愛想 意味。 「愛想を振りまく」は誤用? ビジネスパーソンは覚えておきたい「正しい言葉」10選

「愛想を振りまく」は誤用? ビジネスパーソンは覚えておきたい「正しい言葉」10選

愛想 意味

愛想笑いの意味とは? 愛想笑いの意味|愛想笑いの「愛想」とは好意的に見てもらう言動 愛想笑いの「愛想」とは、人に好かれるために行う言動のことです。 人に対して好意的に見てもらうためにわざと行う行為のことで、これが転じて好きな人に対する愛情のことを「愛想」と言うこともあります。 これは好きな人には好かれるための行動を当然行うものという人間行動学的な視点から考えられた転用です。 愛想笑いの意味|「愛想」と「愛嬌」の違い 「愛想」によく似ていて間違われやすい言葉に「愛嬌」がありますが、この2つは大きく違います。 「愛嬌」も人に対して好かれるために振りまかれるものであることには違いありません。 しかし「愛嬌」は生まれつき持っているもので、「愛想」は人生の中で意識的に取り入れていくものという決定的な違いがあるのです。 第一印象というものが初対面でどれだけ大きい意味を持つかは誰でも知っています。 男性は女性と違いメイクをする人が少ないものです。 そこで愛想笑いが男性の第一印象における強い武器になるのです。 第一印象を売り込むためには、自己紹介も事前に準備しておくといいでしょう。 印象に残る自己紹介の仕方を解説した記事があるので、ぜひご覧ください。 例えば話しかけられた相手の名前や素性が思い出せなかったり、答えにくい答えたくない質問に対してやり過ごしたい場合など、無下にするわけにもいかないけれど心の中を読まれたくない時に愛想笑いで誤魔化してしまおうとします。 愛想笑いをする男性の中には、本当に笑っているのに笑うことが苦手で愛想笑いにしか見えない人がいます。 そんな男性は大抵人目が気になりやすく理想の笑顔があり、その笑顔こそが最大のコミュニケーションツールだと思っている傾向が強いです。 男性の脳は女性よりも一度に複数のことを考えることが苦手な傾向にあります。 そんな男性がその人に手に負えない数の物事を一気に考えようとした時、脳がとりあえず時間稼ぎやスムーズに事を運ぶために笑ってしまうということがあります。 相手に対して自分が好意的であるため自然と滲み出る笑顔の時もありますが、「好意を持たれたい」と思えば自分なりの作戦に出ます。 そんな時、まず相手に対して自分が好意的であることを作為的に伝える手段とし愛想笑いを向けるというわけです。 女性が継続的に穏やかな関係を築いていくためには、男性のように第一印象などの初期だけに限らず関係が続く限り愛想笑いが重要なファクターになってきます。 女性は心の読み合いを大切にしますから、敵対心がないことを表し続けなければいけないのです。 女性同士の会話は横に広がりやすく、例えば話を聞いている時に下手にそこに言葉を出してしまうと広がって長引いてしまう可能性があります。 そんな時に「聞いていますよ」というポーズを取りつつ新しい要素を生まないために愛想笑いをします。 笑顔には場を和ませる力がありますが、面白くもないのに本気で笑うことは難しいものです。 しかし本心を伝えてしまうと空気を壊してしまうため、潜在的に愛想笑いでその場を保とうとすることが多いです。 純粋な恋心という場合もありますが、女性同士の世界は腹の探り合いです。 嫌われないために心理学的にも有効な方法は「相手と共感する」というものです。 その共感を引き出すためには愛想笑いが必要不可欠になります。 人間関係において「嫌われないように」と行動してしまう人は意外と多くいます。 その気持ちが強ければ強いほど愛想笑いが増えていくでしょう。 しかし、なぜそういう風に思ってしまうのでしょうか。 人に嫌われたくないために愛想笑いが増えてしまう人はこちらの記事を参考に自分への理解を深めてみましょう。 女性は、男性に比べて苦手な人間に対して普段よりも丁寧ににこやかに対応するという傾向があります。 丁寧さを増したほうが無難に他人行儀にしやすいからです。 愛想笑いを維持し感情の波が穏やかなほど好意を持たれたくないという表れです。 頷く相槌というのは、うまくやれば一番話を前進させやすく尚且つお手軽です。 