沖田臥竜 ビジネスジャーナル。 沖田臥竜の本名は崎田俊昭?山口組の二次団体に所属?嫁の画像は?

コロナ禍でさらに拡大するYouTubeにアウトロー作家が参入するワケ【沖田臥竜コラム】 (2020年4月20日)

沖田臥竜 ビジネスジャーナル

ヤクザ組長宅に強盗の犯人を捜索 沖田臥竜氏は「ビジネスジャーナル」で大略このような内容の記事を書いています。 最近、茨城で二件、埼玉で一件と、ヤクザ組長宅を狙った強盗事件が相次いでいる。 自宅に家族がいた場合、家族まで縛り上げてしまう強引な手口などが共通しているため、同一犯ではないかと見られる。 ヤクザは被害もさることながら、メンツを潰されたこともあり血眼で犯人を捜索。 そこで下手人として浮上したのが、「 福島県や栃木県を根城にしている半グレ集団」である。 警察とヤクザ双方に追われることになる犯人たちだが、どちらが先に捕まえるにしても結末は同じようになる可能性が高い。 たとえ犯人の半グレが獄に落ちても、刑務所内のヤクザがヤクザ組長宅を襲撃した者をそのままにしておくとは思えないからだ。 (終わり) 記事を書いた沖田氏は元極道であることから、どちらかといえば強盗に入られたヤクザの組長らに対して同情的な筆致が印象的に残る記事です。 ヤクザ組長宅を強盗のニュースは? まずヤクザ組長宅を強盗したというニュースを探してみましたが、沖田氏の言っている「茨城・埼玉」の事件は見つかりません。 その理由として考えられるのは、おそらく全国的に強盗事件そのものはありふれたものでしょうし、また仮にニュースになっていても、この件については単なる被害者であるヤクザを「ヤクザ組長宅に強盗が入った」とわざわざ被害者の素性を明かさないという可能性もあります。 しかし埼玉・茨城の強盗事件ではないものの、類似の「暴力団が被害者になる」事件については朝日新聞も取り上げています。 暴力団関係者が金銭目的で狙われたとみられる事件が相次いでいる。 兵庫県明石市で4月に暴力団関係者が路上で現金入りのバッグを強奪され、 今年初めには姫路市の指定暴力団神戸山口組系組長宅から金庫が盗まれた。 捜査関係者は「暴力団の資金集めが厳しく、金のある関係者が標的になっているのでは」とみている。 県警は6月、明石市の路上で50代の暴力団関係者をバットのようなもので殴り、現金約310万円入りのバッグを奪ったとして、神戸山口組系組長(56)ら計4人を強盗致傷容疑で逮捕した。 県警は組長が襲撃を指示したとみているが、組長は容疑を否認しているという。 県警は今月1日、事件にからみ神戸山口組本部(神戸市中央区)に家宅捜索に入った。 また、捜査関係者によると 、1月ごろには姫路市内の別の神戸山口組系組長の自宅から現金入りの金庫が盗まれた。 いずれの事件も現金のありかを知った上での犯行とみられるという。 捜査関係者によると、暴力団関係者が被害者となる窃盗や強盗事件は全国的にも増えているという。 背景には山口組の分裂や暴力団対策法の影響で資金集めが難しくなっている状況があり、関係者を金銭目的で狙っているとみられる。 また、被害にあっても警察に届け出ることが少なく狙われやすいという。 引用: ということで、たしかにヤクザ組長が標的にされることは増えているようです。 福島県・栃木県を根城の半グレ集団とは? そして犯人を捜した結果、ヤクザが目をつけたという「福島県や栃木県を根城にしている半グレ集団」とはどのような集団でしょうか? 栃木県にはTKG(KGカンパニー)という半グレ集団が 調べたところ、ネット上の匿名掲示板の書き込みに頻繁に名前が挙がっている「 栃木の半グレ」として、「 TKG」というグループがありました。 「TKG」は T=栃木 K=鹿沼(かぬま) G=愚連隊の略で、 解体業の澤田孝行(沢田孝行)が頭をしているという半グレ集団です。 「TKG」は「 KGカンパニー」と呼ばれることもあったようです。 「TKG」は愚連隊といっても、トップの澤田孝行は山口組の二次団体・秋良連合会(あきられんごうかい)の関係者(企業舎弟)だとされています。 沢田孝行については2011年7月時点で31歳、2015年8月の時点で35歳という情報があるので、現在は39歳くらいと思われます。 この沢田孝行は2011年の7月5日のニュースで、産廃の不法投棄の容疑で逮捕されたというニュースが残されています。 