剣盾 260。 ポケモン図鑑ソードシールド|剣盾|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】体重に関係する技

剣盾 260

順位 最高順位は最終日に取りました。 やめてください。 次の1戦は勝ちましたが、順位下の相手だったので、3桁にならずに終了。 1004位くらい? 最終はさらに順位を落とし、1101位という結果です。 使用PT PTコンセプト ミミノラゴンです。 先発のックスエースで相手のを1. 5匹以上倒し、とウオノラゴンで残りの1. 5匹未満を倒しきる狙い。 攻撃140という暴力を素早さ95という高速で押し付けられる点に注目し、ックスエースとして抜擢。 ックス時に影響のない中の採用はせず、攻撃、素早さ共に補強されるダルマモードとした。 ックスによって耐久力が増すことで、耐えられない攻撃はごくわずかとなるため、ックスとダルマモードとの相性も良い。 やはり、中で純粋な高火力をぶつけたほうが強いのでは?と懐疑的になる場面も多くあったが、いきなりックスは想定されていないので、襷など、ダイアイスで襷ごと持って行く制圧力は強かった。 命の玉もックス中に火力補強ができ、ダルマモードに入るためのHP調整となってマッチしていた。 後、、、には苦戦した。 対面で最速スカーフ以外は引くはずなのに、突っ張られたり、そもそも乱数次第では玉ダメを耐えなかったりするので戦いにくかった。 はダイロックを耐えてきたり、ひかえめオーバーヒートが分の悪い乱数だったりして、極力対面したくなかった。 は、は耐えるんですが、徹底抗戦は耐えない。 ラスターカノンはかげうち込みだと耐えないため、相手がックスを使っていない状態の1:1交換となるのでしんどかった。 最後の最後に埋まった一枠で、ックスエースとしては心許ない部分が目立ちますが、痒い所に手が届くような性能がこのPTの欠陥をかなり埋めた。 、、に対してまけんきとラムのみ、そしてタネばくだんで回答を持っている。 さらに、ックスエースとしての条件と言っても過言ではないダイジェットを覚える。 このPT内では耐久値や耐性が高く、苦手だったやにも基本勝てるのが良い。 分からん殺しの部類に入ると思うが、がまけんきであることや、有効打の有無の判断、そして初手ックスの想定の難しさで、刺さっているPTにはとことん刺さった。 ダイナックルで攻撃力を上げると、引きなどでダイナックルを透かしに来る動きを取る人が多く、そこにダイジェット、ダイスチルを叩き込むことで、相手のPTが崩壊した。 また、まけんきという特性が優秀で、ののCダウンやの特性を知らない人の打つ岩石封じ、ダイホロウやダイドラグーンで火力が増加するのが大変気持ちよかった。 仮想敵である、は初手対面が叶えばほぼほぼ勝ち確。 はダイソウゲンから入らなければならないが、HB型だと、耐えられてしまい、後続に引かれて倒しきれないことが多かった。 HBということさえ分かっていれば、ダイナックルから入りたい。 そういう意味では、ナックル、スチル、ジェットと打ちたい技ばかりで、技選択が難しかった。 アのジェットなので威力が110。 欲張ってジェットを打ったら落としきれなくて負けてしまった試合があったので、本当に重要。 とびはねる覚えてくれよ・・・。 エースとでぐちゃぐちゃにした相手PTにウオノラゴンのインチキ火力をぶつけて勝ちをもぎ取る狙い。 後述するストリンダーがウオノラゴンが無理なを見るためので、ウオノラゴンを出す、出さないで難儀した。 信じすぎるとに氷漬けにされたり、されたりし、信じないとウオノラゴンやったなぁ・・・となった。 それ以外は、基本的にウオノラゴンのインチキ火力がとてもインチキだったので強かった。 難点としては、などの60族付近の素早さのがウオノラゴンより早いのか遅いのかが分からないこと。 上を取ってると思ってトリルをしなかったら、上からフリドラされたり、トリル下で上からフリドラされたり・・・。 無振りの素早さが80 実数値 なので、Sが低いウオノラゴンの性格を勇敢にして採用するのが正解な気がします。 元々、今シーズンの初めのころに使っていたストリンダーで、何度か採用を検討していたのだが、という錘 おもり に有効打がないせいで見送っていた。 