えきねっと 事前予約。 繁忙期えきねっとでの事前受付で予約成立しやすくする方法について

「えきねっと」で新幹線に乗る!予約方法と格安なチケット

えきねっと 事前予約

キャッチコピーは「新しい当たり前へ。 」 画像:JR東日本 JR東日本・JR北海道・JR西日本の三社は、2020年3月14日(土)より交通系ICカードで新幹線に乗れる「新幹線eチケットサービス」を開始します。 どのようなサービス? システムイメージ 画像:JR東日本 「新幹線eチケットサービス」とは、「事前に予約しておけば、手持ちのICカードで新幹線自動改札機にタッチするだけで新幹線に乗れるようになる」サービスです。 サービス提供区間は東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線の停車駅相互間。 東海道新幹線や山陽新幹線では使えませんが、北陸新幹線は区間に入っています。 サービス対象区間 画像:JR東日本 利用できる交通系ICカードは全国相互利用対象の交通系ICカード10種。 「Suica」「Kitaca」「ICOCA」「PASMO」「TOICA」「manaca」「PiTaPa」「nimoca」「SUGOCA」「はやかけん」です。 モバイルSuicaでも使用可。 使い方は簡単。 予約サイト「えきねっと」や「e5489」の会員アカウントを作成し(すでに会員の場合は不要)、会員情報と手持ちの交通系ICカードを紐づけします。 その後、「えきねっと」「e5489」で新幹線の指定席・自由席を予約する際に「利用する交通系ICカードを指定」すればOK。 乗車時は窓口や券売機でチケットを発券せず、普通の列車に乗るときのように新幹線自動改札機に交通系ICカードをタッチすればOKです。 画像:JR東日本 同一列車・同一行程なら一回の予約で6名まで交通系ICカードによる乗車が可能。 小児の利用者もこども用の交通系ICカードで乗車できます。 なお、サービス自体の開始は3月14日(土)ですが、「えきねっと」「e5489」では2020年2月7日午前5時30分より事前申込および会員情報への交通系ICカードの登録が可能になります。 チケットの予約は2020年2月14日午前10時から。 そのためか「東京都区内」のような「特定都区市内制度」は適用されません。 新幹線乗車駅まで(あるいは降車駅から)在来線を使う場合は別途在来線の運賃が必要となるため、利用区間によっては駅窓口で買い求める所定のきっぷ等を利用する方が安くなる場合があることに注意してください。 ただし「新幹線eチケット」の価格自体は現行の所定運賃・料金より200円ほど安くなります。 また、本サービスの導入を記念し「えきねっと」「e5489」でお得な商品を設定していくようです。 「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」は「新幹線e チケットサービス」でのみ利用できる商品となりますが、一部設定除外日を除き3月14日から通年で利用可能になります。 東京駅発の主な区間の発売額 画像:JR東日本 また北陸新幹線「かがやき」「はくたか」については、本サービス導入記念商品第1弾として「お先にトクだ値」が期間限定で設定されます。 2020年3月14日から6月30日まで設定されます(5月2日~6日を除く)。 早得14は発売期間が2020年2月14日(金)~6月16日(火)まで(同様に5月2日(土)~6日(水)を除く)、乗車日が年3月14 日(土)から6月30日(火)までの期間限定商品となります。 早期早得商品の主な区間の値段 画像:JR西日本 モバイルSuica特急券は終了、JR西の一部商品も取り扱い終了 JR東日本の「モバイルSuica特急券」は2020年3月13日をもってサービスを終了します。 JR東日本は「今後はモバイルSuicaもお使いいただける新幹線eチケットサービスをぜひご利用ください」としています。 また、これまでは「e5489」で扱っていたJ-WESTカード会員向けの「eきっぷ」「e早特1」「WEB早特1」も、本サービス導入にともない販売終了となります。 鉄道チャンネル編集部.