その際に注意したいことは、少し頷く音量を大きくすることと「うん」「あー」「へえー」などバリエーションを付けるという2点です。 「なるほど」「わかる」など共感をすることで相手は気持ちよく話に乗ることができます。 大体相手がひとつのことを言い終わった時に挟むぐらいで丁度いいでしょう。 話の途中では「聞いていない」と思われるリスクがあります。 会話の中で意見を求められる場面もあるでしょうが、ここで何言も述べると趣旨がずれたり相手に会話の主導権を握られる事態になりかねません。 理想は一言、それ以上はその意見を聞いた相手の反応を見てからにしましょう。 例えばオヤジギャグに本気で笑う人は少ないですが、その場の空気を壊してはいけないという場合もあります。 そんな時には、愛想笑いで乗り切りましょう。 面白くない話を堂々とする人はプライドの高い傾向がありますので不自然にならないように気をつけましょう。 愚痴や相談を話したがる人は、大抵が聞き役を欲しているパターンです。 下手にアドバイスなどをすることで反論ととられてしまうと「言うんじゃなかった」と相手に思われてしまう可能性があります。 愛想笑いと無難な相槌でひたすら聞き役になりましょう。 愛想笑いは自分に自信がない人ほど増える傾向が強いです。 有効な手段ですが、注意したいのは自信がないあまりにあからさまにわざとらしい愛想笑いをしないということです。 自分にとってマイナスの展開であれば愛想笑いしつつ早々に離脱しましょう。 人間には手や足のように「利き顔」というものがあります。 基本的に利き顔のほうが逆側よりも筋肉を動かしやすく思わず動いてしまいやすいです。 しかし片側だけの笑顔は見下しと取られることが多いのでちゃんと左右対称の笑顔を作りましょう。 わざと笑顔を作ろうと思うと口だけで笑ったり顔全体で一度に表現しようとしてしまいがちですが、実は自然な笑顔は口から笑い始めてその後目がついていく感じで笑い出す事が多いのです。 作ってる感を減らすため意識してみましょう。 愛想笑いは作っている最中だけでなくその後も意外と見られています。 作られた笑顔はその話題やシーンが終わった瞬間にがらっと変わりやすいですが、実は自然な笑顔の場合は笑い終わりから徐々に笑顔が消えていくものなのです。 愛想笑いが下手な人の中によく見られるのは、口元だけが笑っているというものですが、こういう場合よくあるのが下の歯だけが見えているという状態です。 上の歯を見せることを意識すれば頬が上に引き上げられ目が細まり自然な笑顔に近くなります。 これは、自然な笑顔というものは一般的に4秒までしか持続しないと言われているためです。 たまに顔に貼り付けたような愛想笑いを続ける人がいますが、長すぎる笑顔は逆に相手に不信感を抱かせます。 人間は何かに対している時、それが興味のあるものであればそちらにつま先が向くと言われています。 そしてそこから離れたい時には逃げ出しやすいようにつま先を逸らすとも言われています。 なので相手のつま先の向いている方向で相手の心持ちがわかります。 相手が本当に心から笑っている場合、自然な笑いは本人にとっては思わぬことであることから呼吸が乱れがちになります。 人は呼吸のペースが乱されると、例えば息が荒くなってしまったり息が足りず声が低くなったりすると言われています。 その話題が面白かったり好意的だったりして自然と笑う時は誰が見てても笑顔が続くものですが、愛想笑いは相手に見てもらって初めて成り立つ行動なので目を離した時に覗ってみれば真顔になっていたりすることがよくあります。 愛想笑いとはうまく使えば有用なコミュニケーションツール 愛想笑いはうまく使えばコミュニケーションツールとして非常に有用です。 しかし、頻発させてしまいすぎると自分の信用問題に関わってくることもありますし何より精神的に疲れます。 ある程度本当に考えていることも表に出しつつ愛想を振りまきましょう。 愛想笑いをしやすい人は自分のケアを考えてあげるといいでしょう。 世の中には様々な人がいますので、愛想笑いばかりしてしまう人もいれば無愛想だと言われがちな人もいます。 そんな無愛想な人を見ると一方的にマイナスな感想を持ってしまいがちですが、彼らにも様々な考えがあります。 今回愛想笑いについて理解が深まったところで逆に無愛想な人についても知ってみるのも良いでしょう。

