仕事納め 2020。 仕事納め

仕事納め

仕事納め 2020

仕事納めの時期はいつ?【2019年】 年末年始の休みはサービス業の人以外は取ることになります。 しかし、仕事納めの時期や年末年始の休暇の日数は人によっても異なるものなのでいつの時期が多いのか気になるものですね。 仕事の内容によっても異なりますので、仕事納めの時期について紹介をしていきましょう。 官公庁は仕事納めが決まっている 仕事納めの時期は会社によって大きくことなりますが、官公庁は法律で決まっています。 そのため、日にちが変動をすることはなく毎年12月28日となり年末年始の休暇が12月29日~1月3日までと定められています。 それに伴って民間企業でも12月28日まで仕事をする仕事納めにして1月4日から仕事はじめをするというのが流れとなります。 しかし、仕事納めは官公庁は法律で定められていますが民間企業では特に定められているわけではありません。 サービス業など年末年始が忙しい人は仕事納めもなく年末年始も仕事だという人もいますし、仕事納めが早い人もいるでしょう。 2019年の仕事納めと仕事はじめ 2019年はカレンダー的にもすごく良い日です。 12月28日が土曜日となるため、多くの企業では12月28日の土曜日より休みに入るケースが多いですね。 そのまま28日が土曜日で仕事はじめの1月4日が土曜日のため5日の日曜日までが休みとなるため6日の月曜日からの仕事はじめとなるケースが最も多いでしょう。 土曜日が通常勤務の会社はおそらく1月4日の土曜日に出勤となるため、そこが仕事はじめとなりますね。 そのため2019年の仕事納めの時期は12月27日の金曜日、もしくは12月28日の土曜日になります。 そこで挨拶をしっかりとすべきですのでここからは仕事納めの挨拶のポイントや伝えるべきことを紹介していきましょう。 仕事納めの挨拶のポイントと時間とタイミング 仕事納めの挨拶はその1年を納める大事な挨拶です。 何かと仕事納めの時期は忙しく同僚や上司を離しをする時間もありませんが、年末の挨拶をなしにするというのは問題があります。 ビジネスマンとしてもモラルの問題にもなりますので、きちんと挨拶をするようにしましょう。 仕事納めの挨拶のポイント 仕事納めの挨拶はこの1年を総まとめの挨拶となります。 そのため、今年1年間にあった仕事に関する出来事や上司の会社、部下への労いなどを盛り込んで挨拶をするようにしましょう。 挨拶の内容のポイントは以下の3点です。 ・今年1年を振り返った内容を伝える。 ・来年の目標や未来に向けての内容を伝える。 ・部下が頑張った労いの言葉をして来年も頑張ろうと意欲を持たせる。 この辺りは部下も上司も気を付けるべき言葉だといえます。 特に上司から部下への言葉で気をつけたいのは「業績が悪い」「成績が悪い」ことに関する追求です。 仕事納めはこれから年末年始の休みに入る時期です。 この時に追求などは良い休みを送ることができなくなってしまうため、仕事納めは「今年もお疲れ様」「来年も頼むよ」と伝えるようにしましょう。 仕事納めを伝えるタイミングと時間 仕事納めを伝えるタイミングと時間について書いていきましょう。 仕事納めを伝えるタイミングは「定時後」「納会の最中」「退社する直前」などにしておくべきです。 ただし、会社によって仕事納めのタイミングは異なりますのであくまでも会社のルールに合わせて挨拶をしておけば問題はありません。 例えば、同僚や先輩を挨拶に回る、上司と一緒に回る、個別にお世話になった人に回るなどルールはそれぞれですのでそこに合わせれば問題はありません。 また、社長、取締役、上役など可能な限りは挨拶に回るようにしておきましょう。 仕事納めの挨拶くらいしか会わない人、挨拶できない人もいるものですのでそこはタイミングをみて伝えると良いですね。 また、上司が会議などでいつまでも会えないという場合にはメモやあとでメールで挨拶をするなど配慮をしてくとできるビジネスマンとして感じてもらえます。 仕事納めの挨拶の文例 最も定番の仕事納めの挨拶をここに書いています。 あとは個人でアレンジをしてくれれば問題はありません。 本年も1年大変お世話になりました。 ご一緒に仕事をさせていただき、勉強になり1つ大きくなれた気持ちがします。 次年度もより頑張っていきたいと思いますのでご指導のほどよろしくお願いいたします。 よいお年をお迎えください。 もし、大きなミスをしている場合には「その節が私のミスでご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。 来年は同じことを繰り返さないように細心の注意を払って仕事に取り組みます」と伝えましょう。 仕事納めでは暗い話題はあまりしない方がよいです。 仕事納めの2019年の人挨拶のポイントのまとめ ここでは2019年の仕事納めと時期について書いてきました。 時期はお仕事の内容によってもことなりますので、確認をしておきましょう。 仕事納めの挨拶は社会人としてとても大事なことで当たり前のことです。 そのため、しっかりと挨拶をして来年も気持ちよく仕事ができるようにしたいものです。 今年の仕事終わりはこの記事を参考にしてきちんと挨拶をしてくださいね。

