オーストラリアドル チャート 長期。 AUDJPYチャート

円相場歴史:ドル/円チャート長期レート|1.10.20.30.50年推移

オーストラリアドル チャート 長期

通貨 終値 高値 安値 変化率 買い気配 売り気配 106. 94 107. 03 106. 94 106. 97 121. 92 122. 14 121. 95 -0. 92 122 1. 1401 1. 1420 1. 1401 -0. 1401 1. 1405 134. 33 134. 64 134. 33 -0. 33 134. 38 74. 700 74. 980 74. 700 -0. 700 74. 740 70. 080 70. 320 70. 100 -0. 080 70. 120 79. 140 79. 240 79. 140 79. 180 113. 14 113. 26 113. 09 -0. 14 113. 23 6. 4202 6. 4484 6. 4202 -0. 4202 6. 4261.

次の

豪ドル/円(AUD/JPY)の為替チャート・予想・見通し

オーストラリアドル チャート 長期

オーストラリアは資源が豊富で財政も健全であり、多くの期間で金利水準も高いことから、豪ドルは日本人にも人気の通貨です。 近年では中国景気との相関性が高まっていることも特徴の1つです。 ちなみに間違えやすいので記載しておきますが、豪ドルの対米ドル表記は「1豪ドル=〇〇ドル」となります。 主要通貨の中でユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル以外は全て「1ドル=〇〇」(例えば1ドル=100円)という表記になりますので覚えておいてください。 また、豪ドルの分析・見通しについてはこちらも参照してください。 ポイントは実質金利です。 変動要因は箇条書きで掲載しています。 (下段の方では10年ごとに区切ったチャートを掲載し、変動要因を細かく掲載しています) 豪ドル AUD 為替レート長期推移(1971年~)• 対米ドルの豪ドルレートは1豪ドル=0. 5ドル~1. 5ドルのレンジで推移している• 1971年8月米ドルペッグ制を廃止し、可変米ドルペッグ制を導入。 その後、1983年12月に完全変動相場制に移行した。 (詳細は下記1970年代を参照)• 1983年12月の完全変動相場制移行後では1豪ドル=0. 5ドル~1. 1ドルのレンジで推移している• 1ドルが変動相場制移行後の対米ドルの最高値となっている• 4776ドル。 世界的な景気低迷、エネルギー価格の下落などが重なった事が要因となった。 1ドル程度で、2019年9月現在、1豪ドル=0. 67ドル前後であり、対米ドルでの豪ドル安は40%程度である。 豪ドル AUD 為替レート推移と変動要因 1970年代• 1971年8月米ドルペッグ制を廃止し、可変米ドルペッグ制を導入• 2ドルから1. 48ドルまで上昇している。 この間、可変米ドルペッグ制を採用していたため、通常であれば変動しても大きな動きは抑制されるはずであったが、オイルショックによるエネルギー価格上昇の影響もあり比較的大きな上昇となったと考えられる• 3ドルまで下落• 01ドルまで下落 豪ドル AUD 為替レート推移と変動要因 1980年代• 1983年12月、完全変動相場制に移行• 6ドルとなった• これは豪ドルの要因よりも米国のインフレ対策による高金利政策で米ドルが高くなったことが要因と考えられる。 