イタチ の 仲間。 イタチ

イタチ

イタチ の 仲間

こんにちは。 寝る前にゴキブリをうっかり見てしまった日には、駆除してからじゃないと安心して眠れない…そんな感覚でしょうか。 今回は、似ているようで似ていない、家に棲みついたらとても厄介な害獣「イタチ」「テン」「ハクビシン」の違いと見分け方について、紹介していきたいと思います。 「なにか得体の知れない生きもの」よりも、「イタチ」がいると正体が分かっている方が、少しは不安はなくなりますよね。 それではまいります。 イタチ・テン・ハクビシン等写真で違いを観察してみよう 名前は聞いたことあるけど、実際に見たことがないという人がほとんどではないでしょうか。 でも気をつけてください! 奴らはとても凶暴なので、うかつに手を出したりしたら危険です! 特徴的な顔の部分をそれぞれピックアップしてみました。 ちなみにイタチ(チョウセンイタチ)はこんな感じです。 動画でどうぞ。 動きが素早いのでカメラが追いついていません!(涙 「でも、実際に家の中に侵入した動物の姿ってみたことがないんですよね・・・」 お、おっしゃる通りです!(汗 イタチやハクビシンは夜行性の生きもの。 私たちが活動している時間帯は寝静まっているので、遭遇することはそうそうないでしょう。 では、どうすれば家に入ってきた奴らを知ることができるのでしょうか? 糞で害獣を判断してみましょう まずは、屋根裏に糞尿被害がないか確認をしてみましょう。 奴らは 「ため糞」という習性があるので、同じ場所に糞や尿をし続けます。 過去には点検口に糞をしてたという報告も場合もありましたので、屋根裏を点検するときは注意してくださいね。 害獣の糞の特徴をまとめてみました。 イタチは肉食系に近い雑食性なので、糞は鼻が曲がるほどの悪臭です。 細長く、水分が多いです。 テンもイタチと同様ですが、テンのほうが身体が大きいので、イタチよりもテンのほうが糞のサイズが大きいです。 (イタチ:約6mm、テン:約10mm)• ハクビシンは果実を好んで食べるため、糞に種が混ざる傾向があります。 どの害獣にも言えることですが、ため糞をするので、放っておくと、 天井に尿のシミができたり、腐った天井が抜け落ちてくるという被害が発生します。 そのうちいなくなるだろうと思わずに、物音がしたら、早急に対策をしましょう。 臭腺をもつイタチのニオイは特にキツイですから・・・。 あ、もちろん大量の糞をみつけたら、 マスク・手袋をして清掃にあたってください。 もしくは、駆除業者に連絡をしてとってもらいましょう。 ダニや寄生虫、フンから発生する菌などがいますから気をつけて作業をしてください。 「でも糞はみたくないなぁ・・・」 た、たしかにニオイが強烈な糞を探しにいくのはちょっと抵抗がありますよね。 屋根裏を見た瞬間、襲われたりするんじゃないかと思うと怖くて見れませんよね。 足跡を調査する!というケースもありますが、正直よほどくっきり跡が残っていない限り、素人では判別は難しいでしょう。 どうしても足跡で判別したい場合は、家の周りや侵入経路に砂や石灰を軽く撒く、もしくは段ボールをおいておけば、うまくいけば足跡をとることができるかもしれません。 イタチ・テン・ハクビシンの足跡はだいたいこんな感じです。 写真ではそこまで大小の差を感じませんけど、こうやって足跡を並べてみるとサイズ感が違うことがわかりますね。 ちなみに犬や猫だとこんな足跡になります。 犬(タヌキ)や猫の足跡は4本指なんです。 左が犬、右が猫になります。 猫は基本的には爪をひっこめて歩いています。 逆に犬は爪をひっこめることができないので、爪の跡がついてしまうのです。 これからの情報を駆使して、イタチなのか?テンなのか?ハクビシンなのか?判別する助けになれば幸いです。 害獣の正体は分かった!じゃあ次はどうすれば? 得体の知れない動物の正体が分かった! でも、問題はまだ解決していません。 我が家に入った闖入者が何者なのかはわかりましたけど、 侵入させないための対策をとらなければ、被害はどんどん加速していきます。 自分で駆除対策をするのか?それとも業者に依頼をするのか?悩みどころだと思います。 費用のことを考えると自分でやったほうがいいかな・・・ でも糞の処理をするのは嫌だな・・・ ばったり出くわしたら怖いな・・・ 対策してみたけど効果が全然なかったら嫌だな・・・ まずは駆除業者がどんな作業をしているのかを知り、自分でその作業ができるのかを判断した上で、決めてみてはいかがでしょうか? イタチ駆除専門スタッフがあなたのお悩みを解決いたします!! もし、あなたが ・イタチが天井裏を走り回ってうるさい! ・ゴミ箱を漁られて困っている! ・イタチのニオイに耐えられないのでどうにかしてもらいたい! ・家に入ったイタチにどう対応すればいいのか教えてほしい! ・荒らされた天井裏をキレイにしてもらいたい! どのような疑問・質問にもすべてお応えします。 株式会社プログラントでは、現地調査・見積を無料で行っております。 まずはメールや電話にてお気軽にお問い合わせください。 ただし、日曜日・年末年始・夏季休暇期間は翌営業日以降の対応となりますのでご了承ください。 メールでのお問い合わせに関しましては、回答をお電話でさせていただく場合がございます。 889• 282• 188• 103• 154• 126• 109• 6 生態について• その他のコンテンツ• シロアリ駆除• ハチ駆除• イタチ駆除•

