プレシオ サウルス。 出版元 プレシオ

プリオサウルス

プレシオ サウルス

都道府県 :• 全国のプレシオ• 青森 0• 宮城 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 新潟 0• 石川 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 茨城 0• 栃木 0• 愛知 0• 岐阜 0• 三重 0• 滋賀 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 岡山 0• 広島 0• 山口 0• 徳島 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 佐賀 0• 熊本 0• 大分 0• 長崎 0• 鹿児島 0• 沖縄 0 カテゴリ :• 全ての売ります・あげます• バイク 0• 楽器 0• 子供用品 0• パソコン 0• 食品 0• 4 全国以外の都道府県から探す :• 全国のプレシオ• 青森 0• 宮城 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 新潟 0• 石川 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 茨城 0• 栃木 0• 愛知 0• 岐阜 0• 三重 0• 滋賀 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 岡山 0• 広島 0• 山口 0• 徳島 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 佐賀 0• 熊本 0• 大分 0• 長崎 0• 鹿児島 0• 沖縄 0.

次の

首長竜は恐竜じゃない?太古の海最強の捕食者に想いを馳せる

プレシオ サウルス

首長竜 首長竜とは 首長竜とは、中生代の三畳紀(約2億5000万~2億年前)から白亜紀(約1億5000万~6600年前)にかけて繁栄した水棲爬虫類です。 体に対して非常に長い首を持っている種が多かったためこの名前が付けられました。 しかし、後述するクロノサウルスのように首が短いものも存在し、全ての種がその名のとおり首が長いとは限りません。 首長竜は魚類などを捕食しており、その巨体から当時の海では最強の捕食者でした。 その長い首を活かして陸上の恐竜や、海面近くを飛ぶ翼竜なども捕食していたことがわかっています。 出典: 首長竜は恐竜じゃない? よく誤解されることですが、首長竜は恐竜ではありません。 首長竜は恐竜よりもヘビやトカゲなどの爬虫類に近く、海洋の環境に適応した爬虫類という位置付けで、独自の進化を遂げた恐竜とは全く別の生物になります。 詳しくは関連記事の中でも触れています。 関連記事: 首長竜は非常に長い間太古の海を支配していましたが、恐竜と同じく白亜紀の大量絶滅によって地球から姿を消してしまいました。 首長竜の種類 太古の海の王者である首長竜ですが実際にはどのような種類が存在したのでしょうか?ここでは首長竜の中でも特に有名なものをご紹介します。 エラスモサウルス エラスモサウルスは世界一有名な首長竜といわれており、白亜紀後期に現在の北アメリカに生息していました。 全長が14mなのに対し、8mもある非常に長い首を持っていました。 化石などから体内に翼竜のものと見られる骨が見つかっており、魚以外に翼竜も捕らえる積極的な捕食者だったことがわかっています。 メディアで取り上げられる機会や、販売されるグッズも多いため非常に人気のある首長竜だといえます。 名前には「リボンのトカゲ」という意味があります。 出典:, プレシオサウルス プレシオサウルスは三畳紀からジュラ紀にかけて繁栄した首長竜です。 魚竜と爬虫類の中間的な特徴を持っており、その名前には「爬虫類に似ている」という意味があります。 体長は大きいものでも5mしかなく比較的小さな種類の首長竜でした。 泳ぐスピードは決して速くありませんでしたが、長い首は非常に柔軟に動かすことができたといいます。 また、ネス湖のネッシーの正体として首長竜を考えたときに一番可能性が高いのがこのプレシオサウルスだといわれています。 関連記事: 出典:, クロノサウルス クロノサウルスは白亜紀の海を支配した大型の首長竜です。 体長は10mに達し、巨大なワニのような姿をしていました。 体長こそエラスモサウルスには敵いませんが首が短いため、実際にはクロノサウルスの方が巨大な体格をしています。 また、クロノサウルスは体に対して頭が非常に大きく、5mを超える頭部を持っていました。 その名前はゼウス神の父「クロノス」が由来です。 出典:, フタバスズキリュウ フタバスズキリュウは白亜紀に生息した首長竜で、当時高校生だった日本の鈴木少年が発見したことからその名前が付けられました。 発見された頭骨は目と鼻の間隔が他の首長竜より離れており、新種の首長竜であることが判明しました。 それまで日本で首長竜を見つけることはできないとされていましたが、フタバスズキリュウの発見により日本でも大型爬虫類の化石を見つけることができることがわかりました。 出典:, クリプトクリドゥス クリプトクリドゥスはジュラ紀の海に生息していた首長竜です。 体長は最大で8mほどで、口には100本を超える鋭い歯がありました。 首は他の首長竜に比べて短くあまり早く泳ぐことはできなかったようです。 獲物を捕まえる際も積極的に追いかけて捕らえるというよりは岩陰などで待ち伏せすることが多かったといわれています。 出典:, リオプレウロドン リオプレウロドンはジュラ紀の海に生息していた当時最強の捕食者でした。 体長は11mほどだったと考えられており、強力な顎の力を持っていました。 リオプレウロドンは首長竜の仲間でありながら首が短く、非常に泳ぎが上手かったと考えられています。 この強力な顎と強い遊泳力により巨大生物うごめくジュラ紀の海を支配していました。 出典:, 首長竜の生き残りはいるのか? ネッシーやニューネッシーなど、世界では首長竜の生き残りではないかと思うようなUMA(未確認生物)が数多く報告されています。 これらの正体は首長竜なのでしょうか?また、首長竜が生き残っている可能性はあるのでしょうか? 出典: 残念ながら現在では首長竜が生き残っている確率はかなり低いと思われます。 首長竜は肺呼吸をする生物のため必ず水面に顔を出さなければなりません。 世界の海が海域で区切られ、それぞれの国家が睨みを利かせている現代でこれまで生きた首長竜が発見されていないのであれば、やはり彼らは絶滅しているのでしょう。 ネッシーやニューネッシーの正体も諸説ありますが、首長竜である可能性は低いといわれています。 エラ呼吸が可能な種であればシーラカンスのように深海に適応している可能性は十分ありますが、首長竜ではそれも不可能です。 彼らは1億5000年近くも種を繁栄させ、太古の海を支配しました。 しかし、常に変化し続ける環境に対応し続けることはできなかったようです。 画像: いかがでしたか?首長竜は恐竜や翼竜に並んで人気のある絶滅動物です。 太古の海を支配した生態系の王者たちにロマンを感じずにはいられません。