ウオノラゴンと比べるとダメだが、火力は申し分ない。 だが、通りが悪く、耐久面に難あり。 環境に多い、ドラパに有効打がない。 などの水タイプに強いのは利点だが、初手に出てきてエースで処理した場合などは役割が激減するので、後続エースとしてはかなり致命的だった。 特殊アタッカーの不在は物理受けを必要以上に呼んでしまうため、どうしても特殊アタッカーが欲しかったというのが最初期の理由。 今となってはエースとして候補に挙がらないのはおかしいと思えるレベルで信頼している。 と大きく違う点は、に強く初速が早い点。 ダイジェットで速度上昇。 ダイバーンで火力upができ、晴れによる水技の威力半減、ダイドラグーンによる攻撃ダウンでかなりの耐久力を持ち、不一致の岩技くらいなら素で耐えるため、エースとして採用しない理由がない。 どこがいいかと言えば、苦手を苦手としない強さがいい。 やは岩技を打ってきてくれれば、ックスの耐久であれば耐えるため、カモ。 いつもダイジェット2発で倒しています。 は電光石火を含めるとそこそこ痛いダメージなので、スカーフや岩石封じでないことを祈りつつ、ダイドラグーンを打ちたい。 打ったことはない は体感ですが、岩石封じの採用率が高めだったので、ジェット一択。 系列も同様で、電気技は耐えるので、スカーフケア込みでダイジェットから入ります。 本当はの場合はダイバーンで水技の軽減をしたい。 一番理想的なシーンはスカーフ。 後続のに弱保ダイジェットがはいるので、それで1匹持っていきます。 例外はあるとは思いますが、自分は毎回1匹倒せてました。 ただ、こうこうのしっぽトリックとか、意味の分からない型もいて、うまくいかないこともありました。 の場合は、ダイバーンから入ってダイジェットで倒すんですが、チョッキの場合は、ックスを使われると勝てないことが多いです。 この時は流石にが欲しくなります。 残念な点は、型ドラパルトはの振り方次第ですが、敗色濃厚なこと。 お互いダイジェットから入ってきた場合は、ダイジェット+ダイホロウは耐えるので、ジェット連打かドラグーンの択になります。 後続ののかげうちに託すなら、安定を取ってダイドラグーンがいいですが、落ちないことのほうが多かったです。 ダイジェット連打の場合は、相手にもダイジェット連打されるとのかげうち圏外の状態で押し負ける形となるのでリスキーです。 後、非ックスの状態がかなり使いにくいところ。 に至っては、反動で動けなくなる始末。 暴風は雨下で必中になるので、実は使い勝手がいい場面が多かったです。 も、ックス後の満身創痍の中で打つ最後っ屁としてはかなり優秀で、何よりもダイバーンと威力が変わらないのが強かった。 ダメージが下がると勘違いするんでしょうね、相手の計算がバグることがありました。 なので、一長一短という話にはなるんですが、もうちょい非ックス時のことを考えたほうが戦術に幅が出るのかなぁ?とは思います。 ックスエースで蹂躙した後に、切り返してきた相手のを切り返すための。 通っている、通っていないの次元ではない。 選出しなきゃ始まらない。 と言ったレベルだった。 どんな不測の事態も化けの皮という首の骨をポキっと折れば誤魔化せる恐ろしい。 これだけ頭のおかしい性能をしているにもかかわらず、弱体化された後だと言うのだから、ホラーである。 最終日前日までかげうちをシャドークローとしていたが、これがとても弱く、最終日前日になるまで気づけていなかったのが失態だった。 使い勝手としてはとてもよく、型破り相手にもトリルを貼ることができて安定していた。 欲を言うなら、食べ残しを持たせて、みがわりを張れる回数を増やしたい。 後、じゃれつくを覚えさせて、ノーマル相手にも攻撃できるようにしたい。 総括 全作品を通しても、今シーズンがシーズン内での対戦回数が一番多いはずです。 疲れた・・・。 PTとしては、30匹ほど育成して辿り着いた結果なので、完成形に近いと思っています。 環境最上位がのみという異色なPTですが。 ストリンダーの枠が検討が必要ですが、目標としていた3桁を無理やり達成させたのでひとまずは満足しています。 GWということもあって対戦数を稼げましたが、今後は難しそうだし、やりたくないので、勝率を上げて3桁の前半を目指したいです。 go-go-poke.