県警生活環境課と宇都宮中央署は4日までに、廃棄物処理法違反の疑いで、鹿沼市上石川、塗装業、斎藤利行(28)と同市上野町、解体業、沢田孝行(31)の両容疑者を逮捕した。 調べによると、斎藤容疑者らは平成22年7月下旬ごろ、宇都宮市古賀志町の山林に、民家の解体工事の際に出た廃プラスチックなどの産業廃棄物(2トントラック数台分)を不法に投棄した疑い。 引用: この「TKG」もしくは「KGカンパニー」は、2015年の山口組と神戸山口組の分裂に際し、神戸山口組に参加することを表明し、抗争の火種になるのではと栃木県警に警戒されていたそうです。 しかし2018年の掲示板の書き込みでは、「山口組秋良連合会の企業舎弟」とされており、結局のところは神戸山口組には行かなかったようです。 そしてこの「TKG」沢田孝行の兄貴分として、「 秋良連合会の重富」という名前が挙がっています。 この重富についての詳しい情報は不明です。 少なくとも秋良連合会の組織図の「理事長・本部長・理事長代行・副理事長」といった上位の役職としては名前が挙がっていないようです。 犯人はTKG(KGカンパニー)? 「TKG」は単なる半グレではなく暴力団の関係者(企業舎弟)であり、だからこそヤクザの内部事情に詳しく、強盗に入れるだけの情報を持っているという可能性もあります。 しかし、もし犯人が「TKG」なら「栃木県鹿沼を根城」もしくは「栃木県の半グレ」とだけ書かれそうなので、「TKG」を該当の半グレ集団と断定するのはかなり強引だろうと思います。 また澤田孝行(沢田孝行)が秋良連合会の企業舎弟だという情報がある以上、もしTKGが強盗の犯人だとすれば、既に秋良連合会と関係が絶たれているか、決定的に関係が悪化するか覚悟して強盗をしなければいけないでしょう。 そのような危ない橋をあえて渡るかというと、かなり疑問に思うところです。 そして頭の澤田孝行(沢田孝行)は「解体業」という正業もあるので、なおさらあえて危ない橋を渡る必要もないという気がします。 結局のところ、現在の時点では該当の「福島県や栃木県を根城にしている半グレ集団」の情報は、ネット上には出回ってはいないと思えます。 以上になります。

次の

六代目山口組へまたも名門組織が移籍…三代目大平組が権太会へ【沖田臥竜コラム】

沖田臥竜 ビジネスジャーナル

「」とは異なります。 株式会社サイゾー CYZO Inc. 本社所在地 〒150-0043 一丁目19番2号 スプラインビル3F 設立 事業内容 出版物の制作・発行・発売 デジタルメディアの企画・制作・運営 広告企画業 代表者 揖斐憲() 資本金 1,125万円 発行済株式総数 2万2,000株 売上高 13億円 2017年8月期 従業員数 55名(2017年9月現在) 主要株主 関係する人物 外部リンク サイゾー ジャンル 刊行頻度 月刊 発売国 言語 出版社 株式会社サイゾー 04111 刊行期間 - 現在 ウェブサイト 株式会社サイゾーは、デジタルメディア事業や出版事業を行う企業である。 本稿では 株式会社サイゾーと株式会社サイゾーから出版されている『 サイゾー』(才蔵、Cyzo)の両方について述べる。 概要 [ ] 準備号1号を経て、6月号に創刊した。 創刊準備号から2007年12月号までは株式会社インフォバーン、2008年1月号以降は分社化した株式会社サイゾー 、がそれぞれ発行する。 初代編集長のが以前に編集長を務めた『』日本語版 の連載記事のいくつかを引き継いでいる。 インフォバーンが営業機能を有するまではが販売を請けた。 2019年現在の編集長は3代目の岩崎貴久で、書店の雑誌売上を軸に運営している。 を用いた関連メディアの展開にも積極的で、「 サイゾーpremium」「 日刊サイゾー」「 サイゾーウーマン」「 メンズサイゾー」「 サイゾーまとめ」「 TOCANA(「ハピズム」をリニューアル)」「 Business Journal」「 Gambling Journal」「 」「 おたぽる@HENTAI!! 「 」は、2016年までサイゾーが運営していたが 、現在は元の神谷弘一編集長が代表を務める株式会社blueprintが運営・編集している。 株式会社ロストニュースが運営・編集する「 」はサイゾーが配信展開しているが、サイゾーとの資本関係は無く、記事の編集方針についてサイゾーは関与しない独立した組織として運営されている。 編集長ら3名の社員が30人程度の外部執筆者の原稿を受け取り、1日10本程度の記事を更新している。 