ポップな洞察ボーイ。 『海外の反応』かぐや様は告らせたい?〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 2期 第12話「本当に素晴らしいアニメ化だった」「3期も絶対に来るはず!」

あべこうじ

ポップな洞察ボーイ

Takashi Murakami, Eco Eco Rangers Earth Force, 2005. , Ltd. All Rights Reserved. グラフィック・デザイナーとして、日本から出されたデザインブックをよく手に取り、奇妙でカラフルなデザインにざっと目を通すのだが、そのどれにも言語の問題から専念することができないでいた。 展覧会では、面白い手法や異なったスタイルの様々な作品が並べられた。 全て日本のポップカルチャーの中心や、日本の子供達を取り巻くステレオタイプのアイディアがもとにされている。 その中で目に付いたいくつかの作品がある。 Yuji Sakai, Godzilla figures, various scales and dates. ゴジラ模型:1954年から1995年の日本で最も有名なモンスターの進化、また、鮮やかな赤の巨大な解剖図解を展示。 Collection Masako Komatsuzaki and Keisuke Nemoto. 戦争装置の描写:精巧で丹精こらしたアクリルの表現。 (ものすごい時間がかかったに違い無い!) Kitahara collection, Japanese vintage toys, various makers, 1960s -1970s. Collection of Teruhisa Kitahara. 年代物のおもちゃコレクション:その多くが日本で大きく発展したカンパニーのマスコット。 (すごくクールでレトロ!) 不気味な顔:細かくキャンバスに描かれているが、目以外のパーツがない。 Noboru Tsubaki, Fresh Gasoline, 1988-89. Collection Jeffrey Deitch. 大きくて鮮やかな黄色の塊:日本のアメリカに対する混乱した気持ちが叙述されていた。 ビニールのデジタルプリント:植物と共に複雑に発展し過ぎた都市の景観を描写したもの。 人間の骨の形象的な描写:展示会のキュレーター、村上隆による作品。 広島のキノコ雲を反映したもの。 作品に添えられた説明書きに、アーティストの洞察力に溢れたバックグラウンドとインスピレーションを感じさせられた。 キュートで奇妙で異様な作品の裏側を見ることができ、それらがどこからきたのかを感じ取ることができた気がする。 この展覧会の名前である「リトル・ボーイ」の由来は、広島に落とされた原子爆弾のニックネームからきている。 展覧会のキュレーターが、主張することを恐れていないことは「Article 9」(憲法9条)のコピーが展示されていることから推測できる。 入口で最初に目にするものの1つには、第二次世界大戦で日本に「リトル・ボーイ」を落とした後、日本に対する軍事圧力を保つ為にアメリカが書いたドキュメントがある! これで明らかなように、戦争や爆弾や続いて起る黙示は、この展覧会の多くの作品を通したはっきりとした証拠である。 村上隆は、広島以来のジェネレーショナル・アフターショックを食い止めるアートの形を追究して来たことで知られる。 オタクは、アニメやマンガを取り囲むビジュアルの言語であり、黙示のイメージ、戦争のメカニズム、都市の景観、モンスター、大きな目の罪無き子供達(怒ることを知らない頃の!)そして大きな黄色の塊、と同じ意味を持つのだ! この日本からの折衷的な作品を見ることで、何かを学べた気持ちになり、誰にでもここに行ってみて欲しいと思う。 キュレーション:村上隆 会期:2005年4月8日〜7月24日まで 会場:Japan Society Gallery 住所:333 East 47th Street New York, NY 10017 TEL:212. 832. 752. 3015 Text and Photos: Translation:.

次の

2005年放送内容

ポップな洞察ボーイ

銘柄: Magic Ants• 音楽: いいえ• カスタマイズされます: YES• タイプの卸売: no• 休日: BIRTHDAY• パターン: 折るタイプ• 様式: 祝祭• タイプを置きなさい: no• モデル番号: LTXS• Music: NO• Pattern Type: Birthday cake• Style: Folding Type• Technology: Handmade Laser cut• Envelope: Yes• Occasions: All Occasions• Festival: All festival• Material: Ecofriendly Paper• Color: Blue• Application: Adult Child Wife Husband Mother Father Daughter Son Teacher.