次の

【愛想を尽かす】の意味と使い方の例文(慣用句)

愛想 意味

例:ご愛嬌に一曲歌う。 例:今のはほんの御愛嬌です。 上の例文場合は何か失敗したときに、照れ隠しに使うフレーズですが、この余興という意味からきています。 もとは愛敬(あいぎょう)と言ったそうですが、濁音が落ち、近代になって「嬌」という字があてられたそうです。 愛想・愛嬌の違いは? 愛想と愛嬌似ている言葉ですが、違いはいったい何でしょうか? 愛想は人にいい感じを与えるための仕草や表情のことですが、愛嬌はその人がもともと持っているかわいらしさやひょうきんさをさす言葉です。 愛想は表面の動作に使い、愛嬌は内面の性格や性質のことということですね。 また愛想と愛嬌は使われ方や慣用句が違います。 例を見ていきましょう。 愛想は「ある・ない」と一緒に使われます。 現在どちらも使われているようです。 まとめ.

次の

愛想が悪いの意味とは?愛想が悪い人の特徴・使い方・類語・反対語・英語

愛想 意味

愛想がない人の意味とは、話しかけても笑顔が全くなく、そっけない態度を貫いているような人のことです。 愛想がいい人は、いつもにこやかで多くの人と をしたりしますが、愛想がない人はその真逆で、特に誰とも接することはあまりありません。 むしろ愛想がないから周りの人が離れていったのかもしれませんね。 小さい頃から協調性を大事にしなければいけないと教えられてきましたが、なかなかそれが難しいと感じる人も実はたくさんいます。 では一体どうして愛想がないのでしょうか。 そこで今回は愛想がない人の特徴や心理についてご紹介していきますので、ぜひあなたに当てはまるものがあるかどうか確認しながらご覧ください。 【目次】• スポンサーリンク 愛想がない人の特徴や心理とは 挨拶をおざなりにする 人間のコミュニケーションの基本中の基本は挨拶ですが、愛想のない人にはこの挨拶をいいかげんにすませるという特徴があります。 たとえば、職場の同僚と、朝「おはようございます」の挨拶をするとしましょう。 一日の始まりの挨拶なのですから、できるだけ気持ちよく挨拶を交わしたいと思うのがふつうですが、その挨拶さえ省略してしまうことが少なくありません。 また、愛想の良い人は挨拶をするときには相手の顔をちゃんと見て、笑顔で「おはようございます」と言いますが、愛想のない人の挨拶は違います。 いやいや挨拶しているように見えるのが愛想のない人ですから、笑顔を見せるということはありません。 なんだが不機嫌そうな顔をしながら挨拶したり、無表情のまま、だるそうに挨拶するのが愛想のない人の特徴です。 笑顔を見せないだけでなく、相手の顔をちゃんと見ないで挨拶することも多くなると考えていいでしょう。 職場においてさえそうなのですから、相手がプライベートの友達の場合は、いっそう挨拶をいいかげんにしてしまいます。 友達から挨拶されても、無視することが少なくありません。 人と挨拶することに重きを置かず、おざなりにしてしまうというのが、愛想のない人の特徴ということになるでしょう。 スポンサーリンク 人を ことはなく、人から褒められても喜ばない ほとんどの人は、人をほめるということをするでしょう。 別に相手に取り入ろうとか、良く思われようという意識はなくても、相手に感心してほめるということは、ほとんどの人がしているに違いありません。 それは、人間関係を円滑にするためのテクニックでもあります。 ところが、愛想のない人は、そのように人をほめようとはしません。 お世辞ではなく、心から感心して自然に人をほめるということもないのです。 また、人からほめられても、それをすなおに喜びません。 人間、人からほめられれば気分がよくなるのがふつうでしょう。 愛想がない人も、うれしく感じることがないわけではありませんが、それをストレートに表現することをしないのです。 人からほめられて、内心気分がいいと感じていても、表情を変えなかったり、わざとつまらなそうな顔をして見せるのが、愛想のない人と言っていいでしょう。 照れ屋であるためそのような表情を見せるというケースもありますし、「どうせ相手はお世辞を言っているだけなんだろう」というひねくれた考えから、つまらなそうな顔をして見せるケースもあります。 いずれにしても、人をほめることがなく、人からほめられても喜ばないというのが、愛想のない人の特徴ということになるでしょう。 スポンサーリンク 人の話に同調しない 人と会話をしているとき、相手の話に同調しないというのも、愛想のない人の特徴です。 ふつうの人は、特に相手の話に強く共感することができなくても、相手と話を合わせて、「そうですよね」とか「自分もそうですよ」というように応えることがあるものでしょう。 愛想の良い人は特にそういうことをよくします。 そのように同調して見せることで、相手との関係を円滑にしようとするのが、普通の人のコミュニケーションと考えていいでしょう。 愛想のない人は違います。 人と会話をしていて、自分は相手とは違う意見を持っているとか、違う感じ方をしているという場合、相手に同調して見せるということはしません。 たとえ、相手が目上の人であっても、「自分はそう思わない」とか「そんなふうには感じられない」というように、自分の思うことをストレートに相手にぶつけるのです。 