契約前に取材や記事執筆の経験がなくとも執筆でき、編集部ではニュースの真偽について チェックしない、いわゆる コタツ記事である。 最新ニュースを独自の切り口で伝えると自負するが中傷やいわゆる記事・も散見され、掲載後に当事者側に否定されて謝罪を求められる事例がある。 週刊文春は「報道ではなく、クリックを稼ぐためのモンキービジネス」と批判している。 記事の捏造以外にも「違法なネット賭博の利用」を推奨する等、問題点を指摘する声が挙がっている。 月刊『サイゾー』 主な連載 [ ] 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」 ・が、アメリカを舞台した最新映画を紹介しつつ、同国の光と影を考察する人気連載。 花くまゆうさくの「カストリ漫報」 漫画家・による雑誌創刊時から続く長寿連載。 話題のニュースをシニカルな視点でストーリー化。 月刊『サイゾー』 以前の主な連載 [ ] 爆笑問題の日本原論 が時事問題をネタにトークする。 創刊準備号から続いた長寿連載。 『』()へ移籍。 山形道場 が世の中のことに活を入れる。 連載終了。 M2 との対談。 連載終了。 サイゾー世相歌壇 清水泰が作る世相を交えた替え歌を紹介。 連載終了を記念して都内某所カラオケ店にて本人によるが行われる。 連載終了。 サブ・カルチャー最終審判 と更科修一郎の対談。 連載終了。 辛酸なめ子の女・一人修行 による、女としてのレベルを上げる特訓レポート。 勝手に会社案内 うさんくさい企業の紹介記事を勝手に作る。 連載終了。 SKE48の「大人のための二次元講座」 内のユニット「二次元同好会」のメンバーがお気に入りのアニメやマンガをコスプレをしながら紹介。 連載終了。 荻上チキの「新世代リノベーション作戦会議」 ・が、20〜30代の若手論客を迎え、次世代ニッポンの改善策を提言していく対談企画。 連載終了。 宇野常寛の「批評のブルーオーシャン」 評論家・によるメディア、カルチャー批評。 連載終了。 佐々木俊尚の「ITインサイドレポート」 ITジャーナリスト・が、最新のITニュースを独自の批評眼を交えながらレポート。 連載終了。 サイゾーウーマン 主な連載 [ ] 週刊ヒトコト斬り コラムニスト・今井舞が、話題になったアノ人やアノニュースをズバッと一言で斬る。 仁科友里の「女のための有名人深読み週報」 元極妻・芳子姐さんのつぶやき 神林広恵「女性週刊誌ぶった斬り」 叶井俊太郎「子育てブログ」 角川慶子「保育園作りました」 知られざる女子刑務所ライフ 中野瑠美が語る女子刑務所の実態レポ。 2006年4月号において「ジャニーズはVIP待遇!?オリコンとジャニーズの蜜月関係」と題する記事を掲載したが、「オリコンはジャニーズに甘くチャートを操作している」という編集部の編集意図に沿うように、ジャーナリストが答えた内容や掲載ページそのものを改竄していた(詳細はを参照)。 2009年3月15日、「が金銭トラブルで解散危機」というニュースを発表したが、そのような事実は一切なかった。 なお、3月17日には謝罪・訂正の記事を掲載している。 2012年12月にペニーオークションサイト「ワールドオークション」が詐欺罪で摘発された際、同社から依頼を受けステルスマーケティングを行っていた芸能人を非難する記事を掲載したが、サイゾー自身もPR記事としてペニーオークションを薦めていた。 同様に出資広告を行っていたウェブメディアは謝罪、説明等を行ったがサイゾーは一切の説明を行わず、その後もステルスマーケティングを行っていた芸能人を揶揄する記事を新たに掲載している。 2014年5月22日、サイゾーウーマンで「都市伝説だらけの芸能人の素顔」を会話形式で記述したが、その中で叶姉妹のことを「普段はジャージ姿」と事実確認できないことを書いたため、叶姉妹から抗議を受けて謝罪した。 第1回目の口頭弁論が同年9月27日に行われたが、サイゾー側は欠席している。 2016年8月25日、ビジネスジャーナル(編集長・石崎肇一(はじめ)で「NHK特集、「貧困の子」がネット上に高額購入品&札束の写真をアップ」を掲載したが、記事中の「女子高生の部屋にはエアコンらしきものがしっかりと映っている」という記述は虚偽であった。 また記事中、NHK関係者のコメントが掲載されたが、実際は取材の事実はなく、回答は架空のものであった。 記事内容はNHKの捏造を示唆するものだったが、実際に捏造をしていたのはサイゾーだった。 