次の

【剣盾】【疑問】特殊アタッカーって皆ちゃんとA0にしてるん?

剣盾 260

この子たちです 少ない この内サニゴーンは耐久と素早さに難があり、アシレーヌ、ラプラスは先制技を覚えるものの鈍足。 サニーゴは火力が無いので、1体目のダイマエースが2匹目を取りこぼした際に厳しい。 滅び後にターンを稼ぐポケモンは の二体で迷う。 どちらも身代わりを貼りまくるだけなのだが、ミミッキュは型のレパートリーゆえの読まれにくさ、ロン毛はご存知悪戯心による先制身代わりが強力。 環境に多いドリュウズと、不意に刺してくるオノノクスの型破りを警戒し最終的にオーロンゲを選択することに。 そして最重要とも言えるダイマエース。 無数の選択肢から私が選んだのは こいつらである :キョダイ技の性能が壊れており、対面パにぶっ刺さる :ミミッキュキラー :アマガやヒトデなどの高耐久ポケを急所で潰す枠 :ヒトム、アシレーヌあたりの特殊が見えていた場合起用 といった具合に、それぞれ選出の役割があるよう人選。 どのエースで行くか考える1分30秒の選出画面が勝負の分かれ目。 ラプラスの突破が厳し目なので、カビゴンをパッチラに変えたほうがよかったかもしれません。 この構築は頭を使わない自分でもある程度勝てたので、伸び悩んでいる初心者〜中級者の方におすすめしたいPTです。 選出 PT再掲。 ダイマエース+オーロンゲ+ゲンガーで確定。 実を持っていないこと、ダイアタックで裏に圧をかけられる点から通常個体を採用しています。 特定のポケモンやパーティにぶっ刺さるという性能ではないため、選出の機会に恵まれず。 先に触れたとおり、ラプラスが重い構築となってしまっていて、かつ上位はラプラスの使用率が高かったので電気枠に変更しなければなりませんでした。 PTの中で一番練っていないポケモンで、それ故に活躍の機会を与えてやれなかったのが残念。 対面アマガは不利なように見えて、ブレバ所持率は44%とそこまで高くないため、ダイマを切れば押し切れる場面の方が多かったです 技構成はブレバ、鋼の翼、格闘技までは確定。 ダイジェットによる抜き性能向上のためにブレバは外せませんし、鋼の翼はフェアリーへの貴重な打点。 参考までに、B特化ピクシーを急所ダイスチルで確定1発で持っていくこともでき、相性差をひっくり返すことが可能となります。 スターアサルトですが、どうせダイマ切れた後は一発しか殴れない運命にあるので、インファイトよりも火力が高いこちらを採用する運びとなりました。 ねごとはダイウォールがほしいと感じる場面がいくらかあったのと、カバルドンと対面した際に初手あくびを打たれてもしっかり後続へダメージをつなぐために採用。 フェイントがほしい場面ももちろんあったので、技スペがいくつあっても足りないポケモンだと感じました。 