次の

inside IndieTokyo: [ World News #049 ] クール・ブリタニアに学ぶ、オリンピックにおけるクリエイティブ産業の役割とは 先日、イギリスのデヴィッド・キャメロン首相が、1990年代の「クール・ブリタニア」政策を彷彿とさせるパーティーを開きました。クリエイティブ産業界を牽引する人々を招待したこの会には、女優のヘレナ・ボナム・カーターや、TVドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の女優ナタリー・ドーマー、映画会社ミラマックスの設立者で『恋に落ちたシェイクスピア』ではプロデューサーとしてアカデミー作品賞を受賞したハーヴェイ・ワインスタイン、またはBBCや20世紀FOXの重役などが参加しました。(#1, 2) なぜ、クリエイティブ産業に対してこのようなもてなしがされるのでしょうか? 年に700億ポンドを越える利益を生み出すクリエイティブ産業は、いまやイギリス経済の柱だからです。キャメロン首相は「我々は他国と張り合えるような天然資源をもっていないが、文化的資源はもっているのだ」と言います。(#3) イギリスがクリエイティブ産業の可能性に自覚的になったのは、「ニュー・レイバー(新しい労働党)、ニュー・ブリテン(新しい英国)」を掲げるトニー・ブレア政権(1997〜2007年)においてでした。歴史しか取り柄のない老衰した英国というイメージを打ち破り、今をときめく若いエネルギーが溢れるモダンな英国のイメージを打ち出すことを目的とするこの政策は、音楽産業ではオアシス、ブラーに代表されるブリット・ポップを、アートではダミアン・ハーストに代表されるヤング・ブリティッシュ・アーティストを、ファッションではアレキサンダー・マックイーンら若手デザイナーを、映画産業では『トレイン・スポッティング』を監督したダニー・ボイルなどを広告塔に、クール・ブリタニア現象として世界に広まっていきます。もちまえの洞察力で国民の関心をつかむにはどうしたらいいかを心得ていたブレアは、首相官邸にオアシスのノエル・ギャラガーをはじめとする若手ミュージシャンやアーティストを多く招待し、前政権のサッチャリズムで傷ついた国民に希望を与えたのです。 こうしたブレアの文化政策のおいしいとこ取りをしているのが、現首相、キャメロンです。2012年のロンドンオリンピックのセレモニーは、みなさんの記憶に新しいのではないでしょうか? 開会式の総合監督を務めたのは、クール・ブリタニア時代から活躍しているダニー・ボイルです。労働者階級出身の彼は、上流階級から生まれたイギリスの伝統文化だけでなく、新旧のロックミュージックや英国映画をふんだんに取り入れ、かつてのクール・ブリタニアを彷彿とさせるポップでモダンな英国像を全面に押し出しました。閉会式は、ダミアン・ハーストがデザインしたユニオンジャックにはじまり、ポール・マッカートニーの「Hey Jude」の大合唱で幕を閉じました。ビートルズやストーンズが登場した1960年代当時は、イギリスのポップカルチャーは低俗な労働者階級の文化とされていましたが、オリンピックのセレモニーを通して、ポップカルチャーが階級を越えた英国の文化的アイデンティティを保証する存在となったことが、全世界に発信されました。いまや、イギリスにとってクリエイティブ産業は、経済的にも、文化的にも最も大切なものなのです。 このイギリスの例は、国の自己紹介の場であるオリンピックのセレモニーで、クリエイティブ産業が重要な役割を担うということを教えてくれます。2020年に東京オリンピックを控える日本も、「新しい日本の姿を世界に示すとともに、日本の伝統文化も称える」というコンセプトの開閉会式を予定しています。(#4) これを実現させるためには、まずクリエイティブ産業への意識を高め、イギリスのように官民共同で発展させていかなければならないでしょう。また、海外にアピールするためには、国民がその文化を自分たちのものだと自覚していることも重要です。たとえば、1998年の長野オリンピックの開会式は、全国の国民にとってはなじみのない長野の伝統文化に特化した内容であったため、盛り上がりに欠けるものになってしまいました。この7年間のうちに、クリエイティブ産業に対する日本国民の意識そのものを変えていくことが必要でしょう。映画産業としては、海外のコンペティションで受賞をするような質の高い作品の国内での認知をあげていくべきではないでしょうか。「大きなアイディアをもつ小さな島国」(#5) という共通点をもつ日本は、オリンピックのセレモニーで文化的アピールに成功したイギリスに続くことができるのでしょうか。来る東京オリンピックにむけて、クリエイティブ産業の役割をもう一度見つめ直す必要がありそうです。 お読みいただき、ありがとうございました。 Posted by 北島さつき ※写真は、世界中で絶大な人気を誇るイギリスのボーイバンド、One Directionの「One Way Or Another」のプロモーションビデオに出演したキャメロン首相。(このシングルは、英チャリティ団体「コミック・リリーフ」が主催するイベント 「レッド・ノーズ・デイ」のオフィシャル・ソングとして発売され、売り上げはすべて発展途上国に寄付された。) #1 The Guardian: David Cameron revisits Cool Britannia (with Michael McIntyre and Cilla Black) www.m6mobile.fr #2 ベネディクト・カンバーバッチ、ハリソン・フォード、エマ・ワトソンといったAリストクラスのセレブリティは、パーティーに招待されていたと思われるものの、現れませんでした。 The Guardian: Cumberbatch and Harrison Ford top Cameron's Cool Britannia revival www.m6mobile.fr #3 #1と同出典 #4 東京オリンピック公式サイト www.m6mobile.fr #5 「ニュー・ブリテン(新しい英国)」政策の下敷きとなった『イギリス−われらのアイデンティティの再生』「創造力の島」の一節より。「創造力を培うには、画一性を求める圧力に抗し、新しさに価値を置く多様かつ挑戦的な社会を必要とする。それこそ創造性と発明の最前線にあって各分野で世界をリードしてきたイギリスの歴史であり、大きなアイディアをもつ小さな島の歴史なのである。」黒岩徹、『決断するイギリス ニューリーダーの誕生』、文藝春秋、1999年、26頁。 The INDEPENDENT: David Cameron's party was less Cool Britannia and more Game of Thrones www.m6mobile.fr THE CONVERSATION: David Cameron’s ‘Cool Britannia 2’

