君の大きな体でぎゅっと 歌詞。 Sugar kissの歌詞・楽曲情報

aiko 彼の落書き

君の大きな体でぎゅっと 歌詞

「僕」の肩にもたれていた思い出があるからこその「肩の温もり」。 それらをどんなに消し去ろうと努力してもできなかったのでしょう。 だからこそ、消し去ろうと「願って」いる。 あまりにも辛い思い出になってしまったから、消えて欲しいと願う。 でも大好きな君との思い出だから、辛い記憶でも愛おしいのかもしれません。 本心では消えて欲しくないのかもしれませんね。 だから、消し去ろうと努力をし続けるのではなく、願う。 この言葉を聞いた瞬間から心が締め付けられます。 相手の姿の細かいところまで、自分の記憶に焼き付けたいと思うものではないでしょうか。 でも「僕」は「君」に会うときに瞳を閉じます。 そして「それだけでいい」と思っています。 それは「君」が目の前にいないからという理由だけではないですよね。 例えば、恋人から嫌われて別れたとします。 でも、自分を振った相手と二度と接点を持てなくなるとは限らないですよね。 信じられないような偶然で再会することがあるかもしれません。 共通の知人から相手の噂を聞くこともあるでしょう。 何より、どうしても相手をあきらめることができないのであれば、心の中でそっと相手の幸せを祈ることもできるでしょう。 でも「僕」は「君」とのそういった現実的な接点を持つことすらできません。 だから瞳を閉じて記憶の中の「君」に会う。 「それだけでいい」と言い切れるのは、頑張っても「それしか出来ない」からですよね。 『瞳をとじて』君に会うというタイトルの意味を考えると、過ぎ去っていく季節の中で、目を閉じて「君」のことを思いながら悲しみの中で立ち尽くす「僕」の姿が目に浮かんできます。 「君」への深い愛情が伝わってきて胸が締め付けられるようですね。 でも今は愛する「君」がくれたものだからこそ、強さを大切にしていきたい。 「君がくれたから」と二回繰り返されるのは、それだけ「僕」が「君」からもらったものを大切にしているからなのでしょう。 もう会えない人への深い愛情を歌った『瞳をとじて』。 その世界観に浸ってみませんか。 TEXT 三田綾子.

次の

SHISHAMO:SHISHAMO 6 ~君がいるから私は自然体でいられる~

君の大きな体でぎゅっと 歌詞

PANDA ayaakapanda AYA a. PANDA アヤエーケイエーパンダ が、 新曲「ワガママPINKY」をリリースしました。 今回は、「ワガママPINKY」の 歌詞&MV YouTube動画 を公開します。 それでは、さっそく見ていきましょう。 AYA a. 動画が終わったあと 関連動画は再生されないようにしています。 動画配信元が広告を設定している場合等は 広告が流れます。 お待たせしました。 それではゆっくりお楽しみください。 AYA a. 男性はいつでも女性に頼られたいし 甘えられたい生き物です。 女性のワガママに応えられる自分が好きなのです。 ワガママくらい聞いてくれる包容力があって 心の大きな男性を女性は選ぶ権利があります。 男性諸君は意中の彼女に選ばれるよう 頑張りましょう。。 関連記事.

次の

aiko 彼の落書き 歌詞

君の大きな体でぎゅっと 歌詞

「僕」の肩にもたれていた思い出があるからこその「肩の温もり」。 それらをどんなに消し去ろうと努力してもできなかったのでしょう。 だからこそ、消し去ろうと「願って」いる。 あまりにも辛い思い出になってしまったから、消えて欲しいと願う。 でも大好きな君との思い出だから、辛い記憶でも愛おしいのかもしれません。 本心では消えて欲しくないのかもしれませんね。 だから、消し去ろうと努力をし続けるのではなく、願う。 この言葉を聞いた瞬間から心が締め付けられます。 相手の姿の細かいところまで、自分の記憶に焼き付けたいと思うものではないでしょうか。 でも「僕」は「君」に会うときに瞳を閉じます。 そして「それだけでいい」と思っています。 それは「君」が目の前にいないからという理由だけではないですよね。 例えば、恋人から嫌われて別れたとします。 でも、自分を振った相手と二度と接点を持てなくなるとは限らないですよね。 信じられないような偶然で再会することがあるかもしれません。 共通の知人から相手の噂を聞くこともあるでしょう。 何より、どうしても相手をあきらめることができないのであれば、心の中でそっと相手の幸せを祈ることもできるでしょう。 でも「僕」は「君」とのそういった現実的な接点を持つことすらできません。 だから瞳を閉じて記憶の中の「君」に会う。 「それだけでいい」と言い切れるのは、頑張っても「それしか出来ない」からですよね。 『瞳をとじて』君に会うというタイトルの意味を考えると、過ぎ去っていく季節の中で、目を閉じて「君」のことを思いながら悲しみの中で立ち尽くす「僕」の姿が目に浮かんできます。 「君」への深い愛情が伝わってきて胸が締め付けられるようですね。 でも今は愛する「君」がくれたものだからこそ、強さを大切にしていきたい。 「君がくれたから」と二回繰り返されるのは、それだけ「僕」が「君」からもらったものを大切にしているからなのでしょう。 もう会えない人への深い愛情を歌った『瞳をとじて』。 その世界観に浸ってみませんか。 TEXT 三田綾子.

次の