これにより、相手の後続が物理アタッカーだった場合は2体もっていくことも視野に入る性能になりました。 技構成はテンプレゆえに読まれて行動されることも多かったです。 特に困ったのは相手の手持ちにラプラスがいるパターン。 スチルorアースで耐久を底上げし、弱保を発動させる動きが非常に強力。 身代わりミミッキュの処理に困る可能性を考慮し、ロックブラストを採用していますが岩石封じでも差異はないと思います。 ダイマックス時の火力を考慮して ロクブラ130、岩封110 こちらを採用したものの、ダイロックで確定数がずれる場面は非常に少なかったためです。 瓦割りはラプラスが出てきてしまった時に打てる点、ダイマックス時に殴りながら火力をあげられる点を評価し採用。 ほかに入れたい技としてつのドリルや剣舞もありましたが、ダイマエースとしてナックルがほしい場面の方が多かったです。 上4体のダイマで荒らした後に滅びの歌を打つだけのポケモン。 エースが削りそこねたポケモンを狩るためにメインウェポン2つは確定。 実際のところ、催眠によって勝ちを拾えた試合は数知れず、ゲンガーの強さを再認識することになりました。 最強ポケモンであるドラパちゃんが連続技を覚えるため、心なし程度耐久調整を施しておりますが、火力上昇アイテムを持たない最速ドラパはだいたいゴーストダイブを押してくるので、あまり意味はなかったです。 壁ロンゲの個体をそのまま流用してしまっているので振り方が色々おかしい。 基本的にはゲンガーの滅び後に身代わりを展開するだけの役割ですが、すり抜け一族のドラパ、シャンデラあたりには不意打ちを差し込む必要があり、そのためA特化で採用しています 特化ロンゲの不意打ちで耐久無振りドラパルト96. 9〜115. 3% 確定1発ではないものの、かなり分がいい乱数です。 ソウルクラッシュは不意打ちを見せた後のロンゲに悠々と剣舞を積むミミッキュや、ラプラスとの対面での有効打。 ゲンガーと絡めてポケモンを落とすパターンが多いため、じゃれつくではなく命中率を重視。 ラスト1枠は、麻痺バグで勝ち筋を拾える電磁波に決定。 片壁採用や挑発も試してみたのですが ・ゲンガーに壁を残しても紙耐久が災いして意味がない ・挑発しなくても殴ってくる といった理由から、細いながらも勝ち筋を拾える電磁波の採用に踏み切りました。 しかしながら、ラプラスの泡沫のアリアで身代わりを貫通されて負けるポカを何度かやらかしてしまったので、単純に身代わりの回数を増やせる「まもる」が最適なのではないかと今は思っています。 最後に ここまで読んでいただきありがとうございました。 一瞬だけ最終日360位台に浮上し、レート2000にタッチしていたっぽいのですが 最終2000は区切りがいいので終わろうと思っていた 、260位が2000ラインだと思い込み、潜り続けてしまったのが悔やまれるところ。 最終2000って書きたかった 血涙.