次の

えきねっと 事前受付 確率

えきねっと 事前予約

その367番目は、たぶん全体でしょう。 1ヶ月前の10時になったら367番目(といっても、1番目の方からたぶんコンマ数秒くらい後と思われ)にMARSのホストに空席照会を行うということではないかと推測します。 もし「とれませんでした」の場合は、満席なので当然とれません。 ただし列車の指定券は払戻されることもあるので、タイミングがよければその後もとることはできます。 なお、えきねっとに限らず、JRの指定券には空席待ちのシステムはありません。 補足に対して。 普通JRのきっぷは1ヶ月前の10時から発売開始なのですが、それにいちいち出向かなくてよいこと。 特にGW・お盆休み・年末年始の指定券は駅のみどりの窓口など長蛇の列が出来ますから、発売開始直後に空席照会できず、とれないケースもありますが、えきねっとからは事前登録のデータが1ヶ月前の10時に自動的に伝送されるので、タイムラグなく空席照会の結果が分かります。 あと、えきねっとの場合、トクだ値は対象外ですが、JR東日本の一部列車(東北・山形・秋田・上越・長野新幹線、成田エクスプレス、あずさ・かいじ、ひたち、など)なら、発券する前なら何回も乗車変更できます(駅などで購入すると1回だけ)。 8月31日の367番目ということしか分かりません。 発売日の10時以降に順次確保していきますが、その時点でアウトだった場合は、申込みの区分・条件では確保できないいうことです。 トクだ値はもう申し込めないかどうかは、申込みの条件と空席の状況の関係によります。 「事前購入登録」のメリットは、居ながらにしていわゆる「10時打ち」ができるということです。 窓口に並ぶ必要もなければ、あらかじめ窓口に出向く必要もありません。 また、「えきねっと」では発売開始日の9時54分から10時までは操作ができませんので、手動での「10時打ち」はできません。 「10時打ち」と同様のことをしたかったら「事前購入登録」を利用するしかありません。 「事前購入登録」で座席の確保が保証されるわけではないですが、それは「10時打ち」でも同じことです。 意味があるかないかは何を優先するかによって変わります。 どうしてもシートマップを利用して希望の座席を確保したいのなら、「事前購入登録」は意味がありませんが、10時過ぎに操作をしてシートマップを表示させたらすでに希望の座席がすべて埋まってしまっていて、「やはり『事前購入登録』をしておけばよかった」となるかもしれません。 事前予約と言うのは1ヶ月前の発売開始日に駅の窓口に並ぶ代わりに、システム上の発券順番を決めて、受け付けた順に手配を始めてゆくと言う意味です。 ですから、事前受け付けの順番が遅くても、それまでの希望が、質問者様の希望と重なっていなければ、希望した列車の切符が取れる可能性が高いです。 逆に順番が早くても、質問者様より前の順番の人が皆質問者様と同じ列車を希望していたら、取れない可能性も生じます。 その番号で、具体的にどの程度の人数が順番待ちしているのか、そして何よりも前の順の人がどういう希望を出しているのかがわからないわけですから、こればかりは当日になってみないとわかりません。 >その時点でアウトだった場合は、トクだ値はもう申し込めないということなのでしょうか そんなことはありませんが、発売直後すぐに満席になたと言うことになりますから、その後頼んで入手できる可能性は限りなく低いです。 >事前予約の申し込みって、どのようなメリットがあるのでしょう?急いでやったのはいいものの、なんだか意味のないような感じで取れましたので…重ねて回答お願いします!! ある程度人気がある列車の場合、発売初日の10時に駅に並ばないと手配できないことがあります。 そのようなときには、事前予約のほうが便利です。 また、往復する場合、往路復路のそれぞれ1ヶ月前に手配する必要がありますが、事前予約だと1回の手間で済みます。