記事を書いた20代男性は、契約前に取材や記事執筆の経験はなかった。 サイゾーはWEBサイトにて謝罪し、編集長の更迭を発表した。 2017年7月10日、サイゾーウーマンにて「連ドラリメイク『』主演!」という記事が掲載され 、デイリーニュースオンライン(記者:阿蘭澄史)が出演するとされた女優、俳優への中傷記事を掲載した。 しかし、実際にその事実はなく、原作者から否定された。 サイゾーからの謝罪と訂正はなかった。 2018年1月26日、ビジネスジャーナルに「今年の日テレ『24時間テレビ』MCに嵐が決定! 放送半年前に発表、異例措置の裏事情」が掲載された。 メインMCが嵐のメンバー、MCにSexyZoneの佐藤勝利、スペシャルサポーターにディーン・フジオカが決定とし、1月27日放送の『嵐にしやがれ』内で発表されるという内容であったが、翌日発表されたメーンパーソナリティーはSexyZoneであった。 1月26日付で謝罪記事を掲載した。 謝罪記事は2018年3月12日付。 問題の背景 2016年8月25日の件について揖斐社長は、「ネット上の書き込みを丸ごと信用してしまった」と釈明し、「記事量とチェック体制のバランスが欠けていた。 コストをかけずにPVを稼ぐため、記事本数で賄おうとする無料ネットメディアの構造的問題もある」「記事を書いた20代男性は、契約前に取材や記事執筆の経験はなかった」などとネットメディア全体の問題点だとした。 WEBメディア [ ] 公式サイト「日刊サイゾー」は、ニュースの形式をとっている。 その他の公式サイトとしては、アダルト記事を強化した「メンズサイゾー」、芸能ニュースなどの女性向け記事に特化した「サイゾーウーマン」も個別に展開している。 2012年4月からは企業・経済ニュースなどビジネス記事を扱う「Business Journal(ビジネスジャーナル)」をオープンした が、2016年現在においては「ビジネスジャーナル」誌上でも芸能ゴシップ記事が増加するなど、「日刊サイゾー」や「サイゾーウーマン」との棲み分けが曖昧な状況となっている。 また、有料サービス「サイゾーpremium」では、本誌の記事などを閲覧できる。 2014年7月には「」のを勤めたと元副のが立ち上げた企業である株式会社ロストニュースと共同で、書籍ニュースサイト「LITERA」を展開している。 主な運営サイト [ ]• 2006年8月創刊• 2008年10月創刊• 2009年6月創刊• 2009年10月創刊• 2011年7月創刊-2013年10月リニューアル• 2012年4月創刊• 2012年4月創刊• 2013年6月創刊• 2013年6月創刊• 2013年10月創刊• 2013年10月創刊• 2014年11月創刊• 2015年4月創刊• 2018年7月創刊• 共同運営• (リテラ) 2014年5月創刊 2016年まで運営• 2013年7月創刊 道玄坂書房 [ ] 株式会社サイゾーのコミック事業部。 編集業務は出版業界の経験者と株式会社サイゾーが設立した合資会社ディノボックス。 デジタルコミック誌 [ ]• ストラーダ レーベル [ ]• MIKE+comics - コミック• Lilie comics - コミック• somali comics - 一般書籍• Gruppo comics - 東洋書店新社 [ ] の出版事業継承した 株式会社サイゾーの東洋書店事業部。 発売元は垣内出版。 夏目書房新社 [ ] 2015年3月に株式会社サイゾーのグループ企業として出版事業を開始。 2017年に株式会社サイゾーと吸収合併され、サイゾー事業部の一ブランドとなる。 発売元は垣内出版。 業務提携 [ ]• 株式会社シード• - サイゾーがのDVDを発売• - サイゾーがWEBサイトを制作。 夏目書房新社のWEB連載を書籍化。 ユニベルシテ株式会社 著作権管理 [ ]• 関連項目 [ ]• 書籍 [ ] アイドル• 『泣けるAKB48メンバーヒストリー 少女たちの汗と涙の軌跡』 著者:本城零次 発売日:2011年6月9日• 『SKE48フォトブック「放課後、二次元同好会」』 著者: 発売日:2012年4月20日• 『隣の嵐くん〜カリスマなき時代の偶像〜』 著者: 発売日:2014年6月11日• 『嵐はなぜ史上最強のエンタメ集団になったか』 編集:リアルサウンド 発売日:2015年4月17日• 『嵐のコンビ愛 まとめBOOK』 著者:トモノトモエ 発売日:2015年7月30日• 『「嵐」的、あまりに「嵐」的な』 著者:関修 発売日:2015年12月7日• 『12星座が示す! ジャニーズたちとあなたの占星術』 著者:葉山さくら 発売日:2016年2月8日• 『それでも東方神起は揺るがない』 著者: 発売日:2016年8月13日• 『SMAPとは何か? 