次の

ポケモン剣盾シーズン5 最高順位984位 PT構築

剣盾 260

順位 最高順位は最終日に取りました。 やめてください。 次の1戦は勝ちましたが、順位下の相手だったので、3桁にならずに終了。 1004位くらい? 最終はさらに順位を落とし、1101位という結果です。 使用PT PTコンセプト ミミノラゴンです。 先発のックスエースで相手のを1. 5匹以上倒し、とウオノラゴンで残りの1. 5匹未満を倒しきる狙い。 攻撃140という暴力を素早さ95という高速で押し付けられる点に注目し、ックスエースとして抜擢。 ックス時に影響のない中の採用はせず、攻撃、素早さ共に補強されるダルマモードとした。 ックスによって耐久力が増すことで、耐えられない攻撃はごくわずかとなるため、ックスとダルマモードとの相性も良い。 やはり、中で純粋な高火力をぶつけたほうが強いのでは?と懐疑的になる場面も多くあったが、いきなりックスは想定されていないので、襷など、ダイアイスで襷ごと持って行く制圧力は強かった。 命の玉もックス中に火力補強ができ、ダルマモードに入るためのHP調整となってマッチしていた。 後、、、には苦戦した。 対面で最速スカーフ以外は引くはずなのに、突っ張られたり、そもそも乱数次第では玉ダメを耐えなかったりするので戦いにくかった。 はダイロックを耐えてきたり、ひかえめオーバーヒートが分の悪い乱数だったりして、極力対面したくなかった。 は、は耐えるんですが、徹底抗戦は耐えない。 ラスターカノンはかげうち込みだと耐えないため、相手がックスを使っていない状態の1:1交換となるのでしんどかった。 最後の最後に埋まった一枠で、ックスエースとしては心許ない部分が目立ちますが、痒い所に手が届くような性能がこのPTの欠陥をかなり埋めた。 、、に対してまけんきとラムのみ、そしてタネばくだんで回答を持っている。 さらに、ックスエースとしての条件と言っても過言ではないダイジェットを覚える。 このPT内では耐久値や耐性が高く、苦手だったやにも基本勝てるのが良い。 分からん殺しの部類に入ると思うが、がまけんきであることや、有効打の有無の判断、そして初手ックスの想定の難しさで、刺さっているPTにはとことん刺さった。 ダイナックルで攻撃力を上げると、引きなどでダイナックルを透かしに来る動きを取る人が多く、そこにダイジェット、ダイスチルを叩き込むことで、相手のPTが崩壊した。 また、まけんきという特性が優秀で、ののCダウンやの特性を知らない人の打つ岩石封じ、ダイホロウやダイドラグーンで火力が増加するのが大変気持ちよかった。 仮想敵である、は初手対面が叶えばほぼほぼ勝ち確。 はダイソウゲンから入らなければならないが、HB型だと、耐えられてしまい、後続に引かれて倒しきれないことが多かった。 HBということさえ分かっていれば、ダイナックルから入りたい。 そういう意味では、ナックル、スチル、ジェットと打ちたい技ばかりで、技選択が難しかった。 アのジェットなので威力が110。 欲張ってジェットを打ったら落としきれなくて負けてしまった試合があったので、本当に重要。 とびはねる覚えてくれよ・・・。 エースとでぐちゃぐちゃにした相手PTにウオノラゴンのインチキ火力をぶつけて勝ちをもぎ取る狙い。 後述するストリンダーがウオノラゴンが無理なを見るためので、ウオノラゴンを出す、出さないで難儀した。 信じすぎるとに氷漬けにされたり、されたりし、信じないとウオノラゴンやったなぁ・・・となった。 それ以外は、基本的にウオノラゴンのインチキ火力がとてもインチキだったので強かった。 難点としては、などの60族付近の素早さのがウオノラゴンより早いのか遅いのかが分からないこと。 上を取ってると思ってトリルをしなかったら、上からフリドラされたり、トリル下で上からフリドラされたり・・・。 無振りの素早さが80 実数値 なので、Sが低いウオノラゴンの性格を勇敢にして採用するのが正解な気がします。 元々、今シーズンの初めのころに使っていたストリンダーで、何度か採用を検討していたのだが、という錘 おもり に有効打がないせいで見送っていた。 ウオノラゴンと比べるとダメだが、火力は申し分ない。 