天空 装備 ドラクエ ウォーク。 【ドラクエウォーク】最強装備セット!武器ごとのおすすめ防具/こころを紹介【DQW】

【ドラクエウォーク】天空の剣の評価とスキル|ゲームエイト

天空 装備 ドラクエ ウォーク

両モンスター共にに登場するため、イベントボスに特化しているということになりますが、ダメージの増幅量が非常に高いためイベント特攻スキルとはいえ高評価です。 全体攻撃を用いた周回性能は「」や「」に軍配が上がります。 天空の剣とロトの剣はどちらが強い? 天空の剣 天空の剣とロトの剣は、場面によって 使い分けをするべきです。 ボス戦なら天空の剣の方が強い 天空の剣は、単体攻撃スキル「ビッグバンソード」の火力が非常に高いため、敵1体のみと対峙するメガモンスター戦や高難易度クエストにおいて強力です。 特にメガモンスター戦では、ダメージ数を稼ぐのに十分使用していけます。 したがって、 単体攻撃スキルを活かしたい場面では天空の剣の方が強いです。 周回ならロトの剣の方が強い ロトの剣は、全体攻撃スキル「」がレベル上げ周回において有用です。 1度に敵を複数体倒すことができるため、スピーディーに戦闘を終えることができる点が優れています。 したがって、 全体攻撃スキルを活かしたい場面ではロトの剣の方が強いです。 注目記事 メガモンスター攻略• 最新ガチャ• 強敵モンスター攻略• 最新イベント• 掲示板• ランキング記事• 攻略記事 初心者攻略• 効率系• システム情報• 職業 上級職• 基本職• 武器 レア度別• 武器種別• 防具 レア度別• 部位別• スキル• 系統別• 属性別• モンスター図鑑・こころ• 色別こころ• 条件付き出現モンスター• 系統別モンスター• 心珠関連記事• クエスト攻略 ストーリー• 腕試し•