『踊る! Kis-My-Ft2 with A. 『オタクのための風俗ガイド』 著者:眠田直 発売日:2014年3月13日• 『テラフォーマーズ 究極根源考察〜人類生存の書〜』 著者:桜山時 発売日:2015年4月21日• 『「艦これ」、その知られざる悲劇 〜艦娘たちはこうして沈んでいった』 著者:桜山時 発売日:2015年4月21日• 『新・オタクのための風俗ガイド』 著者: 発売日:2015年6月19日• 『「艦これ」、その知られざる悲劇2〜大海に沈んだ「艦娘」たちの最後の物語』 著者:桜山時 発売日:2015年10月5日• 『初代王の呪縛「進撃の巨人」100年の歴史』 著者:桜山時 発売日:2016年1月22日• 『ラブライブ! という奇跡』 著者:烏丸頓馬 発売日:2016年1月25日• 『押井言論 2012-2015』 著者: 発売日:2016年2月1日• 『剣豪より刀剣乱舞へ託された名刀たちの追慕』 著者:左文字右京 発売日:2016年7月25日• 『サークルから企業へ「Fate」の系譜』 著者:宇田川行長 発売日:2016年9月26日• 『ぼくが「3月のライオン」から学んだこと』 著者:橋居歩 発売日:2016年11月8日 エンターテイメント• 『この芸人を見よ! 』 著者:ラリー遠田 発売日:2009年11月30日• 『勝手に覗くな!! 頭脳警察PANTAの頭の中』 著者:PANTA 発売日:2010年9月15日• 『サバイバル女道』 著者:辛酸なめ子 発売日:2011年10月13日• 『この芸人を見よ! 2』 著者:ラリー遠田 発売日:2011年10月30日• 『不運・不幸・悪運を取り去る「厳寒富士の絵」』 著者: 発売日:2012年8月31日• 『教えてっ! 『映画「009ノ1」オフィシャルブック THE WOMEN FIGHTERS 〜ミレーヌ・ホフマンと石ノ森章太郎が生んだ闘うヒロインたち〜』 著者:BADTASTE 発売日:2013年9月13日• 『あいはら友子の最強開運ブック』 著者:あいはら友子 発売日:2013年11月5日• 『卑屈の国の格言録小明 著 , キングオブコメディ』 著者:高橋健一 発売日:2014年6月2日• 『DB. スターマン オフィシャルフォトブック「よこはまの星になる!」』 著者:横浜DeNAベイスターズ公式マスコット DB. スターマン 発売日:2015年5月22日• 『パンドラ映画館 美女と楽園 ベストセレクション』 著者:長野辰次 発売日:2015年12月18日• 『パンドラ映画館 コドクによく効く薬 裏ベストセレクション』 著者:長野辰次 発売日:2015年12月18日• 『神々の予定表 アジェンダ』 著者:山田高明 発売日:2016年4月8日• 『DEATH MATCH EXTREME BOOK 戦々狂兇』 著者: 発売日:2016年9月6日• 『生野が生んだスーパースター 文政』 著者:沖田臥竜 発売日:2016年9月28日• 『日本の奇譚を旅する友』 著者:清哲 発売日:2017年7月20日• 『ビートたけしのオンナ論』 著者: 発売日:2018年3月7日 ビジネス• 『小さな会社でもできる「テレビCM完全ガイド」』 著者:宮崎敬士 発売日:2013年8月30日• 『魔法のように良く分かる「伝わるプレゼン」の教科書』 著者: 発売日:2014年4月28日• 『愛されるアムウェイ嫌われるアムウェイ』 著者:アムウェイルール研究所 発売日:2014年9月5日• 『メガヒットはたった7つのキーワードで生まれる』 著者:新井庸志 発売日:2015年4月4日• 『みのもんたにならないための危機管理マニュアル』 著者:長谷川裕雅 発売日:2015年5月29日• 『セルフキャスト! 『脱 バカシステム! 『突然、9歳の息子ができました。 