だが、通りが悪く、耐久面に難あり。 環境に多い、ドラパに有効打がない。 などの水タイプに強いのは利点だが、初手に出てきてエースで処理した場合などは役割が激減するので、後続エースとしてはかなり致命的だった。 特殊アタッカーの不在は物理受けを必要以上に呼んでしまうため、どうしても特殊アタッカーが欲しかったというのが最初期の理由。 今となってはエースとして候補に挙がらないのはおかしいと思えるレベルで信頼している。 と大きく違う点は、に強く初速が早い点。 ダイジェットで速度上昇。 ダイバーンで火力upができ、晴れによる水技の威力半減、ダイドラグーンによる攻撃ダウンでかなりの耐久力を持ち、不一致の岩技くらいなら素で耐えるため、エースとして採用しない理由がない。 どこがいいかと言えば、苦手を苦手としない強さがいい。 やは岩技を打ってきてくれれば、ックスの耐久であれば耐えるため、カモ。 いつもダイジェット2発で倒しています。 は電光石火を含めるとそこそこ痛いダメージなので、スカーフや岩石封じでないことを祈りつつ、ダイドラグーンを打ちたい。 打ったことはない は体感ですが、岩石封じの採用率が高めだったので、ジェット一択。 系列も同様で、電気技は耐えるので、スカーフケア込みでダイジェットから入ります。 本当はの場合はダイバーンで水技の軽減をしたい。 一番理想的なシーンはスカーフ。 後続のに弱保ダイジェットがはいるので、それで1匹持っていきます。 例外はあるとは思いますが、自分は毎回1匹倒せてました。 ただ、こうこうのしっぽトリックとか、意味の分からない型もいて、うまくいかないこともありました。 の場合は、ダイバーンから入ってダイジェットで倒すんですが、チョッキの場合は、ックスを使われると勝てないことが多いです。 この時は流石にが欲しくなります。 残念な点は、型ドラパルトはの振り方次第ですが、敗色濃厚なこと。 お互いダイジェットから入ってきた場合は、ダイジェット+ダイホロウは耐えるので、ジェット連打かドラグーンの択になります。 後続ののかげうちに託すなら、安定を取ってダイドラグーンがいいですが、落ちないことのほうが多かったです。 ダイジェット連打の場合は、相手にもダイジェット連打されるとのかげうち圏外の状態で押し負ける形となるのでリスキーです。 後、非ックスの状態がかなり使いにくいところ。 に至っては、反動で動けなくなる始末。 暴風は雨下で必中になるので、実は使い勝手がいい場面が多かったです。 も、ックス後の満身創痍の中で打つ最後っ屁としてはかなり優秀で、何よりもダイバーンと威力が変わらないのが強かった。 ダメージが下がると勘違いするんでしょうね、相手の計算がバグることがありました。 なので、一長一短という話にはなるんですが、もうちょい非ックス時のことを考えたほうが戦術に幅が出るのかなぁ?とは思います。 ックスエースで蹂躙した後に、切り返してきた相手のを切り返すための。 通っている、通っていないの次元ではない。 選出しなきゃ始まらない。 と言ったレベルだった。 どんな不測の事態も化けの皮という首の骨をポキっと折れば誤魔化せる恐ろしい。 これだけ頭のおかしい性能をしているにもかかわらず、弱体化された後だと言うのだから、ホラーである。 最終日前日までかげうちをシャドークローとしていたが、これがとても弱く、最終日前日になるまで気づけていなかったのが失態だった。 使い勝手としてはとてもよく、型破り相手にもトリルを貼ることができて安定していた。 欲を言うなら、食べ残しを持たせて、みがわりを張れる回数を増やしたい。 後、じゃれつくを覚えさせて、ノーマル相手にも攻撃できるようにしたい。 総括 全作品を通しても、今シーズンがシーズン内での対戦回数が一番多いはずです。 疲れた・・・。 PTとしては、30匹ほど育成して辿り着いた結果なので、完成形に近いと思っています。 環境最上位がのみという異色なPTですが。 ストリンダーの枠が検討が必要ですが、目標としていた3桁を無理やり達成させたのでひとまずは満足しています。 GWということもあって対戦数を稼げましたが、今後は難しそうだし、やりたくないので、勝率を上げて3桁の前半を目指したいです。 go-go-poke.

次の