1980年代前半は米ドルと円が他の通貨に対して強くなっており、ドル円はほぼ横ばいの推移となっていた• 1985年9月のプラザ合意以降、一般的な通貨はドル高が調整されはじめ上昇し始めたが、豪ドルは1985年に一旦上昇した後、再度1986年7月まで下落した• これは1985年10月~1986年7月にかけて原油価格(エネルギー価格)が大きく下落したことが要因と考えられる。 この間、WTI原油価格は1バレル=30ドル前後から1バレル=11ドル前後まで大きく下落した• その後、プラザ合意の影響や原油価格が上昇したことで豪ドルも上昇し、1980年代後半には1豪ドル=0. 8ドル台まで回復した 豪ドル AUD 為替レート推移と変動要因 1990年代• 1990年代の原油価格は1バレル=20ドル程度で推移することが多かったが、1993年後半に1バレル=14ドル前後、1998年後半に1バレル=11ドル前後に下落しており、このタイミングで対米ドルの豪ドルレートも安値を付けている 豪ドル AUD 為替レート推移と変動要因 2000年代• 48ドルの過去最安値を付けた• ITバブル崩壊による世界的な景気低迷、豪州の付加価値税導入による景気悪化懸念、エネルギー価格の低迷など複数の要因が重なり合って豪ドルは過去最安値をつけたと考えられる• 2003年以降は世界的な景気回復とエネルギー価格の上昇が重なり、リーマンショック前の2008年6月には1豪ドル=0. 95ドルまで大きく上昇した• この間、現在の主要輸出国である中国をはじめとする新興国の経済成長も豪ドル相場を支えたといえる• 2010年12月、豪ドルレートは1982年6月以来28年ぶりに1豪ドル=1米ドルのパリティ( 等価)まで上昇した• 1ドルまで上昇した• リーマンショック後、世界的な景気低迷により多くの国がリセッション(マイナス成長)となる中、オーストラリア経済は相対的に堅調で実質GDP成功率もプラスを維持した。 そのため米国がゼロ金利政策を採用する中、オーストラリアの政策金利は2010年~2011年に4. 7ドルまで下落した• この間、2014年7月頃まで1バレル=100ドルを超える水準で推移していた原油価格は2016年2月の1バレル=25ドルまで下落した• 2016年~2018年は米国が政策金利を引き上げる中(0. 5%)、豪州は1. 5%で一定としたため米国と豪州の政策金利が逆転した。 2019年に入って米国は利下げを開始したが、豪州は米国を上回るスピードで利下げを行ったことで豪ドル安が加速した• 2019年6月末には米国の政策金利が2. 同じく金利の逆転現象が起き、大きく豪ドル安が進んだ2000年前後より金利差が拡大したが、当時ほどの豪ドル安にはならなかった。 これは名目金利は当時よりも金利差が拡大したが、インフレも考慮した実質金利差では2000年前後ほど拡大していなかった為と考えられる。 2020年1月下旬以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響により豪ドルは下落。 オーストラリア中央銀行は2020年3月3日に政策金利を0. 5%、3月19日に0. 25%へ引き下げした。 関連ページ 豪ドルについてのポイントはこちらを参照してください!• オーストラリアの政策金利とインフレ率の推移はこちらを参照してください!• 豪ドルと連動性が高いニュージーランドドルの長期推移はこちらを参照してください!• 豪ドルとニュージーランドドルの比較はこちらを参照してください!•