『夢を見ない、悩まない 市川左團次』 著者: 四代目 発売日:2014年12月1日• 『婚活開運旅日記』 著者:, 発売日:2015年12月9日• 『男のダジャレレシピ』 著者:玉置豊 発売日:2016年4月15日• 『不登校にありがとう』 著者:酒井秀光 発売日:2017年2月21日 思想・哲学• 『タブーすぎるトンデモ本の世界』 著者: 発売日:2013年8月9日• 『自分の顔を生きる』 著者: 発売日:2014年4月12日• 『日・韓・中 トンデモ本の世界 トンデモ本シリーズ 』 著者:と学会、、百元籠羊 発売日:2014年9月12日• 『オンラインゲームは若年層に悪影響をあたえるのか?』 著者:竹野真帆 発売日:2015年4月6日• 『正しさとは何か Thinking about Truth and Justice. 』 著者: 発売日:2015年6月29日• 『哲学はなぜ役に立つのか? 』 著者: 発売日:2015年8月20日• 『昆虫を食べてわかったこと』 著者: 発売日:2015年11月2日• 『人類の衝突 思想、宗教、精神文化からみる人類社会の展望』 著者:、 発売日:2016年8月17日• 『武器としての現代思想』 著者:伊吹浩一 発売日:2016年12月15日• 『どっこい人生』 著者:高橋満矢 発売日:2010年12月22日• 『小説・人間交差点 3. 玩具の車輪』 著者: 発売日:2014年5月8日• 『小説・人間交差点 2. 空想地図』 著者:矢島正雄 発売日:2014年5月8日• 『小説・人間交差点 1. 埋火』 著者:矢島正雄 発売日:2014年5月8日• 『女の解体 nagako's self contradiction』 著者:林永子 発売日:2016年3月4日• 』 著者: 発売日:2016年6月3日• 『愛のことはもう仕方ない』 著者:枡野浩一 発売日:2016年6月15日• 『落花生』 著者: 発売日:2016年9月6日• 『青春の彩り あゝ懐旧の花散りて』 著者:鈴木健二 発売日:2016年10月11日• 『新釈!「星の王子さま」27の秘密』 著者:佐々木隆 発売日:2017年1月23日 歴史• 『なぜ日本人は韓国人にこんなになめられ続けるのか?』 著者: 発売日:2015年5月29日• 『虚構の歌人 藤原定家』 著者:田中紀峰 発売日:2015年7月28日• 『血別 山口組百年の孤独』 著者:太田守正 発売日:2015年1月23日• 『真田丸のナゾ! 一級資料でいま明かされる』 著者:横山茂彦 発売日:2016年1月15日• 『山口組と戦国大名』 著者:横山茂彦 発売日:2016年4月7日• 『マスコミは、ネットを一体どうしたいのか? 主要マスコミ31社への徹底取材でわかった、マスコミとネットの現実』 著者:北島圭 発売日:2011年10月4日• 『怪物フィクサーに学ぶ「人を動かす」』 著者: 発売日:2013年9月27日• 『東日本大震災通信復興前線ルポ』 著者:北島圭 発売日:2013年10月31日• 『テレビの裏側がとにかく分かる「メディアリテラシー」の教科書』 著者:長谷川豊 発売日:2014年5月24日• 『世界金融本当の正体』 著者:野口英明 発売日:2015年12月21日• 『世界平和のためのTPP賛成論』 著者: アイアン・フジスエ 発売日:2016年5月2日• 『アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった! 』 著者:山田正彦 発売日:2016年8月6日• 』 著者:北島圭 発売日:2016年12月19日• 『菱の血判 山口組に隠された最大禁忌』 著者: 発売日:2017年1月17日• 『烈侠外伝 秘蔵写真で振り返る加茂田組と昭和裏面史』 著者:サイゾー特別編集班 発売日:2017年5月19日• 『巨影 ほんとうの石井隆匡』 著者:石井悠子 発売日:2017年5月24日• 『罠 埼玉愛犬家殺人事件は日本犯罪史上最大級の大量殺人だった! 』 著者:深笛義也 発売日:2017年6月1日• 『2年目の再分裂 「任俠団体山口組」の野望』 著者:沖田臥竜 発売日:2017年7月22日• 『今のアメリカがわかる映画100本』 著者: 発売日:2017年8月31日• 『川崎』 著者: 発売日:2017年11月20日 苫米地英人• 『営業は「洗脳」一瞬でお客様を支配する禁断の営業術』 著者:苫米地英人 発売日:2009年1月1日• 『夢が勝手にかなう手帳 2011年度版 』 著者:苫米地英人 発売日:2010年12月25日• 『なりたい自分になれる就活の極意 脳機能学者が明かす「自分プロデュース就活術」』 著者:苫米地英人 