ポップな洞察ボーイ

2015年1月21日、フォール・アウト・ボーイのニューアルバム『アメリカン・ビューティー/アメリカン・サイコ』がリリースとなった。 前作『セイヴ・ロックンロール』で全米1位に輝く華麗なる復活を遂げた彼らの、勢いに満ちたさらなる新作だ。 4年ぶりの復活となった前作をもって世界ツアーを敢行した彼らは、世界中で復活を待っていた熱きオーディエンスとの交流を深め、今作のリリースへとつながっていく。 『アメリカン・ビューティー/アメリカン・サイコ』には、映画『ベイマックス』のエンディングテーマ「インモータルズ」も収録されている。 最高のポップソングであり、エレクトロニックな要素を取り込んだチャレンジ作でもある。 全世界から注目を集める『アメリカン・ビューティー/アメリカン・サイコ』はどんな作品なのか?彼らに話を聞く機会を得た。 だから全員が疲れてたけど、いい疲労感だった。 そのことを喜んでもいたんだよ。 僕たちは、音楽に突き動かされてた。 僕たちはいい状態だよ。 起こっている全てのことに満足しているし、今でもこのバンドでプレイし続けていられることを、幸運に思っている。 多くのバンドは、こんなに長く続いていないからね。 パトリック・スタンプ:明らかに映画『American Beauty』と、本と映画の『American Psycho』を指したタイトルなんだけど、この二作品の相違点と類似点を使っているんだ。 ああいう強烈さみたいな部分がね。 ピートはこんな風に説明しているんだけど、サーカスを見に行くと、訓練された熊がいるよね。 訓練されているからといって、その熊が野生の動物ではないってことにはならない。 僕たちを叩いて傷つけることができないわけじゃない。 だからそこにあるのは、偽りの安心感なんだ。 そして、新作の曲の数々は、そういうことを多く扱ってるんだよ。 そして、この2つの映画もまた、それぞれの方法で対照的に、そういうことを扱っているって思ったんだ。 だから、この2つを一緒にしたタイトルが相応しいって感じたんだよ。 パトリック・スタンプ:映画の中のあるシーンのために曲を書いたのは、僕たちにとってこれが初だったんだ。 だから、そのシーンや登場人物を理解しなきゃならなくて、フォールアウトボーイの曲なんだけど、映画のためにフォールアウトボーイが書いている曲だったから、普段とはすごく異なる曲だった。 通常、曲を書く時は、自分の見方で曲を書いている。 必ずしも洞察じゃない。 自分の見方なんだ。 自分の人生について書いているわけじゃなくても、比喩を使ったりする時も、常に自分の目を通しているんだ。 だから、他の誰かのため、すでに完成された役のために曲を書くのは、チャレンジだった。 すごくクレイジーだったけど、でもすごくクールだったよ。 その上、音楽的に映画の世界にフィットするものにしなきゃならなかったんだ。 だから、適切なレベルの攻撃性とテクノロジーを見つけるのが僕にとって大きなチャレンジだったよ。 この映画はテクノロジーの発明を奨励する内容になっているから、音楽もそれに合わせる必要があったんだ。 だからこの曲にはエレクトロニックがよりふんだんに使われているんだ。 とてもクールで楽しい経験になったよ。 パトリック・スタンプ:何曲かはまだ分からないけど、新曲はいっぱい演ることになると思うよ。 どの曲もライヴでやるとなると完全に別物になるからね。 僕と話したことがある人は誰でも知っていると思うけど、僕は日本が本当に大好きだから日本に行くのが楽しみだよ。 パトリック・スタンプ:僕はこのアルバムを聞いた皆に、ダビデとゴリアテの物語みたいに、自分の力で立ち上がって自分に自信を持って、何をやるにしてもそれがやれるんだって感じてもらえたらいいなと思っている。 僕たちってやっぱり奇妙なポップ・ロック・バンドなんだよ。 ポップ・バンドからロック・バンドになったバンドじゃなくてね。 僕たちは本物のロック・バンドだよ。 でも、僕たちにはユーモアのセンスもあるんだ(笑)。 だから、アルバムを聞いて、皆に楽しんでもらえたら嬉しいな。 シリアスな曲ばっかりじゃないからね。 ありがとうございました。 イレジスティブル 2. アメリカン・ビューティー/アメリカン・サイコ 3. センチュリーズ 4. キッズ・アント・オールライト 5. ユマ・サーマン 6. ジェット・パック・ブルース 7. ノボカイン 8. 7月4日 9. フェイヴァリット・レコード 10. インモータルズ 11. ツイン・スケルトンズ(ホテル・イン・ニューヨーク・シティ) 12. punkspring.

次の