ベネリ バイク。 TAGETE27.5

BENELLI=ベネリが日本にやってくる?!

ベネリ バイク

当初は修理専門の会社でしたが、自社で修理パーツを製造することがきっかけで大手オートバイメーカーへと成長しました。 1920年に初の自社ブランドエンジン(2ストローク単気筒エンジン)を製造して発売を開始し、1921年に初めて自社オートバイの製造を始めています。 また、息子であるトニーノ・ベネリが自社で製造したオートバイでレースデビューし、その優れた才能から1927年、1928年、1930年、1932年と優勝を遂げ、イタリアのチャンピオンに君臨していました。 ベネリは第二次世界大戦が間近に迫ってきている中、スーパーチャージャーを搭載した250ccの4気筒マシンをレースに出場させています。 第二次世界大戦終戦後、工場が破壊され1949年までオートバイの生産が開始できず、開始後は旧モデルをベースとして開発されていました。 1951年、ベネリは通称レオンチーノの98cc、125ccと350cc、500ccクラスの単気筒マシンを販売開始しました。 2ストロークと4ストロークを選択できるレオンチーノが気軽に乗れることから、終戦後のイタリアでは高い人気を誇っていきます。 1960年代から1980年代にかけては他ブランドとの合併により一度はベネリが消滅したものの、1990年代には新オーナーの決断により復活を果たしました。 現在では拠点を中国に置き、中国オートバイメーカーの傘下に加わっています。 また、2011年には電動アシストシステムの自転車製造を開始しています。

次の

NERONE27.5

ベネリ バイク

当初は修理専門の会社でしたが、自社で修理パーツを製造することがきっかけで大手オートバイメーカーへと成長しました。 1920年に初の自社ブランドエンジン(2ストローク単気筒エンジン)を製造して発売を開始し、1921年に初めて自社オートバイの製造を始めています。 また、息子であるトニーノ・ベネリが自社で製造したオートバイでレースデビューし、その優れた才能から1927年、1928年、1930年、1932年と優勝を遂げ、イタリアのチャンピオンに君臨していました。 ベネリは第二次世界大戦が間近に迫ってきている中、スーパーチャージャーを搭載した250ccの4気筒マシンをレースに出場させています。 第二次世界大戦終戦後、工場が破壊され1949年までオートバイの生産が開始できず、開始後は旧モデルをベースとして開発されていました。 1951年、ベネリは通称レオンチーノの98cc、125ccと350cc、500ccクラスの単気筒マシンを販売開始しました。 2ストロークと4ストロークを選択できるレオンチーノが気軽に乗れることから、終戦後のイタリアでは高い人気を誇っていきます。 1960年代から1980年代にかけては他ブランドとの合併により一度はベネリが消滅したものの、1990年代には新オーナーの決断により復活を果たしました。 現在では拠点を中国に置き、中国オートバイメーカーの傘下に加わっています。 また、2011年には電動アシストシステムの自転車製造を開始しています。

次の

ベネリのバイクの日本発売日はいつ?車種や価格、スペックはどうなる?

ベネリ バイク

ベネリは1911年にイタリアで設立された歴史あるバイクメーカーですが、ヨーロッパの中小 メーカーに よくある、経営権の変更や消滅を経て、現在は1995年に復活、新生ベネリ社として、ミドルクラスの スポーツバイクや電動アシスト自転車を生産・販売しています(現在は中国資本傘下)。 トルネード900RSは、2002年に発売された900Treをベースとし翌2003年に発売された アップ グレード 版となります。 トルネードの特徴は、水冷3気筒、142PSの高出力エンジンや、イタリア製 ならではの 惜しげもなく 使われたカーボンや有名ブランドパーツ等もありますが、そこがポイントではありません。 冷却系がとにかく独創的なんです。 このバイク、なんとラジエターがリアタイヤハウス内に設置されています。 ではどうやって冷却するかと言えば、 フロントカウル脇から採り入れた空気を、サイトカバーを通しラジエターまで流しているのです。 その後リアシート下に設置された2つのファンで強制的に後方排出しています。 ちなみに何でこんなに複雑なシステムにしているかと言うと、さすがレース仕様が下敷きだけあって、 コーナリング性能を重視する為にエンジンを前方・低重心に設置、その為ラジエターをシート下に配置、 排出効果を上げる為にファンを設置、という事のようです。 残念ながらレースでは目立った実績は上げられなかったようですが、何にも似ていない、独創性は さすがイタリアならではと思います。 恥ずかしながら私も今回初めてこのバイクを知りました。 発売当時の価格は300万弱の高額車で、 ディーラー網もないメーカーであり、日本には極少数しか恐らく輸入されていないと思われます。 現車は既に初度登録から10年以上経過していますが、さすがの程度上。 新車時よりだいぶ価格もこなれているので、人と違ういいモノを求める人にはうってつけの選択です。

次の