次の

イタチ

イタチ の 仲間

フェレットによく似た動物として、 カワウソ・ オコジョ・ イタチなどがいます。 外見はとても近似していますが、それぞれ違いがあります。 それぞれどんな習性があり、どんな特徴があるのでしょうか。 今回はこの4種類の動物を比較していきたいと思います。 イタチ イタチ科は、24属55種類の動物からなり、 カワウソ・ オコジョ・ フェレットは、全てこのイタチ科に内包されています。 野生のイタチは鋭い歯と爪を持ち、凶暴な性格な個体が多いです。 また、臭いを発する臭腺を持っており、マーキングする際に使用します。 野生のイタチは フェレットの様に 人間に慣れていないため愛玩できず、むしろ 害獣に指定されていることもあります。 かわいい見た目ではありますが、 見かけても近寄らないようにしましょう。 カワウソ カワウソはイタチ科カワウソ亜科に分類されます。 イタチの仲間ではありますが、分類上は オコジョや フェレットより近い動物としてラッコがあげられます。 確かに、色も見た目も似ていますね。 日本では、最小のカワウソであるコツメカワウソがペットとして飼育されることもあります。 また、トイレや芸を覚えるなど、賢い動物でもあります。 ただし、価格は 最低60万円ほどかかります。 近年では、輸入される個体数も少なく、 100万以上かかることもあるそうです。 オコジョ オコジョはネコ目イタチ科に属する、 イタチの一種です。 体調は小さいもので20センチ、大きいものでも30センチほどの 小型の イタチです。 特徴としては、年に二回の換毛があげられます。 夏は茶色、冬は白色の姿が見られます。 かわいい見た目をしていますが、 攻撃的な性格をしています。 日本にも何種類かの オコジョが生息していますが、天敵の増加や森林伐採の影響から個体数が減少し、地域によっては 絶滅危惧種に指定されているところもあります。 フェレット フェレットは、野生では生息していません。 とはいっても、野生の フェレットが絶滅したわけではなく、そもそも フェレットは人間により家畜化された動物でした。 フェレットの祖先は、ヨーロッパを生息地としていたヨーロッパケナガイタチ又はステップケナガイタチです。 それでは、どの程度昔に フェレットが生まれたのでしょうか。 約3000年前のギリシアの哲学者であるアリストテレスは、現在の フェレットの様に人間に飼われている イタチと、野生の イタチを分類していました。 3000年も前から フェレットの祖先と人間は寄り添って暮らしていました。 つまり、正確な起源は定かではありませんが、人間は遠い昔から イタチを手懐けようとしたことがわかります。 そして、 イタチの家畜化が成功した段階で フェレットと呼ばれるようになったのです。 ゆえに、今では イタチと フェレットは外見の面では似ているものの、区別されるようになったのです。 このように、それぞれの動物は似ているところもありますが、 個性があふれています。 私の飼っている フェレットは、祖先に イタチを持ちながらも人に合うように改良化された動物です。 人と フェレットは長い年月をかけて、パートナーとして寄り添っていたということを実感しました。 この記事が、皆様にとって、それぞれの動物について知るきっかけとなればと思います。

