弾と違って、コンビニや飲食店での使うのが良さそうですね。 プレミアム会員が5回に1回あたるというキャンペーンは3月8日20時をもって終了しました。 不遇!三菱UFJ銀行 第2弾100億円キャンペーン以降では明らかに銀行からのチャージで使うPayPay残高での支払いが優遇されています。 PayPayのキャンペーンに参加するなら、クレジットカード支払いではなくPayPay残高から支払いたいところ。 しかしそうしたくてもできない人がいます。 それは 三菱UFJ銀行のユーザー! メガバンクの一つですから、メインバンクにしている人も多いはず。 1位は地銀というくくりでしたから、単独の銀行としては最も多いと言えるでしょう。 PayPay残高、クレジットカードの他にもう一つYahoo! マネーからの支払いという手段があるのはご存知でしょうか?「お支払い方法の管理」を覗くと、こっそり居るのが確認できると思います。 なぜ三菱UFJ銀行の場合、Yahoo! マネーを使うのか?その理由は2つ。 1つは 三菱UFJはPayPayにチャージできないものの 、Yahoo! マネーにならチャージができるから。 そしてもう1つは PayPay残高支払いと同じく、Yahoo! マネー支払いでも同様の還元が受けられるから。 2019年2月11日追記:キャンペーンページにも小さく記載が追加されました。 その後PayPayアプリのメニュー(アカウント)からお支払い方法の管理を選び、Yahoo! マネーと連携。 あとは必要に応じてヤフーウォレットアプリからYahoo! マネーにチャージしておきましょう。 これでPayPayの利用準備が整いました。 実際に使うときは、 お支払い方法をYahoo! マネーに変更するのをお忘れなく! さいごに PayPayに直接チャージするよりは少し面倒な手順ですが、この方法であれば三菱UFJ銀行であってもスマホで処理が完結できます! またYahoo! マネーのチャージ方法にはコンビニ支払いもあるので、PayPayに使えない銀行がメインの方でも選択肢としてアリな方法でとなっています。 ぜひお試しください! PayPayが三菱UFJ銀行に対応してくれたら、こんな方法使わなくて済むのになあ…… 【10月3日追記】結論 追記だらけで読みにくい記事になっていますが、結論としては冒頭に追記したとおり、 「 今までYahoo! マネーにMUFGの口座を登録しており、それをPayPayへ統合したユーザー」はMUFGの口座から直接PayPayへチャージできるようになりました。 おめでとうございます。 そして それ以外の方はMUFGの口座からPayPayへチャージすることはできません。 他の銀行口座を使う• セブン銀行ATMを使う• 友人などに協力してもらって送金してもらう などが取りうる選択肢となります。 しかし限定的ながらもMUFGに対応したことで、正式に対応する日もそう遠くないのではないでしょうか。

次の

【2020年3月】PayPay(ペイペイ)に登録できるデビットカードを検証

三菱ufj銀行 ペイペイ

銀行口座の登録ステップ• JAPAN IDの登録 PayPayで銀行口座を登録するためには、Yahoo! JAPANのIDが必要です。 このIDと連携することによってPayPayで銀行口座が登録できるようになります。 JAPAN IDを入力・ログインで設定完了です。 この際、携帯電話の番号が必要になり、その番号へSMSが送信されます。 送信された認証コードを登録画面上に入力してください。 携帯電話の入力が完了すれば、最後にプロフィールを設定します。 この設定が終われば、Yahoo! ウォレットの登録が終わります。 ウォレットの預金払い用口座に登録されている銀行口座からチャージするための登録になります。 この登録には、通帳やキャッシュカード、暗証番号などが必要になりますので事前に準備しておいてください。 手順はPayPayホーム画面より「銀行口座登録」から画面の指示に従い内容を入力します。 対応している金融機関一覧 PayPayで対応している金融機関はYahoo! ウォレットで利用可能な銀行口座になります。 Yahoo! ウォレットでは60以上の銀行口座が対応しており、今後も順次拡大予定となっています。 メガバンク・ネット銀行:• ジャパンネット銀行• ゆうちょ銀行• みずほ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• イオン銀行• New!! 住信SBIネット銀行 あ行:• 愛知銀行• 青森銀行• 秋田銀行• 足利銀行• 阿波銀行• イオン銀行• 池田泉州銀行• 伊予銀行• 岩手銀行• 愛媛銀行• 大分銀行 か行:• 北日本銀行• 紀陽銀行• 京都銀行• 関西みらい銀行• 熊本銀行• 群馬銀行• 京葉銀行 さ行:• 埼玉りそな銀行• 山陰合同銀行• 滋賀銀行• 四国銀行• 静岡銀行• 七十七銀行• 親和銀行• ジャパネット銀行• 住信SBIネット銀行• 十六銀行• 常陽銀行• スルガ銀行• 仙台銀行 た行:• 大光銀行• 第三銀行• 大東銀行• 千葉銀行• 千葉興業銀行• 中東銀行• 筑波銀行• 東邦銀行• 東北銀行• 徳島大正銀行• 鳥取銀行• トマト銀行• 富山銀行 な行:• 長野銀行• 南都銀行• 西日本シティ銀行 は行:• 八十二銀行• 百五銀行• 百十四銀行• 広島銀行• 福井銀行• 福岡銀行• 北越銀行• 北陸銀行• 北海道銀行 ま行:• みずほ銀行• 三井住友銀行• 武蔵野銀行 や行:• 山梨中央銀行• ゆうちょ銀行• 横浜銀行 ら行:• りそな銀行 このほかに八十二銀行と北洋銀行などが以前までは登録が可能でしたが、現在は新規登録ができない状態となっています。 すでに利用中の方は引き続きチャージできるので、周りの人が利用していたとしても、新規で登録はできなくなっているため注意が必要です。 初心者の質問で恐縮です。 先日ペイペイを開始し、ヤフーカード決済を設定して使用していましたが、銀行登録を1週間以内にすることで、1,000円もらえるとの事なので、銀行登録をしました。 今、私がペイペイを使用した場合(ペイペイ残高は0円という前提)、ヤフーカードでの支払いではなく、直接使った分が、ダイレクトで登録した銀行口座から引き落とされるという理解でよろしいでしょうか。 仮にそうであれば、ヤフーカードで支払った方が、Tポイントもつくのでカード払いの方がポイントをもらうという点については有利な気がします(銀行口座引落ではポイントが付かない気がするので・・)が、如何でしょうか。 それとも銀行口座から引き落とされると何かポイントが付くものなのでしょうか。 的外れな質問でしたらすみません。。 宜しくお願い致します。 はちさん、コメントありがとうございます! 銀行口座に連携すると、チャージができるようになります。 (直接銀行口座からの引き落としは不可) つまり、結果としてチャージしたお金がペイペイ残高となります! 優先順位については、そもそもですが、例えばペイペイ残高が0円だとエラーとなって支払いができません。 銀行からチャージしてペイペイ残高を増やすか、ヤフーカード決済を選ぶ必要があります! なので、ご質問の銀行口座引き落としだとポイントがつかないということは「ない」ということですね。 (銀行の場合、ペイペイ残高にチャージするのでポイント還元される、ヤフーカードの場合は、ペイペイのポイント+Tポイントが付与される)•

次の