次の

為替ラボ

オーストラリアドル チャート 長期

豪ドルの重要なポイント• 徐々に金利は下がっている 後ほど詳しく説明しますが、豪ドルがこのように急に金利が下がったのは理由があります。 それは非常に単純で、 金利を上げる必要がなくなったからです。 新興国ではインフレ率が非常に高いです。 金利が19. 75%で有名な トルコでは 、 インフレ率が20%超 となっていますが、対する オーストラリアのインフレ率は2. 国 インフレ率 オーストラリア 2. ですが、逆に言えばインフレが過熱してくることでオーストラリアが利上げを行うことは十分に考えられますので、これからの経済指標には十分に着目していきましょう。 豪ドルと他国との金利差は? それでは、次に豪ドルと他国との金利の差についてみていきたいと思います。 どのくらい他の通貨と差がついているのか気になりますね。 国 政策金利 豪ドル 1. 5% 円 0. 35% ユーロ 0. 00% カナダドル 1. 75% 最近の金利をまとめたのがこちらの表になるのですが、あまり他の通貨と金利の差がないことがわかると思います。 特に、 米ドル、カナダドル、人民元と比べると豪ドルの方が金利が低くなっています。 このことからも、既に豪ドルの金利を期待して保有するにはあまり旨味がないということがわかるでしょう。 豪ドルの衝撃的な事実• 米ドル、カナダドル、人民元の方が金利が高い• 豪ドルの金利を期待して保有しても、旨味がない 金利を期待して投資するなら、 現在だと米ドル、人民元に投資した方がいいような感じがします。 こうした理由から、豪ドル離れも起きているのでレートが過去と比べても低くなっているのが今の状態です。 あまり 為替レートが下がりすぎると、経済に悪影響を与えるので、このまま豪ドル離れが進むとなると、金利の上昇が考えられます。 そうなると、再び為替レートが上昇に向かうと期待できるので、現在の下がっているときに豪ドルを仕込むのは、将来的に大きなリターンになるのかなとも思います。 \当サイト限定!最大53000円もらえる/ 豪ドル金利が下がった理由 オーストラリア経済を発展させたかったから 金利を下げるということは、自国内の投資が進むことになるので、経済が活性化します。 それを利用して発展をしていこうと考えたため、オーストラリアは金利を下げたのです。 国 GDP成長率 オーストラリア 平均3% 今後、このように安定した経済の発展が見込めるとなると、豪ドルの利上げを行い外国からお金を集める行動に出るということが考えらます。 そうなると、 豪ドルレートは上昇に向かうと思われるので、利上げされるのが楽しみですね。 \当サイト限定!最大53000円もらえる/ 豪ドル金利予想 オーストラリア経済が発展していくことで、利上げが行われる ですので、このまま成長していくとなるとGDPにもある程度余裕が出てきますので金利上昇による影響を受け止めやすいと思います。 利上げを行うと、どうしても経済成長がストップする可能性がありますので、利上げの影響を吸収できる土壌が必要になります。 オーストラリアは継続した経済成長に成功していますので、 これから数年で利上げを行うという可能性が考えられるでしょう。 利上げの際は、世界中の投資マネーが再び集まると予想できます。 通貨価値を高めるため 利上げを行う目的は、通貨価値を保つという目的があります。 金利を上げることで、豪ドル投資が世界中で行われますので、豪ドルのレートが上がっていくことになり、通貨の価値が下がりにくくなるのです。 現在の 豪ドルは2013年の100円のピークから、徐々に下落し 現在は約80円で推移しています。 年 豪ドル円為替レート 2013年 100円 2019年 80円 6年間で為替レートが20%も下がっていることに気づくでしょう、 2008年はリーマンショックもあり、50円台まで下落しているので、最低値付近で推移しているわけではありませんが、調子が良くないのは事実です。 このまま下落していくとなると、 豪ドル通貨価値保全のために利上げを行う可能性があります。 2019年の豪ドル要因• アメリカの利上げが終了• 中国経済が失速• 日本の消費税増税 今まで利上げ一択と思われていたアメリカが利上げを見送ったので、ほかの通貨に投資マネーが徐々に流れています。 これから、徐々に利下げに移行することになれば 豪ドルにも資金が流れてくると思うので今年中にも上昇は考えられます。 ただし、中国経済が失速している状態ですので豪ドルの為替には悪影響です。 今年のGDP予測も従来よりも低めに算出されているので、 豪ドルの上昇にストッパーがかけられる形になるかもしれません。 しかし、いずれにせよ今後のオーストラリア経済を考えるに徐々に成長していくと思われるので、それに合わせて為替も上昇していくだろうと見られています。 もしくは、中国経済が上向きの見通しが立つことでオーストラリアにポジティブな影響が与えられますので、中国経済には引き続き注目です。 まとめると 今年の豪ドルは上昇するかもしれませんが、 中国の状況次第では上昇に歯止めがかかる可能性を考慮しておくといいと思います。 また、 10月には消費税増税があるので日本の消費が落ち込むことで円高になる可能性があり、不安な人はその後の様子を見てから投資判断をするといいでしょう。 豪ドル金利まとめ• 豪ドル金利は1. 長期で見れば再び金利が上昇する可能性あり• 短期よりも長期で豪ドルを保有しよう 現在の金利は低いですが、 長期的に見れば利上げの可能性はあるので、オーストラリアの動きには継続して注目していきたいですね。 金利があがるとなると、為替レートの上昇も考えられますので、その時を考えて今から仕込むという選択肢もあります。 そうなると、長期で保有することになりでスワップポイントである程度下支えができるため、豪ドル投資は安心ですね。 今後の豪ドルに興味があるという人は是非少額からでも投資をしてみてはいかがでしょうか。 \当サイト限定!最大53000円もらえる/.

次の