次の

【2019

仕事納め 2020

目次(もくじ)• その法律とは「行政機関の休日に関する法律」というもので、年末年始の期間は12月29日から1月3日までと定められています。 よって、基本的には公務員の仕事納めは12月28日で、仕事始めは1月4日から。 休みは6日間となります。 ただし、これはあくまで基本ルールのお話。 なんと!2019年末の年末年始は、9連休になるのです! えっ?なんで!?と思うかもしれません。 なぜなら、本来の仕事納めである12月28日が土曜日だからです。 つまりその前日の12月27日金曜日が仕事納めとなるからです。 さらに、本来の仕事始めである1月4日が土曜日。 つまり・・・ 職種によっては、年末年始に休みがない場合も 警察官・消防士の年末年始休暇 公務員は年末年始休暇が法律によって定められていますが、警察、消防は年末年始でも休みがなく、法律によって定められる年末年始も関係なく勤務しています。 警察、消防は年末年始のように人が動くときこそ人員を確保しなくてはならないので、年末年始だからといって人数を減らしたり、休むわけにはいかないのです。 特に年末年始は火の不始末や火事など火によるトラブルが増えたり、イベントも行われるので警備が必要となり、年末年始は多忙の時期。 同じ公務員であっても年末年始休暇は無く、勤務も不規則となっています。 そして警察や消防は1日の勤務時間が長く、朝から次の日の朝まで勤務になるシフトもあります。 その代わり、1日働いたら2日ないし3日休みをもらえるシフトとなり、そのうち1日は非番という万が一の時は勤務する形となっています。 自衛隊のほか、警察・土木系公務員も緊急時には出動します。 こちらの記事では、公務員の災害時の対応について紹介します。 民間企業の年末年始の休みは? 民間企業の年末年始休暇も公務員と同じく、基本ルールとして12月28日が仕事納めで12月29日から年末年始休暇が始まり、1月4日が仕事始まりとなるケースが多数。 民間企業の多くは、公務員の年末年始休暇と同カレンダーどおりの期間を年末年始休暇としているところが多いですね。 土日祝日は稼働していないため、12月28日が土日ならその直前の平日が仕事納めとなります。 そして1月4日が土日ならその直後の平日が仕事始まりとなり、曜日の並びによっては連休日数が長くなります。 ただ、福利厚生に力を入れている大企業、自動車関係のメーカー、工場、製造業だと12月28日から1月12日までの16日間とかなりの長期連休になる可能性も。 特に、メーカー、工場、製造業は通常の祝祭日は通常勤務で工場を稼働させていることが多く、その分を一般的な年末年始にプラスして長期休暇として設定されているため多くなることがあります。 逆に、建設業などは土曜や日曜も仕事をしていることがあります。 このとき、29日と30日が土日であれば稼働日となり、31日から年末年始休暇が始まります。 そして休暇は3日までといった少し短くなる場合があります。 こちらの記事では、公務員と民間の比較をしています。 その中で、有給の取得日数や取りやすさについても紹介しています!公務員はやはり恵まれていると思いますよ。 それは、本来の仕事納めである12月28日が月曜日だからです。 つまり、1日だけ出勤して仕事納めをして、29日から休暇に入るということですね。 さらに、本来の仕事始まりである1月3日は日曜日。 つまり、年明けは1週間フルに働く必要があるんです。 よって、2019年から2020年の公務員の年末年始休暇は、カレンダーどおり12月29日から翌年1月3日の6連休となります! もしかすると、年末の仕事納めは有給を取って休む人が多くなるかもしれませんね。 僕が県庁にいたときも、部長などが率先して休暇を取っていて、儀礼的な仕事納めをするくらいなら有給取得日数をあげよう!という流れがありました。 これも虚礼廃止のひとつといえるかもしれませんね。 有給取得推奨の流れも きっと、連休を推奨する自治体も多いのではないでしょうか。 最近では、儀礼的な仕事納めや仕事初めは縮小の傾向にありますからね。 僕がいた県庁では、年末年始のお昼には課でまとめてお弁当を取って食べるという風習がありました。 たまには違うものを食べるという意味では面白いと思ってはいましたが、もし定年まで40年間ずっとその風習が続くと思うとちょっと飽きてしまうかもしれなかったですね。 とある職員の方は、 「年末弁当があるから・・・」 「年始弁当があるから・・・」 といって、しきたりが重んじられた時代は有給を取りたくても取れなかったと嘆いていましたよ。 そんな型にハマった時代も変わりつつあるのは、喜ばしいことですね! 来年の年末年始は何をしようか、今からワクワクしながら考えてみるのもいいかもしれませんね!.

次の

仕事始めと仕事初めはどっちが正解?御用始めとの違いは?