次の

JR北海道>>えきねっと「トクだ値」

えきねっと 事前予約

えきねっとで事前予約する方法 まずはえきねっとのサイトへアクセスします。 事前予約するには会員登録が必要となりますので、メールアドレスを登録し指示に従って必要事項を入力します。 事前に用意が必要なのは登録用のメールアドレスと本人名義のクレジットカードのみです。 登録が完了するといよいよ事前予約へ。 パソコンかスマホ、携帯電話での申し込みが可能ですが、特にパソコンの場合には空席を見ながらや乗り換えや運賃料金を調べての申し込みなど多彩な機能を利用することが可能です。 例えば指定席を予約したい場合、指定席ボタンを選択して利用したい路線を選びます。 続いて乗車日と出発時刻さらには利用区間を入力するとご希望の条件に沿った列車の一覧が表示されますので空席表示を見ながら決定しましょう。 そして座席位置を希望する事も可能ですが、一部列車ではシートマップをご覧いただきながら選べます。 最後に申込内容を確認して完了となりますが、予約番号が表示されますので控えておくか予約画面を印刷しておきますと安心です。 えきねっとトクだ値ってなに? えきねっとにはインターネット予約限定のきっぷが発売されています。 列車や席数限定となっており、通常価格より値引きとなっているのです。 しかも乗車日13日前申し込みでさらに割引率が高いお先にトクだ値というプランもあります。 こちらですと通常は東京駅と新青森駅間の東北新幹線が17,350円なのが、25%も割引となりまして13,010円で4,000円以上もオトクに購入出来るのです。 加えて安いだけではなく、年末年始やお盆に大型連休などの混雑時期も使用出来ますし、1回の申し込みで最大6名まで使えますからグループやご家族での旅行にも問題なし。 券売機でチケットを受け取ればえきねっとポイントが貯まり、商品券やSuicaチャージに交換することまで可能ですから、追加でオトクとなりますね。 対象区間も多彩となっており、東北や秋田に山形や北海道新幹線。 上越新幹線や北陸新幹線にJR北海道の特急列車と在来線やJR東日本の特急列車に在来線にも対応しています。 ネットですから予約もスムーズなので使わない手は無いですね。 えきねっとのキャンセル方法と払戻手数料について 事前にえきねっとで予約していたものの急な予定でキャンセルしなくてはならなくなったという事はありますよね?えきねっとではネット上で手続きをすることが可能です。 まずえきねっとのサイトへログインし、予約内容の確認・変更・払い戻しを選択します。 きっぷ未受取分を確認するというボタンを選択し、払い戻しボタンを選びましょう。 内容を確認し払い戻すボタンを選択すると完了です。 きっぷお受け取り前の払い戻しの場合は乗車日当日の出発時刻6分前か22時54分まで。 払戻手数料はえきねっと特典を適用の場合は1席あたり310円。 対象外の場合は前々日までならば330円で、それ以降は指定券の30%の金額となります。 なお、自由席または乗車券の場合は手数料はかからず予約取消となります。 なお、「乗継」から申し込みをした場合に予約をした内片方のみを払い戻したいという場合にはネットでの手続きをすることが出来ず、えきねっとサポートセンターへお電話で問い合わせをしてください。 えきねっとの受け取り方法 えきねっとで予約が済みましたらきっぷの受け取りとなりますが、地域によって少し方法が異なります。 JR東日本エリアの場合、受付は5時30分から23時まで。 各駅にある指定席の券売機かみどりの窓口もしくはびゅうプラザで受け取り可能です。 続いてJR北海道エリアですと、同じく5時30分から23時までの受付で、指定席の券売機またはみどりの窓口と、JR北海道の旅行センターであるツインクルプラザとなります。 最後はJR西日本北陸エリアの一部駅の場合、時間は5時30分から23時まででみどりの券売機または みどりの窓口のみとなります。 お受け取りは会員本人のみで、その他に必要なものとして券売機で受け取る場合には予約番号と登録されているクレジットカードにカードの暗証番号も必要です。 窓口の場合は予約番号とクレジットカードを持参しましょう。 券売機の操作はインターネット予約の受け取りと表示されているところを選択し、えきねっと予約を受け取りを選択します。 あとは表示に従って手続きをするときっぷが発券されます。

次の