次の

イタチの仲間

イタチ の 仲間

好きなところに飛べます• イタチの生態 イタチは哺乳綱ネコ目イタチ科イタチ属で、短足胴長の体が特徴の小さな動物です。 日本にはニホンイタチ、チョウセンイタチ、イイズナ、オコジョの在来種に外来種のアメリカミンクを加えた計5種が生息しています。 野生動物以外ではペットとしてご存知でしょう、フェレットがイタチの仲間です。 日本でイタチというとほとんどの場合ニホンイタチのことを指します。 メスに対してオスの体が非常に大きく、ニホンイタチでいうとオスが体長27~37cm尾長12~16cmなのに対し、メスは体長16~25cm尾長7~9cmと、オスの体はメスの体より倍近く大柄です。 雑食性で木の実なども食べますが、ネズミや鳥類など基本的には肉食を好みます。 肉食が強い一方、猛禽類やキツネといった天敵も存在します。 木登りが得意である他、泳ぐことも得意としており、指の間にはみずかきがあります。 マーキングをする際や天敵に襲われた時などにそれを放つことで難を逃れるそうです。 自然分布地である対馬以外に生息しているチョウセンイタチは外来種とされ、在来種であるニホンイタチはチョウセンイタチに住処を追いやられ徐々に数を減らしつつあり、2016年に準絶滅危惧種に指定されました。 害獣としても有名ですが、被害の多くはチョウセンイタチが占めているようです。 ニホンイタチの寿命は野生下でせいぜい2年、飼育下で1. 4年ほどだと言われる一方、チョウセンイタチは飼育下で8. 8年生きたという記録があります。 イタチの性格 Sponsored Link 可愛くて小さいイタチですが、どんな性格をしているのでしょうか。 イタチの仲間でペットとして可愛がられているフェレットは、個体差もありますが温厚で好奇心旺盛な性格です。 愛情をかけて育てれば、信頼関係が生まれ飼い主に懐いてくれます。 しかし野生で生きるイタチは非常に攻撃的な性格です。 ほとんどの種が体重2kgにも満たない小柄な動物ながら、自分よりも大きなウサギなどにも果敢に挑み捕えることがあります。 見た目こそ愛くるしいですが、実際の彼らはたくましく気の強い性格をしているんですね。 野生のイタチがいる生息地 野生のイタチは、沖縄県を除くほとんどの都道府県で生息しています。 山間部や平野地、水辺の近くなどに住んでいますが、最近だと民家の近くや都市部でも目撃情報があるようです。 冬眠はしないので一年中姿を見ることが出来ます。 もし見つけても、脅かさないように観察してあげましょう。 無闇に近づいたら襲われる危険性があり、噛まれたりしたら感染病にかかる恐れもあります。 害獣として家に居ついてしまった場合でも、自力でなんとかしようとはせず専門の業者の方に相談をして下さいね。 まとめ ・イタチは短足胴長の肉食性の強い動物。 ・イタチは小柄ながら凶暴な性格をしている。 ・イタチは沖縄を除く日本全域の山間部などで目撃されている。

次の