これでは相手との関係がぎくしゃくしたものになりかねませんが、愛想のない人はそんなことは気にしません。 相手に合わせようとする意識を持たないために、人と話をしているときに相手に同調しないというのが、愛想のない人の特徴ということになるでしょう。 スポンサーリンク 自分さえ良ければいいと考えている 愛想がない人というのは、どんな時でも「自分のことしか考えていない」「自分さえ良ければいい」という心理を持っています。 自分のことが最優先なので、笑顔で話しかけられても「今そういう気分じゃない」「さっき、嫌なことがあった」と、平気で素っ気ない態度を取ります。 素っ気なくされた相手の気持ちを全く考えずに、常に「自分がどうしたいか」しか考えないのです。 誰かにそれを注意されたとしても「私は他人に愛想良くしてほしいと思っていない」「私は素っ気なくされても嫌ではない」とあくまでも自分本位な言い訳をします。 このような心理になるのは、自分への愛情が強すぎるためと言えます。 小さい頃から周囲の人間に甘やかされ、チヤホヤされすぎた結果、他人を見下す悪いクセが付いてしまい、「私は自分のことだけを考えていればそれでいい」と、信じてしまった場合や、逆に家庭環境などが複雑で人に心を閉ざしてしまい、自分で自分のことを守らないといけないという意識が強すぎる場合にも、このような心理状態になりやすいです。 一見対照的な理由が原因になっていますが「正しく人に愛されたことがない」「人の愛し方がわからない」という、共通した心理経験が奥底にはあるのです。 スポンサーリンク 人を信用できない 愛想がない人は「愛想を振る舞うことに価値がない」と考えています。 なぜなら「人を信用できない」という心理を持っているので、本音と関係なく愛想良く対応できる人のことを偽善者のようにとらえています。 自分もそんな偽善者にならないためにも、愛想なんてなくて良いと思うのです。 こういった心理を持つ人は、常に物事を斜に構えてしまう特徴があるので、すぐに行動の裏側を探ろうとします。 このような心理になるのは、周囲の大人が同じような考え方をしていて影響された場合や、読んでいる本の影響、信じている人に裏切られた経験、反抗期をこじらせてしまったことが原因になっていることが多いです。 もっと人を信用してほしいと周囲の人が考えても、一度「人を信用できない」心理になってしまったら、なかなか心を開くことはできません。 これ以上、人間不信を加速させないように、決して嘘をついたりせずに、できる限り誠実に接することが重要です。 愛想がない人だからと「嫌なやつ」と思い、意地悪なことをしてしまうと、さらに「人を信用できない」と思わせてしまう原因になってしまい、人に対する不信感を募らせてしまいます。 スポンサーリンク 人間関係が煩わしいと考えている 愛想がない人は、「全ての人間関係が煩わしい」「一人の方が楽」という心理を持っています。 人間関係を煩わしいと思っているので、愛想を振る舞うことに何の価値も感じられないのです。 その上、できるだけ不必要な人間関係を持ちたくないと考えているので、愛想良くされることも嬉しいどころか「迷惑な行為」としか思えません。 むしろできるだけ愛想悪く対応して、「何この人?」と拒絶されたり「嫌な人間」と思われて嫌われた方が、人間関係が広がる可能性がなく、良いことだと考えます。 それでも仲が良いごく一部の人には愛想良く対応できることもあるのですが、特に初対面や馴れ馴れしい人に対しては、極端に冷たい態度を取ってしまいます。 これは「これ以上仲良くなりたくない」という、強い拒否の心理が働くためです。 こういった心理の奥底には、人間関係に対する強いトラウマが存在しています。 どんなに冷たい態度を取る人だとしても、実は本人には全く悪気が無く、過去の人間関係に対するトラウマが払拭できないために、自然と素っ気ない態度を取ってしまうことも少なくありません。 スポンサーリンク 職場で愛想がない人は仕事にも支障がでる いかがでしょうか。 愛想がない人の本当の心理はどうであれ、やはり周りの人からは疎まれる存在になりがちです。 特に多くのコミュニケーションを取って仕事をしていくような職場では、かなり厄介な人として認識されてしまうことでしょう。 愛想がないというだけであって、仕事に真面目だったりするなど態度で示すことができれば評価はそこまで落ちません。 しかし仕事への態度も悪く、愛想もないとしたらはっきり言って邪魔者です。 一人で完結する仕事というのは実はあまり多くなく、ほとんどの業務は多くの人と協力して支えあって行っていくものです。 仕事に充実感を覚えている人はやはりコミュニケーション能力が高く、愛想も良いのが特徴です。 もしかしたら愛想よくしているからこそ、他の人と仲良くなり、それがますます仕事の結果につながっているのかもしれません。 そうだとすれば、愛想がない人がやるべきなのは、まずは形から入ることです。 本当は愛想を振りまきたくないと思っていても、愛想がいいふりをしているだけで気分も変わってきます。 そして、最終的に周りの人が気にかけてくれるようになり最終的に仕事に中へとつながることでしょう。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の