次の

【ドラクエウォーク】天空の剣の評価とスキル|ゲームエイト

天空 装備 ドラクエ ウォーク

バトルマスターの最強装備セット デイン系装備 バトマス - 戦士同様、デイン属性とくぎの威力を高めた装備セット。 場面により3種の武器の使い分けが可能です。 戦士と違い赤のこころが装備可能のため、デイン属性特技と相性の良い「」「」の二つを採用しています。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 武器入れ替え候補 常闇装備 バトマス - 全体攻撃に加え単体攻撃も優秀な「」を採用した装備セット。 ドルマ属性特技と相性の良い「」を採用しています。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 賢者の最強装備セット 火力装備(イオ属性) 賢者 - メインストーリー7章の追加にて、敵のヒャド属性耐性持ちが増えました。 マヒャドが通りにくく、イオ属性が通りやすいため「」を筆頭とした上記セットがおすすめ。 火力装備(メラ属性) 賢者 - 魔法使いと賢者の上級職である「 賢者」は、自身の攻撃呪文の威力をかなり上げる「 魔力かくせい」を習得できるようになり、これまで対ボス戦で サポートに回りがちだった魔法職が攻撃役としても活躍できるようになりました。 武器には単体攻撃として優秀な「 メラゾーマ」を習得できる「」を採用。 マヒャドを使用するためアクセサリを「 ほむらのいんろう」から「」、こころは「 ゾーマ」以外を以下の3種に変更しましょう。 バトルマスターは「 すてみ」を習得できますが、被ダメージが2倍になってしまうのがデメリット。 その他、ザオラルを使用できる「」や回復量が多めの「」など。 武器入れ替え候補 レンジャーの最強装備セット 冥獣装備 レンジャー - 単体300%、猛毒時には420%の超高倍率スキル「 デーモンハント」を主力に戦うタイマン特化の装備セット。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 入れ替え候補 カンダタ装備 レンジャー - 盗賊同様、ジバリア属性全体攻撃である「 こぶん乱舞」の強化を中心とした装備セット。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 なのでメラ属性特技ダメージに加え攻撃魔力も上がるデスピサロ装備一式を採用。 アクセサリ、こころも同様にメラ属性特技と相性の良いものを中心に採用しています。 メインストーリー7章にて「」が登場し、相性が良いため採用。 パラディンの最強装備セット 聖盾騎士装備 パラディン - 「」の全体攻撃であるイオ属性とくぎの威力を高めたセット。 こころは現状だとイオ属性とくぎダメージを上げるこころが少ないことやパラディンの特性を考慮し、耐久力を重視した組み合わせを採用しています。 単体攻撃メインで戦う場合は防具はカンダタシリーズ、アクセサリはにげにげリングに変更しましょう。 こころに関しては現状ではジバリア属性とくぎと斬撃ダメージがアップする相性の良いこころが無いため、変更しなくてOK。 入れ替え候補 聖女装備 パラディン - 耐久力と回復力を両立した装備セット。 得意武器である「」を装備し、タンク兼回復役としての立ち回りを想定しています。 戦士の最強装備セット デイン系装備 戦士 - デイン属性とくぎの威力を高めた装備セット。 高火力全体攻撃である「 ギガスラッシュ」の威力をさらに高めることができ、レベル上げなどの周回で活躍可能。 こころは斬撃ダメージを大きく上げる定番の3種をセットし、さらに火力を高めましょう。 メガモンなどのタイマン戦では同じくデイン系特技を持つ「」や「」に変更しましょう。 天空装備やほのおのルビー、こころ虹枠には「」をセットすることでメラ属性とくぎのダメージを上げています。 僧侶の最強装備セット 僧侶 - 僧侶は回復役として連れていくことがほとんどのため、サポートに特化させた装備セットを採用。 防具、アクセサリ、こころでは回復魔力やスキルHP回復効果が上昇する組み合わせを起用し、さらに回復量を上昇。 高難度では敵が高火力の全体攻撃を連発してくるため、 回復量の高い全体回復スキル持ちが頼りになります。 武器は場面によって変更しましょう。 入れ替え候補は以下4種で、どれも全体回復スキルを習得可能。 「」はさとりのつえと同様の回復スキルを持ちサポートスキルが豊富。 「」は「 バイシオン」で味方をサポートすることができます。 「」は貴重な「 ザオラル」で味方を生き返らせることができ、「」はHP回復量が多めの回復スキルを所持。 おすすめ武器 武闘家の最強装備セット 闇騎士装備 武闘家 - 高火力全体攻撃である「 月影の大鎌」をさらに強化。 悪魔系以外でも270%と高倍率の「 退魔突き」も習得できるため、対ボス戦でも活躍可能な装備セットです。 メタルドラゴンの枠はドルマ属性とくぎダメージが上がる「」もおすすめ。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 らいじんのやり装備 戦士 - 赤のこころはデイン系特技と相性の良いこころが多く、武闘家の得意武器である「」を無理なく強化することが出来ます。 装備はお馴染みのロト装備一式で「 雷光さみだれ突き」の威力を大きくアップ。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 魔法使いの最強装備セット 魔法使い - 周回性能トップクラスである「」のメイン呪文「 マヒャド」の火力を強化する装備セット。 攻撃魔力とヒャド属性じゅもんダメージを上げる「 書聖装備」や「」のこころを採用しています。 ヒイラギどうじの他、「」「」でもOK。 さらに魔法使いは元々MPが多いため、ツボや道具に頼らず他職業よりも長時間の周回が可能になります。 盗賊の最強装備セット 冥獣装備 盗賊 - 単体300%、猛毒時には420%の超高倍率スキル「 デーモンハント」を主力に戦うタイマン特化の装備セット。 カンダタ装備 盗賊 - レンジャー同様、ジバリア属性全体攻撃である「 こぶん乱舞」の強化を中心とした装備セット。 ジバリア属性ダメージが上がる防具は少なく、新登場のカンダタ装備シリーズを装備しています。 最強装備セットの基準、注意点について スキルによる火力、周回性能を重視 基本的には各職業の最強武器で習得できる スキルの火力を最大限に上昇させられる装備を組み合わせを最強装備セットとしています。 タイマン用の火力だけでなく魔法使いのように 周回性能の高い装備セットも評価しています。 こころはSランク前提 こころは最大性能である Sランクを前提に装備セットを作成しています。 SランクとAランクではステータスが大きく異なるこころもありますのでご注意ください。 アクセサリは入手数が限られている 強力なアクセサリは 一点もので複数入手が不可能なものが多いため、実際にパーティ編成を行う場合は代用する必要があります。 僧侶は回復、サポート面を重視 僧侶は回復量の高い全体回復が欲しい場面で採用することが多いため、 他職業と違いサポート役として活躍できる装備セットを最強として掲載しています。 今後実装される武器等によって基準は変更する可能性があります。

次の

【ドラクエウォーク】天空装備の終了日時消えたで

天空 装備 ドラクエ ウォーク

ロトのつるぎ 全体で威力の高いギガスラッシュはレベル上げでも時短となり重宝。 序盤ではややMP消費が高い。 単体系に威力の高いさみだれ斬りはランダム対象なので完全な単体の渾身斬りとの使い分けができる。 レベルを上げる事で状態異常の眠りを付与する事もできる。 初心者にも扱いやすい武器。 超ぶんまわしで無属性の全体攻撃も使用できるため汎用性も高い。 ギガデーモン(強敵)と究極エビルプリーストへの特攻がある。 系統で探す• 他分類• ボス攻略• 属性ダメージアップ• 属性の耐性• 状態変化の耐性• 系統ダメアップ&耐性•

次の