仕事納め 2020

しごと-はじめ【仕事始め】 新年になって始めて仕事をすること。 正月2日をその日とする地方が多い。 現代の会社・商店等は正月4日が多い。 事始め。 仕始め。 となっています。 「仕事始め」の「始め」は、英語でいえば「 start(スタート)」です。 お正月明けから仕事を開始するのは、 「仕事をスタートする」 のですから「仕事始め」です。 対して、 「初め」は、英語でいうところの「first(ファースト)」にあたります。 「first(ファースト)」は、 序列の1番とか、時間的に最初という意味合いです。 「初め」は「事のはじまり」、 つまり「最初」の意味です。 年があけて、新年に初めて文字を書くことを『書き初め(かきぞめ)』といいますよね。 「初め」は「初めて」の意味です。 「仕事始め」は仕事を始める日であり、初めて仕事をする日ではありません。 ということから、お正月明けから仕事を開始する表現としては「仕事始め」が正しいのです。 ビジネスメールなどでは、誤用すると受け取る側が不快に思ったりすることもありますので、気をつけてくださいね。 なぜ「仕事始め」ではなく「仕事初め」と書く? 年末にビジネスメールをもらうと、結構な確率で、 「なお、 仕事初めは1月4日から~」 といった書き方をしているのを目にします。 以前、SNS上で「仕事始め」と「仕事初め」を使っている人の割合をしらべた調査結果がありました。 それによると、• 「仕事始め」を使っている : 77%• 「仕事初め」を使っている : 23% 約4人に1人が「仕事初め」を使っているという結果でした。 なぜ間違った「仕事初め」を使うのか? なぜ、間違った「仕事初め」を使うのか? これはもう、ただただ、 PCやスマホの『漢字変換』の問題なのでは。 わたしも経験があるんですが、使い慣れているデバイスの場合は、「仕事始め」が候補で出てきますが、 仕事先などで共有のPCを使っている時、「しごとはじめ」で漢字変換すると「仕事始め」と「仕事初め」が候補として並んで出てきます。 ためしに後輩のスマホで試してみると、 1. 仕事始め 2. 仕事はじめ 3. 仕事初め と、どちらも予測変換で出てきました。 変換候補に出てくる時点で、間違ってるとは思わず、選択する人がいるというのが理由なのではないかと。 で、その場合、「仕事初め」を選ぶ人が4人に1人いるということじゃないでしょうか。 そのあたりの影響もあると思います。 いずれにせよ、「 仕事始め」が正しい使い方です。 仕事始めは初めて仕事をする日ではなく、仕事をスタート(始める)させる日だということをしっかり覚えておきましょう。 「仕事納め&御用納め」は年内最後の業務を行う日のこと。 「仕事始め&御用始め」は年明け初めて業務を行う日のこと。 ちょっと古くさい印象のある「御用納め・御用始め」の「御用」には、「 公務」という意味があります。 時代劇のシーンで 「 御用だ!御用だ!」 というセリフを聞いたことがあるかと思います。 罪人(犯人)を捕まえる人を『捕り手(とりて)』と言いますが、 捕り手はお上の命令(官命)で罪人を捕まえるので、 「御用だ!」 というわけです。 もともと「御用納め・御用始め」という言葉は、宮中や幕府の執務や仕事に対して使われていた言葉でした。 今でも官公庁では、「御用納め」が使われています。 仕事始めと意味合い的には同じなのですが、 一般的に、行政機関に勤めている人は御用納めを使い、 民間企業に勤めている人は仕事納めを使っています。 「御用始め」という言葉は、1873年に制定された公務員の休日を定める法令が制定されたことから、使うようになった言葉と言われており、 「御用納め・御用始め」は、1960年代中頃までは、一般の民間企業でも広く使われていました。 ですが、「御用納め・御用始め」という言葉からくるイメージが、 「 お上の御用(仕事)」 といった『役人=偉い人』的な古い感覚が感じられることや、 言葉自体に堅苦しい印象があることから、「仕事納め・仕事始め」が使われるようになっていったという経緯があります。 NHKでは、原則として「仕事納め・仕事始め」を使っており、 官庁の場合にもなるべく「仕事納め・仕事始め」を用いるようにしているそうです。 ただ、わたしの友人や知人の公務員たちはやはり、「御用納め・御用始め」という言い方をしています。 宮仕えという半ば自虐的なニュアンスも含んで(笑) ちなみに、証券取引所では、「仕事納め」「仕事始め」にあたるのが、「 大納会(だいのうかい)」「 大発会(だいはっかい)」です。 仕事始めと仕事初めはどっちが正解?御用始めとの違いは? まとめ 「仕事はじめ」は「仕事始め」が正解です。 「仕事始め」の「始め」は、英語でいえば「start(スタート)」。 お正月明けから仕事を開始するのは、 「仕事をスタートする」 ので、「仕事始め」が正しい表記です。 仕事始めによく似た言葉に「御用始め」がありますが、 基本的に、「仕事納め・仕事始め」と「御用納め・御用始め」は同じ意味です。 「仕事始め」のことを「仕事初め」とする間違った表記は、4人に1人が使っていますが、 御用納めと仕事始めの使われ方が変遷してきたように、 言葉は時代とともに変わるものなので、もしかしたら、「仕事初め」が正しい表記とされる日がくるかもしれません。 繰り返しますが、現時点では、「仕事始め」が正しい表記です。 ビジネスメールや挨拶状などでは気をつけてくださいね。

次の