次の

クロノサウルス・リオプレウロドン・プリオサウルス

プレシオ サウルス

Pliosaurus kevaniのホロタイプ 後期 : : : : : : : : : : プリオサウルス属 Pliosaurus ,• Stretosaurus Tarlo, 1960• Spondylosaurus Fischer, 1845• Plesiosaurus giganteus Conybeare, 1824• Plesiosaurus recentior Parkinson, 1822• Liopleurodon rossicus• brachydeirus Owen, 1841• brachyspondylus Owen, 1839• carpenteri et al. funkei Knutsen et al. kevani Benson et al. , 2013• macromerus Philips, 1871• , 2004• rossicus Novozhilov, 1948• westburyensis Benson et al. , 2013 プリオサウルス Pliosaurus、「更なるトカゲ」の意 はとの後期からの地層から知られるの絶滅属の一つ。 、、を捕食していた。 本属は過去には多くの種を内包していたが、現在では6種が有効とされている。 さらに2種がに陳情している。 現在のところ、模式種 P. brachydeirusおよび、 P. brachyspondylus、 P. carpenteri、 P. funkei、 P. kevani、 P. macromerus, P. rossicus 、 P. westburyensis、 P. portentificusが知られている。 ほとんどの種は巨大な体サイズを誇っていた。 それ以外の P. brachydeirus、 P. brachyspondylus、 P. portentificusは、未成熟の個体しか知られていない。 本属は断面が三角形の歯等、7つの固有形質によって他のプリオサウルス類と区別される。 記載 [ ] 別の大型プリオサウルス類、を用いて・で発見された標本の大きさを推定した場合、全長は15メートル、体重は45,000キログラムとされた。 歯の長さは30センチメートルである。 1億4700万年頃に生息していたと見積もられている。 後に、このスヴァールバル諸島の標本は最初の推定ほど大きくなく、全長は10 - 13メートルと下方修正された。 そして2012年に命名されたプリオサウルス・フンケイは、ホロタイプの頭骨が160 - 200センチメートルと見積もられ、前肢の長さは300センチメートルとされた。 また、PMO 214. 136 においては頭骨は200 - 250センチメートルと推定された。 これはこの生物が他のプリオサウルス類よりも頭と脊椎のわりに大きな鰭をもっていたことを示唆する。 また、4つの鰭の骨の分析結果によれば、主に前肢を使って遊泳し、後肢は獲物を追うときなどに加速するのに用いていたことを示している。 研究チームによると、フンケイ種の脳は今日のと似た形と比率であるという。 出典 [ ] []• (Plesiosaurus)があった上での命名。 Plesiosaurus=トカゲに近いもの。 Pliosaurus=プレシオサウルスよりも更にトカゲに近いもの。 Gasparini, Z. ; O'Gorman, J. 2014. Ameghiniana 51 4 : 269—283. ; Evans, M. ; Smith, A. ; Sassoon, J. ; Moore-Faye, S. ; Ketchum, H. ; Forrest, R. 2013. Butler, Richard J. PLoS ONE 8 5 : e65989. Knutsen 2012. Norwegian Journal of Geology 92 2—3 : 259—276. Naish, Darren 2012. Planet Dinosaur : The Next Generation of Killer Dinosaurs. Firefly Books. 134. Knutsen, Patrick S. Hurum 2012. Norwegian Journal of Geology 92 2—3 : 235—258. ; Smith, D. ; Walton, D. 2004. Proceedings of the Geologists' Association 115: 13. Alleyne, Richard 2009年3月17日. London:. 2009年3月17日閲覧。 2009年3月17日閲覧。 , news24. com, 17 March 2009. 関連項目 [ ]• この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、/、)。

次の