発売日:2011年1月24日• 『ディベートで超論理思考を手に入れる 超人脳のつくり方』 著者:苫米地英人 発売日:2011年5月6日• 『夢が勝手にかなう手帳 2012年度版 』 著者:苫米地英人 発売日:2011年12月13日• 『電通 洗脳広告代理店』 著者:苫米地英人 発売日:2012年2月14日• 『日本買収計画』 著者:苫米地英人 発売日:2012年12月3日• 『夢が勝手にかなう手帳 2013年度版 』 著者:苫米地英人 発売日:2012年12月18日• 『税金洗脳が解ければ、あなたは必ず成功する』 著者:苫米地英人 発売日:2013年4月24日• 『「真のネット選挙」が国家洗脳を解く! 』 著者:苫米地英人 発売日:2013年6月28日• 『TPPが民主主義を破壊する! 』 著者:苫米地英人 発売日:2013年7月13日• 『TPPで日本支配をたくらむ者たちの正体』 著者:苫米地英人、箱崎空 発売日:2013年9月27日• 『立ち読みしなさい! 『憲法改正に仕掛けられた4つのワナ』 著者:苫米地英人 発売日:2013年10月18日• 『ビジネスで圧勝できる脳科学』 著者:苫米地英人 発売日:2014年1月8日• 『認知科学への招待』 著者:苫米地英人 発売日:2014年1月27日• 『新・夢が勝手にかなう手帳 2014年度版 』 著者:苫米地英人 発売日:2014年3月17日• 『アベノミクスを越えて』 著者:苫米地英人 発売日:2014年5月26日• 『カジノは日本を救うのか? 』 著者:苫米地英人 発売日:2014年11月17日• 『『21世紀の資本論』の問題点』 著者:苫米地英人 発売日:2014年12月24日• 『新・夢が勝手にかなう手帳 2015年度版 』 著者:苫米地英人 発売日:2015年3月18日• 『日本サイバー軍 創設提案』 著者:苫米地英人 発売日:2015年11月2日• 『TPPに隠された本当の恐怖 ついに明らかになった危険すぎるシナリオ』 著者:苫米地英人 発売日:2015年12月14日• 『俺のギター: The Dr. Tomabechi Ultimate Guitar Collection』 著者:苫米地英人 発売日:2015年12月28日• 『新・夢が勝手にかなう手帳 2016年度版 』 著者:苫米地英人 発売日:2016年3月22日• 『ここがおかしい安保法制』 著者:藤末 健三 アイアン・フジスエ 著者:苫米地英人 発売日:2016年6月5日• 『新・夢が勝手にかなう手帳 2017年度版 』 著者:苫米地英人 発売日:2017年3月24日• 『苫米地博士の「知の教室」』 著者:苫米地英人 発売日:2017年8月11日• 『「洗脳」営業術 まんが苫米地式01 』 著者:苫米地英人 イラスト:柏屋コッコ 発売日:2017年11月7日 配信先メディア [ ]• ネタりか• Yomerumo• Yahoo! mixi• gree• msn• エキサイト• ニフティー• infoseek• BIGLOBE• ライブドア 脚注 [ ] []• 株式会社マイナビ. 2018年2月18日閲覧。 2018年2月18日閲覧。 が経営して 揖斐憲 ( いびただし )が代表を務めた。 株式会社サイゾー. 2018年2月18日閲覧。 2018年2月18日閲覧。 2018年2月18日閲覧。 2018年2月18日閲覧。 毎日新聞. 2016年9月19日. (当該告知)• cyzo inc.. 2017年7月10日. デイリーニュースオンライン. 2017年10月21日. 2017年10月20日• 2013年5月10日閲覧。 LITERA側は、前述のビジネスジャーナルの捏造報道を受け、ビジネスジャーナルの提携サイト立場として謝罪するとともに、編集部はサイゾーから完全独立した組織であり資本関係も無く、サイゾーのサーバーを借り広告マーケティング面を委託している関係である旨を説明している( )。 2018年2月18日閲覧。 2018年2月18日閲覧。 2017年3月1日閲覧。 株式会社サイゾー. 2017年12月25日閲覧。 株式会社マイナビ. 2018年2月18日閲覧。 - 2019年3月25日閲覧• 『オンラインゲームは若年層に悪影響をあたえるのか?』• 2018年2月18日閲覧。 2018年2月18日閲覧。 外部リンク [ ]• (コミック事業部)• (東洋書店事業部)• cyzo -• cyzo -.

次の

JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)の公式通販

沖田臥竜 ビジネスジャーナル

関わる人々からは、仕事という枠には収まりきれない、思い入れや情熱が溢れていたのだ。 それだけに、1カ月を超えた撮影現場での日々の思い出は尽きない。 筆者は、来年公開予定の映画『ヤクザと家族 The Family』で監修、所作指導を務めた。 同作の主演は綾野剛。 脇を支えるのが舘ひろし。 現在発表されているキャスティングはその2名のみだが、そのほか日本を代表する俳優たちが顔を並べている。 まさか、小さな頃からテレビで観ていた舘ひろしさんに、撮影中ずっと「先生」と呼ばれることになるなんて想像したことがなかった。 舘さんは、一つひとつのお芝居の際に演技指導していた筆者に対して、終始「先生〜、今のどうだった〜?」となごかな笑顔で確認してくれるのである。 舘さんから醸し出されるオーラは、周囲を圧倒するほどであった。 そんな人が筆者のような人間に、敬意を示しながら、演技の是非を尋ねてくれるのだ。 撮影現場は想像を絶するほど過酷だったのだが、いつもそうした一言に感動し、奮い立たされた。 舘さんから「先生」と呼ばれる経験は、筆者の人生で間違いなく「宝物」と呼べるものだろう。 そして、綾野剛さんである。 いわずと知れた、芸能界の第一線で活躍しているスターだ。 筆者は、撮影前に行われる衣装合わせから立ち会うことになったのだが、この時、初対面となった綾野さんと接し、なぜ彼が第一線で活躍し続けているのか、すぐに肌で感じさせられた。 お芝居に対する情熱と、誰に対しても分け隔てなく行う気配りが素晴らしいのだ。 今の自身のポジションにあぐらをかくことなく、おごりなど皆無なのである。 それにしても映画の撮影は本当に大変で、拘束される時間が長く、素人には理解できないこだわりに付き合わされるため、何度もくじけそうになった。 辛すぎて「もう辞めよう……」とばかり考え、途中降板するためのもっともらしい理由はないものかと、いつも考えていたように思う。 だが、そんな時に綾野さんは決まって、「沖田さ〜ん!」と屈託ない表情で声をかけてくれた。 今思えば、あの時、筆者は別の暗い世界にいたのだろう。 「沖田さん〜、映画の撮影は大変でしょう? でもね、これがやみつきになってくるんですよ〜」 筆者がたたずむ暗い世界に、眩しいほどの笑みを浮かべて綾野さんが足を踏み入れ、そこに明るさを取り戻させてくれた。 綾野さんのそんな言葉に、筆者はその時にブルンブルンと首を振っていたのだが、今なら意味がわかる気がする。 現に『ヤクザと家族』の監修の仕事が終わってすぐにやってきた連続ドラマの監修の仕事も、大変だと知りつつも受けていたのだった。 綾野さんが言うように、作品を作る人々の情熱に、筆者もいつしか魅力され、やみつきになっていたのかもしれない。 辛いと思った仕事をやり遂げられた理由は、それだけじゃなかった。 作品の舵を握る監督の存在。 それが本当に大きかった。 『ヤクザと家族』のメガホンを握ったのは、映画『新聞記者』で今年の日本アカデミー賞を受賞した藤井道人監督。 まだ33歳という藤井監督もまた天才と呼ばれる人種だろう。 その上で、強烈なリーダーシップを発揮して、メガホンを握り続けるのだ。 筆者よりもひと回りも下という若さなのに、その姿勢には勉強させられるところがたくさんあった。 そして、人柄がすごく良いのだ。 もしも藤井監督でなければ筆者は、一見冷たく過酷な映画独自の制作文化に飲み込まれてしまい、途中で限界を感じていたかもしれない。 そうしたなかで、オールアップを迎えた際、筆者の性格をよく知る知人たちは、「最後までよくがんばった」と久しぶりに褒めてくれたのだった。 そんな作品に筆者が携わることになったきっかけは、ある若手の助監督が筆者の著作を読んでくれたことだった。 『ヤクザと家族』の監修には沖田臥竜が適任だと判断し、監督たちに猛烈にアピールしてくれ、「この人を口説いてよいですか! 」と言ってくれたのだ。 そんな助監督に対して、撮影中には厳しい意見を述べたり、叱責したりして、時に号泣されたこともあった。 彼が筆者の担当ということもあり、まだ若い彼に作品に関すること以外にもいろいろな話をした。 自分でも十分理解しているが、筆者は立派な人間では決してない。 取り返しのつかない過ちだって数多く犯してきている。 だからこそ、今後は同じ過ちは犯さないと決心し、新たな道でペンを握り続けた。 その思いは今でもたいして変わってはいないが、寝る間を惜しんで働き続けたおかげで、普通に生活はできるようにはなっている。 その挙げ句に来た今回の仕事。 「沖田を起用して、本当に大丈夫なのか?」という言葉も一部にはあったであろうなか、助監督の一言をきっかけに、監督をはじめ、この映画に携わったすべての人々が、監修および所作指導役として筆者を押し切ってくれたのだ。 こちらとしても、その勇気ある決断を後悔させないために、期待に全力で応えようと思ってやってきた。 その思いは、撮影が終了した今後も変わらない。 平成、そして令和のヤクザの姿を描いた映画で、『ヤクザと家族』のリアリティに勝るものはないという自負がある。 すごい作品である。 少し気が早いが、来年、劇場で観ていただければ幸いだ。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『』(共にサイゾー)など。 最新小説『』が発売中。

次の